Valpolicella Classico Secondo Marco 2015

Valpolicella Classico Secondo Marco 2015
Valpolicella Classico Secondo Marco 2015 part1
SECONDO MARCO(セコンド・マルコ)
名門を飛び出した、ヴァルポリチェッラ・
クラシコの超新星。
セコンド・マルコのワイナリーは、ヴァルポリチェッラの中でも伝統的な生産地域であるフマーネという街にあります。レッシーニ山脈から吹き降ろされるフレッシュな風と、ガルダ湖から吹き込む暖かい風が交差し、ブドウ育成に好ましい昼夜の寒暖差を生み出します。設立間もない新しいワイナリーで、初リリースのアマローネは2006年。ただ、そのルーツは大変古く1874年に遡ります。

実は、オーナー兼醸造家のマルコ・スペーリ氏は、ヴァルポリチェッラの名門ワイナリー"Speri"の5代目。後継者としてワイン造りの帝王学を学んできたマルコ氏は、自分自身が最高と考える方法で、自分らしいワインを造りたいという想いで、生家を離れ独立しました。

『Secondo Marco(マルコによって)』という名前は彼の強い決意を表しています(『Secondo me』はイタリア語で『私によって』という意味)。


セコンド・マルコ|ヴァルポリチェッラ クラッシコ 2014

4,752 円(税込)
ワイナリー: セコンド・マルコ
原産: ヴェネト州/フマーネ
容量/度数: 750ml/13.0度
ブドウ品種: コルヴィーナ70%、コルヴィノーネ15%、ロンディネッラ10%、その他土着品種5%
獲得ポイント 44 pt
申し訳ございませんが、ただいま品切れ中です。
セコンド・マルコ|ヴァルポリチェッラ クラッシコ 2014に対するお問い合わせ
商品詳細情報

収穫は全て手積みで行います。2週間、果皮と共に発酵。セメントタンクで6ヶ月、さらに5千リットルの大樽で6ヶ月熟成します。色は明るめのルビー色。赤系ベリー中心の香り。バレリーナが舞う可憐なエチケットの如く、キレイな酸味が心地よい大変エレガントな仕上がり。
Vino Hayashiより)

Valpolicella Classico Secondo Marco 2015 part2






(*)Vino Hayashiよりイタリアワイン講座の教材。4,752円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Venezia Giulia Jiasik Bianco Da Uve Riesling E Malvasia Borgo san Daniele 2016

Venezia Giulia Jiasik Bianco Da Uve Riesling E Malvasia Borgo san Daniele 2016
Venezia Giulia Bianco Da Uve Riesling E Malvasia BorgosanDaniele 2016 part1
Borgo san Daniele(ボルゴ・サン・ダニエーレ)
フリウリのブドウが奏でるハーモニー
マウリ姉弟が表現する自然なワイン。
ボルゴ・サンダニエーレはフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のコルモンスにある小さなワイナリーです。アレッサンドラとマウロのマウリ姉弟が祖父から引き継いだブドウ畑に、この地域の伝統的なブドウ品種を栽培することから始まりました。

収穫量を増やすため、ブドウの垣根を高くすることが一般的となっていたこの地で、ブドウのクオリティーを高めるため、ブドウの背を高くせずに収穫量をわざと抑える方法をとりました。彼らが取り入れたのは、限りなく自然に近い有機農法(ビオロジコ)です。厳しく剪定し収穫量を抑え、質を向上させることがベースとなります。ブレンドワインの名前に付けられているArbis(アルビス)は、フリウリの方言で"草(薬草)"を意味します。有機栽培されるブドウ畑は樹勢を弱くするため密植にし、畝間にもわざと雑草を生えさせています。

比較的新しい生産者ですが、彼らの透明感に溢れた自然なワインは、既に高く評価されています。


ボルゴ・サン・ダニエーレ|ヴェネツィア・ジューリア ビアンコ ”ヤシック” 2016

3,888 円(税込)
ワイナリー: ボルゴ・サンダニエーレ
原産: フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州/コルモンス
容量/度数: 750ml/13.5度
ブドウ品種: リースリング、マルヴァジア

商品詳細情報

ブドウ本来のフレッシュさを残すため、果皮が凍るほど一度冷却したあと7-8℃でプレス。16-18℃で発酵させたあとステンレスタンクのみで熟成。リースリング特有のアロマティックな香りとマルヴァジアの果実味が印象的。シーンを選ばずに楽しめます。
Vino Hayashiより)

Venezia Giulia Bianco Da Uve Riesling E Malvasia BorgosanDaniele 2016 part2






(*)Vino Hayashiよりイタリアワイン講座の教材。3,888円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Radikon Ribolla Gialla Venezia Giulia 2006

Radikon Ribolla Gialla Venezia Giulia 2006
Radikon Ribolla Gialla Venezia Giulia 2006 part1
清々しさと共存する重厚感と旨み自然派ラディコンが造る長期熟成の醸し発酵白ワイン
「リボッラジャッラ」

リボッラ ジャッラ ラディコン

商品情報
フリウリ地域を代表する自然派生産者ラディコンのリボッラジャッラです。この品種はミネラルと余韻の長さがあり飲み心地に優れた特徴があります。ラディコンは醸し発酵を行うことでリボッラジャッラの清々しさに重厚感と旨みが備わっています。畑には除草剤や化学肥料は使用しません。収穫は手摘みで行なわれ、大樽による長期熟成により葡萄の力強い旨みが産まれます。
生産者情報
ラディコン Radikon
オスラーヴィアで戦後間もなく始まったラディコン
畑スロヴェニアとの国境の近く、オスラーヴィアで戦後間もなく、スタニスラオ(スタンコ) ラディコンの祖父によって始められたワイナリーです。

1980年からスタニスラオにワイナリーは委譲され、それまで桶売りしていたワインを自らボトリングを始めます。シャルドネやソーヴィニョンなど国際的なブドウの導入、畑をヘクタールあたり9500-10000本と高密植にし、過熟気味のブドウを圧縮空気式の柔らかな圧搾にかけ、バリック内での醗酵、熟成という最上の白ワインを造る上での世界中で採用されている手法をとってきました。

1995年から自然環境に配慮した農業へ転換
しかし1995年からは、ピノ グリージョ以外の白ブドウに70年代までは一般的に行われていた約2週間のマセラシオンと大樽での熟成を採用し、畑でも除草剤や化学肥料などの使用をやめ、より自然で環境に配慮した農業を心がけます。

2002年以降は500mlと1000mlのボトルでリリース
ラディコンは今後良質な天然コルクが入手困難になることを危惧し、一定量のコルクから出来る限り多くのコルク栓を確保できるようにと、エディ カンテ氏と共同で、500mlでありながら空気との接触率が従来の750mlボトルと同程度で口径がやや小さいボトルを開発しました。2002年以降はこの500mlボトルと1000mlボトルでリリースされます。

新たな潮流「オレンジワイン」を産み出す
白ブドウのマセラシオンと大樽による熟成により産まれるワインは濃い橙色を帯びた「オレンジワイン」として、イタリアのみならずフランス、カリフォルニア、日本にも導入される程。ラディコンの影響を受けた生産者や世界中に数多く、自然派ワインの新たな潮流を造った偉大な存在となっています。2016年9月10日62歳で逝去。既にワイナリーに参画していた息子のサシャがワイン造りを引き継いでいます。

~スタンコ ラディコン氏より~
スタンコラディコン私達のワイナリーの哲学は、常に大地と環境に最大限の敬意を払った自然なワインを造る事でした。1995年以降、畑では化学肥料の使用をやめ、葡萄の木への薬剤散布も必要最低限まで減らし、消費者の健康に有害ではないと保証の出来る製品のみを使用しています。数年後には正真正銘の無農薬有機ブドウを生産する事が出来るようになるでしょう。ここ数年で私達のワインの醸造方法は、劇的にともすると多くの消費者に受け入れられにくい方向へと変化してきました。だからこそボトルを開けた時にどんなタイプのワインを皆さんが目の前にすることなのか、概略だけでも説明しておきたいのです。

適切な時期にブドウを間引くことで、ブドウの収量を1ヘクタールあたり5トン以下にます。完熟したブドウはワイナリーへと運ばれ、除梗し木製の醗酵槽へと移され、日に4回の攪拌をしながらマセレーション(醸し)を行ないます。つまり白ブドウにも赤ワインを造る時と同様の醸造方法を採用している事を意味し、白には10~12日間の、赤には3週間のマセレーションを行ないます。

この醸造方法では、白ワインがとても濃い色を呈すのはいたって普通の事であり決して酸化しているわけではありません。ワインが少し濁っている場合があるかもしれませんが、これはブドウ畑と同様の哲学をワイナリーでも実践しているからで、いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないためです。ワインは色が濃い以外に、香りの上でも味覚の上でも豊かで複雑と同時に消化しやすく健康に良いものとなっております。こうして造られたワインはアンティパストから肉料理まで多くの料理と合わせる事が出来ます。白は15℃、赤は18℃ぐらいで飲まれる事。私達のワインを選んで頂き、ありがとうございます。


リボッラ・ジャッラ・ラディコン
清々しさと共存する重厚感と旨み自然派ラディコンが造る長期熟成の醸し発酵白ワイン「リボッラジャッラ」

information
英字名 Ribolla Gialla Radikon
ワイナリー名 ラディコン
商品情報 ピノグリージョ以外の白ブドウに70年代までは一般的に行われていた約2週間のマセレーションと大樽での熟成を採用し、畑でも除草剤や化学肥料などの使用をやめ、より自然で環境に配慮した農業を心がける。ラディコンは今後良質な天然コルクが入手困難になることを危惧し、一定量のコルクから出来る限り多くのコルク栓を確保できるようにと、エディ・カンテと共同で、500mlでありながら空気との接触率が従来の750mlボトルと同程度で口径がやや小さいボトルを開発した。2002年以降はこの500mlボトルと1000mlボトルでリリースされる。
品種 リボッラ・ジャッラ100% (二酸化硫黄(SO2)無添加)
産地 イタリア・フリウリ ヴェネツィア ジュリア
カテゴリー IGT
トスカニーより)

Radikon Ribolla Gialla Venezia Giulia 2006 part2




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170809/1502239106
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年8月8日
ラディコン初めて飲みました。かなり濃い褐色で若干の濁りあり。やはり還元的というか、酸化的ニュアンスで、基本路線はカラットに似ています。こちらのほうがより濃いという印象。味わいも酸化的ニュアンスもつよく、酢酸エステル系の香りが強めです。それが不快と快感のちょうどギリギリの線を言っているようなニュアンス。だめな人はだめ、旨いと思う人は、ひたすら旨い、になるんじゃないでしょうか? とっても厚み、コクがあって重量感を感じるワイン。勉強になります。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Tre Rocche Romagna Sangiovese Superiore Fattoria Nicolucci 2015

Tre Rocche Romagna Sangiovese Superiore Fattoria Nicolucci 2015
Tre Rocche Romagna Sangiovese Superiore Fattoria Nicolucci 2015 part1
ニコルッチ|サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ スーペリオーレ ”トレ・ロッケ”  2015
4,104 円(税込)

ワイナリー: ニコルッチ
原産: エミリア・ロマーニャ州/プレダッピオ・アルタ
容量/度数: 750ml/14.0度
ブドウ品種: サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ100%

商品詳細情報

大樽での熟成感が醸し出すサンジョヴェーゼ・クラシコ
キレイなルビー色。凝縮感のある赤系ベリーの香りに加え、大樽での熟成からくる大変繊細な香り。しっかりとした味わいですが、嫌味のないタンニンがエレガントなテイストを形づくり、酸味が抑えられていることで大変やわらかく感じます。
Vino Hayashiより)





(*)Vino Hayashiイタリアワイン講座より。4,104円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

I Mandorli Romagna Sangiovese Superiore Fattoria Nicolucci 2015

I Mandorli Romagna Sangiovese Superiore Fattoria Nicolucci 2015
I Mandorli Romagna Sangiovese Superiore Fattoria Nicolucci 2015 part1
ニコルッチ|サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ スーペリオーレ ”イ・マンドルリ”  2014

3,456 円(税込)
ワイナリー: ニコルッチ
原産: エミリア・ロマーニャ州/プレダッピオ・アルタ
容量/度数: 750ml/13.0度
ブドウ品種: サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ100%

商品詳細情報
サンジョヴェーゼ特有の酸味やタンニンを抑えつつ、果実味を前面に出すことにより、大変飲みやすく仕上げてあります。ストロベリーキャンディーのようなフルーティーで華やかな香り。チャーミングな酸味があり、どんな食事でも合わせやすい一本です。

Nicolucci(ニコルッチ)
「Gambero Rosso2009年版で3ビッキエーリ(最高評価)、DUEMILAVINI2011年版で5グラッポリ(最高評価)を獲得した、サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャの新旗手。」

トスカーナ州モンテプルチアーノからアペニン山脈を越え、ロマーニャ地方の都市チェゼーナに向かってくだる丘陵地帯に、ムッソリーニの故郷として有名なプレダッピオという街があります。その隣の丘の上にある小さな村が、プレダッピオ・アルタ。ロマーニャ地方のワイン生産において、歴史的に重要なその村を代表するワイナリーがカセット・デイ・マンドリです。 カセット・デイ・マンドリ カセット・デイ・マンドリという名前は、小さな家を囲むように植えられていたマンドリ(アーモンド)の木にちなんで名づけられたそうです。 写真 ワイナリーの設立は1885年。3代目のジョゼッペ・ニコルッチ氏の時代には、この町にある食堂に納めるためだけにワインを生産していたそうですが、近郊の街にも評判が広まり、ワインやモスト(ワイン用のブドウ果汁)を買付けにくる業者が増え、近辺の土地を買い増し、生産本数を増やしていったとのこと。現在は息子のアレッサンドロ氏が醸造責任者として、厳しい剪定と選果を行った上で、伝統的な醸造方法を踏襲しつつ、極上のサンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャに仕上げています。 Gambero Rosso2009年版で3ビッキエーリ(最高評価)/DUEMILAVINI2011年版で5グラッポリ(最高評価) また、Gambero Rosso 2009年版で3ビッキエーリ(最高評価)、DUEMILAVINI 2011年版で5グラッポリ(最高評価)獲得と、国内での評価も確たるものにしています。 プレダッピオ・アルタでは、千年前からサンジョベーゼが飲まれているとのこと。ここで作られるサンジョヴェーゼは、ブドウの粒が大変小さく凝縮されたタイプの果実で、長期熟成に向いており、10年以上の熟成に耐え得るワインが造られます。
Vino Hayashiより)

I Mandorli Romagna Sangiovese Superiore Fattoria Nicolucci 2015 part2




(*)Vino Hayashiイタリアワイン講座より。3,456円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Vallee dAosta Gamay DD 2015

Vallee dAosta Gamay DD 2015
Vallee dAosta Gamay DD 2015 part1

Vallee dAosta Gamay DD 2015 part2
ディー・アンド・ディー|ヴァッレ・ダオスタ ガメイ 2015

3,672 円(税込)
ワイナリー: ディー・アンド・ディー
原産: ヴァッレ・ダオスタ州/アオスタ
容量/度数: 750ml/13.0度
ブドウ品種: ガメイ100%

商品詳細情報
イタリアでは非常に珍しいガメイ種。濃い目の美しいルビー色。カシスやブルーベリーといった小さい果実や、赤い花の香り、少し煮詰めたジャムのような香りも広がります。チャーミングながら、程よいボリューム、果実味があり、イタリアの雰囲気を漂わせます。

D&D(ディー・アンド・ディー)
ヨーロッパ最高峰の山々に囲まれ
特別な環境を味方にした造り手。
D&Dはヴァッレ・ダオスタ州の州都であるアオスタから程近いコサン地方にあるワイナリーです。代々受け継がれてきた畑を10年前に拡張し、新たにワイナリーとしての歴史をスタートさせました。伝統、革新をそれぞれ取り入れて、全部で8種類のブドウ品種を造っています。
黒ブドウはピノ・ネーロ、ガメイ、プティ・ルージュ、フミン、シラー。白ブドウはプティ・アルヴィーヌ、モスカート、ミュラー・トゥルガウです。 高い山々に囲まれたアオスタの盆地は、ヴァッレ・ダオスタ州の中で最も広い平地です。日当たりの良い温暖な気候に恵まれたこの地区は、ブドウ栽培に適しています。アオスタという小さい土地の中で、量より質を重視した勢いのあるワイナリーです。
Vino Hayashiより)





Vino Hayashiのイタリアワイン講座より。3,672円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Riviera Ligure di Ponente Pigato MaRene bioVio 2015

Riviera Ligure di Ponente Pigato MaRene bioVio 2015
Riviera Ligure di Ponente Pigato MaRene bioVio 2015 part1

Riviera Ligure di Ponente Pigato MaRene bioVio 2015 part2
ビオ・ヴィオ リヴィエラ・リグーレ・ディ・ポネンテ ピガート ”マレネ” 2015

4,536 円(税込)

ワイナリー: ビオヴィオ
原産: リグーリア州/アルベンガ
容量/度数: 750ml/13.5度
ブドウ品種: ピガート100%

商品詳細情報
夏に楽しみたいリグーリアの地ブドウ
ワインの造り方はヴェルメンティーノとほぼ同様で、9月中旬から10月上旬に収穫されたブドウを一部は低温でスキンコンタクトさせ、ブレンドしています。
ピガートは淡い色ではなくしっかりと色が出るのが特徴です。黄桃やムスク、シダのアロマ。海に近いことから塩味も感じられ、ピガートの特徴である苦味も印象的です。
非常に飲みやすくリグーリアの地ブドウの特長を存分に楽しめるワインです。

bioVio(ビオ・ヴィオ)
ビオロジコとは思えない。
とびきり奇麗で芳香なビオ・ビアンコ。
リグーリアの州都ジェノヴァから海岸沿いに南西へ向かうとアルベンガという小さな町があります。ヴィオファミリーはこのアルベンガで古くから農業を営んできました。1999年までは作ったブドウを売却していましたが、2000年にワイナリーを設立。質の高いピガート、ヴェルメンティ-ノやロッセーゼといったこの土地土着のブドウからワインを造っています。

気候条件など自然環境に恵まれたアルベンガでは、伝統的にオーガニック(有機的)な農業が営まれてきました。 ビオヴィオは1989年にビオロジコ(ビオロジック)の認証を取得していますが、取得にあたって特に何も変える必要はなかったとのこと。自然なものだけを使ってブドウ作りを行ってきた生産者です。

2.5キロメートル先に海が広がり、逆側はアルプス山脈の麓という絶好のロケーションにある畑から造られるワインは、誰もが驚く程キレイなビオワインです。
Vino Hayashiより)






Vino Hayashiのイタリアワイン講座より。4,536円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170720/1500547856
抜栓日:2017年7月20日
栓:コルク
液漏れ:なし
グラス:大きめのチューリップと小さめのチューリップ、そして小さめのバルーンを使用しました。最初小さめのチューリップと、小さめのバルーンで比べてみましたが、自分はバルーンのほうが香りがよいと感じました。テキスト的には、大きめのチューリップが1番、ついで小さめのチューリップ、つぎに小さめのバルーンでした。
 
色調:レモンイエローと感じましたが、麦わら色との解答。そこまで濃くは感じません。
グラスには気泡がいっぱいでした。
濃淡:中程度
透明度:澄んだ
粘性:中程度
 
香りの強弱:やや強い。なかなか香りがたっています
複雑性:中程度
クオリティー:良質な、と回答しましたが、解答は卓越した。たしかに良いワインだと思います。
特徴:レモン、ライム、アカシアの香りをとりましたが、解答はバジル、トマトの葉、金木犀、ターメリック。なるほど~。
味わい
ボディー:中程度
バランス:良い
余韻:中程度(やや長い)
酸味:やや強い(やや強い~中程度)
ミネラル:やや高い
アルコール:中程度(中程度~やや高い) テキストには13.5%と書いてありますが、ラベルには12.5%と記載されています。
柔らかさ:中程度(やや高い)
(解答の特徴:くっきろとした酸と余韻の苦味。南国系フルーツを感じさせる果実味)
(解答のコメント:エキゾチックな印象。香りは爽やか、味わいはコクあり)
なかなか厚みのある味わいで、酸がしっかりとしているのでインパクトあります。シャルドネといわれると、そうか、と思ってしまいます(マコンあたりのシャルドネっぽい感じも)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Muni Bianco Daniele Piccinin 2015

Muni Bianco Daniele Piccinin 2015
Muni Bianco Daniele Piccinin 2015 part1
土着品種ドゥレッラと
シャルドネの素晴らしい調和
元ソムリエが造る清々しい香りと充実した果実感の白

ビアンコ デイ ムーニ ダニエーレ ピッチニン

商品情報
希少な土着品種ドゥレッラとシャルドネの素晴らしい調和
希少な土着品種ドゥレッラとシャルドネのブレンドからなる白ワイン「ビアンコ ディ ムーニ」です。ドゥレッラならではのシャープな酸と、シャルドネの品の良い豊かさが素晴らしい調和を見せる、充実した旨みのある白ワインです。

柑橘の清々しい香りと充実した果実感
柑橘の清々しい香りに、完熟した南国フルーツやハニーシロップのニュアンスが綺麗に重なります。飲むと、充実した果実感に寄り添うイキイキとしたミネラル、ハリのある酸とほろ苦さが感じられ、旨味の強さと優れたバランスの良さを感じます。余韻も非常に長く、豊かな風味があります。

「ビアンカーラ」とも似通う飲み心地の良さ
ダニエーレピッチニンの師匠でもある、「ビアンカーラ」のアンジョリーノ マウレのワインとも似通う飲み心地の良さが感じられます。和食との相性は非常に良く、特に寿司や天麩羅等の素材を生かしたお料理との相性は抜群です。
生産者情報
ダニエーレ ピッチニン Daniele Piccinin
畑煌めく強い信念を持つ元ソムリエでアンジョリーノの「一番弟子」
ダニエーレ ピッチニンは、もともとレストランの共同経営者の1人として、ソムリエを担っていましたが、2003年にアンジョリーノ マウレをはじめとする造り手たちのワインと出会い、それまでのワイン観を大きく覆されます。比較的近所だったということもあり、アンジョリーノと仲良くなり、とある日、畑やセラーでの仕事を手伝わせてくれないかとアンジョリーノに依頼します。ソムリエがちょっとワイン造りを知ったつもりになりたいんだろうと高をくくったアンジョリーノが安請け合いすると、ダニエーレはレストランが休みの日は毎回、朝6時にはアンジョリーノ家に現れ、終日畑仕事からセラー仕事までを手伝っていたそうです。そして2006年、レストランの権利を売却、自らワインを造る決心をします。

自分の生まれ育った場所の土着品種の復興を願いワイン造りをスタート
驚くべき事に、ワイン造りを始めるにあたってはアンジョリーノに何のアドヴァイスも請わずに事を決めてしまいます。畑の場所に関しても、アンジョリーノの本拠地、ガンベッラーラでやるという選択肢もあったはずですが、「自分の生まれ育った場所の土着品種の復興を願って」生まれ故郷であるサン ジョヴァンニ イラリオーネを自身のワイン造りの地として選びます。

土着品種復興の想いで山を開墾
1000年以上前からこの地域で栽培されていた「ドゥレッラ」という白ブドウがありますが、もともとはRabiosa(ラビオーザ、過激な、の意)と呼ばれていた品種で、名前通り、鋭い酸、強いタンニンが特徴。ただでさえマイナーな上に、酸が強すぎることもあって、植え替える人がほとんど。未だに栽培している人の大半は、その酸を利用してスプマンテを生産しています。

しかしダニエーレは、本当に完熟したドゥレッラならば絶対に偉大な白ワインを造れると信じ、家の近くを開墾してあえてこのブドウを植えました。そして、さらに標高の高い(海抜500m)場所には、土壌、標高の高さ、気候などが合っていると考え、ピノ ネーロを植えました。

当然植えたばかりの畑からはブドウは生りませんので、1.6ヘクタールの樹齢約20年のシャルドネ、ドゥレッラ、カベルネ、メルローが植わる畑を別に借り、この畑から獲れるブドウで、ビアンコ&ロッソ デイ ムーニを造っています。そして2009ヴィンテージまでは、アンジョリーノのセラーを借りて醸造、ボトリングを行っていましたが、2010年にはセラーが完成し、いよいよ彼一人でのワイン造りが始まります。

納得いくワインを造るため、リリースを1年遅らせるという決断
彼の強い信念は、2007年ヴィンテージのビアンコ デイ ムーニにおいて、微細な醗酵がなかなか終わらず、結局本来のリリースのタイミングより約1年遅くリリースさせることを決めた際にも見て取れます。スタートしてわずか2年目の造り手が1年リリースを遅らせるということは、1年間まるまる収入が得られないということを意味します。たとえ収入が得られなくても、納得のいくワインを造りたいというダニエーレの決断が、どれほど大変な事であったか。

しかし、そのワインが完成し、ボトリングされたものを飲んだときの感動は、まさに彼の大英断を裏付けるものでした。これくらいの気構えの持ち主のワインだからこそ、アンジョリーノのワインの良きライバルにまでこの短期間で上り詰めたのではないでしょうか。


土着品種ドゥレッラとシャルドネの素晴らしい調和元ソムリエが造る清々しい香りと充実した果実感の白

ビアンコ デイ ムーニ 2015 ダニエーレ ピッチニン 750ml [白]Bianco dei Muni Daniele Piccinin
価格 2,230円 (税込 2,408 円) 送料別

information
英字名 Bianco dei Muni Daniele Piccinin
ワイナリー名 ダニエーレ ピッチニン
商品情報 生まれ育った土地サン ジョヴァンニ イラリオーネで1000年以上前から栽培されている品種「ドゥレッラ」の復興を目指し、ワイン造りを始めたダニエーレピッチニン。険しい斜面地の森に囲まれた土地を自ら開墾した畑にブドウを植え、自分が造りたいワインを納得いくまでやり通して完成させます。開墾して間もない畑ではブドウが育っていないため、近くで借りた畑のブドウでまずこのビアンコデイムーニを造っています。
ステンレスタンクで熟成させたシャルドネと古い小樽で熟成させたドゥレッラをブレンド。SO2完全無添加で独特の旨みが心地よい白。
内容量 750ml
品種 シャルドネ、ドゥレッラ
産地 イタリア・ヴェネト
カテゴリー ヴェネトIGT
味わい 辛口
タイプ 白
アルコール度数 13.5度
トスカニーより)




【Daniele Piccininダニエーレ・ピッチニン】
アンジョリーノの愛弟子

アンジョリーノにワイン造りを学んだ造り手です
ダヴィデ・スピッラレ同様、ラ・ビアンカーラのアンジョリーノ・マウレのもとに出入りし、ワイン造りを学んだ造り手です!
2006年がファーストヴィンテージという、本当に若い造り手ですが、ヴェネトの土着品種ドゥレッラとシャルドネのブレンドで造られるビアンコ、カベルネ、メルロのブレンドで造られるロッソと、個性的で美しいワインを造っています。
もちろん、アンジョリーノらと同じく、自然に敬意を払った畑仕事、人為的な介入を極力排した醸造によってワインは造られています。

サッサイアをはじめとしたアンジョリーノのワインとも共通する自然な造りのワインならではの飲み心地のよさ、ゆたかな旨みといった通じるところもありながら、しっかりと独自の個性を感じさせてくれるワインです。
サッサイアファンの方、これはぜひお楽しみください!

~輸入元コメント~
自身が共同経営者の1人でもあったレストランでソムリエとして働いていたダニエーレ・ピッチニンは、そのレストランの権利を売却し、2006年に自らワイン造りを始めた。
畑はヴェローナ北東部、サン・ジョヴァンニ・イラリオーネという町の郊外にあるチーモ山の、標高300mから450m の南東向きの斜面にある。自ら開墾した畑には、この地域に1000年近くにわたって存在したことが確認されている白ブドウ品種であるドゥレッラと、気象条件や標高が適合するのではという考えからピノ・ネーロが植えられている。
現在リリースされているワインは、賃借した1.6 haの畑(平均樹齢20年)のもので、醸造はアンジョリーノ・マウレのセラーで行っている。畑ではバイオダイナミクス農法を実践。
シャルドネはステンレスタンク、ドゥレッラとロッソは古い小樽での醗酵・熟成。

ビアンコ・デイ・ムーニ[2015]ダニエーレ・ピッチニン
Bianco dei Muni 2015 Daniele Piccinin
価格 2,200円 (税込 2,376 円) 送料別

▽750ml/イタリア・ヴェネト産/白ワイン
▽葡萄品種:シャルドネ、ドゥレッラ

アンジョリーノ・マウレのもとでワイン造りを学んだダニエーレ・ピッチニン。
アンジョリーノ同様、自然に敬意を払った方法を選択し、ワイン造りに取り組んでいます。

ビアンコ・デイ・ムーニは、ドゥレッラとシャルドネのブレンドで造られる白ワイン。ドゥレッラならではのシャープな酸と、シャルドネの品のよい豊かさが素晴らしい調和を見せる、充実した旨みのある白ワインです。
イタリアワインのいのししやより)

Muni Bianco Daniele Piccinin 2015 part2



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170617/1497755957
ブレリアスにて
 
抜栓日:2017年6月17日
やや色づいたイエローで、弱冠の濁りあり。最初、さほど香りを感じませんでした。徐々に、揮発酸の要素と青リンゴ香の混合。飲みくちはエレガントで、揮発さんの要素はありますが、まとまっています。自然派でSO2なしのワインかな~と。ほんのりとした甘みもあり、液体の厚み自体はさほど感じませんが、ロワールのソーヴィニヨン・ブランと判断しました。もう一人は、シュナン・ブランと。あ~、ヴェネト州のシャルドネ+土着品種!
なるほど、難しいな~。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Langhe Nebbiolo Stroppiana 2014

Langhe Nebbiolo Stroppiana 2014
Langhe Nebbiolo Stroppiana 2014
STROPPIANA(ストロッピアーナ)
バローロ、ラ・モッラ地区において
家族経営ワイナリーが放つクリュの輝き。
ストロッピアーナは、家族経営の小規模ワイナリーで、ご主人のダリオさんが、奥様のステファニアさんの力を借りながら、ブドウ栽培から醸造まで全て自ら手掛けています。自分の目が行き届く範囲という4.5ヘクタールのブドウ畑を所有し、年間2万5千本のワインを生産しています。

現在、メインのバローロはバリックで熟成させていますが、バリックでの熟成後、さらに大樽で熟成させる等、最高のバローロを求めるトライアルは続いています。 このワイナリーを代表するワインであるバローロとバルベーラ・ダルバ・スペリオーレには、二人の子供"レオナルド"、"アルテア"の名前がそれぞれ付けられています。将来、息子のレオナルドがどのようなワインを生み出してくれるのか、今後が楽しみなワイナリーの一つです。


ストロッピアーナ|ランゲ・ネッビオーロ 2013

4,752 円(税込)
ワイナリー: ストロッピアーナ
原産: ピエモンテ州/ラ・モッラ
容量/度数: 750ml/14.0度
ブドウ品種: ネッビオーロ100%

商品詳細情報

モンフォルテ・ダルバのブッシアにある畑。6~7日間のMLF熟成後、フレンチ・オークの小樽で12ヶ月熟成。
Vino Hayashiより)




生産者:Stroppiana【ストロッピアーナ】
ラ・モッラムラのクリュ”サン・ジャコモ”とモンフォルテ・ダルバ村のクリュ”ブッシア”に、自分たちの目が行き届く範囲と4.5ヘクタールのぶどう畑を所有し、DOCGバローロを中心に年間25,000本のワインを生産しています。現在は、くりゅ”サン・ジャコモ”と”ブッシア”それぞれで収穫されるぶどうの個性を引き出すべく、特徴を見極めながら適した樽を使い分けています。このワイナリーを代表するワインであるバローロとバルベーラ・ダルバ・スーペリオーレには、二人の子供の名前がそれぞれ付けられており、家族思いのイタリア人気質までもが伝わってきます。
(同封の説明より)



(*)Vino Hayashiのイタリアワイン講座2回めより。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Barbera dAlba My Ruby Vigin 2014

Barbera dAlba My Ruby Vigin 2014
Barbera dAlba My Ruby Vigin 2014
Vigin(ヴィジン)
伝統と革新を超越した、ニューエイジ
バルバレスコの新進気鋭の若手生産者。現在、ワインガイド各誌で高い評価を受けています。 2002年に弱冠22歳でワイナリー“Vigin(ヴィジン)”を創設。 トレイゾ近隣に5ヘクタールの小規模な畑を持ち、伝統を守りながらも独自の哲学に基づきその情熱をワイン造りに注ぎ込んでいます。近年、トノー(500ml)の中樽を中心に熟成のスタイルを変えたことで、よりエレガントで華やかな仕上がりとなっています。 “Vigin(ヴィジン)”の名前はファミリーネームの“Viglino(ヴィリーノ)”を読みやすいように、"l"と"o"を省いたもの。 日本語を全く知らないダヴィデが絶妙な意味を持つことを知ったのはワイナリー設立8年後です。

ヴィジン|バルベーラ・ダルバ ”マイ・ルビー” 2014

3,888 円(税込)
ワイナリー: ヴィジン
原産: ピエモンテ州/トレイゾ
容量/度数: 750ml/13,5度
ブドウ品種: バルベーラ100%

商品詳細情報

お洒落なボトルと名前は間違いなし。
開けたてでも美味しく飲みやすい、女性に贈る1本。
トノーで15ヶ月間熟成。バラやダークチェリーなどの華やかな香りと、カンゾウやシナモンなどのスパイシーさをあわせ持った心地良い香り。
口当たりは滑らかで、トノーによる絶妙なボリュームに仕上がっています。
バルベーラの特徴である酸味がエレガントに長く感じられます。
(Vino Hayashiより)


生産者:Vigin【ヴィジン】
バルバレスコ、トレイゾ村の新進気鋭の若手生産者。祖父オーランド・ヴィリーノ氏が1947年にブドウ作りを始め、2002年孫であるダヴィデ氏が弱冠22歳でワイナリー”Vigin"を創設。トレイゾ近郊に5ヘクタールの小規模な畑を持ち、独自の哲学に基づきその情熱をワインに注ぎ込んでいます。2007年には、1981年生まれの友人5人で”ランガ・スタイル”という生産者グループを結成。2000年代に元詰を開始した歴史の浅い小規模ワイナリーの集まりながら、今最も勢いのあるバルバレスコ/バローロの生産者グループとして注目を集めています。
華やかで可愛いエチケットとキャッチーなワイナリー名も親しみやすいきっかけの一つで人気です。
(同封の説明より)




(*)Vino Hayashiのイタリアワイン講座より第2回めのワイン。3,888円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード