Kyoueidou K16HR DD

Kyoueidou K16HR DD
KH16HRDD part1
共栄堂/小林剛士
K16HR-DD
絶賛発泡中:クール便がオススメ

●甲州種の「橙」春ヴァージョン。主発酵途中で詰めして発泡性の「ペティ・ナット風」に仕上げています。

●と言う事で、小林君のコメントを載せておきます。
「かなりやわらかい泡が多く立ち上り、開栓には注意が必要です。濁りをともった山吹色。以前より色が濃い印象です。フジりんごを中心にマンダリンのような青さも感じられます。グアヴァやパイナップルのよう南の果実もありスミレやアカシアのような花の香りも感じられます。ヨーグルト様のさわやかなミルク感とやや湿ったトースト感。淡くオーク系のナッツやスパイス感も垣間若干のなめし皮も見えます。やや大きめの炭酸と舌に感じる酵母の粒子。トーストを中心に香辛料やナッツの味わいのほうが強く感じます。柑橘よりも鼻に抜ける香りは花系の香りですね。

 「抜栓直後の泡には要注意です。ゆっくり開栓と肩下まで1杯とりを早めにした方が得策かと思います。泡は以外に大きいので最初のうちは荒い炭酸で刺激的に時間の経過とともにクリーミーな口当たりのほうが感じられやすくなると思います。柑橘系をグラスから感じて口中でナッツやスパイスを感じるグラスよりもナッツやスパイスを主体と感じるコップのほうがすんなり受け入れられるかもしれません。温度高めだと豚肉とかのリエットなんか構成上似かよい過ぎて楽しいでしょうね。レバーパテとかも楽しいと思います。醤油が強すぎないたれを使った鶏肉のソテー皮付きでお願いいたします。蕪とか根菜もその残りのソースと頂きたいです。

 「2016年は9月下旬から収穫をはじめ11月にかからず醸造を始めました。醸したものとジュース仕込にしたものを樽発酵に回しながら総合的に作りました。最後の発酵は瓶内で行っております。2-3か月の瓶内貯蔵を経てデゴルジュマン亜硫酸もほかのワインも入れませんでした。今年は容量の瓶差が激しいこと深くお詫び申し上げます。
あるこほりっく・あるまじろより)






K16HR-DD(共栄堂2016春リリース橙)
☆豊国園の葡萄が入っています☆
★品種 甲州種100%
★産地 山梨市鴨居寺
★生産 共栄堂

かなり柔らかい泡が立ち上がり開栓には注意が必要。
濁りを伴った山吹色。以前より色が濃い印象。
フジリンゴを中心にマンダリンのような青さも感じられます。
グアヴァやパイナップルのような南の果実もあり
スミレやアカシヤのような花の香も感じられます。
ヨーグルト様のようなミルク感とやや湿ったトースト感。
淡くオーク系のナッツやスパイス感も垣間、若干のなめし皮もみえます。
かなり複雑性があります。
やや大きめの炭酸と舌に感じる酵母の粒子。
トーストを中心に香辛料やナッツの味わいの方が強く感じます。
柑橘よりも鼻に抜ける感じは花系の感じですね。
泡は以外と大きいので最初のうちは、荒い炭酸で刺激的に時間の経過とともに
クリーミーな口当たりの方が感じられ易くなると思います。
口中でナッツやスパイスを感じられるコップの方がすんなりと受け入られるかもしれません。
温度高めだと、豚肉とかんのソエットなんか構成上似通いすぎて楽しいでしょう。
レバーパテとかも楽しいでしょうね。
醤油が強すぎないたれを使った鶏肉のソテー皮付きもおすすめ。

2016年は9月下旬から収穫をはじめ11月にかからず醸造を始めました。
醸したものとジュース仕込みにしたものを樽発酵にまわしながら総合的につくりました。
最後の発酵は瓶内で行っております。
2~3ヶ月の瓶内貯蔵を経てデコルジュマン亜硫酸も他のワインも入れませんでした。
今年は容量の瓶差が多いことを深くお詫び申し上げます。
    (醸造家小林さんのコメントより)
夢の豊国しょうてんより)

KH16HRDD part2




夢の豊国しょうてんより4本購入。2,052円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Yarra Valley Pinot Noir William Downie 2015

Yarra Valley Pinot Noir William Downie 2015
Yarra Valley Pinot Noir William Downie 2015 part1
ヤラ・ピノ・ノワール[2015]ウィリアム・ダウニー【オーストラリア 赤ワイン 自然派ワイン】

価格 9,500円 (税込 10,260 円) 送料別
 産地  オーストラリア
 種類  赤ワイン  フルボディ
 品種  ピノ・ノワール100%

ヤラ ヴァレーはヴィクトリア州の州都メルボルンから東に広がるヴィクトリア州最古のワイン生産地。モエ・エ・シャンドンがスパークリングワインに特化したワイナリーを設立したことからもわかるように非常に冷涼で引き締まった食感の味わいのワインが生まれる銘醸地として良く知られています。植えられているクローンは全てオーストラリア産ピノノワールの典型であるMV6です。ブルゴーニュのクロ・ド・ヴージョがルーツです。

手作業による除梗(完熟したとみなした茎は使用します)の後にコールドソーク。古いオーク材で出来た開放醗酵槽で野生酵母醗酵を行います。余分なエッセンスを欲しがらないダウニーは醸造プロセスでは一切のプランジ(攪拌やパンチダウン)を拒絶しています。新樽の使用率は45%程で極力ナチュラルなテイストを保持しています。

他2種のキュヴェと同様のプロセスはテロワールの味わいが顕著に表現できる為。そのギャップに世界中多くのプロフェッショナルが驚嘆しています。
湘南ワインセラーより)


Yarra Valley Pinot Noir William Downie 2015 part2





(+)湘南ワインセラーより購入。10,260円(税込)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Mornington Peninsula Pinot Noir William Downie 2015

Mornington Peninsula Pinot Noir William Downie 2015
Mornington Peninsula Pinot Noir William Downie 2015 part1
ウィリアム・ダウニー

29歳でオーストラリア最優秀醸造家の栄冠に輝いた『ウィリアム・ダウニー』がリリースしたデイリー版のナチュール!!
彼は、なんと、2001&2002年にはドメーヌ・フーリエで、2003~2005年にはユベール・リニエワイン造りをしていました。
2つのドメーヌのその殆どのワインを造ったという人物なのです!!!!
あの素晴らしかった02のフーリエを造っていたとは!!!!!!!!!
これには驚きを通り越して、即飲みたくなりました(笑)

現在、彼のピノ・ノワールは1万円クラス!!

これはまたいつか実践練習(試飲)後にご案内したいと思います!
今回は、ボルドー品種のプティ・ヴェルド100%の気軽なデイリーワインがリリースされましたので、『ウィリアム・ダウニー』ってどうなの???という意味でぜひお試しください!!

プティヴェルドとの出会いは『パトリック・サリヴァン』と2人でランブルスコを醸していた2012年ごろに遡ります。

大企業と息がかかっていない生産地区を巡りながら健全なる畑を探し続ける行脚の最中で立ち寄ったマレーダーリンにてビオディナミ認証を取得した(オーストラリア国内で認証を取得している栽培農家は非常に数少ないのです)グロウワーを発見、直ちに契約を結んだそうです。

ウィリアムが特に気に入ってしまったのは作付面積に対して比較的多くの樹が植えられていたためにプティヴェルドの既成イメージよりも遥かにフルーツがエレガントであった事
今迄、自身の名を冠したラベルを作ったことが無かったから、という単純な理由で簡素なエチケットが施されています。

濃厚な果実味主体、チャーミングで濃厚なエキスがたっぷりと詰まった黒系ナチュール。1日目より2日目の方が、余韻に甘酸っぱさが出て、飲み心地がよりナチュラルになります。

できれば、6か月くらい経ってから!
またはデキャンタしてアウトドアでBBQ。
私はスペアリブと合わせて至福でした(笑)

<ウィリアム・ダウニー>
野生酵母による醗酵、無清澄、無濾過、醸造プロセスでのSO2不使用等の特徴は現在オーストラリア産ナチュラルワインにおける共通項ですが、ウィリアム・ダウニーは畑での仕事へも一切の妥協を許しません。畑での機材使用を避け、馬による農耕、ビオディナミの実践等を当たり前のように行い、日々ブドウ樹の傍らに寄り添う生活を続けています。


モーニントン・ペニンシュラ・ピノ・ノワール[2015]ウィリアム・ダウニー【オーストラリア赤ワイン自然派ワイン】
価格 9,500円 (税込 10,260 円) 送料別

 産地  オーストラリア
 種類  赤ワイン  フルボディ
 品種  ピノ・ノワール100%

モーニントンはヴィクトリア州の州都メルボルンから中心に拡がるポート フィリップ湾の南東部にある生産地区で、ダウニーの畑は最も標高の高いレッドヒルに位置しています。火山性の赤土土壌で良く知られており、植えられているクローンは全てオーストラリア産ピノノワールの典型であるMV6です。標高120mの畑は極限までのビオディナミを実践しており、1ha辺り2,222本の植樹率です(密植ではありません)。

手作業による除梗(完熟したとみなした茎は使用します)の後にコールドソーク。古いオーク材で出来た開放醗酵槽で野生酵母醗酵を行います。余分なエッセンスを欲しがらないダウニーは醸造プロセスでは一切のプランジ(攪拌やパンチダウン)を拒絶しています。新樽の使用率は45%程で極力ナチュラルなテイストを保持するのは、ブルゴーニュで出会った尊敬すべき職人たちとそして、彼が最も影響を受けたと明言している生産者バス フィリップの掲げるスタイルを尊敬して止まない証と言えるでしょう。
湘南ワインセラーより)

Mornington Peninsula Pinot Noir William Downie 2015 part2





(+)湘南ワインセラーより購入。10,260円(税込)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Belle Epoque Perrier Jouet 2004

Belle Epoque Perrier Jouet 2004
Belle Epoque Perrier Jouet 2004
BELLE
EPOQUE
2004
フレッシュで、繊細、
そして爽やかな透明感。
白い花を連想させ、フルーティで、
エキゾチックなノートを併せ持つ。
印象に残るのは、その気高い味わい。


Perrier Jouet - Champagne Collection - Belle Epoque 2004 - Characteristics
特徴

洗練されていて、調和の
とれた、エレガントな
個性をもったシャンパーニュ

“フローラルで、スタイリッシュ、そしてカットされたダイヤモンドのように輝くアロマ” それは人々を魅了をし続ける完璧なまでのペリエ ジュエ スタイル

色合い:

縁にグリーンの輝きを帯びたゴールドの色合い

香り:

白桃、レモン、洋ナシ、グレープの白い果実の香りが、パイナップルやみずみずしい春の花々のかすかなニュアンスへの下地を作り、クルミ、マジパン、甘いスパイスの芳醇なアロマがそれに続きます。

味わい:

キレがあり、まろやかでエレガント、魅惑的でシルキーなミネラル感が溢れるのベル エポック 2004は、調和のとれた、上品なバランスの味わいと、長く続く余韻が楽しめる、洗練されたシャンパーニュ。

アペリティフには欠かせなないすっきりとした味わい。10~12度でサーブするのが最適です。今、お召し上がり頂くことも、もしくはセラーで少なくとも5年間大切に寝かせてからお召し上がり頂いても、それぞれ違った体験をお楽しみいただけます。

ペリエ ジュエが200年に亘り守ってきた伝統の秘密に迫る

Perrier Jouet - Champagne Collection - Belle Epoque 2004 - Expert Opinions
エキスパートのコメント

ソフトで、クリーミーな
テクスチャー

「ソフトで、クリーミーなテクスチャー。フレッシュでブレがなく、ブラックチェリー、アーモンドペースト、ホワイトラズベリーのフレーバーにレモンの風味がかすかに漂う」
(Wine Spectator誌 2011年11月号)

「パンとイーストの複合体。上品で芳醇なクリスマスケーキのフルーツのよう。これからますます良くなっていくだろう。」
(トム・スティーブンソン氏、『The World of Fine Wine』誌 2012年12月号)

受賞歴

クリティーク・チャレンジ・インターナショナル・ワイン・コンペティション:最優秀シャンパーニュ

サンフランシスコ・インターナショナル・ワイン・コンペティション:ダブルゴールド・メダル

“フローラルで、スタイリッシュ、そしてカットされたダイヤモンドのように輝くアロマ”というペリエ ジュエ スタイルの源を探る

Perrier Jouet - Champagne Collection - Belle Epoque 2004 - Beauting
ビューティング:ペリエ ジュエが提案する料理とのマリアージュ

感じるべきは
そのフレッシュさ

透明感があり、シルクのようになめらかな爽やかさが感じられる白い花のブーケは、魚料理にも、フォアグラのフォンダンにもぴったり。

1902年、エミール・ガレは、ペリエ ジュエのプレステージ キュヴェのボトルに繊細なアネモネを描きました。以来、メゾン ペリエ ジュエは、この芸術遺産を大切に守り続けています。美に対する意識と舌鼓を打つ料理との融合もその伝統の表現であり、“ガストロノミー”(美食)を表現する「ビューティング」は生まれました。一皿一皿を、それぞれのキュヴェと完璧なハーモニーを奏でる芸術作品へと変えていきます。まさに、味覚だけでなく、すべての五感を刺激するペリエ ジュエならではの体験です。

ベル エポック 2004のシルクの様ななめらかさと爽やかさは、レモングラスの香りが漂うとろけるようなマンゴーとエンドウ豆を添えたシンプルな塩味のシタビラメのひと皿とのマリアージュにぴったりです。

また、トンカ豆、カットされたパイナップルといった一風変わった食材を加えたり、小さなゴールデンレーズンや湯通ししたホウレンソウを添えたりしてフレッシュさを出した、フォアグラのフォンダンにも見事にマッチします。

Perrier Jouet - Champagne Collection - Belle Epoque 2004 - Wine Making Notes
シャンパーニュ メイキング ノート

インスピレーションの
源となる自然へのオマージュ

2004年という類稀なる年の特徴と、フローラルで、スタイリッシュ、そしてカットされたダイヤモンドのように輝くアロマを持ったペリエ ジュエ スタイルの真髄とが奏でる完璧なハーモニー。

アールヌーヴォーを牽引したアーティストのひとりとして有名なエミール・ガレが1902年にデザインした独創的なボトル。インスピレーションの源である自然への心からのオマージュとして美しく描かれたアネモネの姿は、ペリエ ジュエのスタイルを象徴的に表しています。ベル エポックとこのアネモネは、メゾンとアールヌーヴォーとのつながりの証となり、また何世代にも亘り輝きを保ち、革新をし続けるメゾンの象徴となっています。

メゾンの芸術への思いを受け継ぎ、7代目最高醸造責任者であるエルヴェ・デシャンは、まるで芸術作品を創り上げるかのようにそれぞれのベル エポック ヴィンテージの誕生を見守り、総力を結集してアッサンブラージュを仕上げ、端正でエレガントな完成されたシャンパーニュを造り続けています。アッサンブラージュされるクリア・ワインはひとつひとつ選ばれ、それぞれのニュアンスを慎重に保ちながら、ペリエ ジュエのシャンパーニュは生まれます。ベル エポックが映し出しているのは、エレガンスと繊細さとを兼ね備えた、選ばれたクリア・ワインがもたらす多彩なアロマです。

2004年は自然の恵みが非常に豊かな年でした。6月後半の爽やかな天候であったため、長い間花が咲き続けました。気温が変動した夏(7月は乾燥し、やや暑く、8月はいまいちな気候)が過ぎると、9月に襲った熱波に近い猛暑によって、ブドウは例年にないほどの十分な成長を遂げました。9月末にはブドウの糖分と酸味のバランスが極めて良くなり、素晴らしいヴィンテージとなる要素をもっていました。こうして出来上がったシャンパーニュはその期待を裏切ることなく、特に素晴らしく出来が良かったグランクリュからのシャルドネによって、ペリエ ジュエ ベル エポック 2004は完成されました。

エルヴェ・デシャンは、ヴィンテージの特徴とペリエ ジュエ スタイルとのバランスが完璧なものとなるよう慎重にアッサンブラージュを行いました。クラマン村、アヴィーズ村、ル・メニル・シュル・オジェ村、オジェ村からのシャルドネが50%を占め、フレッシュ感あふれる、フローラルのトップノートがもたらされました。一方、優しく、しなやかで、爽やかな果実のノートのピノ・ノワールは、マイィ村、アイ村、アンボネイ村、マルイユ・シュール・アイ村からのもので45%を占めます。残りの5%がディジー村とヴァントゥイユ村からのピノ・ムニエで、熟した果実の香り、まろやかさとバランスをもたらしています。

そして、流れ行く時が、この磨き抜かれたアッサンブラージュのアロマを素晴らしい芳醇さを持ったシャンパーニュへと進化させました。

ドサージュ:9g/L メゾンのセラーで最低 8年の熟成。
ペリエ・ジュエWebサイトより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170510/1494413779
ワイン会にて、飲ませていただきました。
 
抜栓日:2017年5月9日
泡立ちもよく、蜜やスモーキーさが感じられ、熟成感のある厚みを感じるシャンパーニュ。旨かったです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Barolo Sussia Gran Bussia Poderi Aldo Conterno 2005

Barolo Sussia Gran Bussia Poderi Aldo Conterno 2005
Barolo Sussia Gran Bussia Poderi Aldo Conterno 2005
■2005ヴィンテージ情報■ (ワイン・アドヴォケートより)
2005年の仕上がりは大成功した2004年に勝るとも劣らず、この2つのヴィンテージは、歴史的な1989年、1990年以降もっとも素晴らしい卓越したものであることに疑う余地はない。2005年のバローロには、コンテルノが1990年代後半に乗り出した様々な試みを経て到達した、新しい姿が感じられる。その試みとは、(ブドウ樹が自然に低収量になることを目的とした)冬の剪定やキャノピー・マネジメントに大きく力を入れるなどの重要な作業の見直しがあげられる。2005年は収穫時期に雨が降り、その雨の前後に各畑からブドウを収穫したものの、結局は雨の前に収穫されたブドウのみが瓶詰めをされることとなったため、2005年の全生産量は通常のおよそ40%しかない。とはいえ、グランブッシアが少量だが生産されるという良い点もある。コンテルノの豪華で華やかな2005年のバローロは、グラスに注ぐとまだやや硬く、今は眠っているようだ。その眠りから早く覚めて欲しいと願わずにはいられない。なぜならこれらは本当に特別なワインだから。ワインのスタイルはミディアム・ボディで、これが2005年のバローロの特徴と言える。見事な調和を見せ、美味しく飲めるワインである。


バローロの代表的な生産者であり、ピエモンテの伝統的なスタイルを大切に受け継いできたアルド・コンテルノは、1969年、バローロ生産の中心地であるモンテファ・ダルバという村のブッシアでワイナリーを始めました。彼は18世紀以来の歴史を誇るジャコモ・コンテルノの5代目ですが、跡継ぎとなったのは兄のジョヴァンニ Giovanniで、アルドは独立して自らのワイナリーを設立しました。彼のつくり出すバローロは非常に熟成能力が高く、その出来栄えは本家をも凌ぎ、国内外で確固たる地位と人気を得るに至っています。

アルド・コンテルノのワイナリーは、現在は3人の息子が中心になって運営しています。バローロの生産量を増やすことはできないため、バルベーラBarberaやドルチェットDolcetto といった品種にも目を向けています。一般には大衆的なワインとなるこれらの品種も、アルド・コンテルノの手にかかればまた格別なワインに仕上がるのです。効率的な耕作技術、ブドウ果汁発酵のコントロール、そして、伝統的熟成システムのコンビネーションが高品位で偉大なワインを産出しています。


 ポデーリ・アルド・コンテルノ “グラン ブッシア” バローロ リゼルバ
Poderi Aldo Conterno 2005 "Gran Bussia" Barolo Riserva D.O.C.G

産地 : イタリア、ピエモンテ州(2)
格付け : バローロ・リゼルバD.O.C
生産者 : ポデーリ・アルド・コンテルノ
醸造家 : アルド・コンテルノ
畑 : ブッシア・ソプラーナ、ほぼ南/南西向き、海抜約400メートルのロミラスコ、チカラ、コロネロの3つの畑から。総面積25ha
品種 : ネッビオーロ100%
収穫 : 畑で果実の選別を行ないながら手摘みで収穫
収穫時期 : 9月の第1週
醸造・熟成 : ステンレスタンク醗酵、スラブ産樽で36か月熟成。更に瓶熟成。リリースまで計6年間熟成後出荷
年間生産量 : 6,000本
アルコール度 : 14.5%
容量 : 750ml
タイプ : 赤ワイン。 フルボディ
標準小売価格 : ¥46,200.
評価 :
ワイン・アドヴォケート200号 2012年4月 : 95+
ワイン・スペクテーター95点
 
このワインは卓越したロミラスコ、チカラ、コロネロの畑から丹念に選ばれたブドウのもので、比率は約70%、15%、15%になりますが、これはヴィンテージによりかわります。
ステンレスタンクに3-5ヶ月何度か移し変えられ、スラブ産の樽で36ヶ月熟成されます。ワインはリリースされる前に6年間セラーで熟成されています。そして最高のヴィンテージのみ生産されるスペシャルなワインです。

Romirasco
★パーカーポイント95+点 ワイン・アドヴォケート200号 2012年4月
2005バローロ リゼルヴァ グランブッシアはこのヴィンテージの最も卓越したワインの1つである。ブーケはクラシックなバローロを芯まで感じ、ピュアなバラの花びら、タール、甘草、オレンジの皮、なめし皮が表れる。2005年は対照的なワインと言え、力強さがありながら繊細で、芳醇ながら重たさが全くない。言い換えると、ネッビオーロ種の魅力であるすべての要素を捕まえている。私が飲んだ2本の2005年は本当に素晴らしかった。グランブッシアについては、2005年は最も長く熟成するヴィンテージではないが、今でも本当に際立っている。飲み頃:2012-2025年

★ワイン・スペクテーター95点 2012年4月30日
チェリー、ユーカリ、ココナッツ、バーボン、煙草のアロマと風味がこの国際的なスタイルの赤いワインから感じられ、新鮮で複雑であり、濃縮と力強さをもっている。まだしっかりとタンニンはあるが、全体的にバランスが良く長く続くフィニッシュにはミネラルが表れる。飲み頃:2015-2030年
田中屋さんドットコムより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170510/1494413780
 
抜栓日:2017年5月9日
濃い目のガーネット。輝きあり。リコリスや、茶色の実の香り。硬めでしたが、徐々に開いてきました。あと5年位あとのほうが良かったかな? タンニンがシルキーで、茶色のイメージの厚みのある味わい。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Hirschkafer Andreas Tscheppe 2013

Hirschkafer Andreas Tscheppe 2013
Weinbauer Andreas Tscheppe 2013 part1
アンドレアス・ツェッペ

オーストリア、ズュートシュタイヤーマーク地区、ロイトシャッハ村、スロベニア国境に近いこの村で2006年からワイン造りをしています。
実に80年もの間農薬など全く使われなかった地にゼロから畑を作り上げた男、アンドレアス・ツエッペ。

「たった一回でも農薬をまいた土地はその記憶が刻まれてしまうんだ。
だから私は過去一切の化学物質が入ったことのない土地しかブドウを植えないのです。」

土地の記憶をそのままブドウに注ぎ込んだ真のオーストリア ナチュール!

もしブラインドで彼のワインを飲んだら、どの土地のものだと思うでしょうか。
ジュラのレアワイン?
(実際、ガヌヴァの様な雰囲気があると思いました!)
ロワールの上級ワイン?
それともブルゴーニュ?
はたまたアルザスのグランクリュ??

ゼップムスターが暖かみのある味わいなのに対して、こちらはクール・ビューティーといった趣。
どのキュベにも共通しているのは美しい酸と、硬質なミネラル感です。

エチケットも味わいも美しいこのワイン、是非ゆっくりと大切に味わってください!

[白]アンドレアス・ツェッペ/Andreas Tscheppe ヘルシュケーファー 2012
■ワイン情報
[産地]オーストリア シュタイヤーマーク州 ズュートシュタイヤーマーク
[タイプ]白・辛口
[品種]ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ
[アルコール度数]13%
[醸造について]6週間マセラシオンカルボニック、地中で樽ごと熟成。トータル24か月熟成。

■ドメーヌ情報
[本拠地]オーストリア シュタイヤーマーク州 ズュートシュタイヤーマーク
[栽培方法]ビオディナミ農法 手摘みで収穫を行う
[設立]2006年
[醸造について]自然酵母で発酵。SO2は無添加、もしくは極少量のみ使用
銀座カーヴ・フジキより)





Andreas Tscheppe アンドレアス・ツェッペ

Andreas Tscheppe
今、世界がオーストリアナチュラルワインの動向に注目している。南端の山中、スロヴェニアとの国境に隣接するシュタイヤーマルク州。ここで、実に80 年もの間、農薬など全く使われなかった地に、ゼロから畑を作り上げた男がいた。彼の名は、アンドレアス・ツェッペ。

様々な昆虫のエチケットが印象的な彼のワインは今や、ロンドンで毎年行われるヴァン・ナチュールの祭典「RAW」で最も注目されていると言っても過言ではない。

ワインを口に含んだ瞬間から、強烈に記憶が刻まれる、唯一無二の漲るエネルギー。このエネルギーの源泉は何なのだろうか?

オーストリアはヨーロッパ一の有機農地率を誇る世界一の「自然派ワイン」の国。しかし、多くの生産者が行っているのはKIPとよばれるリュット・レゾネ(減農薬農法)に相当するもので、自然農法といえるかは難しい。アンドレアス・ツェッペ氏は2006 年、スロヴェニアの国境に隣接するシュタイヤーマルク州のロイハシャット村に初めて植樹。

「たった一回でも、農薬を撒いた土地は、その記憶が刻まれてしまうんだ。 だから、私は、過去一切の化学物質が入ったことない土地しかブドウを植えないのです。」 ―アンドレアス氏

不耕作であり、枝のカットも、房落とし(青狩り)もしない。悪いブドウの粒は、畑で徹底的に切り落としバクテリアを蔵まで持ち込まないよう運ぶ。

隣の畑には、たわわなソーヴィニヨンの房がドッサリ付いている。しかしツェッペの樹には、ポツン、ポツン…。
房を落とさずに、なぜここまで収量が落ちるのか?不耕作のすごさなのか!この極わずかな房に、あのエネルギーが凝縮していくんだろう…
(2015年9月10日訪問)
(輸入元資料より)

ヘルシュケーファー(クワガタ)[2013]アンドレアス・ツェッペAndreas Tscheppe Hirschkafer
白・750ml ソーヴィニヨン、シャルドネのブレンド。 6週間のマセラシオン、地中で樽ごと熟成(Erdfass)、トータル24ヶ月の熟成。 冬の間はエネルギーが下がる。ワインが低エネルギーを受けないように、このキュベは4メートルもの深さを掘り、樽を地中に埋めて熟成させる。ヴィンテージは若いが、骨格があり、エネルギーに満ちたワイン。色調は濁りがあるほどの濃いイエロー。オレンジのオイルのニュアンスに、 深い熟成による炸裂するエネルギー感。(輸入元資料より) オーストリア南端の山中、スロヴェニアとの国境に隣接するシュタイヤーマルク州で、80年もの間、農薬など全く使われなかった地に、ゼロから畑を作り上げナチュラルなワインをつくるアンドレアス・ツェッペ。不耕起、枝のカットも、房落とし(青狩り)もせず悪いブドウの粒は、畑で徹底的に切り落とし蔵へバクテリアを持ち込まないよう徹底。 様々な昆虫のエチケットが印象的な彼のワインは今や、ロンドンで毎年行われるヴァン・ナチュールの祭典「RAW」でも注目されています。
maruyamayaより)

Weinbauer Andreas Tscheppe 2013 part2



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170510/1494413781
ワイン会にて。
 
抜栓日:2017年5月9日
結構濃い、オレンジ系の黄色。ビオっぽい香り、揮発香。醸造がMCというところから、色合いや香りにその要素が出ていると思いました。ミネラリーで若干の花の芽のようなニュアンスが心地よかったです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sonntaler Grauvernatsch Schiava Grigia Kurtatsch Cortaccia 2015

Sonntaler Grauvernatsch Schiava Grigia Kurtatsch Cortaccia 2015
Sonntaler Grauvernatsch Schiava Grigia Kurtatsch Cortaccia 2015
コルタッチャ|アルト・アディジェ スキアーヴァ ”ソンタレール” 2015

3,888 円(税込)
ワイナリー: コルタッチャ
原産: トレンティーノ・アルト・アディジェ州/エーニャ
容量/度数: 750ml/13.0度
ブドウ品種: スキアーヴァ100%

商品詳細情報
樹齢40年の古木。ステンレスタンクで発酵後、大樽で熟成。輝きのある淡いルビー。チェリーやストロベリー、クランベリー等の赤ベリー系中心の香り。新鮮で果実味溢れる味わいと、余韻に感じられる苦味とが絶妙なバランスを作り出し、綺麗で心地良い余韻が長く続きます。
Vino Hayashiより)





(*)Vino Hayashiより購入。イタリアワイン講座の教材。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sauvignon Kurtatsch Cortaccia 2016

Sauvignon Kurtatsch Cortaccia 2016
Sauvignon Kurtatsch Cortaccia 2016
コルタッチャ|アルト・アディジェ ソーヴィニョン 2015

4,104 円(税込)
ワイナリー: コルタッチャ
原産: トレンティーノ・アルト・アディジェ州/エーニャ
容量/度数: 750ml/13.5度
ブドウ品種: ソーヴィニヨン100%

商品詳細情報
標高400~600メートルの粘土を含む砂利質の畑。レモンなどの柑橘系のフレッシュフルーツやハーブなどの芳醇な香り。程よいボリュームを締まった酸が支えており、大変バランスの良い仕上がり。特有の青っぽさは控えめで、華やかな蜜の余韻が長く続きます。
Vino Hayashiより)



コルタッチャ

100年以上の歴史を持つ老舗ワイナリー コルタッチャ

1900年創業の老舗ワイナリー、コルタッチャから、驚くほど洗練されたワインが到着しました!
コルタッチャが居を構えるのは、イタリアの北東に位置するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。
オーストリア、スイスの国境と接していて、アルプス山脈から流れるアディジェ川に沿ってブドウ畑が広がっている、風光明媚な場所です。
第一次世界大戦まではオーストリアに帰属していたため、現在もイタリア語よりドイツ語を主に使用する人が多数派を占め、ドイツ系民族の影響が非常に大きい州です。
ワインにもその影響が色濃く出ており、土着品種だけではなく、リースリングやゲヴェルツトラミネールなどドイツ系品種のワインも数多く造られています。

卓越したミクロクリマ(局地的気候)が生み出す、強烈な個性を持ったブドウ。
コルタッチャは、南チロル、アディジェ渓谷の東にある低い山の中腹に畑を持っています。
この場所はイタリア中のどの畑と比較しても、稀に見る卓越したミクロクリマ(局地的気候)に恵まれています。
アルプスの山々へ続く斜面は日当たりが良く、日照時間は年間2000時間にも及び、昼夜の寒暖の差が激しい場所で、上質なブドウ生育に最適の環境が整っています。
土壌は石灰質土壌と粘土質土壌が混ざり、カルシウム成分が豊富で、さらに排水に優れた土壌です。
ほとんどの畑が急勾配で、トラクターが使用できないため、畑作業は全て手作業。
これだけでも大変な作業ですが、さらに大変なのがブドウの収穫。

南チロルでは昼夜の寒暖の差が激しく、一日ごとにブドウの生育状況が変わるため、収穫のタイミングがとても難しいのです。
酸度と糖度のバランスが良い状態でブドウを収穫するためには、熟練の業でタイミングを見図ることが大切になります。

そうして収穫されるブドウは強烈に個性を主張し、しっかりとした酸味、そしてリッチな果実味を持ったものになります。

山の裾野近くからは力強くフルボディでエレガントな赤ワインが造られ、山の頂近くからはデリケートで花のような香りのする、フレッシュな白ワインが造られています。


100年続いてきた伝統技術と、最新技術の共存。

100年以上続く老舗ワイナリーですが、畑の環境が良いだけでなく、最新設備への投資も怠りません。
ここ5年間で300万ユーロもの投資を行い、醸造設備を最新のものにしました。


キュヴェによってステンレスタンクと新樽を使い分け、伝統技法を守りながら最新の技術を取り入れています。
最適な熟成の後、ボトリングに前には全ての樽を試飲してからボトリングしています。

老舗の名に胡座をかくことなく、たゆまぬ努力の結果、コルタッチャは南チロルのワイン文化を代表するワイナリーの一つとしてよく知られるようになりました。
プレミアワインセラーより)






(*)Vino Hayashiよりイタリアワイン講座第1回として配送されてきたもの。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Yamazaki Winery Pinot Noir Blush 2016

Yamazaki Winery Pinot Noir Blush 2016
Yamazaki Winery Pinot Noir Blush 2016
PINOT NOIR BLUSH 2016(白)
価格(税込み)2,520円

ピノ・ノワール ブラッシュ 2016(やや甘口)

淡い桜色。
甘酸っぱいフルーツキャンディーの香り。
ゆったりとした果実味を綺麗な酸味が引き締める白ワイン製法のピノノワール。

ワイナリーから一望出来る南斜面の葡萄のみを使用。
樹齢:10〜18年
山崎ワイナリーより)





(+)山﨑ワイナリーより購入。2,520円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Yamazaki Winery Kerner Dry 2016

Yamazaki Winery Kerner Dry 2016
Yamazaki Winery Kerner Dry 2016
KERNER DRY 2016(白)
価格(税込み)2,310円

ケルナー 2016(極辛口)

グリーンがかった色調。
品種特有の白い花や柑橘系果実の香り。
冷涼感を感じる凛とした味わい。
日本刀を思わせる切れ味鋭い硬いミネラルが特徴のケルナー。

ワイナリーから一望出来る南斜面の葡萄のみを使用。
樹齢:16年
山崎ワイナリーより)






(+)山﨑ワイナリーより購入。2,310円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード