Kikuka Cabernet Sauvignon Barel Aged 2015

Kikuka Cabernet Sauvignon Barel Aged 2015
Kikuka Cabernet Sauvignon Barel Aged 2015 part1
菊鹿カベルネ・ソーヴィニヨン樽熟成2015

\3,600(税込)

ワインのタイプ 赤・辛口
内容量 720ml
アルコール度 13
飲み頃温度 15~20℃

熊本県山鹿市の菊鹿町ブドウ生産振興会で栽培されたカベルネ・ソーヴィニヨン100%使用しています。
 醸造工程は、ステンレスタンクにて発酵させ、さらにオーク樽で約1年間ゆっくり熟成させました。

ブドウ畑の特徴を最大限に生かしつつ、熊本らしいカベルネの味わいと土地のポテンシャルを十分に引出し、新樽由来のふくよかな香りと、酸味、渋みのバランスの良い熟成タイプのワインに仕上げました。

弊社のプレミアム赤ワインを、肉料理、パスタ、チーズなどと一緒にご賞味ください。
熊本ワイン株式会社より)

Kikuka Cabernet Sauvignon Barel Aged 2015 part2





(+)熊本ワインのDMよりセットで購入したうちの1本。3,600円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Coco10R Kita no Novo 2013

Coco10R Kita no Novo 2013
Coco10R Kita no Novo 2013 part1
2013 北ののぼ ワイン・データシート


2013 北ののぼ
 「2013北ののぼ」は、北海道余市の木村農園で2013年に収穫されたピノ・ノワールとシャルドネ、ピノ・ムニエから伝統的なビン内二次醗酵方式でつくりました。よいスパークリングワインには豊かな酸が欠かせません。そこでそれぞれの葡萄を、最適なタイミングで収穫。岩見沢の醸造場(10R)で房のまま搾り、フリーランの果汁だけを取り出し、果皮に付いた野生酵母で一次醗酵させました。そして翌2014年の春、このキュヴェ(原酒)を足利の醸造場(ココ・ファーム)に運び、蔗糖と酵母を加え、すばやくビン詰し王冠で打栓。このティラージュビン詰の後は、涼しいセラーで40ヶ月以上寝かせました。ワインは静かにビン内で二番目の醗酵を行いながら、繊細で細やかな泡を生み出し、熟成を経て、さらに香りの複雑さとボディの厚みを加えていきました。
 2017夏、最高の状態になったワインを、こころみ学園の園生たちが、毎朝毎晩ビンを45度ずつ回してルミアージュを行い、澱をビン口に集めました。その後、ビン口の澱を冷却機で凍らせて取り除き、糖分を加えないナチュールの状態で打栓しワイヤーをかけました。デゴルジュマンをはじめ、つくる工程のほとんど全てが手作業による“北ののぼ”。芳醇な香り、のびやかな酸、上品なコクをお楽しみいただければ幸いです。

テクニカル・データ
品種: ピノ・ノワール 78.0 %
シャルドネ 20.8 %
ピノ・ムニエ 1.2 %
畑: 北海道余市郡余市町登 木村農園
収穫: 2013/10/10, 14, 15, 17, 21(ピノ・ノワール)
       2013/10/4, 5, 7, 8(シャルドネ)
       2013/10/8(ピノ・ムニエ)
醗酵: 房のままプレス。
フリーラン果汁の澱を軽く沈めた後、野生酵母にてステンレス・タンクで醗酵。
熟成: 選抜酵母でのビン内二次醗酵をへて、40ヶ月以上酵母の澱と接触させながら熟成を待った。
瓶詰: 澱引き後、清澄せず無ろ過でビン詰。
ビン詰日: 2014/05/30(ティラージュ)  2017/9/25(デゴルジュマン)
アルコール: 11.9 %   酸度: 0.72 g/100 ml.   残糖: 0.88 %


このワインについて
テイスティング・
コメント: ラズベリーやりんご、レモンなどの果実の香りに、瓶内熟成による香ばしさや酵母の香りも感じる。口に含むと、ピノらしいアロマ、程よいコクや甘みがあり、りんごやレモン、シャープな酸味に、ほのかな渋みが味わいを引き締めている。リッチでエレガントな日本のスパークリングワイン。
料理との相性: 生牡蠣(レモンと塩で)、真鯛のカルパッチョ、白子の揚げ春巻き、生ハムとグリッシーニ、ブランダードや豚のリエット、タルティーヌやカナッペなどのアペタイザー全般、シャウルスなどの白カビチーズ、クリームチーズにりんごや梨とハチミツを添えて
飲み頃: 現在から、2年ほどは溌剌とした味わい。3〜5年ほど熟成させれば、経年変化も楽しめる。
ココファームより)

Coco10R Kita no Novo 2013 part2

2012はこちら





(+)ココファームより購入 5,800円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kisuki no Sakura Okuizumo Vineyard

Kisuki no Sakura Okuizumo Vineyard
Kisuki no Sakura Okuizumo Vineyard part1
奥出雲葡萄園

島根県 雲南市 木次町

島根県は木次町にある奥出雲葡萄園。地元、木次乳業の子会社として発足しました。
現在ワイン造りを取り仕切るのは安部紀夫さん。
ワイナリー創業にあたって、一からワイン造りを学び、
現在では日本を代表するワイナリーとしての地位を確固たるものとしています。
自社畑では“土地の生態系を乱すことがない農業”を実践し、低農薬栽培を行っています。

きすきのさくら [N.V.] 【奥出雲葡萄園】
税込価格: 2,100 円 ( 本体価格: 1945 円 )

きすきのさくら
奥出雲ワインは"桜の名所100選"に選ばれた木次町で造られる地ワインです。赤ぶどうを丹念に醸し、このまちにふさわしい、満開のさくらをイメージして造りました。春らしい優しいロゼ色と、いきいきとした酸味が楽しい爽やかな、優しい味わいの限定ロゼワインです。是非春の行楽のお供にご利用ください。

商品情報
商品番号 : 1512023蔵元 : 奥出雲葡萄園 [島根県] ロゼ
はせがわ酒店より)





奥出雲ワイン
きすきのさくら
【ヴィンテージ】
【容量】 720ml
【価格】 1836円
(本体価格1700円)
【ぶどう品種】 ワイングランド、メルロ
【おいしく飲める温度】 6〜8℃
【相性の良い料理】 ちらし寿し
行楽弁当
山菜の天ぷら
【商品説明】
さくらの街、木次町。咲き誇る桜の花をイメージした可憐なロゼ色。爽やかな口当たりも春の到来を感じさせる、やさしい味わいのワインです。季節限定商品となります。
奥出雲葡萄園より)

Kisuki no Sakura Okuizumo Vineyard part2





(+)地酒仙丸の日本ワイン頒布会で。1,836円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kamiuesaka Delaware Sakai Winery 2016

Kamiuesaka Delaware Sakai Winery 2016
Kamiuesaka Delaware Sakai Winery 2016 part1
鳥上坂 デラウェア 2016

自然農法の自社畑100%。蜂蜜やリンゴ、若草を思わせる香り。酸味は穏やかですが、開けたてほんのりとガス感があるので、すっきりと呑めます。

品 名  鳥上坂 デラウェア 2016
容 量  750ml
タイプ  辛口
価格 /2,484円(税込)
酒井ワイナリーより)





酒井ワイナリー

鳥上坂 デラウェア 2016 白    

生産者:酒井一平さん
生産地:山形県南陽市赤湯
品種:デラウエア100%(自社畑のみ)
栽培:自然農法
アルコール度数:12%
容量:750ml(王冠使用)

一平さんの渾身の一本!
去年、収穫の手伝いにお伺いした際の会話で、
『自社畑のデラウエアのポテンシャルの高さを探る意味で、単体で仕込もうと思ってまして!』

実現しましたね一平さん!
甲州で仕込んだ尉鶲から始まり試行錯誤・・・。
小姫さん、小姫泡と一歩一歩登り、今回の鳥上坂 デラウェアで殻を破った感があります。
あの会を通じて、他の造り手と深める信頼関係や醸造に対する寄り添い方、ここ数年の変化たるや・・・。ハグしたくなるよわ(爆)
ワインを扱い始めた当初からお付き合いさせて頂いてる酒井ワイナリーさん。
なんか嬉しくて嬉しくて、今後への期待が更に膨らみます。

昨日も電話で話していて一平さんのメリハリのある声量にこちらも元気を貰いました。
また今年も手伝いに伺いますね。

開けたて少しピチピチとしたガスが舌の上を刺激し、一気に飲むスピードを加速させる。
香りは優しく、すりおろし林檎やバナナ、自生する複数のハーブ、微かに樽香を感じる資質が確りとし、芳醇な旨味を感じるワインです。
2017年6月現在では一日では飲みきらないで欲しいです。
このワインの真骨頂は翌日以降の変化にあります。
空気に触れ、ガスが抜けてくると樽香も消え、隠れていたミネラルがあふれ出し惚れ惚れしちゃいます。
健全で力強い葡萄を丸ごと食べているかのようなスタイルに、一平さんらしいエッセンスも(笑)ニヤケマス。
抜栓4日目のエロさと言ったら・・・

『食べる事は生きる事』そんな事を考えたワイン。
土地の風土、歴史を重んずる一平さん。
代々受けついできた伝統を守りつつ、今の時代に合わせるのではなく、『酒井ワイナリーさんらしい』夫婦のエッセンスをくわえながら造り手本人が毎日でも飲みたいワインを造り続けて欲しいです。
ありがとうの一言です。

たかきび(雑穀)ビビンバ丼!止まらない美味しさ。
夏野菜を炭火でさっと焼いて塩で!

~酒井ワイナリーさんよりコメント~
我が家の鳥上坂シリーズに新しい仲間、「鳥上坂デラウェア」が加わりました。
赤湯にある自社畑ぶどう100%(大沢山、大洞山、沢、芳香園、金沢)
これらの畑には雨除けビニールがかけられており、ボルドー液の散布すら必要ありません。
自社のデラウェアだけで仕込んだ初めてのワインです。

自然農法の自社畑100%。蜂蜜やリンゴ、若草を思わせる香り。
酸味は穏やかですが、開けたてほんのりとガス感があるので、すっきりと呑めます。

自社畑は化学肥料、殺虫剤、除草剤、などを一切使用せず 羊を数頭飼って放牧し雑草を食べて貰うので除草剤も一切使用しません。
人の手を極力加えない循環型の農業を行い、自然の森のような複雑さを模倣するために、数種類の醸造用の葡萄品種を混植しています。

酒井ワイナリーさんの歴史(酒井ワイナリーさんのHPより)
~東北最古のワイナリー~
酒井家十六代目当主酒井 弥惣(さかい やそう)は、1864年(元治元年)赤湯村に生まれました。1887年(明治20年)に赤湯鳥上坂にぶどう園を開墾。1892年(明治25年)弥惣27歳の時、ぶどう酒醸造業に着手します。帝国大学農科大学の古在 由直(こざい よしなお)先生に教えを乞いますが、その当時の味覚に合わず見よう見まねの独学でぶどう酒醸造をしていたようです。1908年(明治41年)から1924年(大正13年)まで赤湯町長を務め、その間の仕事を「記憶のまま」「返り見る老後」などの自伝に残しています。
 ぶどう酒醸造業として三代目となる又平は、大変な苦労の中でワイン造りを行っていました。戦争中は女手や年寄りなどの手で、そして戦後は日本酒ブームの中、細々と家業を続けていました。それでもワインは必ず売れる時代が来ると信じていたそうです。
 その後、四代目又平に後継されると、ようやく時代はワインへと移り変わっていきます。そして2004年(平成16年)酒井家二十代目当主、ワイナリーとしては五代目となる酒井一平に代替わりし、現在に至ります。
 順境不誇、悲境不屈、これは我が家の代々の家訓ですが、驕ることなく屈することなく、今出来ることを精一杯励んで参ります。どうぞ末永くご愛飲いただけますようお願い申し上げます。
佐藤商店より)

Kamiuesaka Delaware Sakai Winery 2016 part2





(+)地酒仙丸の日本ワイン頒布会より。2,484円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Nuits Saint George Vieilles Vignes Lou Dumont 2015

Nuits Saint George Vieilles Vignes Lou Dumont 2015
Nuits Saint George Vieilles Vignes Lou Dumont 2015
ワインを通じて
アジアの架け橋になれればと願っています
ルー・デュモン当主、仲田晃司氏。
大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。
仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。

「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」
アンリ・ジャイエ翁
2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。 「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。
2008年8月、ジュヴレ・シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得しました。

待望の2015年ヴィンテージ!ブルゴーニュの神様「アンリ・ジャイエ」が認めた日本人醸造家仲田氏のワインニュイ・サン・ジョルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ[2015]ルー・デュモン 赤 750ml Lou Dumont[Nuits-Saint-Georges Vieilles Vignes Rouge]

Information
区画は仲田さん御用達の「レ・ザルジラ」で、とりわけ石灰質に富む斜面畑です。樹齢50年以上(平均75年)のVV。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵。フランソワ社製ジュピーユ森産(3年間天日干し物)の新樽50%、マルサネ社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。
生産地 フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区 ニュイ・サン・ジョルジュ
商品名 ニュイ・サン・ジョルジュ ヴィエイユ・ヴィーニュ
作り手 ルー・デュモン
格付・認証 A.C. ニュイ・サン・ジョルジュ
生産年 2015年
色 赤
内容量 750ml
本数 1本
味わい フルボディ
ブドウ品種 ピノ・ノワール 100%
ガイドブック --
飲み頃 今~
飲み頃温度 16℃~18℃
推奨保存環境 温度=10℃~16℃、湿度=70%~75%
UNiBiSより)





NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演《仲田晃司》ニュイ・サン・ジョルジュ・VV[2015]ルー・デュモン【フランス ブルゴーニュ 赤ワイン】

価格 6,280円 (税込 6,782 円) 送料別
区画は仲田さん御用達の「レ・ザルジラ」で、とりわけ石灰質に富む斜面畑です。樹齢50年以上(平均75年)のVV。収穫量30hl/ha。天然酵母のみで発酵。カヴァン社製ジュピーユ森産の新樽50%、マルサネ社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。

【リアルワインガイド61号】91+点
こうやって同じ造り手のワインを並べて飲むと、それぞれの土地の風味の違いがよくわかる。で、ニュイはやっぱり土っぽいんだなぁと再確認。でも、飲めば仲田ワールドが広がっていて、たまらなくエレガント。塩っぽさとうま味をキメ細やかなタンニンが支える。見事な薄旨エキス系のニュイサンで、柔らかさと底力、そして包容力を併せ持っている。他のワインが閉じている中、開いているこのワインの美味しさは格別。
湘南ワインセラーより)




(+)湘南ワインセラーより、ドメーヌ・ナカダ・コージのACブルVVと抱合せ。単体では6,782円(税込)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Bourgogne Pinot Noir Vieilles Vignes Koji Nakada et Jae Hwa 2015

Bourgogne Pinot Noir Vieilles Vignes Koji Nakada et Jae Hwa 2015
Bourgogne Pinot Noir Vieilles Vignes Koji Nakada et Jae Hwa 2015 part1
ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015年 ドメーヌ・ナカダ・コージ (ルー・デュモン) 750ml 正規 おひとり様1本限り

価格 5,378円 (税込)
入手困難な超レアもの!ブルゴーニュ辛口赤ワイン愛好家大注目!ルー・デュモン仲田氏のドメーヌもの、ドメーヌ・ナカダ・コージの希少なスーパーブルピノ!自社畑ブドウ100%で年産1490本のみ造られた愛好家垂涎の逸品!ニュイ・サン・ジョルジュ近郊に仲田さんが2012年7月に購入した0.24haのレ・ザルジリエール区画の1908年に植樹したピノ・ノワールと、0.24haのレ・コルニロの樹齢約50年のピノ・ノワールを使用。2012年からビオロジー栽培を開始し、2016年にビュロー・ヴェリタス認証取得予定。貴重なピノを22ha/hlの低収量で収穫し、天然酵母のみで発酵。シャトー・ディケムでも使用されているジュピーユの森産新樽100%で一次発酵と2次発酵。マルサネ社製のジュピーユ森産の新樽50%、カヴァン社製のジュピーユの森産の1回樽50%で18ヶ月熟成。無清澄&ノンフィルターで瓶詰したスーパー・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール!現地セラー数ヶ月前の蔵出し!素晴しい状態で限定少量入荷!

◆Bourgogne Pinot Noir Vieille Vignes 2015 Koji Nakada
◆赤ワイン/ミディアムボディ/辛口
◆フランス/ブルゴーニュ/AOCブルゴーニュ
◆生産年:[2015]年 ◆内容量:750ml

ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015年 ドメーヌ・ナカダ・コージ (ルー・デュモン) 750ml 正規 おひとり様1本限り|wineuki
1490本のみ造られたルー・デュモン仲田氏のドメーヌもの!

価格 5,378円 (税込)
入手困難な超レアもの!ブルゴーニュ辛口赤ワイン愛好家大注目!ルー・デュモン仲田氏のドメーヌもの、ドメーヌ・ナカダ・コージの希少なスーパーブルピノ!自社畑ブドウ100%で年産1490本のみ造られた愛好家垂涎の逸品!ニュイ・サン・ジョルジュ近郊に仲田さんが2012年7月に購入した0.24haのレ・ザルジリエール区画の1908年に植樹したピノ・ノワールと、0.24haのレ・コルニロの樹齢約50年のピノ・ノワールを使用。2012年からビオロジー栽培を開始し、2016年にビュロー・ヴェリタス認証取得予定。貴重なピノを22ha/hlの低収量で収穫し、天然酵母のみで発酵。シャトー・ディケムでも使用されているジュピーユの森産新樽100%で一次発酵と2次発酵。マルサネ社製のジュピーユ森産の新樽50%、カヴァン社製のジュピーユの森産の1回樽50%で18ヶ月熟成。無清澄&ノンフィルターで瓶詰したスーパー・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール!現地セラー数ヶ月前の蔵出し!素晴しい状態で限定少量入荷!

◆Bourgogne Pinot Noir Vieille Vignes 2015 Koji Nakada
◆赤ワイン/ミディアムボディ/辛口
◆フランス/ブルゴーニュ/AOCブルゴーニュ
◆生産年:[2015]年 ◆内容量:750ml


ドメーヌ・ナカダ・コージのスーパーブルピノ!
年産1490本のみ造られた愛好家垂涎の逸品!

周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念
仲田晃司。大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー・デュモンを設立しました。

仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。

2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」が生まれました。

「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー・デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、香港、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。

新世代ネゴシアン、コージ・ナカダがワインにかける思い
ドメーヌだけでなくネゴシアンにも「新世代」が台頭している。この中で一人の日本人の名前がフランス国内外で語られるようになった。「コージ・ナカダのルー・デュモン」である。

すでに日本でも有名な仲田氏は、ネット上では「アンリ・ジャイエに絶賛された」、「サムライ」といった、わかりやすい切り口で紹介されることが多い。だが彼と話したり、そのワインを飲んだりしていちばん感じたことは、「ここまで消費者のことを考えている生産者は珍しいのではないか」ということだった。ワインの輸出先は日本だけではないが、日本を知る彼からは「ワインと飲み手の間にある『壁』を、少しでも取り除きたい」という信念がひしひしと伝わってくるのである。

ルー・デュモンのセレクションに花を添えるのが古酒の「レア・セレクション」である。「レア」の綴りはよく見ると英語の「レア」ではない。実は長女の名前である。「古酒はレアではない、というちょっと皮肉をこめたネーミング」らしい。彼自身が個人的に飲むときには、枯れる直前の古酒が好きだと言う。

「古酒は高くてなかなか手に入らない、と思っている人に飲んでほしかった。実際、古酒はまだあるのです。なぜならドメーヌにはなんらかの事情で全部を出荷しなかったミレジムがある。一方で大手顧客であるアメリカは新しいミレジムを先買いしたがる。そこでほんの少し背伸びすれば買える価格で熟成したワインを探しました。消費者の方にはそれぞれの『好みの飲み頃』を知っていただければと思います」

リアルワインガイド ブルゴーニュより抜粋

ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015年 ドメーヌ・ナカダ・コージ (ルー・デュモン)
ルー・デュモン仲田氏のドメーヌものスーパーブルピノ。年産2929本。ニュイ・サン・ジョルジュ近郊に仲田さんが2012年7月に購入した0.24haのレ・ザルジリエール区画の1908年に植樹したピノ・ノワールと、0.24haのレ・コルニロの樹齢約50年のピノ・ノワールを使用。2012年からビオロジー栽培を開始し、2016年にビュロー・ヴェリタス認証取得予定。

貴重なピノを22ha/hlの低収量で収穫し、天然酵母のみで発酵。シャトー・ディケムでも使用されているジュピーユの森産新樽100%で一次発酵と2次発酵。マルサネ社製のジュピーユ森産の新樽50%、カヴァン社製のジュピーユの森産の1回樽50%で18ヶ月熟成。無清澄&ノンフィルターで瓶詰。
うきうきワインのたまてばこより)






ブルゴーニュ・ルージュ・V.V.[2015]ドメーヌ・ルー・デュモン(B)【フランス ブルゴーニュ 赤ワイン】
価格 12,000円 (税込 12,960 円) 送料別
 産 地  フランス ブルゴーニュ
 種 類  赤ワイン ミディアムボディ
 品 種  ピノ・ノワール 100%

●ブルゴーニュ・ルージュ・V.V.[2015]ドメーヌ・ルー・デュモン
【リアルワインガイド61号】89点(ブルゴーニュ・ルージュ・V.V)赤系果実を中心とした目の覚めるような魅惑的な香り。スパイス、バニラ、スミレなど要素も複雑に絡まります。弾けるようなピュアな果実味、味付きはしっかりとしていながら、口当たりは非常にクリーミー。甘味を伴う果実味の充実感は例年以上かも。ACブルゴーニュも十分美味しいですが、ドメーヌワインであるこのvvは全くの別物。出来の良い村名クラスレベルの品質は間違いなく備えています。入手は難しいかもしれないですが、チャンスがあれば迷わずゲットで!

日本人でありながらブルゴーニュという古い習わしや厳しさのあるワイン産地で、自分の畑を持てたということが、どれだけの努力と信頼によるものかを考えた時に、計り知れない感動があります!

実は、仲田さんが独立を果たした頃の2003年5月に、ブルゴーニュの神様「アンリ・ジャイエ」から直々に薫陶を受けたそうです!
「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」
と教えられ、そのころ、ジュヴレ・シャンベルタン村にメゾンを移転したのと同時にメゾンの代表となった時期だったそうですが、
改めて自分自身のアイデンティティをワインに表現するとしたら何になるのかを深く考えたそうです。そして、
「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」
である。と決断し「天・地・人」とラベルに記したそうです。
あまり知られていませんが、アンリ・ジャイエからの影響を、多大に受け継いでいる仲田さんは日本人の誇りです!!

2012年7月に購入した自社畑のピノ・ノワール100%。ニュイ・サン・ジョルジュ近郊の2区画で、「レ・ザルジリエール」(0.24ha、1908年植樹)と「レ・コルニロ」(0.24ha、平均樹齢約50年)からのブレンド。2012年より即ビオロジー栽培を開始(2016年に「ビュロー・ヴェリタス」認証取得予定)。収穫量13hl/ha。除梗率50%。天然酵母のみで発酵。マルサネ社製ジュピーユ森産(シャトー・ディケムでも使用している貴重な名樽)の新樽100%内で一次発酵&2次発酵(樽を立て、蓋を外して実施)。その後マルサネ社製ジュピーユ森産の新樽50%、カヴァン社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。ファーストヴィンテージ2012年の生産本数は582本。
湘南ワインセラーより)

Bourgogne Pinot Noir Vieilles Vignes Koji Nakada et Jae Hwa 2015 part2



(+)湘南ワインセラーより抱き合わせで購入。単体だと6,000円くらい。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

El Aprendiz Albarinblanco Leyenda del Paramo 2013

El Aprendiz Albarinblanco Leyenda del Paramo 2013
El Aprendiz Albarinblanco Leyenda del Paramo part1
希少な土着品種アルバリン・ブランコを100%使用。フレッシュでクリスプ、余韻も長くエレガントさも持ちあわせたワインです。【レジェンダ デル パラモ】 エル アプレンデス ブランコ [2013] 750ml・白 【Leyenda del Paramo】 El Aprendiz Blanco

商品番号 v2863
価格
1,660円 (税込 1,792 円) 送料別
2~3日以内に発送予定(土日祝除く)
個数
1

商品についての問合わせ
レビューを書く
友達にメールですすめる
0


この商品の配送方法
宅配便クール便
希少な土着品種アルバリン・ブランコを100%使用。「ルーキー」をあらわすワイン名の通り、フレッシュでクリスプ、余韻も長くエレガントさも持ちあわせたワイン。

色・タイプ 白/辛口
品種 アルバリン・ブランコ100%
容量 750ml
産地 スペイン カスティーリャ・イ・レオン州
酒宝庫MASHIMOより)




エル アプレンデス ブランコ 2013 レジェンダ デル パラモ 750ml [白]El Aprendiz Blanco Leyenda Del Paramo
価格
2,130円 (税込 2,300 円) 送料別
information
英字名 El Aprendiz Blanco Leyenda Del Paramo
ワイナリー名 レジェンダ デル パラモ
商品情報 生産者:レジェンダデルパラモは、2010年に7人のパートナーにより設立された会社で、自社畑18haの他に、樹齢の高い畑50ha(樹齢35年以上40ha、樹齢80年以上10ha)を管理しています。「荒野の伝説」という意味の社名の通り、それらの畑は標高約900mの荒野にあり、絶滅の危機にあった南レオン地方の固有品種「プリエト・ピクード種」と「アルバリン種」のみを栽培し、世界に向け優れた品質のワインを発信しています。DOティエラ・デ・レオンで唯一のオーガニックワインの認定を受けたワイナリーです。

希少な土着品種アルバリン・ブランコを100%使用。「ルーキー」をあらわすワイン名の通り、フレッシュでクリスプ、余韻も長くエレガントさも持ちあわせたワイン。
畑:大陸性気候。標高900mの沖積層の段丘、内層は石灰岩など石があり通気性に富んだ土壌。樹齢15年?平均35年以上。
栽培・収穫:ダブルコルドン仕立。10月に収穫。収量4t/ha。有機栽培。
醸造・熟成:空圧式プレス機内で8℃で8時間の前発酵後、15℃で発酵。年産1万本。
受賞歴:2012 インターナショナル ニュー ワインアワード 2013 金賞
内容量 750ml
品種 アルバリン・ブランコ100%
産地 スペイン・カスティーリャ イ レオン
カテゴリー ティエラ デ レオンDO
味わい 辛口
ボディ 重口
タイプ 白
同梱 可能
発送温度帯 常温
輸入元 株式会社飯田
トスカニーより)





Albarin Blanco Wine
Albarin Blanco is a rare light-skinned grape variety used in northwestern Spain (specifically Castilla y Leon, Asturias and Galicia). Although thought by many to be the same variety as Albarino (Alvarinho), the two similarly named varieties are genetically distinct.

The aroma profile of Albarin Blanco wines falls somewhere between that of its cousin Albarino and that of Gewurztraminer. Tasting notes often include references to ripe limes, lychee, mint, fig and orange. This is inevitably affected by winemaking style, however. It should be noted that some of the finest Albarin Blanco wines are subjected to malolactic fermentation, extended lees contact and barrel aging, to create broader, richer, fuller-bodied styles.

Albarin is used to produce both varietal wines and blended wines (in which its most common partner is Verdejo). Interestingly – given the controversy over Albarin’s status as a genuine, distinct variety – one of its synonyms is Blanco Legitimo ("legitimate white").

Synonyms include: Branco Lexitimo, Blanco Pais, Blanco Verdin, Raposo.

Food matches for Albarin Blanco include:

Smoked oysters
Wasabi chicken salad
Mussels with parsley & garlic butter
Wine-searcherより)

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012 part2





酒宝庫MASHIMOより購入。1,792円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012
El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012 part1
エル アプレンデス ティント 2012 レジェンダ デル パラモ 750ml [赤]El Aprendiz Tinto Leyenda Del Paramo

価格
2,040円 (税込 2,203 円) 送料別

information
英字名 El Aprendiz Tinto Leyenda Del Paramo
ワイナリー名 レジェンダ デル パラモ
商品情報 生産者:レジェンダデルパラモは、2010年に7人のパートナーにより設立された会社で、自社畑18haの他に、樹齢の高い畑50ha(樹齢35年以上40ha、樹齢80年以上10ha)を管理しています。「荒野の伝説」という意味の社名の通り、それらの畑は標高約900mの荒野にあり、絶滅の危機にあった南レオン地方の固有品種「プリエト・ピクード種」と「アルバリン種」のみを栽培し、世界に向け優れた品質のワインを発信しています。DOティエラ・デ・レオンで唯一のオーガニックワインの認定を受けたワイナリーです。
希少な土着品種プリエト・ピクード100%使用。熟した赤い果実の香りと上質な樽香が心地よい、エレガントな酸を持つバランスの取れたワイン。
畑:大陸性気候。標高900mの沖積層の段丘、内層は石灰岩など石があり通気性に富んだ土壌。平均樹齢35年以上。
栽培・収穫:ダブルコルドン仕立。10月に収穫。収量3.5t/ha。有機栽培。
醸造・熟成:ステンレスタンクの中で8℃24hの前発酵後、28℃で12日間の発酵。1年樽と2年樽で3ヶ月の熟成(フランスとアメリカ産半々)。年産3.8万本。
受賞歴:2012 デカンター 2013 銅賞
内容量 750ml
品種 プリエト・ピクード100%
産地 スペイン・カスティーリャ イ レオン
カテゴリー ティエラ デ レオンDO
味わい 辛口
ボディ 重口
タイプ 赤
同梱 可能
発送温度帯 常温
輸入元 株式会社飯田
トスカニーより)





固有品種を使った、個性的で高品質なワインを世界に発信
レジェンダデルパラモは、2010年に7人のパートナーにより設立された会社で、自社畑18haの他に、樹齢の高い畑50ha(樹齢35年以上40ha、樹齢80年以上10ha)を管理しています。「荒野の伝説」という意味の社名の通り、それらの畑は標高約900mの荒野にあり、絶滅の危機にあった南レオン地方の固有品種「プリエト・ピクード種」と「アルバリン種」のみを栽培し、世界に向け優れた品質のワインを発信しています。

レジェンダデルパラモの畑は、ドゥエロ河流域の北側に広がる「エル パラモ」と呼ばれる吹きさらしで起伏のある荒野に位置しています。そこで栽培される「アルバリン種」と「プリエト・ピクード種」はとても伝統的な固有品種で、アルバリンは非常にフレッシュかつアロマティックな白ブドウ、プリエト・ピクドーは濃厚な色素に高サンド・江東℃・高担任が特徴の黒ブドウです。特に、初期メンバーの一人であるジェネラルマネージャーのペドロ・ゴンザレス・ミッテルブランは、以前からプリエト・ピクド種の復興に取り組んできた人物で、現在は大学でワイン醸造の教鞭をとり、その深い知識はレオンの発展に生かされています。

しかしこの伝統的な品種は、ここ数十年で多くが抜かれほぼ壊滅状態。今や樹齢の高い畑が100ha残るのみとなっています。現在レジェンダデルパラモでは、現存する樹齢100年のプリエト・ピクード畑の8割を購入スべく交渉を進めています。彼らの挑戦は始まったところです。

希少な土着品種プリエト・ピクード100%使用。熟した赤い果実の香りと上質な樽香が心地よい、エレガントな酸を持つバランスの取れたワインです。

【レジェンダ デル パラモ】 エル アプレンデス ティント [2012] 750ml・赤 【Leyenda del Paramo】 El Aprendiz Tinto
価格
1,590円 (税込 1,717 円) 送料別

希少な土着品種プリエト・ピクード100%使用。熟した赤い果実の香りと上質な樽香が心地よい、エレガントな酸を持つバランスの取れたワイン。

色・タイプ 赤/ミディアムボディ/辛口
品種 プリエト・ピクード100%
容量 750ml
産地 スペイン カスティーリャ・イ・レオン州
酒宝庫MASHIMOより)




Prieto Picudo Wine
Prieto Picudo is a rare, dark-skinned red wine grape variety grown predominantly in and around its homeland of León, northern Spain. The variety is used to create both light rosés and deeply pigmented reds, and can be found as a single-variety wine or in blends with Tempranillo or Mencia.

The aromatic variety gives intense color to wine, more so than most other varieties grown in Castilla y León. It is sometimes likened to Tempranillo in this respect. Prieto Picudo has sufficient tannins, retains good acidity and responds well to oak treatments. It makes red wines which are intense in terms of both color and flavor, showing redcurrant, blackberry and licorice flavors. These wines often have mineral notes (a trait common to many Tierra de León wines), as well as vanilla and toast where oak has been used. Rosé wines tend to show aromas of strawberry and raspberry with touches of peach, citrus and flowers.

Prieto Picudo grows best in difficult terrains, hot and dry being its preference as it has a high degree of drought resistance. The variety is permitted in Tierra de León DO wines as well as Vino de la Tierra Castilla y León wines, a lower classification.

Prieto can mean "dark-skinned" or "dark-haired" in Spanish and is typically described as referring to the variety's berries. However the fruit has a distinct bluish hue, and another meaning of Prieto ("squeezed", "tight" or "compressed") could well allude to the compact, small bunches. Picudo means "pointed", which most probably references either the tapered shape of the bunches, or the pine-nut shape of the grapes themselves.

Prieto Picudo is virtually unique to Castilla y León but its wines are slowly gaining prominence outside Spain.

Food matches for Prieto Picudo include:

Fideuá (paella-style seafood and noodle dish) (rosé)
Braised venison with polenta (red)
Rib-eye steak with caramelized onion (red)
Wine-searcherより)

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012 part2





酒宝庫MASHIMOより購入。1,717円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Mercurey Francois de Nicolay 2013

Mercurey Francois de Nicolay 2013
Mercurey Francois de Nicolay 2013 part1
MAISON FLANÇOIS DE NICOLAY メゾン・フランソワ・ド・ニコライ
BOURGOGNE / SAVIGNY LÉS BEAUNE
= オート・クチュール・ネゴシアンで実現する理想のワイン =

■ 生産者について
メゾン・フランソワ・ド・ニコライは、シャンパーニュ・モエ・エ・シャンドン社の親戚にあたる、ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユの長男、フランソワ・ド・ニコライ氏(1970年生)が、2000年初頭に設立した彼の「ワイン造りに対して最大限考えられる、最も理想的なワイン造りを行う極小規模ネゴシアン」です。フランソワ氏は幼少期をブルゴーニュのサヴィニー・レ・ボーヌで過ごし、収穫を手伝うなど小さい頃からぶどうとワイン囲まれて生活をしていたので、ごく自然な流れでワイン業界に入る事となりました。学校を卒業し1993年には、パリの小さなワインショップでキャビストとして働き始めます。多くのお客様にワインをすすめ、またパリ市内のレストラン、ホテル、ビストロなどにもワインを紹介し販売する日々を過ごしていました。1996年には自らが独立してパリにワインショップを立ち上げ、平行して実家のドメーヌを手伝い始めます。さらに丁度その頃に、知り合いのぶどう農家から、「サヴィニ・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・レ・ヴェルジュレス(Savigny les Beaune 1er cru Les Vergelesses)」 の60aresの小さな区画を借りてくれないかと持ちかけられ、この機会をドメーヌとは別に自分の理想のワインを追求する良い機会と捉え、5樽程の小さなネゴシアンを立ち上げました。これが“メゾン・フランソワ・ド・ニコライ”の始まりです。その後、除々にアペラシオンを広げていき現在は6アペラシオンを生産しています。

① 100%ぶどう、またはワイン(アルコール発酵後)の状態で買い付け ② ビオロジー、またはビオディナミのぶどうのみを買い付け ③瓶詰め時に極少量のSO2を添加する以外、SO2不使用(sans soufre)である事 ④フィルターを使用せず、清澄を一切行わない、最も自然なワイン造りをコンセプトとしていて、ワイン造りにおける最も理想的な方法をここで実践し探求するための、いわば「実験的な」メゾンです。ここでの技術や経験は、現在エコセールの認証を受けている自身のドメーヌ「シャンドン・ド・ブリアイユ」にも活かされています。すべてが手作業で、ポンプを使ってワインを移動させる事もありません。ビン詰めに至っては、昔ながらの方法で樽から手作業で直詰めをしています。そのために生産量は限られ、多くても1アペラシオン辺り4樽(912ℓ)までとしています。これは1日でできる手作業による瓶詰めの限界の量です。まさしく「オート・クチュール・ネゴシアン(Haute Couture Negociant)」なのです。

■ 畑・醸造について
健全でバランスのとれたブドウを収穫することで、醸造ではSO2が不要となっています。またアルコール発酵後ワインへSO2を添加せずに、そのままマロラクティック
発酵が行われています。それはマロラクティック発酵に伴い、ワインを酸化から守る役割を持つCO2が発生するからです。
元来SO2添加の目的はワインを酸化から守ること、そしてまた異常なバクテリアの繁殖を抑えることにあります。健全でバランスのとれたぶどう、衛生管理が行き届いたセラーを用いることで、SO2を使用せず異常なバクテリアの繁殖を抑制しています。
瓶詰め直前に、ワインの持つ素質をできる限りそのままに、空気との接触を抑え澱引き。そのため澱が発生しますが、それは品質の証でもあります。瓶詰め後12~14度のセラーで保存し出荷します。
(いろはワインより)




メルキュレ・ルージュ
10862
[10862]
名 称 メルキュレ・ルージュ
作り手 フランソワ・ニコライ
年 代 2013
色 タイプ 赤 フルボディ
国 名 フランス
地域名 ブルゴーニュ地方、コート・シャロネーズ地区
等 級
セパージュ ピノ・ノワール
容 量 750
特 徴 サヴィニィ・レ・ボーヌの名門シャンドン・ド・ブリアイユ当主が「葡萄とワインに最高の条件」を求め 造り出している造り手「フランソワ・ニコライ」。全てにおいて妥協せず 自然的アプローチで造られています。
備 考
   
販売価格 3,230 円 [税別]
Owariyaより)

Mercurey Francois de Nicolay 2013 part2






http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180411/1523407430
ワイン会にて
 
抜栓日:2018年4月10日
比較的濃い目のルビーで透明感あり。抜栓直後は硫黄系の還元香が支配的。これを「臭い」という人もいれば、このワインに関しては自分はさほど不快な感じは持ちませんでした。スワリングにより飛んでいくので、還元でいいと思いますが、この辺のニュアンスとブレタノの違いがよく分かっていません。還元が飛んでいくと、赤黒いベリー系の果実香がでてきます。チャーミングと言うよりはドッシリとした印象の香りです。やや土っぽい印象。酸は比較的穏やかで、タンニンはほぼ収斂性を感じない、綺麗なタンニン。果実味もどっしりとしていますが、味わいの中間層がやや軽めの印象です。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Chablis 1er Cru Montee de Tonnerre Domaine Jean Collet 2011

Chablis 1er Cru Montee de Tonnerre Domaine Jean Collet 2011
Chablis 1er Cru Montee de Tonnerre Domaine Jean Collet 2011
ドメーヌ ジャン・コレ Domaine Jean Collet
シャブリの地に1792 年より代々伝わるワイン造りの家系。先代のジャン・コレは1952 年からワイン造りに携わり、1954 年にそれまでワイン商に桶売りしていたワインを自社でボトリングし、販売を開始した。1979 年に現当主ジルが加わり、現在のドメーヌ ジャン・コレ社となった。
全てのキュヴェを貫くシャブリの土地を見事に表現したミネラル感のある味わいは正に本物のシャブリ。


シャブリ プルミエ・クリュ モンテ・ド・トネール 2015
Chablis 1er Cru Montee de Tonnerre 2015
GCと同じ斜面の直ぐ南に位置するモンテ・ド・トネール。見事に濃縮された味わいは鋼のように強く、且つ愛らしい。

[生産者] ドメーヌ ジャン・コレ/Domaine Jean Collet
[ヴィンテージ] 2015  [容量] 750ml
[原産国] フランス  [生産地方] ブルゴーニュ
[ブドウ品種] シャルドネ100%
販売価格: 5,098円(税込)

原産国 フランス
生産地方 ブルゴーニュ
生産地区 シャブリ
原産地呼称 AOC:シャブリ プルミエ・クリュ
格付 プルミエ・クリュ
希望小売価格 4,720円(税抜)
容量 750ml
入数(ケース) 12
アルコール分 12.5%
種類 スティルワイン 色 白
甘辛 辛口 味わい ミディアムボディ
飲み頃温度 8~12℃ 栓種別 コルク
味わいコメント 柑橘系や洋梨や桃等の濃厚な香り、厚みのある口当たり、果実味の中に、シャブリらしいしっかりとしたミネラル分が感じられる。長期熟成により味わいは更に複雑味を増す。上手に保管すれば15年~20年は見事な熟成感のあるシャブリを味わえる。
栽培・醸造・受賞歴など

ブドウ品種 シャルドネ100%
平均樹齢 33年
所有面積 2.29 ha
土壌 キメリジャン(石灰質の粘土)
醸造・熟成工程 シャブリ・グラン・クリュサイドに位置するモンテ・ド・トネールの畑からはグラン・クリュに匹敵する濃縮感の高いシャルドネが収穫される。そのためコレではモンテ・ド・トネールをグラン・クリュと同じく、228Lの小樽とフードルを併用し発酵・熟成。新樽の使用率は30%。熟成期間は10ヶ月間。
発酵(タンク/樽) 樽
熟成(タンク/樽(新樽比率)) 樽(新樽比率30%)
熟成期間 10ヶ月間
ポントヴィーニョより)





ドメーヌ・ジャン・コレ シャブリ プルミエ・クリュ モンテ・ド・トネール 2011

商品名 : ドメーヌ・ジャン・コレ シャブリ プルミエ・クリュ モンテ・ド・トネール 2011
製造元 : ドメーヌ・ジャン・コレ
原産地 : <フランス>
希望小売価格 : 5,098円
価格 : 4,333円(税込)

【品種】シャルドネ100%【地域】シャブリ【原産地呼称】A.O.C.シャブリ・プルミエ・クリュ【タイプ】白・辛口・750ml

★「ドメーヌ・ジャン・コレ」はシャブリを代表する素晴らしい造り手です。
★畑の特性を活かして、醸造方法をそれぞれ個別に決めるというキメ細やかな手法で極上の味わいを造っています。
★「モンテ・ド・トネール」はグラン・クリュに隣接したプルミエ・クリュの最上の畑です。
★力強さのあるシャブリは凛とした中に愛らしさも見えます。

グラン・クリュと同じ斜面の直ぐ南に位置するモンテ・ド・トネール。プルミエ・クリュの畑の中では最も高く評価されます。グラン・クリュ側のプルミエ・クリュは力強く、スラン川対岸の緩やかな丘陵部のプルミエ・クリュには優しさがあると言われます。果実味と酸に力があり、ミネラル感からくる芯のある強さを感じます。見事に濃縮された味わいは鋼のように強く、且つ愛らしい。

シャブリ・グラン・クリュサイドに位置するモンテ・ド・トネールの畑からはグラン・クリュに匹敵する濃縮感の高いシャルドネが収穫される。そのためコレではモンテ・ド・トネールをグラン・クリュと同じく、228Lの小樽とフードルを併用し発酵・熟成。新樽の使用率は30%。熟成期間は10ヶ月間。

柑橘系や洋梨や桃等の濃厚な香り、厚みのある口当たり、果実味の中に、シャブリらしいしっかりとしたミネラル分が感じられる。長期熟成により味わいは更に複雑味を増す。上手に保管すれば15年~20年は見事な熟成感のあるシャブリを味わえる。
【品種】シャルドネ100%
【地域】シャブリ
【原産地呼称】A.O.C.シャブリ・プルミエ・クリュ
【タイプ】白・辛口・750ml

*収穫後、空圧式の圧搾機で搾汁、全体の30%はアリエ産228Lの新樽内で、残りの70%は600リットルの“ドゥミ・ムイ”と呼ばれる木樽で発酵させ、 それぞれ10~11ヶ月間熟成させアッサンブラージュ、その後ステンレスタンク内で5ヶ月間静置、メンブランフィルターで軽くろ過しボトリングされる。
【ドメーヌ・ジャン・コレ】 Domaine Jean Collet

シャブリに1792年より代々伝わるワイン造りの家系。
現在のコレ社はマリウス・コレとその妻アグネス・ピノにより設立され、マリウスの息子ジャンが1952年からワイン造りに携わる。
ジャンは1954年にそれまでワイン商に売っていたワインを自社でボトリングを開始し、ドメーヌとして自立。

1959年よりアメリカ合衆国への輸出を開始。
1979年、マリウスから3代目の現当主ジルが加わり現在の「ドメーヌ ジャン・コレ」社となった。
代々大切に受け継がれてきた最高の畑から豊かなミネラルを 感じるシャブリらしいシャブリを造り続けるドメーヌ。
ジルは伝統的なワイン造りを残しつつ、ビオロジー栽培にも挑戦している。現在は息子のロマンが醸造長を務める。

主要な所有畑
●グラン・クリュ ヴァルミュール  0.51 ha
●プルミエ・クリュ全体       17.71 ha 
 (ヴァイヨン:8.6ha、モンマン:6.5ha、モン・ド・ミリュー:0.32ha、モンテ・ド・トネール2.29ha)
●シャブリ               16.4 ha
●プティ・シャブリ           1.65ha

醸造の特長
本来のシャブリとしての個性を持ったワインを生み出すメーカーは限られている。
その中で現在シャブリの醸造のスタイルが2つあり、一つは伝統的な樽熟成によるワイン造り、もう一つはステンレスタンクによる醸造法である。多くの生産者はどち らかの醸造法を自社のスタイルとしている。

ジャン・コレは畑毎の葡萄の個性に応じて最良の醸造法を実施する、木目細かなワイン造りを自社のスタイルとしている。
シャブリ、プルミエクリュ・モンマン はステンレスタンクで発酵・熟成、プルミエクリュ・ヴァイヨンは8000リットルの大樽、グラン・クリュ・ヴァルミュール、プルミエ・クリュ モン・ド・ ミリュー、モンテ・ド・トネールは小樽を使用する。加えて、畑の持ち味をさらに活かすため、20年近いビオの栽培の経験をもとに2008年からビオによる 栽培面積の拡大と天然酵母の使用を推奨している。

【ドメーヌ コスタル】
「ドメーヌ コスタル」はジャン・コレのセカンドブランド。
シャブリらしいシャブリ、シャブリの典型とも呼ばれ、重厚なミネラル感と酸味を特徴とするジャン・コレのスタイルを余すところ無く伝えている。
しかもたいへんお求めやすい価格設定のシャブリ。
ワイン・ブロッサムより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180411/1523407429
ワイン会にて
 
抜栓日:2018年4月10日
比較的色づいたイエロー。粘性あり。最初、ほんの少し還元ありますが、すぐ飛びました。もわっとした樽香が、クリームっぽい印象を与え、そこに白い花の香りが感じられます。時間経過で、やや暖かい印象の果実香もあります。香り自体にとても複雑さと厚みを感じ、これいいワインだな~と思わせます。酸はしっかりとしていますが、決して攻撃的な酸ではなくむしろ人当たりの良い上質な酸。味わいにもしっかりとした厚みがあります。温度が上がると、樽のニュアンスとともにパッションフルーツっぽいニュアンスもありますか。ミネラル感はあるんですが、けっこう液質自体が厚いので、カチカチの硬質さを感じることもなく、上品な伸びやかなワインだと思いました。時間経過でも液質が落ちず、さすがプルミエ・クリュ! シャブリについては、再勉強をしなければいけないな~と常々思っています。美味しかった!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード