Wolfer Goldgrube Riesling Spatelese Vollenweider 2013

Wolfer Goldgrube Riesling Spatelese Vollenweider 2013
Wolfer Goldgrube Riesling Spatelese Vollenweider 2013 part1
2013 Weingut Daniel Vollenweider Wolfer Goldgrube Riesling Spatlese, Mosel, Germany
Producer Weingut Vollenweider
Region/Appellation Mosel
Country Hierarchy Germany
Grape/Blend Riesling
Food Suggestion Fruit-based Desserts
Wine Style Dessert - Lush and Balanced
Alcohol Content 7 - 8%

2013 Vintage Vinous Antonio Galloni
93/100
When to drink: 2016 to 2027
Tasted: 01-Mar-2015
wine-searcherより)



2013 Vollenweider Wolfer Goldgrube Riesling Spätlese
RIESLING

Germany> Mosel Saar Ruwer
Drink between: 2015 - 2035 (Add My Dates)

Vintage 2013
Type White - Off-dry
Producer Vollenweider
Variety Riesling
Designation Spätlese
Vineyard Wolfer Goldgrube
Country Germany
Region Mosel Saar Ruwer
Cellar Trackerより)

Wolfer Goldgrube Riesling Spatelese Vollenweider 2013 part2





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171025/1508900223
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年10月24日
きれいな輝きのあるイエロー。花梨や蜜、コンポート的な要素も感じられます。ペトロール香(+)。残糖がしっかりと感じられ、とても爽やかな酸。余韻もしっかりとしています。これは、ほぼ全員一致で、ドイツ、リースリングと回答。みなさん、さすがです。カビネットもしくはシュペートレーゼで割れました。また、産地までは回答できず。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Blanc de Noir Shelter Winery Hans-bert espe und silke wolf 2013

Blanc de Noir Shelter Winery Hans-bert espe und silke wolf 2013
Blanc de Noir Shelter Winery Hans-bert espe und silke wolf 2013 part1
SHELTER WINERY
シェルター・ワイナリー
シェルター・ワイナリー★地域:Baden バーデン  
 地区、村: Kenzingen ケンツィンゲン
 造り手:Hans-Bert Espe、Silke Wolf 
     ハンス-ベルト エスぺ、ズィルケ・ヴォルフ
 栽培品種:90 % Pinot Noir , 10% Chardonnay
 自社畑面積:4ha
 HomePage:http://www.shelterwinery.de/
 醸造所解説:バーデンのケンツィンゲンに、ハンス- ベルト・エスぺ、ズィルケ・ヴォルフ二人によって2003年に開かれた醸造所。
二人はこの上ないワイン作りへの情熱からガイゼンハイム大学で勉強。
その後、アメリカなど世界各地でワイン作りを学び、その経験が今日の二人のワイン作りの土台となっている。
2003年に初の収穫をした年に二人は、ワインとって理想的な“シェルター”と巡り合うのだが、それは以前カナダ空軍が使っていた空港跡地の格納庫で、当時は羊の飼料庫として使われていた。
二人はその建物の隣にコンクリートの壁と 重い鋼の扉を取り付け、その後ろでワイン作りを行った。
しかしながら空港跡地のこの古い建物はワイン作りに不便な点があったため、二人はこの場所に新たなる”シェルター”を建てることを決意。
現在までその建物でワイン作りを続ける。

 哲学:ロー・テクノロジーによるワイン作りを実践。
    重力を使って輸送を行うなど、できる限り優しくブドウやワインを扱う。
 栽培 : 健康なブドウを収穫する為、畑は手作業により入念に手入れされる。
    殺虫剤、除草剤、合成肥料を使用しない有機栽培に転換中。
 収穫:基本的に手収穫。収穫後は小さい箱に入れられて最短ルートで醸造所に運ばれる。
 プレス:赤ワイン:伝統的なバスケットプレス
     白ワイン:オープン・タンク式プレス
 醗酵:赤ワイン:オーク材を使ったオープン・ヴァットに て、手作業によるパンチング・ダウンを行なうことで自然に醗酵。
    白ワイン:オーク樽内で自然に醗酵。
 熟成:全てのワインはオーク樽によって醗酵、熟成。
 清澄:行なわない。
 濾過:赤ワイン:行なわない。
    白ワイン:瓶詰め前に一度行なう。
 亜硫酸:醗酵前、醗酵後段階のSO2添加はなし。
     ボトル詰め6-8週間前に初めての添加を行なう。
 各畑の特徴
 Kenzinger Hummelberg
 (ケンツィンガー・フンメルベルク):粘土を含む石灰質土壌、南から南西向き
 Malterdinger Bienenberg
 (マルターディンガー・ビーネンベルク):粘土を含む石灰質土壌、南向き
 Bombacher Sommerhalde
 (ボムバッハー・ゾンマーハルデ):粘土を含む黄土、南向き
 ラシーヌさんの資料から。


●ブラン・ド・ノワール2013
*少し微発泡気味ですが、厚みのある果実感と酸の深みがカチッと締まった味わい。

 樹齢4~35年ほどの全ての畑から取れたブドウから作る。
 平均収穫量25-60hl/ha。ステンレスタンクにて醗酵。
 ステンレスタンクの中でボトル詰めまでシュール・リーを行う。
7/24/2014試飲
 エッジの効いたカチッとした酸が福よかな味わいと相まってしっかりと主張し存在感のある味わいが印象的な、
 美味しい白です。
 輸入元はラシーヌさんです。
moritayaより)

Blanc de Noir Shelter Winery Hans-bert espe und silke wolf 2013 part2



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171025/1508900220
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年10月24日
清澄度、輝きのあるイエロー。香織はニュートラルな印象で、リンゴやミネラルの香り。アタックはすっきりで、りんご酸っぽいニュアンスを感じましたが、メンバーさんは乳酸っぽい感じをとる方もいました。ちょっと微発泡。最初の香りの印象をとってシャルドネと回答しましたが、なんと、ピノ・ノワール! そういえば、このワインのときでしたっけ?メンバーさんで「ピノ香する」と言っていた人がいたのは?

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Wehlener Sonnenuhr Joh Jos Prum Auslese 2012

Wehlener Sonnenuhr Joh Jos Prum Auslese 2012
Wehlener Sonnenuhr Joh Jos Prum Auslese 2012 part1
ヴェレナー・ゾンネンウーア・リースリング・アウスレーゼ[2012]年・蔵出し品・ヨハン・ヨゼフ・プリュム家元詰・R.パーカー(WA)で驚異の95点獲得ワイン(今~2045年)
Wehlener Sonnenuhr Auslese [2012] Joh.Jos.Prum
希少!ドイツ銘醸ワイン愛好家大注目!ドイツ屈指、モーゼル屈指の生産者であり、驚くほど長い寿命を持つワインとして有名!造り手はロバート・パーカー満点★★★★★5つ星生産者であり、ゴーミヨ誌2015年版で満点5つ房生産者であり、最優秀生産者にも選出された一流生産者!モーゼル最高峰!であり、伝統的な至高のブドウ園!J.J.プリュム家から、大人気の高級アウスレーゼ!しかも銘醸畑ヴェレナーのしかも超一級畑ゾンネンウーア!しかも人気の[2012]年もの!しかもこの2012年のヴェレナー・ゾンネンウーアの高級アウスレーゼでR.パーカー、ワインアドヴォケイト誌で驚異の95点の高評価を獲得!しかも飲み頃驚異の今~2045年という赤ワイン並みの長熟評価!プリュム家を代表する一級銘醸畑、ヴェレナー・ゾンネンウーア(日時計)からの究極アウスレーゼ!が限定で極少量入荷!ドイツワイン愛好家垂涎の逸品をぜひ押さえて下さい!



(ヴェレナーゾンネンウーアリースリングアウスレーゼ2012) (ヨハンヨゼフプリュム) (JJプリュム) (白ワイン甘口)


ロバート・パーカー驚異の95点!
パーカー最高評価5つ星生産者、
ゴーミヨ誌最高評価5つ星生産者である
超一流生産者、J.J.プリュムが造る
超一級畑ゾンネンウーアの
高級アウスレーゼ!


モーゼルの最も著名な生産者。ヒュージョンソン氏によると「モーゼルの伝統的な至高の葡萄園。デリケートでありながら寿命の長いワイン」とでています。もちろんゴーミヨ5つ星★★★★★。ロバート・パーカー氏も★★★★★5つ星をつけています。

プリュム家の名が歴史に現れるのは12世紀のことですが、中でも最も評価の高いのが本家である当醸造所J・J・プリュム家のワインです。醸造家としてのヨハン ヨゼフ プリュム家の名声は18世紀にはすでに確立されていました。
葡萄畑はヴェーレン グラーハなど各村にあわせて14haを所有。
中でも、特筆に値するのは、ゾンネンウァー(日時計の意味)と呼ばれる銘醸畑です。リースリング種の魅力を最大限に引き出すための長期熟成を前提としたワインづくりによって、J・J・プリュム家のワインは、非常に長寿!

ワインは、100%リースリング種で出来るだけ遅摘みにしてブドウの持つ特性を最大限に引き出すようにしているため、若いうちはかすかに酸が感じられ生き生きとした味わいがあります。

また、たいへん寿命の長いワインとして有名で、カビネットクラスでも飲み頃になるのに5年近くかかります。(ちなみに1981年のカビネットはまだ若いとヒュージョンソン氏は言っています。)
その後、10~20年は良い状態を保つというように世界でも指折りの長熟白ワインだと思います。


当店オーナー広瀬がJJプリュムを訪問!



J.J.プリュムについてヒュー・ジョンソン氏は
「モーゼルの伝説的な至高の葡萄園。デリケートでありながら、寿命の長いワイン。特にヴェーレナー・ゾンネンウーア」 ★★★★


ロバート・パーカー氏はJ.J. プリュムについて
J.J.プリュムが所有する畑の中でもっとも有名で偉大とされるのは、ヴェレナー ゾンネンウーアとグラーヒャー ヒンメルライヒであり、この‘97年は近年の偉大なヴィンテージのひとつである。平均樹齢は50年で、100%リースリングのみを栽培している。(ロバート パーカー Jr.「ワールド グレイティスト ワイン エステイト」)


ヒュー・ジョンソン氏はヴェレナー ゾンネンウーアについて
『ベルンカステルのすぐ近くにあり、同様に上質の幾分芳醇なワインを産する。「超一級畑」にゾンネンウーア』

ヴェレナー・ゾンネンウーア・リースリング・アウスレーゼ 2012年

銘醸畑ヴェレナーのしかも超一級畑ゾンネンウーア!しかもこの2012年のヴェレナー・ゾンネンウーアの高級アウスレーゼでR.パーカー、ワインアドヴォケイト誌で驚異の95点の高評価を獲得!しかも飲み頃驚異の今~2045年という赤ワイン並みの長熟評価!

プリュム家を代表する一級銘醸畑、ヴェレナー・ゾンネンウーア(日時計)からの究極アウスレーゼ!


パーカーポイントで95点獲得!他ワイン誌高評価!

2012 Joh Jos Prum Wehlener Sonnenuhr Auslese
Joh Jos Prum visit the producer
A Riesling Sweet White Table wine from
Germany, Mosel, Germany

eRobertParker.com #217(Feb 2015)
Reviewer: Stephan Reinhardt
Rating: 95points
Drink: 2015 - 2045
Fresh and smoke-flavored, ripe, white-stone-fruit aromas along with herbal and crushed stone notes on the nose of the 2013 Wehlener Sonnenuhr Auslese (AP #18 13) lead to a light-footed, piquant, elegant, lingering juicy and salty finish that is absolutely stimulating and reveals great complexity.

うきうきワインの玉手箱より)

Wehlener Sonnenuhr Joh Jos Prum Auslese 2012 part2







(+)うきうきワインの玉手箱より購入。4,980円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Fledermaus Weiss 2Naturkinder 2016

Fledermaus Weiss 2Naturkinder 2016
Fledermaus Weiss 2Naturkinder 2016 part1

Fledermaus Weiss 2Naturkinder 2016 part2
2NATURKINDER ツヴァイ・ナトゥーキンダー

「ピュアでジューシー、かつクリーンでエレガント、生命とエナジーが詰まったワイン」
造り手

2naturekinder は、Micheal Voelker(ミカエル・フォルカー) と Melanie Drese(メラニー・ドレス) のプロジェクト。二人は以前、世界中を旅し、ロンドン、ニューヨークに住み出版分野で働いていましたが、ナチュラルワインに魅了され2013 年、ドイツのフランケン地方で1843年から続くミカエルの家族の畑を引き継ぎ、自然でピュアなワイン造りを始めました。#ミカエルの父親は長年ワインメーカーで、アペラシオン品質管理委員会のメンバーですが、添加物なしでワインを作るというミカエルをサポートしています。また、父親の畑の多くが 90年代からオーガニックで管理されていました。
哲学

「何も追加せず、何も取り去らず」
 ワインにおける真実は、土壌、植物、健康でバランスがとれたすべて必要な物を備えた葡萄から生まれ、美しいものとなるのです。私は、美しいワインとは、よいバランスがあり、そこにエッジがあるべきと考えます。哲学者 A.N. ホワイトヘッドの素晴らしい言葉にまとめられています。「真実がなければ、美しさは低レベルで、大量の欠陥があります。美しさがなければ、真実は些細なものになります。真実は美しさのために重要です。」
コウモリとワインの関係

 ミカエルはブドウ園のコウモリに特に関心があり、コウモリのラベルはその影響を受けています。 また、ブドウ園におけるコウモリの役割についての研究プロジェクトを後援しています。2014 年に同僚から引き継いだ Müller-Thurgau のブドウ園の真ん中には、コウモリにとって完璧な家に見える素敵なコテージがあります。ミカエルは地元のコウモリヒーローであるクリスチャン・セーダーと一緒に、サイクルのアイディアを発展させました 。地元のコウモリの巣からグアノ(コウモリの糞)を得て、ブドウ園の肥料とするのです。ブドウ園には、コウモリが 遊ぶためのバットボックスを設置し、またワインの収益の一部を鳥保護教会を経由してコウモリやコウモリの研究のために返還します。
 「ラベルのコウモリは、灰色うさぎコウモリで、この地域では非常に珍しくなっています。 信じられないほどかわいいコウモリで、彼らが長くこの地域にいるために努力したい 。(ミカエル)」
(輸入元案内より)
MARUYAMAYAより)




2016 Fledermaus White


How we made it

The second generation of the white “Fledermaus” has been harvested in September (Müller-Thurgau) and October (Silvaner) 2016 and bottled in February 2017. It consists of about 75% Müller-Thurgau and 25% Silvaner. The whole Müller-Thurgau clusters were pressed, the juice sedimented, racked and aged on the full lees. Until some point in winter when one of the tanks became oily. We decided to filter the tank and re-vitalize it by stirring in the lees from a different Müller-Thurgau tank. It worked really well. Phew.
The Silvaner batch is the pre-harvest from two skin-fermented batches. Those Silvaner vineyards had sunburn so in a first round of picking grapes all the ones with sunburn were put in extra boxes, fermented with a short maceration time and fermented in the tank.

The story

In 2014 we took over a Müller-Thurgau-vineyard from a colleague. There is a neat cottage in the middle of it which just looked like a perfect home for bats. Together with local bat hero Christian Söder we developed the idea of a cycle: we get guano from local bat colonies – a wonderful fertilizer. In the vineyard we have several bat boxes installed to offer opportunities for those lovely animals to hang out. In return we give a share of the revenue back to the bats via the Landesbund für Vogelschutz. The bat on the label is the grey long-eared bat which has become very rare in our area. It’s also incredibly cute and we want to help it stay around.

Fact sheet

Variety: Müller-Thurgau (75%), Silvaner (25%)
Soil: Shell limestone

Harvest: September / October 2016
Crushed and pressed in a pneumatic press
Malolactic fermentation and aging on the lees in steel
Bottled: February 2017
Bottles produced: 9,900

Alcohol: 11.5%
Acid: 4.8 g/l
Total SO2 (nothing added): 4 mg/l
Residual sugar: 0 g/l
Bottle size: 0.75 l
2NATURKINDERより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170809/1502239104
ワイン会にて。
 
抜栓日:2017年8月8日
スクリューキャップ。やや濁りのあるイエロー。なかなか香木的な香り、スモーキーな印象でしたが、還元香だったのか、しばらくするとそのニュアンスは消え、アカシアの花や薄いハチミツのかおりなどが出てきます。酸が非常にシャープできた国を思わせるニュアンス。味わい自体に厚みとシャープさがあります。白ブドウ系の果実味が豊かで、そこにミネラル感がかぶさって、結構硬質なのに、厚みのある味わい。とっても面白いです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Fledermaus Rot 2Naturkinder 2016

Fledermaus Rot 2Naturkinder 2016
Fledermaus Rot 2Naturkinder 2016 part1

Fledermaus Rot 2Naturkinder 2016 part2
2016 Fledermaus Red

How we made it

The second vintage of our red “Fledermaus” has been harvested in September 2016 and bottled in February 2017. It’s made of Schwarzriesling / Pinot Meunier growing on shell limestone. The vineyard is pretty much in the middle of our town. We started farming it organically in 2014. And as the vineyard had been treated well before we took over the plants didn’t suffer from that switch – at the cost of a reduced yield. The grapes were picked on one of the first harvest days as we feel Pinot Meunier benefits a lot from a solid acid-backbone. For a duration of seven days we mixed destemmed berries which were only partly crushed to get some carbonic effect. After pressing the wine finished fermentation in a stell tank and rested on the full lees until it was bottled in February 2017. It became a bit more tannic and “serious” than the previous vintage but also more clean.

The story

In 2014 we took over this vineyard from a colleague. There is a neat cottage in the middle of it which just looked like a perfect home for bats. Together with local bat hero Christian Söder we developed the idea of a cycle: we get guano from local bat colonies – a wonderful fertilizer. In the vineyard we have several bat boxes installed to offer opportunities for those lovely animals to hang out. In return we give a share of the revenue back to the bats via the Landesbund für Vogelschutz. The bat on the label is the grey long-eared bat which has become very rare in our area. It’s also incredibly cute and we want to help it stay around.

Fact sheet

Variety: Schwarzriesling / Pinot Meunier
Location: Kitzinger Eselsberg
Soil: shell limestone

Harvest: 14.09.2016
Yield: 40 hl/ha
Semi-carbonic maceration for 7 days
Gently pressed in a pneumatic press
Malolactic fermentation and aging on the lees in steel
Bottled: February 2017
Bottles produced: 3,400

Alcohol: 12%
Acid: 5.4 g/l
Total SO2 (nothing added): 12 mg/l
Residual sugar: 0.7 g/l
Bottle size: 0.75 l
2NATURKINDERより)




フレーダーマウス・ロット 2016 / ツヴァイ・ナトゥーキンダー(メラニー&マイケル・ヴォルカー)

FLEDERMAUS ROT 2016 / 2NATURKINDER (Melanie & Michael Voelker)

45
2017年7月29日 更新
おすすめは、ドイツから日本初上陸の造り手、ツヴァイ・ナトゥーキンダーからフレーダーマウス・ロット(こうもり 赤)と名付けられた赤ワインを。
この暑さで赤はちょっと。。。と思われるかもしれませんが、
この赤はこの季節にもピッタリ!
ちょっと冷たくしてゴクゴク楽しめる、そんな赤ワインです。

ラベルに描かれているコウモリにもちょっとしたお話が…
その続きはこのワインを飲みながらということで。
Instagram (5152)
via www.instagram.com
ワイン名:フレーダーマウス・ロット 2016
タイプ:赤
生産者:ツヴァイ・ナトゥーキンダー(メラニー&マイケル・ヴォルカー)
生産者HP:http://2naturkinder.de
生産地:ドイツ、フランケン
品種:ピノ・ムニエ
Winyより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170809/1502239108
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年8月8日
スクリューキャップ。やや濁りを感じるパープル。第一印象として、もっさり感というか、やぼったいと言うか、どっしりとした印象を受けました。果実香としてなんと表現したらいいのかわかりませんが、若いカシスの青っぽさをとった感じ、っていうか、グスベリっぽさ、やや草っぽい印象、というか。しかし、味わいは、なかなかの厚みで、黒系の果実味がしっかりと出ていて、複雑味もありとてもおもしろいワインでした。ムニエの赤って、あまり飲む機会ないので勉強になります。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Razenberger Bacharacher Riesling Brut Mittelrhein 2009

Razenberger Bacharacher Riesling Brut Mittelrhein 2009
Razenberger Riesling Brut

Razenberger Bacharacher Riesling Brut Mittelrhein 2009
Weingut Ratzenberger
ラッツェンベルガー醸造所

ライン河左岸のバハラッハで1956年に創業された個人生産者です。
ミッテルラインのVDPの代表を務める2代目のヨハンが栽培を、息子のヨハンJr.が醸造を担当しています。ケラーの背後に広がる延べ9haの畑には、リースリングが75%を占め、残りがシュペートブルグンダーとグラウブルグンダー、極少量のリヴァーナーが栽培されています。
地下セラーには、1200リットルの木樽と3000リットルの四角形のステンレスタンクが並んでいます。スティーガー・ザンクト・ヨーストの畑は、ワイナリーのすぐ裏に位置し、大きな石がごろごろして土壌が柔らかく、土中の風通しが良い為、花の香りに富んだフルーティーなワインになるそうです。
「この地域のワインは酸が強く、酸っぱいと感じるようなワインになりやすい。しかし、収量を抑え、酵母と接する時間を長く取ることで、ドライかつ果実味のアロマ豊かなワインを造ることが出来る。酸の丸みを出す為のマロラクティック発酵も一切しないし必要がない。」

また、「ゼクトや赤ワインには培養酵母を使うが、白ワインは天然酵母で発酵している。天然酵母はこの地域の気候条件に合っているので、発酵のスタートにも問題がない。加えてph値が低い(酸度が高い)ので、マロラクティック発酵を起こすバクテリアが育ちにくい」ともヨハンJr.は語っています。
ワインは最低10年は熟成するし、8~9年たてばリースリングのアロマは枯れた風味に変わってくると言います。この20年あまりでスティーグで最も名の知られた生産者となり、また所有する畑を増やした数少ない生産者でもあります。かつて彼のリースリングは、きりっとした辛口となっていましたが、現在は上品で洗練された貴腐の付いた遅摘みのワインも造られるようになりました。
17年前ひたすら伝統的なスタイルのワインを造っていた2代目ヨハンから、3代目の息子ヨハンJr.に数年前引き継がれ、ラッツェンベルガー家のワインは一新されました。今やミッテルラインのトップ生産者として評価されています。
世界遺産にもなっている中部ラインの中ほどに位置するバッハラッハ村にある家族経営のこの醸造所はリースリング種を使った白ワインを最も得意としています。現在ドイツの高級レストランはもとより、北欧、アメリカの有名なレストランでも楽しまれている彼らのワインは、土地のポテンシャルを最大限に発揮できるように収量規制を徹底的に行なった結果、他の醸造所に見られないミネラル感たっぷりの味わいになっています。

ドイツ国内のオンラインショップPLUSにおいて、2003年度最優秀醸造家に選ばれています。

漫画『神の雫』で、またまた、気になるワインの登場です!
あの遠峰一青が、『お…おぉ…』と、お決まりコメントを発して感動した、ドイツの極上スパークリングです!

【話のあらずじ】
合併話の進む二社の幹部顔合わせの席で、大事なスタートとなる、乾杯のスパークリング選びを任された、主人公《雫》の所属する、太陽ビールのワイン事業部。前回、シャンパンをはじめとする、100本ものスパークリングを試飲しつつも、そのイメージに重なる1本は見つけられずじまいでした。
そしてそんな当日、彼らが用意したものはなんだったのでしょうか?なんと、ドイツのリースリングから造られる、ゼクトでした!
シャンパンでないことに、不服な表情を見せる幹部たち。一瞬、この選択は、間違っていたかに思えました。が、そこで、一人の男の感嘆の声が…
そう、世界的テイスターとして、圧倒的実力を誇る、主人公《雫》のライバルである《遠峰一青》が、そのゼクトの素晴らしさに、酔いしれていたのです!

『私はこの素晴らしいリースリングのスパークリングが、遥かなる未来かもしれませんがマイナーなワイン産地の名をフランスにおけるシャンパーニュのように高めてくれる可能性さえあると思っています。』
幹部たちも、その様子に『もう一杯くれ』と、大興奮!
(『週刊モーニング2010年4月29日号』掲載『神の雫』コラムより抜粋)

そんな彼らが選んだのが、ドイツのマイナーな産地、ミッテルラインという場所で造られる、知る人ぞ知る、極上のスパークリングだったのです。

栽培面積: 13.8ha
年間生産量: 100,000本
土   壌: デボン紀の風化した粘板岩
作付品種: リースリング75%、シュペートブルグンダー15% 他
平均収量: 58hl/ha

神の雫に登場!ゼクト!バハラッヒャー・リースリング ゼクト・ブリュット [2009] (ラッツェンベルガー)
Bacharacher Riesling Sekt brut [2009] (Weingut Ratzenberger) 【ドイツ】【ゼクト】【スパークリング ワイン】

価格 3,350円 (税込 3,618 円) 送料別

ラッツエンベルガー醸造所は、ミッテルライン地方の葡萄栽培の中心地であるバッハラッハ村に位置し、リースリングを得意とする生産者。畑は10haにも満たないのですが、徹底的に収量を規制し、ミネラル分に富んだ味わいのワインを造り出しています。シュティーガー村のザンクト・ヨースト畑は、標高が高く冷涼な気候、粘板岩質の土壌なので、質の高いリースリングの栽培には最適です。ミッテルラインのトップ生産者として知られ、世界の有名ホテル、レストランなどがオンリストする実力派なのです!

ミッテルラインのトップ生産者として知られ、世界の有名ホテル、レストランなどがオンリストする実力派なのです!
【遠峰一青】に『お…おぉ…』と言わせた、ドイツの秘宝スパークリング!!
コレは、ホントにオススメですよ!
3年以上の熟成でミクロでクリーミーな泡!!インポーターさんに新宿の超高級ホテルでグラスワインで出されており非常に好評と聞きました。主に世界の有名ホテル、レストランなどがオンリストし市場にはあまり出回らないほどです。
約4年の熟成(シャンパーニュ以上)を経て非常にミクロでクリーミーな泡立ち!また、リースリングの特有のアロマの最高の香りは、飲んでいて非常に気持ちよくフルーツのシャワーのよう食前酒に、また食中酒としても最高です!スパークリング好きを必ずうならす逸品だと思います!

漫画『神の雫』のゼクト!
瓶内二次発酵、当主自ら手動による動壜(ルミアージュ)など、伝統的な製法により3年以上熟成させた高級ゼクトです。
クロスター・フュルステンタール畑は、所有畑の中では一番気温が低くなるために、【アイスワイン】と【ゼクト】専用としてリースリング種の栽培が行なわれています。

【バハラッヒャー クロスター フュルステンタール リースリング ゼクト ブリュット】から【バハラッヒャー・リースリング ゼクト・ブリュット】に名前が変わりました!


■Information
●生産国 ドイツ
●地域 ミッテルライン(Mittelrhein)地域 / ローレライ(Loreley)地区、バッハラッハ(Bacharach)、クロスターフュルステンタール畑
●ブドウ品種 リースリング 100%
●タイプ 白・スパークリング・辛口・ミディアムボディ
アルコール12.9%、残糖2.8g/l、酸度7.6g/l
●内容量 750ml
●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。
●備考
●輸入元 ヘレンベルガーホーフ
ドングリアーノワインより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170719/1500431300
ワイン会にて。
 
抜栓日:2017年7月18日
輝きのある中程度の濃淡のイエロー。やや圧は弱め。樽っぽいニュアンスを感じました(どこからきてるんだろうか?)厚みのある味わいで、酸はしっかりとしています。ドイツ・ゼクトか! リースリングとか思いもしませんでした。むずかしいなぁ~。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Hain Spatburgunder 2013

Hain Spatburgunder 2013
Hain Spatburgunder 2013 part1

Hain Spatburgunder 2013 part2
シュペートブルグンダー クーベーアー トロッケン 750ml クルト ハイン 赤ワイン ドイツ モーゼル フルボディ

オーナーのゲアノット ハインは、第二の故郷はコート ド ニュイと公言するほどのブルゴーニュ好きです。よくブルゴーニュに出かけます。50歳になってリースリングを確立できたとの思いから、他の品種も造り始めています。妻のスザネは同じ敷地にあるホテルの経営担当です。息子ヨハネス(2000年生)はワイン造りに興味を持ち始めています。畑作業の手伝いに、ポーランド人2~3名(一人は常駐)が7~8月に来ます。ニューマティックワインプレスを使っています。ボトルセラーには7万本収容可能です。湧水がセラーの温度を保つ作用をしています。温度は8~17度まで管理出来ます。あまり力強過ぎず、退屈ではない味、複雑過ぎず訴えられる味、個性やキャラクターがある味わいを目指しています。

[2013]シュペートブルグンダー クーベーアー トロッケン 750ml クルト ハイン 赤ワイン ドイツ モーゼル フルボディ

価格 3,150円 (税込) 送料別

シュペートブルグンダー クーベーアー トロッケン 750ml クルト ハイン 赤ワイン ドイツ モーゼル フルボディ

ピースポート村にある複数の単一畑からの葡萄を使用しています。畑の標高は150m~200m。土壌はスレートや砂質、砂利質です。2013年の収穫は9月下旬に行いました。醸しは3週間~4週間、アルコール発酵は3週間行います。熟成はバリックで12か月間。鮮やかなルビィレッド。グラファイト(黒鉛)の香りがクラシカルな印象を与えています。チェリーや野生のベリー系果実のフレイバーが漂います。骨格のしっかりとした、きれいなタンニンがあります。牛やラム、鹿などの肉料理や、様々なパスタなどと良く合います。‘13VTのボトリングは2014年の12月に行いました。

●ボディ:フルボディ
●名称:赤ワイン
●容量:750ml
●生産者:クルト ハイン
●生産国:ドイツ
●産地:モーゼル
●原材料:シュペートブルグンダー
桝屋酒店より)





シュペートブルグンダー クーベーアー トロッケン



ピースポート村にある複数の単一畑からの葡萄を使用しています。畑の標高は150m〜200m。土壌はスレートや砂質、砂利質です。2013年の収穫は9月下旬に行いました。醸しは3週間〜4週間、アルコール発酵は3週間行います。熟成はバリックで12か月間。鮮やかなルビィレッド。グラファイト(黒鉛)の香りがクラシカルな印象を与えています。チェリーや野生のベリー系果実のフレイバーが漂います。骨格のしっかりとした、きれいなタンニンがあります。牛やラム、鹿などの肉料理や、様々なパスタなどと良く合います。‘13VTのボトリングは2014年の12月に行いました。
Data
商品コード KA500
商品名 Spatburgunder QbA Trocken
生産者名 クルト ハイン
ヴィンテージ 2013年
在庫状況 ◎
希望小売価格(税抜) 3,500円
容量 750ml
色 赤
飲み口 フルボディ
葡萄品種 シュペートブルグンダー
栓の仕様 NODATA
アルコール度数 NODATA
国 ドイツ
生産地域1 モーゼル
JANコード 4935919195003
稲葉より)






http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170322/1490148293
ワイン会にて
抜栓日:2017年3月21日
輝きのある、やや薄めのルビー。きれいな色合いで、年生は中程度。
完熟系のきれいな香りが特徴で、ややジャミーなニュアンス。ラズベリーなどの赤果実の香り。樽はさほど感じませんでした。
味わいの第一印象は、果実味とともに果実甘味を結構感じました。酸はしっかりとしていて、渋みはさほどありません。余韻は中程度。甘さがなかなか印象に残るワイン。チリあたりの最近の造りのピノ・ノワールと考えましたが、メンバーさんの中で、「この甘さはドイツのシュペートブルグンダー」と答えた方がいました。さすが!
とってもチャーミングなワイン。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ONYX Lingenfelder Dornfelder Spatlese 2005

ONYX Lingenfelder Dornfelder Spatlese 2005
ONYX Lingenfelder Dornfelder Spatlese 2005 part1
Lingenfelder Onix Dornfelder QbA
Posted by fujii under ドイツ

nullリンゲンフェルダー オニキス ドルンフェルダー QbA
リンゲンフェルダー オニキス 
ドルンフェルダー QbA
生産地:ドイツ ファルツ
葡萄品種:ドルンフェルダー種

畑で選別を行い、良いと判断した年にのみ造られる上級品。
オニキスとは、宝石の瑪瑙(めのう)のことで、深い黒色をしていて、リンゲンフェルダーは、このワインの深い色合いにちなんで、この名を付けました。
ファルツ産のバリックを使い1年間熟成させています。
酵母は天然酵母のみ使用し、必要成分を除いてしまうので、清澄はしません。ドルンフェルダーの生き生きとした果実味が感じられます。
ワインショップフジヰテイスティングレポートより)





オニキス Q.b.A.(Onyx) 2011 赤 ドイツ 750ml
シュペートレーゼの表記がありますが、飲み口は辛口です。グロスカールバッハー・オスターベルクからのワインです。畑で選別を行い、良いと判断した年にのみ造ります。オニキスを造らない年は、ドルンフェルダーに混ぜてしまいます。ファルツ産のバリックを使い1年熟成させています。殆ど黒色に近いほどの外観。しっかりとしたタンニン、口の中で爆発しそうな果実味、かみ応えのあるボリューム、どれをとってもドルンフェルダーのもつポテンシャルを見事に引き出し、ドイツの赤ワインに対する考え方を改めずにはいられないほど、センセーショナルです。「オニキス」とは、宝石の瑪瑙(めのう)のことで、曇りのない深い黒色をしています。成功や夫婦の幸福、厄除けの効果があると言われ、巳年、獅子座、山羊座の守護石です。リンゲンフェルダーは、このワインの深い色合いにちなんで、この名を付けました。ギリシア神話では、キューピットが眠っているビーナスの爪を矢で切って遊んでいましたが、インダス川に落ちてオニキスになりました。
(Amazon Dongurianoより)




リンゲンフェルダー醸造所/2005 ONYX オニキス QbA 赤 750ml
容量:750ml
原産:ドイツ
地域:ファルツ地方
★★★★★★★★★★★ オーナーコメント ★★★★★★★★★★★
バラエティに富んだ普段飲みワイン/本格派赤白ワインも充実
《歴史》 1570年より  13世代
《オーナー》 カール リンゲンフェルダー
《葡萄園面積》 15ha(自家畑・グロースカールバッハ周辺)+15ha(買い葡萄)
《肥料》 オーガニックとそうでないものを使用
《防虫》 ボルドー液(殺菌剤)、防虫剤、除草剤は使用せず、フェロモンを使用
《葡萄品種》 37%リースリング、18%シュペートブルグンダー、13%ドルンフェルダー、10%ショイレーベ10% 他
《収穫》 赤100%、白90%が手摘み
《酵母》 100%天然酵母。自分の魂と土地の伝統を反映したワインを造りたいという考えから。
《味わいのタイプ》 60%辛口、15%やや辛口、25%甘口

ミッテルハートにあたる、ダイデスハイム村やフォルスト村の直ぐ北に位置するグロスカールバッハの村で、ワイングートを営んでいるリンゲンフェルダー家は、以前はアイスワインやベーレンアウスレーゼまで造る個人生産者で、ロバート パーカー Jr.の「バイヤーズガイド5版」で5ッ星生産者として名を挙げられていました。

現在は、アイスワインやベーレンアウスレーゼといったものは造らず、クリーチャー(生き物)ラベルに代表される買い葡萄を用いて瓶詰めしたアイテムなど、より日常で飲むワインに軸足を移しています。

「買い葡萄は8km以内の近所の知人からしか買わない。」という言葉からは、彼自身が所有している畑と同じ土壌で、目の届いた畑仕事がされているかどうか把握しておきたいというこだわりが感じられます。
土壌は、石灰が混ざった粘土(レス)。レスは火山灰で、パウダーのように軽く、スポンジのように保水します。
樹と樹の間を1列毎に掘り返しています。必要成分を除いてしまうので、清澄はしません。ズースレゼルヴは、甘口の調整用に僅かだけ使用します。

タンクは品種、特徴の違いによって分けるため、600L~10,000Lまで10種類近くを所有しています。すべての赤ワインに木樽を使用し、100年使い続けているものもあります。通常、ドルンフェルダーは大樽で最低12ヶ月、シュペートブルグンダーは一度バリックに入れます。

樽の産地は、以前はフランス産を使用していましたが、現在は地元ファルツのものを使用しています。
自らの瓶詰めシステムを所有しています。クリーチャー(生き物)ラベルシリーズは、ほぼQ.m.p.レベルで、魚とウサギラベル以外は、自家畑によるものです。このラベルのデザインは、カリフォルニアワインのラベル(フロッグス リープ)等で知られる著名デザイナー、チャック ハウスによるものです。

この『リンゲンフェルダー醸造所/2005 ONYX オニキス QbA 赤』はグロスカールバッハー オスターベルクからのワインです。
畑で選別を行い、良いと判断した年にのみ造ります。

オニキスを造らない年は、ドルンフェルダーに混ぜてしまいます。
ファルツ産のバリックを使い1年間熟成させています。
ほとんど黒色に近いほどの外観。しっかりとしたタンニン、口の中で爆発しそうな果実味、かみ応えのあるボリューム、どれをとってもドルンフェルダーのもつポテンシャルを見事に引き出し、ドイツの赤ワインに対する考え方を改めずにはいられないほど、センセーショナルです。

「オニキス」とは、宝石の瑪瑙(めのう)のことで、曇りのない深い黒色をしています。
成功や夫婦の幸福、厄除けの効果があると言われ、巳年、獅子座、山羊座の守護石です。

リンゲンフェルダーは、このワインの深い色合いにちなんで、この名を付けました。ギリシア神話では、キューピットが眠っているビーナスの爪を矢で切って遊んでいましたが、インダス川に落ちてオニキスになりました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アルコール度 / 13.0%
残糖 / 2.3g/l
酸 / 6.5g/l
葡萄品種 / ドルンフェルダー100%
タイプ / 口の中で爆発しそうな果実味、かみ応えのあるボリュームがあるフルボディ
飲み頃温度 / 18度前後
保管方法 / 直射日光NG 振動NG 暗い15度前後の場所で
栓 / コルク
(酒の人気屋ネットショップというところのキャッシュデータより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170322/1490148290
ワイン会にて
抜栓日:2017年3月21日
輝きのある、結構濃い目のルージュ。結構な粘性を感じました。今回のなかで最も色の濃いワインでした。
黒果実系の香りが強く感じられます。ブラックベリーやプルーンなど。また樽香もしっかりとしていて、カカオやロースト香とのバランスがとても良い香りです。アタックはしっかりとしていて、酸もしっかりしている、しかしタンニンはそんなに収斂性を感じない味わい。余韻は比較的長いフルボディーのワイン。アルコール度数13%
香りの第一印象からスペインのガルナッチャかと想像しました。答えはドルンフェルダー。なるほど2005年とやや熟成も入っていて、とても素晴らしいワインだと思いました。今回のワインの中で一番人気の味わいでした。勉強になる。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken

Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken
Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken
フュルスト・フォン・メッテルニヒ

ドイツの最も有名なスパークリングワインの為のドイツの最も素晴らしいワイン
1816年7月1日オーストリアの皇帝フランツ1世は、メッテルニヒ-ヴィンブルクの王子で、彼の宮廷議長兼首相のクレメンス・ヴィンツェスラウスに、ウィーン会議での彼の功績に対する贈り物として、フルダ近郊のドメーヌ・ヨハニスベルクを送った。実に高貴なプレゼントであるが、というのもヨハニスベルクが造るリースリングワインは、特に高品質であり、ヨハニスベルク自体1775年のシュペートレーゼ(遅摘みの葡萄で造ったワイン)、1787年のアウスレーゼ(熟した葡萄を厳選して造った甘口ワイン)の発見で、世界中のワイン愛好家の間で例外的な評判を享受していたのである。王子はシュロス・ヨハニスベルクで葡萄栽培の存続と促進に全力を投じた。
しかし力強い酸味を持つ彼らの高品質のリースリングが、スパークリングワインを造るのに適していると気づいたのは、ヨハン・ヤコブ・ゾーンレインであった。
このことについて彼は次のように書いている。「ライン産のリースリングは葡萄の女王であり、これからもそうあり続ける。優れたヴィンテージのリースリングワインで造られたスパークリングワインに匹敵するものはなく、これを越えるものもない。」このスパークリングワインの生産にリースリングのベースワインを使用することで、シャンパーニュとは異なる風味を生み出すが、品質では変わらない。
ヨハニスベルガーが描かれたワインラベルは、1925年にフュルスト・フォン・メッテルニヒ シュロス・ヨハニスベルガー ゼクトという名称の新しいスパークリングワインのブランドに初めて取り入れられた。このようにして1864年以来キュヴェとして既に存在していたワインのブランドネームが立ち上げられた。
1934年以降この銘柄はフュルスト・フォン・メッテルニヒと呼ばれている。今日ある様なトレードマークのラベルは、宮廷芸術家サー・トーマス・ローレンスがメッテルニヒ-ヴィンブルクの王子クレメンス・ヴィンツェスラウス・ローザールの肖像画を描いた後、1971年にこれを取り入れたものが作られた。リースリングの酸味が爽やかでスティーリーな品質が、スパークリングワイン“フュルスト・フォン・メッテルニヒ”を比類なき味わいにしている。

フュルスト・フォン・メッテルニヒ リースリング ゼクト トロッケン
¥3,680
説明
追加情報
少々緑色がかった中位の濃さのレモン色をし、連続的に出てくる泡が伴う。魅了する様でエレガントなリースリングのブケは、ハニー、火打石や花の様な繊細なアクセントを持つ。まろやかで柔らかく、こくがあると同時にエレガントで、この品種の魅力的で酸味の爽やかな、スティーリーな特徴を良く捕らえている。きれいにバランスが取れ、印象的でスタイリッシュな後味を持つ。JKW10/139774506
受賞歴:
● 2016年6月4日付 日経プラス1 「キリッとした後味 スパークリングワイン・ベスト10」で第3位
● ヴィノテーク 2004年6月号 このワインに注目! 17ポイント
● 銅賞 - ジャパン ワイン チャレンジ 2005
● 銀メダル - ベルリナー・ワイン・トロフィー
● 金メダル - ベルリン・ワイン・トロフィー2016
生産地の詳細情報: ドイツ >>ライン地方
生産者の詳細情報: フュルスト・フォン・メッテルニヒ
ピーロートジャパンオンラインショップより)





NIKKEIプラス1何でもランキング2016「夏を潤すスパクリングワイン」第3位。ドイツの13限定産地から収穫されたリースリング100%使用。
【NIKKEIプラス1何でもランキング2016】フュルスト・フォン・メッテルニヒ・リースリング・ゼクト・トロッケン(Furst von Metternich Riesling Sekt Trocken)

本体価格 3,410円 (税込価格 3,682円)
生産地 ドイツ ラインガウ地方
ワイナリー フュルスト・フォン・メッテルニヒ
容量 750ml
タイプ 白泡
味わい やや辛口
味のバランス 
甘味 甘み
酸味 酸味
果実味 果実味
香り リンゴグレープフルーツ
ぶどう品種 リースリング
商品説明
ライン川の北側、ヴァイスバーデンとロルヒの中間に位置し、世界でも有名なライガウ・ワインを産出するエリア。リースリングの栽培面積はこのエリアの84%、3,000haを占める。ライン川の上のなだらかな丘に、畑は南向きに面しており、ブドウの熟成には理想的。熱を蓄積する特別な基盤土壌を持ち、湿度が常に一定に保たれるのも特徴。世界的にも有名なシュロス・ヨハニスベルク・リースリングは紀元前1720年にここで栄えました。フルスト・フォン・メッテルニッヒのスパークリング・ワインの起源もここで発見されました。ドイツの13限定産地から収穫されたリースリングを100%使用。リンゴ、グレープフルーツ、桃、アプリコット、カリン、パイナップル、マンゴー、数種のハーブの香りが特徴。魅了するエレガントなリースリングのブーケを感じます。

画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。
おすすめ
合う料理 いくら丼、うに丼、海鮮丼 飲み頃温度 4~8度
備考
インポーター ピーロート・ジャパン キャップタイプ コルク
ラベル表示 酸化防止剤(亜硫酸塩)
AEON de WINEより)




ドイツの最も有名なスパークリングワインの為の
ドイツの最も素晴らしいワイン

1816年7月1日オーストリアの皇帝フランツ1世は、メッテルニヒ-ヴィンブルクの王子で、彼の宮廷議長兼首相のクレメンス・ヴィンツェスラウスに、ウィーン会議での彼の功績に対する贈り物として、フルダ近郊のドメーヌ・ヨハニスベルクを送った。実に高貴なプレゼントであるが、というのもヨハニスベルクが造るリースリングワインは、特に高品質であり、ヨハニスベルク自体1775年のシュペートレーゼ(遅摘みの葡萄で造ったワイン)、1787年のアウスレーゼ(熟した葡萄を厳選して造った甘口ワイン)の発見で、世界中のワイン愛好家の間で例外的な評判を享受していたのである。王子はシュロス・ヨハニスベルクで葡萄栽培の存続と促進に全力を投じた。

しかし力強い酸味を持つ彼らの高品質のリースリングが、スパークリングワインを造るのに適していると気づいたのは、ヨハン・ヤコブ・ゾーンレインであった。

このことについて彼は次のように書いている。「ライン産のリースリングは葡萄の女王であり、これからもそうあり続ける。優れたヴィンテージのリースリングワインで造られたスパークリングワインに匹敵するものはなく、これを越えるものもない。」このスパークリングワインの生産にリースリングのベースワインを使用することで、シャンパーニュとは異なる風味を生み出すが、品質では変わらない。

ヨハニスベルガーが描かれたワインラベルは、1925年にフュルスト・フォン・メッテルニヒャー シュロス・ヨハニスベルガー ゼクトという名称の新しいスパークリングワインのブランドに初めて取り入れられた。このようにして1864年以来キュヴェとして既に存在していたワインのブランドネームが立ち上げられた。
1934年以降この銘柄はフュルスト・フォン・メッテルニヒと呼ばれている。今日ある様なトレードマークのラベルは、宮廷芸術家サー・トーマス・ローレンスがメッテルニヒ-ヴィンブルクの王子クレメンス・ヴィンツェスラウス・ローザールの肖像画を描いた後、1971年にこれを取り入れたものが作られた。リースリングの酸味が爽やかでスティーリーな品質が、スパークリングワイン“フュルスト・フォン・メッテルニヒ”を比類なき味わいにしている。

★限界価格に挑戦★
【ギフト】【スパークリングワイン】
【フェルスト・フォン・メッテルニヒ】
リースリング・ゼクト・トロッケン[NV](スパークリングワイン)
750ml ドイツ FURST VON METTERNICH RIESLING SECT
価格 2,600円 (税込 2,808 円) 送料別

アペラシオン(産地) : ドイツ
ワイン名(ラベル表示) : FURST VON METTERNICH RIESLING SECT
内容量 : 750ml

以前、ヴィノテーク誌で世界最高ソムリエが注目すべきワインと評価しています。
リースリング種からつくられるスパークリングワイン。とても上品でやわらかい味わい。繊細で美味しいワインです。
以前ニッカウヰスキーが扱っていたころは、現在より1000円程高い値段だったような気がします。

非常にオススメの本格スパークリングワインです。
少々緑色がかった中位の濃さのレモン色をし、連続的に出てくる泡が伴う。魅了する様でエレガントなリースリングのブケは、ハニー、火打石や花の様な繊細なアクセントを持つ。
まろやかで柔らかく、こくがあると同時にエレガントで、この品種の魅力的で酸味の爽やかな、スティーリーな特徴を良く捕らえている。
きれいにバランスが取れ、印象的でスタイリッシュな後味を持つ。

ぶどう品種:リースリング100%
かわばた酒店より)



ピーロート・ジャパンより購入。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20161221/1482321688
抜栓日:2016年12月21日
インポーター:ピーロートジャパン
栓:通常のコルク
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのスパークリング用を使用しました。
 
色:やや山吹色にちかいイエロー。
泡立ち:なかなか細やかな泡で、持続性がありました。
 
香り:最初さほど香りがありませんでしたが、徐々にややねっとりとした第一印象。青りんご、蜂蜜の香り。コンポート系のニュアンス。娘さんは「お風呂とかプールのモワッとした感じの匂い」と言っていました。これって、塩素系っていうかミネラルっぽさをかんじているのかな?
味わい:青りんごや蜂蜜のフレーバーが口の中に広がります。味わいに厚みを感じ、つまってるな~という印象。ほのかな残糖は感じますが、基本辛口のトロッケン。酸は結構フレッシュでリンゴ酸の要素を感じました。リースリングに起因すると思われる白い花の印象もあります。飲み口はしっかりしているのですが、爽やかさも、とくに酸のためか感じられ、飲みやすい美味しいスパークリングです。ゼクトって初めて飲んだんですが、いいですね~。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Josef Drathen Gewurztraminer Kabinett Rheinhessen 2015

Josef Drathen Gewurztraminer Kabinett Rheinhessen 2015
Josef Drathen Gewurztraminer Kabinett Rheinhessen 2015
<スパイシーなエスニック料理に>
*【お酒】ジョセフ・ドラーテン ゲヴュルツトラミネール カビネット(白) 750ml[Josef Drathen Gewuiztraminer KABINETT][ドイツ]

レビュー レビューなし 商品レビューを読む
商品番号:4006921107008
販売価格:1,058円(税込)
付与ポイント: 11 ポイント


■下記よりお選びください

◆重要◆年齢確認:

数量:

在庫数:あと 25 点
お気に入りリストに追加
買い物かごに入れる




[ドイツ/白/中口]

美しく輝く淡い金色。ライチ、パッションフルーツ、グレープフルーツ、マスカット、ピーチ、バラなどの豊かで心地よくさわやかな香りが溢れる。口当たりに果実の厚みを感じ、活き活きとした酸のあるとても飲みやすい白ワインです。ジャーマンポテト、アイスヴァインなどのドイツ料理はもちろん、スパイシーなエスニック料理や、和食のお鍋にもよく合います。
ゲヴァルツトラミネールとはスパイシー(ドイツ語でゲヴェルツとはスパイシーという意味)で香り高い品種で、黄色のバラやライチなどのパッションンフルーツの顕著なアロマが典型的な特徴です。

【名称】果実酒
【葡萄品種】ゲヴァルツトラミネール
【タイプ】白/やや甘口
【アルコール度数】10.5%
【ビンテージ】都度変更
【格付】プレカディーツ Q.m.P
【内容量】750ml
【賞味期限】-
【保存方法】直射日光・高温多湿を避け、冷暗所で保存
【原産国】ドイツ/モーゼル
【輸入者】株式会社オーバーシーズ
【容器の種類】瓶(スクリューキャップ)
【Reefer 定温コンテナ輸送】
●お酒は二十歳になってから
●酸化防止剤(亜硫酸塩)含有
KALDI online shopより)




イオン西ショッピングセンター内KALDIより購入。1,058円(税込)

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20161202/1480679322
抜栓日:2016年12月2日
栓:スクリューキャップ
液漏れ:なし
グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。
 
色:やや薄めのイエロー。輝きあり。
ディスク:普通。
脚:さほど粘性を感じません。
 
香り:開封してグラスに注ぎ、香りを見ると、あれ? ペトロール?とおもうような、オイリーなニュアンスを最初に感じました。その後、柑橘系の香り、白い花の香りで、第一印象がリースリングを連想してしまいました。ん~、スクリューキャップに拠る還元状態からきているのでしょうか? その後2杯めで時間が立ってきて、スワリングなどで空気に触れる状態にすると、洋梨、柑橘類の香り、ほんのすこし白胡椒的なニュアンスがあるでしょうか?
娘さんは「匂いしない。なんか、梨を水で薄めた感じだ」と表現しました。そうそう、そんな感じだよね。さらに時間経過で集中すると、うす~いバラの花の香りもあるような気もしてきます。でもやっぱりゲヴェルツだとは、判別つけれません(T_T)
 
味:酸ははっきりとしていますが、さほど強い酸ではありません。Kabinett級の残糖感があります。余韻は短め。中間層の味わいはさほど厚み無く値段相当かと思います。こくこくとジュース感覚でどんどん飲めてしまうワイン。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード