Cotillon des dames Jean Yves Peron 2014

Cotillon des dames Jean Yves Peron 2014
Cotillon des dames Jean Yves Peron 2014
JEAN YVES PERON
ジャン・イヴ・ペロン
ジャン・イヴ・ペロン★オーナー:Jean-Yves Peron ジャン・イヴ・ペロン
 地域:Savoie サヴォワ
 地区、村:Albertville アルベールヴィル
 醸造責任者:Jean-Yves Pe´ron ジャン=イヴ・ペロン
 コンサルタント名:Robert Casenove
 ドメーヌ解説:
 エノログの教育をうけたジャン=イヴ・ペロンは、コルナスのティエリー・アルマン、アルザスのジェラール&ブリューノ・シュレールで働き、アメリカ、ニュージーランドのワインメーカーでも働きました。
 2004年1月からConflans(コンフラン)のぶどう畑の小区画を集結しました。
 コンフランはAlbertville(アルベールヴィル)の中世都市であり、Arly(アルリィ川)とIsere(イゼール川)の合流地点にあります。
 ドメーヌは標高400から550メートルに位置し、現在2.25ヘクタールに及びます。
 Tarentaise(タレンタイズ)渓谷入り口の南の丘に位置します。
 多様な段丘は、僅かに酸性(pH6)を呈す雲母片岩土壌であり、そこではローカル品種(赤用モンドゥーズ、白用ジャッケール)を栽培しています。

 畑:
 樹齢:30~115年
 仕立て方:添木付きのゴブレ式
 植樹本数:平均10,000株/ヘクタール
 2005年から新しい区画にアルテスと
 ベルジュロン(10,000~20,000株/ヘクタール)、ローカル品種であるルーサンヌを植樹。  除草剤、化学肥料:栽培に不使用。
 (処理には硫黄、ボルドー液、スギナ、イラクサとビオ認定の製品を展葉期に使用。
 土壌はつるはしとウインチを使用。自然に下草を生やし、刈り入れにより管理)
 醸造:
 収穫は手摘みで一度に行ない、除梗しないで発酵。
 マセレーション・カーボニック(1週間)後、ピジャージュ(1回/1日)。
 フリーランとプレスジュースをアッサンブラージュ後バリックに詰める。
 12~24ヶ月澱とともに熟成させ、タンクに移動。
 清澄・濾過をしないでビン詰め、醸造と熟成中に亜硫酸は添加しない。
 収穫量:15~25hl/ha(モンドゥーズ)、
     30~40hl/ha(ジャッケール、アルテス、ルーサンヌ)
 栽培品種:モンドゥーズ、ジャケール、アルテス、ルーサンヌ
 土壌:粘土石灰質、岩  年間平均生産量:6000本
 インポーターのラシーヌさんより



●ヴァン・ド・フランス・ブラン・コティヨン・デ・ダム2014
 サン・スーフル
*嬉しい再入荷。
 リストのバックヴィンテージを見付けて即購入しました。

 到着後すぐ試飲。
 何て美味しいんでしょう!
 トロンとした液体は青リンゴ、洋梨にキリッとした杏の様な酸があります。
 余韻はゆっくりとフェードアウトし綺麗な硬水の様なミネラル感を残します。
 嬉しくなっちゃう!

*前予約の受注発注で限定入荷!

 品種:ジャケール60%
    (ラ・レーヌ、ラ・コート・プレの2つの区画)、アルテス40%
   樹齢:40年
 耕作:自然に下草を生やし、簡単な草刈を行なう。
 栽培面積:0.25ha
 仕立て方、植樹本数:ジャケール:ゴブレとコルドン・ド・ロワイヤ、
                 10,000株/ヘクタール
           アルテス:ギュイヨサンプル、8,000株/ヘクタール
 収穫量・収穫日:45hl/ha、2009年9月24日、10月2~3日。
 土壌:ジャケール:アルミニウムを含む雲母片岩、泥の多い組織。pH=6。南向き。
    アルテス:石灰質粘土、南向き。
 醸造:マセレーション・カーボニックを1週間行なった後(この間ピジャージュを行なう)、除梗をしないで水圧垂直プレス機でプレス。
 濾過・清澄:行なわない。
 熟成:バリックで12ヶ月以上
 インポーターのラシーヌさんの資料から
8/31/2016試飲
 緊張感のある液体はミネラルがたっぷりの粘度があります。
 綺麗な青リンゴ、洋梨、 酸は気持よい位キリッとしたありが有る杏の様、 すぅ~とフェードアウトしていく余韻は上質な硬水、 もうお判りでしょう!
moritayaより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180124/1516756148
ワイン会にて

 

抜栓日:2018年1月23日

濁りのある、麦藁~オレンジ系の色合い。やや濃い目の濃淡。粘性は中程度。黄色いりんごや梨の香り。若干の揮発酸があって、自然派の造りを連想させます。リンゴっぽい酸と少しの酢エチを感じました。余韻に酸が残る感じです。ロワールのシュナン・ブランと回答しました。これは当たらないわ!アルコール度数は11%と回答(正解は9%)
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Assemblage du sud Jean PLA Selection 2015

Assemblage du sud Jean PLA Selection 2015
Assemblage du sud Jean PLA Selection 2015
オーガニック認証赤ワイン
アッサンブラージュ・デュ・シュッド 750ml / ジャン・プラ セレクション

価格
1,350円 (税込 1,458 円) 送料別
Assemblage du sud 750ml/ Jean Pla Selection

南フランスの大地と太陽のナチュラルワイン
 ルーションのテロワールを知り尽くした渾身のアッサンブラージュ(ブレンド)。

----------------------------------------------
 試飲しました。(2016年3月)
濃いめのきれいなルビー色!見ただけで心弾みます♪

スミレやブラックベリーのの香り。
柔らかい口当たり、ジューシーなんだけどしっかり葡萄の旨味の存在が感じられます。
ふんわりとした癒し系のエキスの余韻に浸れる、個人買い決定の美味しさ!
またお気に入りの一本発見です。
  -----by.Sakai-----

以下、インポーター資料より抜粋
◆容量:750ml (コルク栓)
◆アルコール度数:14.5%
◆産地:フランス・ルーション
◆品種:グルナッシュ40% シラー30% カリニャン20% ムールヴェードル10%
(手摘み/平均25年)
◆醸造:自生酵母。収穫後、セメントタンク発酵
 60%はそのまま、残りは木樽で12 ヶ月熟成
 濾過有・無清澄
 SO2は瓶詰め時
◆アルコール度数:14.5%
◆オーガニック認証:ビオロジック/ユーロリーフ

南仏ルーションのシスト土壌と粘土石灰土壌に植わる地ブドウ4品種をアッサンブラージュしました。
収穫後にセメントタンクで発酵し60%はそのまま熟成、40%は木樽で12 ヶ月熟成、清澄はせず軽く濾過し瓶詰め。
明るめの紫色から南仏らしい黒系の果実味が溢れる中、ミネラルと綺麗な酸が下支えし、滑らかに流れるタンニンがバランスを整え、心地良い味わいへ仕上げています。
(Naturel MOAIより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180124/1516756145
ワイン会にて

 

抜栓日:2018年1月23日

ほんの少しの濁りのある、ルビー。やや濃い目の濃淡。粘性はやや高めで、グラスの向こう側の指がかろうじて見える感じ。樽香あり、プルーン、ブラックベリー、プラムの香り。やや焦げた感じのニュアンス。カカオ香。果実味が豊かで酸はやや柔らかめ。然りとしたタンニンでバランスの良いワイン。アルコール度数は13~13.5%と予想(正解は14.5%)。2014年くらいの右岸のメルローと回答しましたが撃沈。一からやり直しです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

White is Rouge Gregory White 2015

White is Rouge Gregory White 2015
White is Rouge Gregory White 2015

Vintage違いのこちらをご参照ください。




(*)MARUYAMAYAより抱き合わせで購入。3,132円(税込)


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Poule Boule Potron Minet 2012

Poule Boule Potron Minet 2012
Poule Boule Potron Minet 2012
うっとりする味わい 軽快な足取り??
ルーレ・ブーレ
自然派カテゴリ ビオロジック(オーガニック、有機農法)
産地 フランス ルーション 

シラー80%、グルナッッシュ・ノワール20%
MC2~3週間後、プレスしてバリックで発酵、数か月熟成。バリックで数か月熟成
ルレ⇒転がった状態 ブレ⇒よっぱらった状態。
ラベルの猫が転がっている「あまりに美味しく酔っ払って転がった」という意味
シラーの濃さがジャムのようにありながら、酸とミネラルが味わいに軽快感を与えている。
濃くて軽快なワイン。

ポトロン・ミネ
蔵元
ポトロン・ミネ
生産者名
ジャン・セバスチャン・ジョアン
2008年衝撃デビュー!圧倒的なスピードで5年目にしてトップクラスに躍り出た!

~自然派ワインに目覚めた衝撃の出会い~
パリでエレベーター技師として会社を経営していた「ジャン・セバスチャン」。
自然派ワインと出会い、一気にのめり込んでいった。
会社を任せ、フラール・ルージュ、ティエリー・ピュズラといったスーパースターの蔵元で栽培、醸造を始める。
特にジャン・フランソワ・ニック(フラール・ルージュ)との出会いは運命的!
カリニャンとミュスカの畑を全面的に任され、フラール・ルージュの凄さに大貢献したのだ。

謙虚さと努力が実を結びトップクラスに躍進2008年に念願の独立。
ジャン・フランソワ・ニック、エリック・ピュフェリング(ラングロール)など
自然派トップ生産者たちからアドバイスをもらい最先端の作りをトライし続けた!
努力を惜しまない真面目さ、謙虚さ、内に秘めた闘志と情熱で6年間コツコツと畑仕事に打ち込んだ結果
2014年春にフランスのマルセイユで開催された自然派大試飲会「ルミーズ」では自然派トップ生産者たちから称賛を浴びる。

フランス自然派の裏の裏まで知り尽くす男、あのフランソワ・エコ氏も「1番注目している蔵!」と、太鼓判!
※ポトロン・ミネ=猫のお尻 転じて”日の出”という意味

【テクニカルデータ】
■栽培品種
全部で12ha
赤:グルナッシュ・ノワール4ha カリニャン4ha シラー・ムールヴェードル少々
白:グルナッシュ・ブラン グルナッシュ・グリ マカブー ミュスカ

■畑
川が非常に多い土地で、50年前までは恒常的に水が流れていた。
今は水は枯渇しており、雨が降ると山から一気に土石流が流れてくる。
山側はシスト土壌で、雨や地下水にのって、その養分が畑の下に来ている。
表土は流れてきた様々な石や砂が混じり合っている。

■収穫
・早朝に手作業で20kgのガジェット使用(粒をつぶさない小さなかご)
・熟度が同じものを、7度の冷蔵室でブドウを1晩冷やす(雑菌の繁殖を防ぐ)
・マセラシオン・カルボニックで発酵(プッリプリの果実感を表現できる)
・重力には一切逆らわず、ブドウジュースに負荷をかけないなどなど、
 自然派ワインの最先端の造りを徹底的に突きつめている。

■醸造
赤は混醸(ファイバータンク)で、全てMC(10~20日間)。
フリーランとプレスをアッサンブラージュ後、バリックにて熟成。
白は風圧式の圧搾機で圧搾後、全てファイバータンクで発酵。
BMOワインより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171117/1510871674
ビストロヴレにてグラスで
 
やや色づきの良いルビーガーネット。プラムやイチジクっぽさ、若干のブレタノっぽさ。でも全然気にならないレベルです。厚みのあり香りと、奥から湧き出てくるような甘い香り。ファーストインプレッションはグルナッシュでした。これもナチュールがよく表現されている優しい感じの味わい。鴨との相性がとても良かったです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

L'Anodine Bruno Duchene 2016

L'Anodine Bruno Duchene 2016
LAnodine Bruno Duchene 2016
南仏のロマネ・コンティ!
あまりの凄さに鳥肌立つ業界トップシークレット!

2016の入荷です!!!
(ペティアン・ナチュレル・シュゼットのみ2015年)

2015年同様…
過去最低の入荷数で、ごくごく少量のご案内でみません。。

もうすでに、お馴染みになったブルーノ・デュシェン。
いえ、まだまだ知る人ぞ知る醸造家でしょうか。

『これはDRCの味だ』と数年前、専門誌で衝撃なコメント。

世に知られるようになり、専門誌のこの特集が出る2年も前から、かれのワインに対して
「南仏のロマネ・コンティ!」というのが新井順子さんや当店の見解でした。

私がこの「鳥肌ワイン」を飲んだのは・・
2003年の忘れもしない12月6日(土)の新井順子さんのセミナー。

セミナーの試飲ワインのラストを飾り、完全なブラインドで出てきた3本のワイン。

飲んでみると、どれも最高峰のブルゴーニュしか頭に浮かばないのです。
私だけでなく、誰もがDRCをはじめとする有名ドメーヌの名前が次々と脳裏をよぎります。

しかし、答えを出されたその3つのワインとは!
   1つ、NSG 1erCru クロ・デ・アルジリエール2001 ドメーヌ・ド・シャソルネィ
   1つ、ラ・パスコール2002 ドメーヌ・ブルーノ・デュシェン
   1つ、コーラル・ノー2002 ドメーヌ・ブルーノ・デュシェン
だったのです。

新井順子さんのセミナーは、この3本の答えを出すとともに終了。
しかし、会場はセミナー終了の後もずっと騒然としていたのは言うまでもありません。

「DRCの1つのキュヴェに値する」と言われたあのシャソルネィのトップキュヴェにまったくヒケを取らないのです。
最高峰のブルゴーニュ以外に考えられなかったワインは、グルナッシュ・ノワール100%の南仏ワインだったのです!
この衝撃は、今もなお私の中に鮮明にあります。

ブルーノ・デュシェンはたった5haの畑で、DRCすらも遠く及ばないかのような、常識をはるかに超えたワイン造りをしているのです。彼との出会いは、2000年の秋にさかのぼります。
あのドメーヌ・ド・シャソルネィで1年間、ワイン造りに関わったこともあり、つまり私も一緒の釜の飯を食べた仲間です。
私の周囲の造り手には、いわゆる「ワイン狂」が沢山おりますが、徹底したウルトラトップの最高峰の彼にかなう「ワイン馬鹿」はなかなかいません。

「グルナッシュは南仏のピノ・ノワール!」を一番先に言い切ったのは、実は彼ブルーノ・デュシェンなのです。
まさにその通りの凄いグルナッシュのワインを造りました。
彼のワインのあまりの凄さに鳥肌が立ちました。
<新井順子>

ビオワイン:自然派
≪マグナム≫コリウール・ルージュ ラノディン[2016]ドメーヌ・ブルーノ・デュシェン Colliour L'Anodine Magnum Bruno Duchene
価格 16,400円 (税込 17,712 円) 送料別

Corral Nouの斜面の畑から選りすぐりのブドウだけ使って醸造したスペシャルキュべです。マグナムのみ!
ラノディンは、「大切なものでない」といったニュアンスの意味です。
これは一種の冗談で、一番大切な、一番とびきりなワインなのでこの名前にしました。

バニュルスの街並みや地中海を見下ろせる小山の頂上から東向きに下る斜面に沿って畑は広がります。
地中海から吹き上げるバニュルス特有の強風が冷涼感と上品な酸を与えてくれるんです。

シスト土壌、平均樹齢70年のグルナッシュを主体にアッサンブラージュ、開放桶に入れてピジャージュし発酵、木樽で熟成しました。

淡いガーネット色から赤果実や花束の華やかな香りが拡がります。
2016年の特徴とも言えるライトでフレッシュな果実に溶け込んだピュアなエキス分とタンニン。
アフターのバニラのニュアンスが足並みを揃える バランス抜群でブルーノ節をご堪能いただける上品さです!
一切機械が入る余地のない土地で大切に育てられたブドウの高貴なほどの美味しさをご賞味ください。

DATA
平均樹齢:70年 天然アルコール度数:14度
品種 ビオ/赤:グルナッシュ・ノワール、グルナッシュ・グリ、グルナッシュ・ブラン90% カリニャン10%
インポーター:ディオニー
容量 1500ml
産地 フランス ラングドック
リカーMORISAWAより)





(*)リカーMORISAWAより購入。マグナム。16,400円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

A Mandria di Signadore Patrimonio Domaine du Clos Signadore 2015

A Mandria di Signadore Patrimonio Domaine du Clos Signadore 2015
A Mandria di Signadore Patrimonio Domaine du Clos Signadore 2015 part1
CLOS Signadore クロ・シグナドーレ
クリスト・フェランディスはまさに職人気質の醸造家でぶどうは全て有機栽培。生産量は僅か100ケース程度。畑はコルシカ島の北端、パトリモニオ地区にあるポッショ ドレッタの街の近隣に位置する。フランス領だが文化作られるブドウ品種は全てイタリアの影響を強く受けており、ワインはこの土地の個性を如実に表現しています。


2015 ア・マンドリア・ディ・シグナドーレ
2015 A Mandria di Signadore

・ブドウ品種: 100% ニエルッキオ
 Grape Varieties: 100% Nielluccio
・ヴィンヤード: Lieu-dit Morta Piana & Morsaglia
・アペラシオン: パトリモニオ
 Appellation: Patrimonio
・産地: コルシカ
 Region: Corsica
・クロージャー:コルク
 Closure: Natural cork

ヴィンテージ
2015年ヴィンテージは理想的な降雨と平均を少し上回る気温に恵まれ好スタートを切りました。 3月上旬に雨は止み、芽吹きも早かったです。 3月24日までには全て開花し、非常に雨の少ない夏のスタート(一か月に10mmという少なさ!)

7月中旬から10月までが本格的な夏の気候となり、手摘みによる収穫は9月中旬から始まりました。 良好な生育期のおかげで完璧な熟度の果実が収穫できました。 糖度と酸度のバランスもまた素晴らしかったです。
2015年は素晴らしいフレッシュ感と存在感、長い余韻のワインに仕上がりました。

醸造
全て手摘みされたブドウはアルコール発酵の前にマセラシオン、発酵が始まってからは1日2回のルモンタージュを行います。 天然酵母で期間は大体25日から40日間ですがその年により日数は異なります。
発酵が終わるとステンレス製の容器に移し10~24ヶ月間寝かせます。 これによりワインは自ずと自然体で、あるべき姿になっていくのです。 清澄作業や濾過はせずに瓶詰をします。

テイスティングノート
Tasting note
テイスティングノート:
この土地の特徴をよく表現したワインです。 心地よいコンポートしたイチゴの温か味や乾燥ハーブのようなインパクト。 しっかりと中身のギュッと詰まった構成と洗練された酸に支えられた素晴し味わい。 旨味のある風味とハーブ系の個性が最後まで輝きを放ちます。
余韻は長く、豊富で乾いたタンニンと非常に長い余韻が感じられます。 グリルした赤身肉と相性が良いでしょう。
AWINESより)

A Mandria di Signadore Patrimonio Domaine du Clos Signadore 2015 part2



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171109/1510192593

ワイン会にて
抜栓日:2017年11月8日
濃い目のルビー。結構色ついていました。赤紫の果実の香り。プラム、ブラックベリーといったところでしょうか。しっかりとした酸で、完熟~やや過塾した果実感があふれている味わい。アルコール度が高いので、けっこうパワフルな味わいになっています。こういうワインがあるんですね~。とても勉強になりました。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Frangy Rousette de Savoie 2016

Frangy Rousette de Savoie 2016
Frangy Rousette de Savoie 2016
Roussette de Savoie Frangy
ルーセット・ド・サヴォワ フランジー
生産の殆どが実家のレストランで完売してしまう希少なサヴォワ・ワイン。レモン等の柑橘類、ミネラルが存分に感じられる爽快な香り。さわやかな酸味は口中を洗い流してくれるようです。

生産者名 Domaine Lupin
ドメーヌ・リュパン
ワイナリーを詳しく見る
原産国名 フランス
地方名 サヴォワ
地区名 -
村名 -
種類 スティル
味わい 辛口
ヴィンテージ 2016年
希望小売価格(税別) 2,350円
内容量 750ml
品種(原材料) アルテス 100%
飲み頃温度 8度
ビオ情報 リュット・レゾネ
認証機関 -
「Wine Advocate」獲得点 -
「Wine Spectator」得点 -
コンクール入賞歴 (2016)コンクール・デ・ヴァン・ド・サヴォワ 2017 金賞
海外ワイン専門誌評価歴 -
国内ワイン専門誌評価歴 -
生産情報

醸造・熟成 醗酵:ステンレス・タンク   熟成:ステンレス・タンク熟成 6カ月
年間生産量 31000本
栽培面積 6ha
平均収量 54hl/ha
樹齢 37
土壌 粘土石灰質、石灰質岩盤
商品情報

品質分類・原産地呼称 辛口ワイン A.O.P.ルーセット・ド・サヴォワ
格付 -
色 白
キャップの仕様 DIAM
バーコード 4997678513566
モトックスより)





ルーセット・ド・サヴォワ“フランジー”[2016]年・ドメーヌ・ブリュノ・リュパン元詰・限定品(アルテス種100%)・AOCルーセット・ド・サヴォワ・アシェット・ガイド誌2018年版で掲載大注目&コンクール・デ・ヴァン・ド・サヴォワ2017年度金賞受賞酒
Roussette de Savoie Frangy [2016] Domaine Bruno Lupin AOC Roussette de Savoie
フランス辛口白ワイン愛好家大注目!フランス・サヴォワ地方からAOCルーセット・サヴォワ辛口白ワイン!サヴォワ地方からアルテス種100%のスイスワインやロワールの辛口白ワインに似た究極辛口白ワイン!フランス本国でもリリース即完売!の幻のワイン!この2016年のフランジーでアシェット・ガイド誌2018年版で掲載の快挙!この2016年でコンクール・デ・ヴァン・ド・サヴォワ2017年度ゴールドメダル受賞酒!しかも造り手は、アルテス種のスペシャリスト、ブリュノ・リュパン!のルーセット・ド・サヴォワAOC!「レマン湖の南で産する爽やかな白の中で一番風味に優れている」と言われる大人気のすっきり辛口白ワイン!しかもこのワイン、なんとあのR.V.F(レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス)誌の巻頭で特集された注目のサヴォワ!なんです。しかもブリュノ・リュパンさん、さらに「ワインレポート2009」の中で、(Wink Lorch女史(ワイントラベルガイドで有名))ジュラ・サヴォワのNew Up and Coming Producersでなんとベスト5入りを果たしました!爽快な果実味と美しい酸!その生産のほとんどが生家のレストランで完売してしまう希少なサヴォワ・ワイン!レモン等の柑橘類、ミネラルが存分に感じられる爽快な香り、さわやかな酸味が口中を洗い流してくれるような究極辛口サヴォワの白ワインが、新ヴィンテージで限定少量入荷!
(ルーセットドサヴォワフランジー2016) (ドメーヌブリュノリュパン) (AOCルーセットドサヴォワ) (フランスジュラサヴォワ) (白ワイン辛口)


アシェット・ガイド誌2018年版で
掲載大注目&コンクール・デ・ヴァン・
ド・サヴォワ2017年度金賞受賞酒!
爽快な果実味と美しい酸!
地元で完売する幻のワイン!
RVF誌の巻頭で特集された注目のサヴォワの最新ヴィンテージ!


お待たせいたしました!アルデス種のスペシャリスト、ブリュノ・リュパンのルーセット・ド・サヴォワ。新ヴィンテージの入荷です。

例年より小粒の果実を選別したことで、より凝縮感のあるスタイルに仕上がりました。また、長年のお願いが実って今年はわずかですが数量も増やしてもらえました。毎年大人気の夏アイテム!お楽しみください!


インポーターさんの資料より
「ん?今回の特集はサヴォワ?」

ブリュノ・リュパンがレヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス(RVF)の巻頭で大きく取り上げられたのは2005年3月号。正直言ってその時はサヴォワのイメージが沸かず高そうな気もしてそんなに期待していませんでした。ですが届いたサンプルを試飲してびっくり。飲みやすく柑橘系のアロマのあるフレッシュでフルーティなスタイル、しかも安い!

実は、ブリュノのワインは生産のほとんどがご両親の経営するレストランとオーヴベルジュで消費される上、気に入ったお客様が買い占めてしまうほどの人気の高い商品。だから私たちがコンタクトするまで輸出など“全く”念頭になかったようです。「本当にいいの?サヴォワだよ」と念押しするブリュノ。この言葉に打たれてしまいました。

ルーセット・ド・サヴォワ
“フランジー" 2016年

■ AOCルーセット・ド・サヴォワ
■ 葡萄種:アルテス(ルーセット)100%
■ 平均樹齢:35年 ■ 土壌:粘土石灰質、石炭質岩盤
■ 栽培面積:5ha  ■ 収量:48hl/ha
■ 熟成:ステンレスタンク熟成6ヶ月

生産量の大半が自社のレストラン等で完売してしまう希少なサヴォワ・ワイン。
レモン等の柑橘類、ミネラルが存分に感じられる爽快な香り。さわやかな酸味は口中を洗い流してくれるようです。

テイスティングコメント
まだ若く色も香りも控えめですが、柑橘系のフルーツを想わせるきれいなアタック、酸とミネラルのバランスも良い。フレッシュで、緻密、豊かなミネラル感が更にさわやかな印象を与えてくれる白ワインです。


現地のレストランでお勧めの組み合わせ
信じられないかもしれませんが、この地方のワインは「エスカルゴのニンニクとハーブバター風味「に合います。ある意味、この料理はブルゴーニュ地方の郷土料理なのでブルゴーニュワインとあわせるのが主流と言われていますが、実際はサヴォワのルーセットがよく合います。ミネラリーで、酸がありつつも洋ナシやアプリコット等の果実のアロマがしっかりとでているワインは、エスカルゴの隠れた味わいを引き出します。ビストロでは、また、定番のテリーヌ・サヴォイヤード、生ハム、サラミなどのシャルキュトリーと一緒のパターンが多いようです。
うきうきワインの玉手箱より)




Vintageちがいのこちらも御覧ください



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170929/1506659219
ブレリアスにて
 
抜栓日:2017年9月28日
ブランドでした。比較的色づいたイエロー。ハーブ系、グレープフルーツ香、乳酸系のニュアンス。しっかりとした酸で、密度もあり、冷涼感がただよう、でも厚めのボディー。ん~、香りから素直に考えるとソーヴィニヨン? でもこの密度はシュナン・ブランやヴィオニエもありか? なんて答えましたが、このワイン、ヴィンテージ違いで(2012)飲んだことありました(笑)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sarl La Sorga Intravineuse 2014

Sarl La Sorga Intravineuse 2014
Sarl La Sorga Intravineuse part1
ラントラヴィヌーズ [2014] ラ・ソルガ
La Sorga L'Intravineuse

価格
4,400円 (税込 4,752 円)
白・辛口 750ml
ソーヴィニヨン・ブラン、シャサン、モーザックのブレンド

ビオディナミ栽培された葡萄を天然酵母醗酵、直接房ごとプレス
So2無添加

ラ・ソルガが初めて作る本格的な“オレンジワイン”。醸し期間は分かりませんが45日に及ぶ発酵、古い樽で12ヵ月熟成させてリリース。生産量僅かの貴重なワインです。名前の由来は「静注」のフランス語をもじったもの。
MARUYAMAYAより)

Sarl La Sorga Intravineuse part2





(+)円山屋より購入。4,752円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sorga Blanc Sarl La Sorga 2015

Sorga Blanc Sarl La Sorga 2015
Sorga Blanc Sarl La Sorga part1
La Sorga
ラ・ソルガ
/フランス Languedoc/ラングドッグ地方
ラ・ソルガ
世界ベスト・レストランランキングで偉業の3 連覇を成し遂げたコペンハーゲンの「noma」が唯一オンリストするラングドックの白ワインは3 アイテム、その全てがこのLa Sorga(ソルガ)です。パリでもヴェル・ヴォーレや、アガペ、バラタン、シャポー・ムロン、カーヴ・デュ・ロワ、クシュリアンヌからも熱い支持を得ています。

醸造家のアントニー・トルテュルは元々化学を専攻し化学者を目指していた青年。それが2008 年、若干25 歳で自らネゴシアンとして独立。。南仏、ローヌ各地へ足を運び、厳選した15 軒の有機栽培農家から葡萄を(シャトーヌフ・デュ・パプやサンシニアン、ピック・サン・ルー、フォジェール、アルディッシュなどから)広く買い付けています。

植えられている木は樹齢40 ~ 110 年の非常に古い葡萄ばかり。赤ワインはマセラシオン・カルボニックで全房発酵(一部除く)、亜硫酸不添加、無清澄・無濾過。白ワインはキュヴェにより低温発酵、常温発酵を使い分け亜硫酸不添加、無清澄・無濾過で瓶詰め。それぞれの個性が光る粒揃いのワイン。
MARUYAMAYAより)




ソルガ・ブラン[2015] ラ・ソルガ
La Sorga Sorga Blanc

価格
3,600円 (税込 3,888 円)
白・辛口 750ml
樹齢25年のモーザック100%

リムー近郊のFestes et St Andre村、標高400mにの急傾斜にある畑。ビオディナミ栽培された葡萄を天然酵母醗酵、直接房ごとプレス。9ヶ月間タンクで熟成。
So2無添加
MARUYAMAYAより)

Sorga Blanc Sarl La Sorga part2






(+)円山屋より購入。3,888円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sorga Rouge Sarl La Sorga 2015

Sorga Rouge Sarl La Sorga 2015
Sorga Rouge Sarl La Sorga part1
La Sorga ラ・ソルガ

ラ・ソルガ La Sorga
アントニー・トルテュルは元々科学を専攻し、ワインとは無縁の生活を送っていました。2001年の科学肥料会社の爆破事件を機に科学の限界を感じ、自然を尊重する考えへ転向。南仏のいくつかのドメーヌで修行をし、醸造に関するプロフェッショナルな知識を得て、25歳の時にネゴシアンとして自身のワイナリーをスタートさせました。

ラ・ソルガ La Sorga 自ら足を運び、厳選した15件の有機栽培農家から葡萄を(シャトー・ヌフ・デュ・パープやサンシニアン、ピック・サン・ルー、フォジェール、アルディッシュなどから)広く買い付けています。

植えられている木は樹齢40年~110年の非常に古い樹齢ばかり。
造られるキュヴェは29アイテム。各畑の収量も少なく、ほとんどが少量生産。彼の醸造哲学はオーセンティックなワイン、自然なワイン造り。無農薬、有機栽培の葡萄のみ、亜硫酸不添加もしくはほぼ不添加で醸造し、科学物質は皆無です。

白ワインはソフトプレスで搾ったジュースを発酵、熟成。亜硫酸は不添加。それぞれのテロワールを表現したワイン造りです。亜硫酸不添加でも酸化しないポテンシャル。ワインは柑橘のアロマ、ブリオッシュ、シナモンを感じます。

なるべく手を加えない自然な醸造を心かけています。元々ロックバンドをやっていたというアントニー。それぞれのワインには目を引く個性的なラベルが貼られ、ネーミングにも趣があります。

ソルガ・ルージュ[2015] ラ・ソルガ
La Sorga Sorga Rouge

価格
3,600円 (税込 3,888 円)
赤・ミディアムボディ 750ml
サンソー100%

有機農法 エコセール
全房発酵。1ヶ月半に及ぶ発酵の後、ファーバータンクで9ヶ月間熟成。So2無添加。 

やや濁りのあるルビー色。梅やハーブの香りに綺麗な酸味が心地良い。爽やかな果実味と透明感のある味わいで、喉越しはヴァン・ド・ソワフです。
MARUYAMAYAより)

Sorga Rouge Sarl La Sorga part2






(+)円山屋より購入。 3,888円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード