El Aprendiz Albarinblanco Leyenda del Paramo 2013

El Aprendiz Albarinblanco Leyenda del Paramo 2013
El Aprendiz Albarinblanco Leyenda del Paramo part1
希少な土着品種アルバリン・ブランコを100%使用。フレッシュでクリスプ、余韻も長くエレガントさも持ちあわせたワインです。【レジェンダ デル パラモ】 エル アプレンデス ブランコ [2013] 750ml・白 【Leyenda del Paramo】 El Aprendiz Blanco

商品番号 v2863
価格
1,660円 (税込 1,792 円) 送料別
2~3日以内に発送予定(土日祝除く)
個数
1

商品についての問合わせ
レビューを書く
友達にメールですすめる
0


この商品の配送方法
宅配便クール便
希少な土着品種アルバリン・ブランコを100%使用。「ルーキー」をあらわすワイン名の通り、フレッシュでクリスプ、余韻も長くエレガントさも持ちあわせたワイン。

色・タイプ 白/辛口
品種 アルバリン・ブランコ100%
容量 750ml
産地 スペイン カスティーリャ・イ・レオン州
酒宝庫MASHIMOより)




エル アプレンデス ブランコ 2013 レジェンダ デル パラモ 750ml [白]El Aprendiz Blanco Leyenda Del Paramo
価格
2,130円 (税込 2,300 円) 送料別
information
英字名 El Aprendiz Blanco Leyenda Del Paramo
ワイナリー名 レジェンダ デル パラモ
商品情報 生産者:レジェンダデルパラモは、2010年に7人のパートナーにより設立された会社で、自社畑18haの他に、樹齢の高い畑50ha(樹齢35年以上40ha、樹齢80年以上10ha)を管理しています。「荒野の伝説」という意味の社名の通り、それらの畑は標高約900mの荒野にあり、絶滅の危機にあった南レオン地方の固有品種「プリエト・ピクード種」と「アルバリン種」のみを栽培し、世界に向け優れた品質のワインを発信しています。DOティエラ・デ・レオンで唯一のオーガニックワインの認定を受けたワイナリーです。

希少な土着品種アルバリン・ブランコを100%使用。「ルーキー」をあらわすワイン名の通り、フレッシュでクリスプ、余韻も長くエレガントさも持ちあわせたワイン。
畑:大陸性気候。標高900mの沖積層の段丘、内層は石灰岩など石があり通気性に富んだ土壌。樹齢15年?平均35年以上。
栽培・収穫:ダブルコルドン仕立。10月に収穫。収量4t/ha。有機栽培。
醸造・熟成:空圧式プレス機内で8℃で8時間の前発酵後、15℃で発酵。年産1万本。
受賞歴:2012 インターナショナル ニュー ワインアワード 2013 金賞
内容量 750ml
品種 アルバリン・ブランコ100%
産地 スペイン・カスティーリャ イ レオン
カテゴリー ティエラ デ レオンDO
味わい 辛口
ボディ 重口
タイプ 白
同梱 可能
発送温度帯 常温
輸入元 株式会社飯田
トスカニーより)





Albarin Blanco Wine
Albarin Blanco is a rare light-skinned grape variety used in northwestern Spain (specifically Castilla y Leon, Asturias and Galicia). Although thought by many to be the same variety as Albarino (Alvarinho), the two similarly named varieties are genetically distinct.

The aroma profile of Albarin Blanco wines falls somewhere between that of its cousin Albarino and that of Gewurztraminer. Tasting notes often include references to ripe limes, lychee, mint, fig and orange. This is inevitably affected by winemaking style, however. It should be noted that some of the finest Albarin Blanco wines are subjected to malolactic fermentation, extended lees contact and barrel aging, to create broader, richer, fuller-bodied styles.

Albarin is used to produce both varietal wines and blended wines (in which its most common partner is Verdejo). Interestingly – given the controversy over Albarin’s status as a genuine, distinct variety – one of its synonyms is Blanco Legitimo ("legitimate white").

Synonyms include: Branco Lexitimo, Blanco Pais, Blanco Verdin, Raposo.

Food matches for Albarin Blanco include:

Smoked oysters
Wasabi chicken salad
Mussels with parsley & garlic butter
Wine-searcherより)

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012 part2





酒宝庫MASHIMOより購入。1,792円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012
El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012 part1
エル アプレンデス ティント 2012 レジェンダ デル パラモ 750ml [赤]El Aprendiz Tinto Leyenda Del Paramo

価格
2,040円 (税込 2,203 円) 送料別

information
英字名 El Aprendiz Tinto Leyenda Del Paramo
ワイナリー名 レジェンダ デル パラモ
商品情報 生産者:レジェンダデルパラモは、2010年に7人のパートナーにより設立された会社で、自社畑18haの他に、樹齢の高い畑50ha(樹齢35年以上40ha、樹齢80年以上10ha)を管理しています。「荒野の伝説」という意味の社名の通り、それらの畑は標高約900mの荒野にあり、絶滅の危機にあった南レオン地方の固有品種「プリエト・ピクード種」と「アルバリン種」のみを栽培し、世界に向け優れた品質のワインを発信しています。DOティエラ・デ・レオンで唯一のオーガニックワインの認定を受けたワイナリーです。
希少な土着品種プリエト・ピクード100%使用。熟した赤い果実の香りと上質な樽香が心地よい、エレガントな酸を持つバランスの取れたワイン。
畑:大陸性気候。標高900mの沖積層の段丘、内層は石灰岩など石があり通気性に富んだ土壌。平均樹齢35年以上。
栽培・収穫:ダブルコルドン仕立。10月に収穫。収量3.5t/ha。有機栽培。
醸造・熟成:ステンレスタンクの中で8℃24hの前発酵後、28℃で12日間の発酵。1年樽と2年樽で3ヶ月の熟成(フランスとアメリカ産半々)。年産3.8万本。
受賞歴:2012 デカンター 2013 銅賞
内容量 750ml
品種 プリエト・ピクード100%
産地 スペイン・カスティーリャ イ レオン
カテゴリー ティエラ デ レオンDO
味わい 辛口
ボディ 重口
タイプ 赤
同梱 可能
発送温度帯 常温
輸入元 株式会社飯田
トスカニーより)





固有品種を使った、個性的で高品質なワインを世界に発信
レジェンダデルパラモは、2010年に7人のパートナーにより設立された会社で、自社畑18haの他に、樹齢の高い畑50ha(樹齢35年以上40ha、樹齢80年以上10ha)を管理しています。「荒野の伝説」という意味の社名の通り、それらの畑は標高約900mの荒野にあり、絶滅の危機にあった南レオン地方の固有品種「プリエト・ピクード種」と「アルバリン種」のみを栽培し、世界に向け優れた品質のワインを発信しています。

レジェンダデルパラモの畑は、ドゥエロ河流域の北側に広がる「エル パラモ」と呼ばれる吹きさらしで起伏のある荒野に位置しています。そこで栽培される「アルバリン種」と「プリエト・ピクード種」はとても伝統的な固有品種で、アルバリンは非常にフレッシュかつアロマティックな白ブドウ、プリエト・ピクドーは濃厚な色素に高サンド・江東℃・高担任が特徴の黒ブドウです。特に、初期メンバーの一人であるジェネラルマネージャーのペドロ・ゴンザレス・ミッテルブランは、以前からプリエト・ピクド種の復興に取り組んできた人物で、現在は大学でワイン醸造の教鞭をとり、その深い知識はレオンの発展に生かされています。

しかしこの伝統的な品種は、ここ数十年で多くが抜かれほぼ壊滅状態。今や樹齢の高い畑が100ha残るのみとなっています。現在レジェンダデルパラモでは、現存する樹齢100年のプリエト・ピクード畑の8割を購入スべく交渉を進めています。彼らの挑戦は始まったところです。

希少な土着品種プリエト・ピクード100%使用。熟した赤い果実の香りと上質な樽香が心地よい、エレガントな酸を持つバランスの取れたワインです。

【レジェンダ デル パラモ】 エル アプレンデス ティント [2012] 750ml・赤 【Leyenda del Paramo】 El Aprendiz Tinto
価格
1,590円 (税込 1,717 円) 送料別

希少な土着品種プリエト・ピクード100%使用。熟した赤い果実の香りと上質な樽香が心地よい、エレガントな酸を持つバランスの取れたワイン。

色・タイプ 赤/ミディアムボディ/辛口
品種 プリエト・ピクード100%
容量 750ml
産地 スペイン カスティーリャ・イ・レオン州
酒宝庫MASHIMOより)




Prieto Picudo Wine
Prieto Picudo is a rare, dark-skinned red wine grape variety grown predominantly in and around its homeland of León, northern Spain. The variety is used to create both light rosés and deeply pigmented reds, and can be found as a single-variety wine or in blends with Tempranillo or Mencia.

The aromatic variety gives intense color to wine, more so than most other varieties grown in Castilla y León. It is sometimes likened to Tempranillo in this respect. Prieto Picudo has sufficient tannins, retains good acidity and responds well to oak treatments. It makes red wines which are intense in terms of both color and flavor, showing redcurrant, blackberry and licorice flavors. These wines often have mineral notes (a trait common to many Tierra de León wines), as well as vanilla and toast where oak has been used. Rosé wines tend to show aromas of strawberry and raspberry with touches of peach, citrus and flowers.

Prieto Picudo grows best in difficult terrains, hot and dry being its preference as it has a high degree of drought resistance. The variety is permitted in Tierra de León DO wines as well as Vino de la Tierra Castilla y León wines, a lower classification.

Prieto can mean "dark-skinned" or "dark-haired" in Spanish and is typically described as referring to the variety's berries. However the fruit has a distinct bluish hue, and another meaning of Prieto ("squeezed", "tight" or "compressed") could well allude to the compact, small bunches. Picudo means "pointed", which most probably references either the tapered shape of the bunches, or the pine-nut shape of the grapes themselves.

Prieto Picudo is virtually unique to Castilla y León but its wines are slowly gaining prominence outside Spain.

Food matches for Prieto Picudo include:

Fideuá (paella-style seafood and noodle dish) (rosé)
Braised venison with polenta (red)
Rib-eye steak with caramelized onion (red)
Wine-searcherより)

El Aprendiz Prietopicudo Leyenda del Paramo 2012 part2





酒宝庫MASHIMOより購入。1,717円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Dehesa la Granja 2007

Dehesa la Granja 2007
Dehesa la Granja 2007 part2
デエーサ・“ラ・グランハ”[2007]年・アメリカンオーク樽で驚異の24ヶ月熟成・瓶内熟成12ヶ月・計36ヶ月熟成・テンプラニーリョ種100%・ボデガス・イ・ビニェドス・アレハンドロ・フェルナンデス元詰・ロットナンバー入り(ノンフィルター)
DEHESA “LA GRANJA”[2007] Alejandro Fernandez (Bodega.Y.Vinedos Fernandez Rivera)

スペイン・フルボディ辛口赤ワイン愛好家大注目!飲み頃!10年熟成!バックヴィンテージ!しかもグレイト![2007]年!
造り手はロバート・パーカー氏に「スペインのペトリュス」と言わしめ、大成功をおさめたあの“ペスケラ”のアレハンドロ・フェルナンデスが、スペインで古くからワインの生産地として知られていたサモラ州に購入した農地と、18世紀に手作業で造られた3,600平方メートルの地下セラーによる、1998年初ヴィンテージの“La Granja”ラ・グランハから、テンプラニーリョ100%、アメリカンオーク樽で驚異の24ヶ月熟成!しかも瓶内12ヶ月熟成の、驚異の計36ヶ月熟成でリリースされる高級ワイン“デヘサ”の飲み頃![2007]年!ロバート・パーカー ワインアドヴォケイト誌では、この2007年はまだ未評価ですが、2003年~2005年まで、連続で90点以上をマーク!!ワイン誌大絶賛!究極辛口フルボディ赤ワインが極少量入荷!10周年のお祝いに最適です!!
(デエーサラグランハ2007) (ボデガスイビニェドス) (アレハンドロフェルナンデス)

ワインアドヴォケイト誌で2003年~2005年まで、連続で90点以上をマーク!
テンプラニーリョ・マスターが造る至宝の傑作ワイン!
アメリカンオーク樽で驚異の24ヶ月熟成で造られる“ラ・グランハ”


ペスケラを世に出してロバートパーカー氏に「スペインのペトリュス」と言わしめ大成功を修めて立志伝中の人となったアレハンドロ フェルナンデス。彼は努力と情熱の人でありリベラ・デル・デュエロをワインの銘醸地として世界に知らしめたという、すばらしい功績あげた人物でもあります。テンプラニーリョというスペインの土着品種をこよなく愛する彼は、誰もが認めるテンプラニーリョ・マスターです。

アレハンドロ・フェルナンデスは、はるか将来を見据えてより上質なワインつくりを行うため、スペインで早くからワインの生産地として認知されていたサモラ州にも農地を購入しました。そこは州の中心地にあるグアレーニャ河のほとりにあり、以前は“ラ・グランハ・ヴァエグアレナ・デル・ロ・モレロス”という名前20世紀人々によく知られた闘牛用の1800エーカーの牧場でした。購入時にはまだ牧場として運営されたいたが、実は18世紀には125人の労働者と17年以上の歳月をかけて手作業で作られた3600平方メートルの地下セラーが存在していた場所です。
ここからもわかるように、かつてこの地は主要なワイン生産地の1つだったのです。17世紀から19世紀にかけては“ティエラ・デル・ヴィーノ”(ワインの地)としてスペインのみならず、ヨーロッパ中に知られていました。アレハンドロ・フェルナンデスは購入後すぐにテンプラニーリョの古いクローンの植樹等を行い、牧場をワイン畑へと戻す作業に入りました。古い建物は修復され、18世紀に造られたセラーにも最新の醸造設備が設置されました。そして1998ヴィンテージからラ・グランハを生産し始めたのです。

デエーサ
“ラ・グランハ”2007年

■ 品種:テンプラニーリョ100%
■ 熟成:アメリカンオーク樽で24ヶ月、瓶内で12ヶ月

照り輝いた透明感のあるルビー色で、良い凝縮感と粘性があります。ローストした赤とうがらし、売れたブラックプラム、タバコのアロマが広がり、味わいには黒い果実と良い酸が現れます。
約17度でサーヴしてください。ローストした子羊や子豚、赤肉の煮込みなどとよくあいます。

ワインアドヴォケイト誌で2003年~2005年まで、連続で90点以上をマーク!
うきうきワインの玉手箱より)

Dehesa la Granja 2007 part1




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180227/1519750110
ブレリアスにて
抜栓日:2018年2月27日
そんなに濃くないガーネット。すでによっぱらいなのでよくわかりませんが、やや茶色系のニュアンス。枯れた感じ。酸はしっかりとしていて、腐葉土感もありますかね?さほど濃厚な感じではなく、むしろエレガントなワイン。普通に美味しくいただきました。テンプラをどこに見い出せばいいか?

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Humilitat Franck Massard 2012

Humilitat Franck Massard 2012
Humilitat Franck Massard 2012 part1
FRANCK MASSARD
フランク・マサール
フランク・マサール★ウェイヤスのオーナであるフランク・マサールは、1991年にフランスのソーミュールにあるソムリエスクールを卒業し、 その後、1992年~93年までドイツでソムリエとして働く。
 その間、同時にマスターオブワインの登竜門WSET (Wine&Spirit Education Trust)の試験を受けHigher Certificateの資格を取る。
 1993年の秋にイギリスに渡り、ミ ューミルトンにあるChewton glen hotelで、イギリストップのソムリエ、ジェラルド・バセット氏と一緒に働く。
 1996年に働き先をヨークシャーに移し、この年にイギリスのソムリエ選手権に参加し優勝を勝ち得る。1997 年にロンドンのレストランolleryから引き合いがあり、そこでシェフソムリエとして働く。
 (ollery は 2000 年にミシュランの星を獲得) 1998 年にはWSET認定のディプロムを取得し、単にソムリエだけでなく確実にコンサルタントとしての力もつけていきました。2000年4月にスペインの某ワインメーカーからお呼びが掛り、現在は某社のワインコーディネータを兼任しつつ、2004年に手に入れた葡萄畑でワイン造りをスタートする。

 スペインはバルセロナ市の隣り、地中海沿いの街タラゴナ市をさらに30km西の山間へ向かった先に、スペインの高級ワイン産地のひとつプリオラートが広がる。
 そのプリオラートの中心地グラタヨップス村の麓に、フランク・マサール の所有する畑と小さなカーヴがある。
 彼の所有する土地の総面積は3.3ha。そのうち葡萄の樹が植えらえられているのは僅かに0.8ha。周囲がガリーグで゛覆われた南向きの畑斜面はテラス状仕立てられており、葡萄の樹の垣根の間にはオリーブの樹が点在する。
 プリオラートの特徴はlicorella(リコレーリャ)と呼ばれる赤茶色をした粘板岩がむき出しの土壌で、ミネラルを豊富に含む上、さらに地中深くは保湿性に富んでいるため、乾燥に強く根がしっかりと張ることのできる葡萄やオリーブの樹には最適の環境である。大陸性気候の影響で夏は暑く乾燥し、冬は霜が降りることはないが寒く、日中と夜の寒暖の差が激しい。
 年平均降水量は300mlとほとんど雨が降らない。

DOQプリオラート・ユミリタ2012
*トロ~ンとした旨味と何とも言えないバランス良い味わいが相変わらずの美味しい!
 個人的に今回のマサールの中で一番のお気に入り!

 品種:グルナッシュ60%、 カリニャン40%
 樹齢:21年~41年
 畑:シスト・粘土質
 収穫日:グルナッシュが9月12日、 カリニャンが9月27日。
 収量:40hl/ha
 醗酵:自然発酵 温度24°C~26°Cのステンレスタンクで22日間、
 熟成:70%ステンレスタンク、 15%古樽、15%新樽で12ヶ月。
 マセラシオン:ステンレスタンクで30日間。
        (最初の24時間は6°Cの温度で3日間コールドマセラシオン)
 畑は標高のあるポレラ、 ポポレダ、エル・モラルにあり、プリオラートの中でも比較的涼しいワインが出来上がる。
 ワイン名Humilitatはカタロニア語で「謙遜」の意味があり、エチケットには畑のまわりにある開花したアーモンドの木がデザインされています。
 毎年、ワインの30%はウェリャスに使用されるワインがブレンドされています。
4/27/2015試飲
 口に含んだ瞬間の印象がとっても心地良く、粘度を感じるすみれの印象に旨味と杏の様な酸を加えた感じ、しなやかでバランス良く融合して後を引く味わいです。
Moritayaより)

Humilitat Franck Massard 2012 part2





(+)酒のあおいよりセットで購入したうちの1本。3,230円(税抜)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

La Doncella de las Vinas Tempranillo 2015

La Doncella de las Vinas Tempranillo 2015
La Doncella de las Vinas Tempranillo 2015 part1
ボデガス・ファミリア・コネサ
Bodegas Familia Conesa

ワイナリーはスペインの中央部ラ・マンチャ地方に位置します。全体で2000ヘクタールもの土地を持ち、ワイン用の葡萄、胡椒、アーモンド、ブロッコリーなどの農作物をすべて有機農法で栽培しています。そのうち125ヘクタールでワイン用の葡萄を栽培しています。ワイナリーのある町であるEl Bonillo(エル・ボニーロ)の町は冬は非常に寒く、夏は30度以上の高温の日が続きます。降雨量は年間を通しても400mm程度しかありません。ワイン畑は平均1,100メートルとワインを造るのに限界といっていいほど標高の高い位置にあり、礫を中心としたやせた土壌はワインに大きな影響を与えています。夏の時期は夜から朝方にかけ、約15度に気温がさがり、日中は38度の高温になります。ラマンチャの典型的な礫を中心とした痩せた土地、夏の乾燥にも関わらす、感慨は行わず、自然に任せた葡萄の栽培を行っています。オーナのコネサ氏は有機栽培を行い、感慨を行わず葡萄の収穫量を減らし、良質な葡萄を作ることが、高品質なワインを造るための近道だと考えています。

ラ・ドンセラ・テンプラニーリョ
La Doncella Tempranillo
商品番号 103892


生産者ページ ボデガス・ファミリア・コネサ
ヴィンテージ 2015
容量 750ml
種類 スティルワイン
色 赤
タイプ ミディアムボディ
国 スペイン
産地 ラ・マンチャ
原産地呼称等 VDT カスティーリャ
アルコール度数 13.50度
JANコード 6752039109042
希望小売価格 1,980円(税抜)
カタログページ
107ページ(最新号のページです)
品種 テンプラニーリョ80%シラー20%
画像URL 高解像度写真はこちらからどうぞ
標高1100メートルの天空の畑で出来たヴィーガンワイン
このエリアではワインの栽培にとって限界ともいえる、標高1100メートルの畑から収穫された葡萄が中心。無農薬栽培、動物由来の成分を使わないヴィーガンワインです。
〜テイスティングコメント〜

ブラックベリーやフサスグリの果実感がワイン全体を支配。酸と果実のバランスが非常によく、余韻がシャープに仕上がっています。
アズマコーポレーションより)

La Doncella de las Vinas Tempranillo 2015 part2





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171221/1513822676
ブレリアスにて
抜栓日:2017年12月20日

濃い目の色合いですが、グラスの向こう側の指は見えます。あまりナチュール感を感じさせない、赤黒い果実の香りが主体。バランスの良い印象。タンニンはエレガントで、豊富な果実味。とてもバランスが良く、官能的な果実甘味。最初、グルナッシュ? その後、シラーかな?と。もう一人は、テンプラリーニョと回答。さすがです!!

これは気軽に楽しめる良いワインですね。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Paramos de Nicasia 2015

Paramos de Nicasia 2015
Paramos de Nicasia 2015
Maquina & Tabla
マキナ・イ・タブラ

ゼロから目指した土地と自然を尊重した高品質なワイン造り

オーナー オリオル・イジャ氏&スサナ・パストゥール氏

所在地 C/Villalba de Los Alcores, 2-3oB, 47008 Valladolid, Espagna
Website http://www.maquina-tabla.com//

長い時を経て想いの詰まった自らのワイナリー
マキナ・イ・タブラはオリオルとスサナの若いカップルが2013年にカスティーリャ・イ・レオンで立ち上げた小さなプロジェクトです。オーナーの一人、オリオル・イジャ氏はもともと銀行の出身です。しかしすぐに金融の世界に嫌気がさし家族でレストランを開業。そこでワインに興味を持ち始め、伝説のプリオラート、クロ・モガドールを試飲中にルネ・バルビエのもとに飛び込み直談判。ルネを説き伏せプリオラートに移住して修行を始めます。その後、コンサルタントや醸造家として活躍し、消えゆく地ブドウ、スモルを使った自然派ワインのはしりともいえるワイナリーを設立するなどひたすら走り続けた10年余り。ついに自らの理想にかなった畑をもとにマキナ・イ・タブラが誕生します。個性をそなえた古い畑を自ら足で探し歩いたため畑は各地に点在しています。畑ではビオディナミ農法を実践。醸造設備は借りて自分たちの思い描くワイン造りをしています。ワイナリーのコンセプトは「生き方」。土地に敬意を払い小さな家族経営のワイナリーで起こる全ての出来事を愛でています。

見事な転身でワインに没頭
オリオルは以前銀行関係の職についていましたが、その世界に嫌気がさし退職。両親と兄妹でレストランを始めました。そこでワインに情熱を持ち始めることになり、ワインの道に入ることになります。やがて「ワインを造らなくてはいけない」という思いが生まれた時、クロ・モガドールの試飲中啓示は訪れます。直ぐにルネ・バルビエのもとに飛び込み、一から学ぶ為に働きたいと説き伏せ、プリオラートに移住してワイン造りを学ぶことになります。そしてその後ルネ・バルビエらと共にレストランを開きました。2001年から2002年には二人のパートナーと共にワイン造りのコンサル会社を設立します。オリオルは醸造家で、Vinya L'Hereu(コステルス・デル・セグレ)、Heretat Mont Rubi (ペネデス), Bodegas Marco Abella (プリオラート)やその他ワイナリーの為にワインを造り、いずれのワインも初年度からワイン・アドヴォケイト誌などの専門誌に高く評価されるようになります。2003年にはオリオル自身のワインが造りたくなり、アルス・ヘリピンスというワイナリーを設立します。オリオルが助け出したスモルという地ブドウによるワインは当時のスペインでは珍しい自然派ワインのはしりでもありました。

オリオルはまた「美食フォーラム」から派生した「ワインフォーラム」の第一回目の主催も任されています(2005年度)。ルネ・バルビエ、テルモ・ロドリゲス、ニコラ・ジョリー、ロマーノ・ダル・フォルノなど名だたるインフルエンサーを友人・知人に持つオリオルは、彼らを巻き込み真の意味でワインにフォーカスしたフォーラムを成功させています。


Paramos de Nicasia Tinta de Toro
パラモス・デ・ニカシア ティンタ・デ・トロ
-
生産者名 Maquina & Tabla
マキナ・イ・タブラ

原産国名 スペイン
地方名 カスティーリャ・イ・レオン
地区名 -
村名 -
種類 スティル
味わい フルボディ
ヴィンテージ 2015年
希望小売価格(税別) 2,500円
内容量 750ml
品種(原材料) ティンタ・デ・トロ 90%/ガルナッチャ 10%
飲み頃温度 15度
ビオ情報 ビオロジック
認証機関 認証無
「Wine Advocate」獲得点 -
「Wine Spectator」得点 -
コンクール入賞歴 -
海外ワイン専門誌評価歴 -
国内ワイン専門誌評価歴 -
生産情報

醸造・熟成 醗酵:オーク樽醗酵、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵   熟成:オーク樽熟成12カ月(フレンチオーク、225L、500L、新樽は使用せず)
年間生産量 12000本
栽培面積 5ha
平均収量 18hl/ha
樹齢 50
土壌 砂質土壌
商品情報

品質分類・原産地呼称 赤ワイン トロD.O.
格付 -
入数 12
色 赤
キャップの仕様 Natural Cork
モトックスより)



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171121/1511278533
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年11月21日
清澄度、輝きのあるルビー(?)。やや濃い目の濃淡で、粘性はやや高い。ややフレッシュな外観の印象。ザクロや赤い実の香りを感じました。ビオ香はあり、皆さん、「くせ~」とお決まりのように言っていました。酸はしっかりとしていて、タンニンはフレッシュ。微発泡?というメンバーさんも。自分はあまり感じませんでした。アルコール感がけっこうあり、アフタにほんの少しの豆を感じます。なかなかバランスの良い、クイクイ飲んじゃう赤ワイン。2015年あたりのイタリア、サンジョヴェーゼと答えましたが、なんと、スペインの自然はですか! 奥が深いです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Nivarius Edicion Especial Limitada Coleccion Monovarietales Bodegas Nivarius 2015

Nivarius Edicion Especial Limitada Coleccion Monovarietales Bodegas Nivarius 2015
Nivarius Edicion Especial Limitada Coleccion Monovarietales Bodegas Nivarius 2015 part1
BODEGAS NIVARIUS
ボデガス・ニバリウス
国・地域:スペイン , リオハ
リオハで唯一白ワインに特化する造り手
スペイン リオハにあるラ・カンパーナ丘にて2012年設立。リオハで白ワインに特化した唯一のワイナリー。標高800m以上の年間を通して平均気温が非常に低い地の為、生き生きとした酸、フレッシュさが魅力のワインを造りだす。ワイナリー名のニバリウスとはラテン語で冷蔵庫を意味し、直径16m、深さ10mの洞窟があり、かつて1年中使えるように雪が保存されていた天然の岩の冷蔵庫に由来する。
http://www.nivarius.com/

NIVARIUS Monovarietal
ニバリウス モノバラエタル
輝きのある麦わら黄色。香りは複雑で程良い凝縮感。白い果実や花、フェンネルやバルサミックのアロマがする。口当たりは複雑で、アルコール感があり、最後にビターな味わいと余韻が口の中で長く続く1本。
JAN 8437012660090
ワイナリー名 ボデガス・ニバリウス
国・地域 スペイン リオハ
色・種類 白 スティル
味わい 辛口
容量 750ml
入り数 6本
単品重量 1.3kg
単品サイズ 75×75×315mm
ケース重量 8kg
ケースサイズ 240×160×330mm
上代(税抜き) 2,000円
受賞歴
格付け D.O.Ca. リオハ
葡萄品種 テンプラニーリョ・ブランコ 100%
ヴィンテージ 2015
アルコール度数 14.00%
栓 コルク
熟成詳細 樽にて9ヶ月 シュールリー
農法
オーガニック認証 なし
オーバーシーズより)

Nivarius Edicion Especial Limitada Coleccion Monovarietales Bodegas Nivarius 2015 part2




(*)KALDI旭川店で購入。2,160円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Lahoja Crianza Tempranillo Rioja 2014

Lahoja Crianza Tempranillo Rioja 2014
Lahoja Crianza Tempranillo Rioja 2014
LA HOJA CRIANZA 2014 ラ・ホヤ・クリアンサ 2014
TIERRA ティエラ
定価 | ¥2,200(税抜)

生産者について
リオハ・アラベサの北端カンタブリア山脈の麓、バスク州ラバスティダ村で数世紀にわたってワインを造り続けてきた、フェルナンデス家が経営するワイナリー。現在はカルロスとロドリゴ兄弟が運営にあたる。DOリオハで最も高い標高(700m超)に畑があり、石灰質の豊富なカンタブリア山脈斜面のぶどう栽培に最適な土壌。この恵まれた条件を活かし、タイプの絶妙に異なるワインを生産する。施設は13~15世紀に建てられた商人の屋敷にあり、その環境がワインの保管に最適な温度と湿度を保つ。

商品詳細情報
インポーター 株式会社いろはわいん
生産国 スペイン
生産地方 ラ・リオハ州
ヴィンテージ 2014
タイプ 赤×スティル
容量 750ml
ぶどう品種 テンプラニーリョ
Wine Platより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170929/1506659221
ブレリアスにて
抜栓日:2017年9月28日
ブラインド。色がよくわからず。香りはカシスやプラムのような感じで、かなり香り高い。酸がしっかりして果実味たっぷりの味わい。ボルドーのメルローと解答。テンプラか! スペインの勉強しなおしだ!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Petalos Bierzo Descendientes de J Palacios 2011

Petalos Bierzo Descendientes de J Palacios 2011
Petalos Bierzo Descendientes de J Palacios 2011 part1
●ペタロス・デル・ビエルゾ2011 デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス 750ml

価格 税抜き価格 \2,200

2011 Descendientes de Jose Palacios Petalos del Bierzo
Descendientes de Jose Palacios visit the producer
A Mencia Dry Red Table wine from
Spain, Bierzo, Castilla Leon, Spain

eRobertParker.com #208(Aug 2013)
Reviewer: Luis Gutierrez
Raring: 92points
Drink: 2013 - 2019
Current (Release) Cost: $19-$24 (22)
At the end of the day, if I really have to recommend a wine from this collection, the one I’d buy for my cellar, it will be the 2011 Petalos del Bierzo. It is 95% Mencia mixed in the field with 3% of white grapes and the rest Alicante Bouschet and other reds, fermented after de-stemming in open wood and inox vats and aged ten months in French barrels, of which 20% are new. Eighty percent of the grapes are grown on slate in the Corullon vineyards, with different altitudes and orientations, and the remaining 20% come from clay soils from the valley. It all adds to the complexity of the wine. The wine is very aromatic and flowery (violets), almost heady, with clear notes of blueberries and licorice. The oak is perfectly integrated, almost imperceptible, save for a touch of spices and a lactic hint denoting a very young wine. It has a medium body, with a thick silky texture, is very tasty, with some acidic strawberry flavors. This is one of my go-to wines at restaurant lis
ts, as it offers very good value for money and is widely available in Spain (and elsewhere, I hope!), as 320,000 bottles were produced. This could very well be the best Petalos produced to date. Drink now through 2019.
花井屋酒店より)






デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス
Descendientes de J. Palacios

酒質の良さ、明確な個性、魅力的な味わい。
年々その魅力は向上するばかり。以前のような硬質感は影を潜めすでに高見まで上り詰めた魅力は他の追随を許しません。

生産者資料

国:Spain  
地域、地区: Castilla-Leon Bierzo  カスティーリャ・レオン地方 ビエルソ
造り手: Alvaro Palacios, Ricardo Perez Palacios アルバーロ・パラシオス、リカルド・ペレス・パラシオス

出会い:
かねがね、スペインの優れた自然派ワインを探しておりましたが、ようやく自信を持ってご紹介できる造り手にめぐり合うことが出来ました。その名は、舌を噛みそうな《デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス》です。
ご存知のとおり、パラシオスといえばプリオラートを代表する傑出した生産者であり、造り手アルバーロ・パラシオスはスペインを代表するワインメーカーとして世界中に認められています(アメリカ『ワイン・エンシュージスト』誌の2003年度ワインメーカー・オブ・ジ・イヤー受賞)。そのアルバーロに甥リカルドが加わって上記の別会社を設け、プリオラートとはまったく違う地域・品種・味筋で最近つくり上げたのが、メンシア種によるビエルソ地区のワインです。
今春イタリアで催された、えり抜きの自然派ワインを集めた国際的な展示会《ヴィーニ・ヴェーリ》で出会い、瞬間的に魅了されてしまいました。自然派特有の風味がじつに洗練され、高雅な威厳すらそなわっていたのです。むろん、アルバーロのプリオラートは前から知っていましたが、その強烈な味わいとインターナショナル・テイストは、正直なところ私の好みとは正反対でした。けれども、彼のビエルソワインに入れ揚げている旧知のフランス人ソムリエが、「それとは違うよ」と強く勧めてくれたので、あまり期待せずに試飲してみました。ところが、これまでに味わったことのない個性と完成度にショックをおぼえ、わが無知を恥じたしだいです。失礼な言い方をすれば、ワインの世界は日に日に進化しているのです。すぐさま、そこに控えていたリカルド・パラシオスにお取引をお願いし、さまざまな経緯をへて、デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス社製ビエルソワインは当社の扱いとなりました。ここで、関係者の方にお礼を申しあげます。
もうひとつラッキーなことが重なりました。つい最近、スペインからバラ積み可能なリーファー・コンテナ(LCL便)が登場し、それにリーファー・トラック便を組み合わせることが可能になったのです。したがって、コンディションに万全の配慮した輸送条件でもって、スペインの優れた自然派ワインを皆様のお手元にお届けすることが、ようやく出来ることをご報告いたします。

歴史:
パラシオスを冠するワイナリーは3軒あり、いずれもアルバーロが生産に携わっています。もともとリオハの名家ボデガス・パラシオス・レモンド出身であるアルバーロ・パラシオス(40歳)は、ボルドーのクリスチャン・ムエックスの下で研修をへた後、1988年に実家を去ってプリオラートに独立した《ボデガス・アルバーロ・パラシオス》を築き、『レルミータ』と『フィンカ・ドーフィ』の両ガルナチャ系ワインで、プリオラートとパラシオスの名を一挙に世界に高めました。が、10年してその名声に安住することなきアルバーロは、12歳年下の甥リカルド・ペレス・パラシオスとともに、見捨てられたワイン生産地ビエルソで新ワイナリーを設立しました。ひどい急斜面にある15ヘクタールの自社畑では、樹齢60年を上まわるメンシア種のブドウが、ビオディナミの精神で栽培されています。
スペイン北西部にあり、カスティージェ=レオン域内でガリシア近傍にあるビエルソ地域は、かつて聖地サンチャゴ・デ・コンポステラへの巡路にあたり、専用の宿泊施設に滞在していた北部ヨーロッパの修道僧らが、ワイン造りの知識や技術とフランス系品種を持ち込んだ由で、黒ブドウのメンシアはカベルネ・フランの亜種ともいわれています。60箇所に散在する畑は、急角度で高度もさまざまなため、ミネラルに富むスレート岩に粘土層がまじり、ところによって石灰質土壌がみられます。降雨量600ミリを超える大陸性=大西洋岸性気候下で緑おりなす山岳地にあるため、奥行きのあるワインにはフレッシュ感と香気が溢れるだけでなく、活気をおびる果汁味としなやかなテクスチュアが伴っています。

 アルバーロが新たにチームを組んだ若きリカルド・ペレス・パラシオスは1998年、アルバーロの父でリカルドの祖父にあたるホセ(2000年に没)の名を冠する《デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス》(ホセの跡継ぎたち、の意)というヴェンチャー企業を起しました。ちなみに、リカルドは同じくボルドーで修行しましたが、醸造を学んだのはシャトー・マルゴーです。
 プリオラートとはまったく異質なことを始めようとしていた二人は、急斜面・高樹齢のブドウ・顕著なテロワールという3条件が整っていたビエルソの地を選び、「香気ゆたかで強烈な味わいがあるが、デリケートで独特な品質をそなえる」という、彼ら自身がとても好きなタイプのワインが造れる可能性を当初から信じきっていたのです。
 早くも翌1999年、ビエルソの固有種とされるメンシアを100%を用いた2種類の赤ワインが登場しました。ビエルソ・コルリョン1999という自社畑産ワイン660ケースと、ビエルソ産の買いブドウを用いたDO(村名)ワイン「ビエルソ」1000ケースは、市場で好評を浴び、『ワイン・スペクテーター』誌などからも高く評価されて、順調なスタートを切りました。その後、主として自社畑産ブドウによるコルヨンを造るだけでなく、ひときわ優良な畑からごく少量のクリュ・ワイン(サン・マリティン、モンセルバル、ラス・ラマス、ラ・ファボリーナ)を生み出しました。村名ワイン「ビエルソ」は翌々年の2001年ヴィンテッジのあと中断していましたが、2003年ヴィンテッジから「ペタロス・デル・ビエルソ」と名を変えて再登場しました。
なお、所有・醸造・栽培ともに、すべてアルバーロとリカルドがパートナーとして協力しあっておりますが、実質的にはリガルドがイニシアティブと責任を有しております。

ドメーヌ解説:アルバロの甥であるリカルド・パラシオスが当地で実質的に率い、ビオディナミーに則って造られた「ビエルソの華」ともいうべき当ワイナリーについては、すでに当社資料や近刊ワイン専門誌での記事でご存知でしょう。27ヘクタールある自社畑は、コルジョン村の各地(計128スポット)に散在していますが、それらの高度・地質・微気候はそれぞれ大いに異なっているため、リカルドはとりわけクリュ(ラ・ファラオーナ、ラス・ラマス、モンセルバル、フォンテラス、サン・マルティン)別の特徴を反映するワイン造りを志向しています。しかしながら、村名ワイン(ビラ・デ・コルジョン)と地域名を名乗るワイナリー・ブランド・ワイン(ペタロス・デル・ビエルソ)もまた、ワイナリーの個性をゆたかに映し出す、近代的な完成度に溢れるワインです。

畑: 
200区画以上の40haの畑を所有。
自社畑には特に樹齢の高い樹が植わっている。若い樹で60年。
ワイナリー:重力を利用してジュースの移動を行うため、スロープに建てられた4階建て。
4階(=入り口、通りから見れば1階)にブドウが運び込まれる。選果台は持っていないし、持ちたくもな
い。なぜなら収穫を含め、年間を通して畑での仕事を完全にこなせば、選果台は必要なくなるから。ま
た樹齢の高いブドウ樹にはアルヴィリョやアリカンテなど、他の品種の樹も混じっているため、畑で十分
に選ぶことが必要だから。
醸造:収穫は手摘みで行う。12キロ入りの箱へ入れる。収穫したブドウは自然の冷涼さのおかげで涼しい状態を保たれる。発酵前に7日間ほどマセレーション(何も手を加えない)。
年間平均生産量: 300,000本/年

Petalos ペタロス
スペインを代表する傑出した生産者アルバーロ・パラシオスと従兄弟のリカルドが、プリオラートとはまったく違う急斜面のビエルソ地域で、ビオディナミの精神によってつくり上げた最新作です。降雨量600ミリを超える大陸性=大西洋岸性気候下で緑おりなす山岳地にあるため、奥行きのあるワインにはフレッシュ感と香気が溢れるだけでなく、活気をおびる果汁味としなやかなテクスチュアが伴う「香気ゆたかで強烈な味わいがある、デリケートで独特な品質をそなえる」ワインです。

ブドウ:買いブドウ。1/2はコルリョン町に属するスレート岩の丘陵斜面畑産。1/2は、他の諸村(バルチュイジェ、ビラデカネス、パランドネス、ビラフランカ・デゥ・ビエルソ)の尾根にある薄い土壌の畑産。
呼称:ビエルソDO
高度:450-800メートル
品種 : メンシア95%、バレンシアナとパロミノ3%、アリカンテ・ブーシェ他土着品種2%
樹齢:40-90年
栽培密度:6000-7000本/ヘクタール
栽培方法:ヘッド=ブッシュ(株仕立て)
耕作:機械耕作または馬匹(ラバ)による耕作
収量:45ヘクトリットル/ヘクタール
発酵:木製開放槽およびイノックス(ステンレス・タンク)
熟成:フランス製オーク樽(バリック)で4ヶ月(新樽率:100%)
濾過:なし
WINEHOLICより)

Petalos Bierzo Descendientes de J Palacios 2011 part2




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170920/1505876642
ワイン会にて
 
濃いルビーです。指がかろうじて見える感じ。粘性はやや強めでアルコール感を感じます。カシスや黒果実の香り。酸もしっかりしていて、グルナッシュ系のワインを考えましたが、メンシアか。メンシアって、もっとピノよりかと思っていました。これまた勉強になります。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Botani Moscatel Old Vines Sierras de Malaga Jorge Ordonez 2015

Botani Moscatel Old Vines Sierras de Malaga Jorge Ordonez 2015
Botani Moscatel Old Vines Sierras de Malaga 2015
ボタニ・モスカテル・オールド・ヴァインズ[2015]年・ドライ・モスカテル・(マスカット・オブ・アレキサンドリア種100%の古樹100%)・(1946、1968、1975年植樹)・ボデガス・ホルヘ・オルドネス元詰(ジェルハード・クラッハー)・DOシエラ・デ・マラガ・e.ロバート・パーカー驚異の91点獲得ワイン
Botani Moscatel Old Vines [2015] Bodegas Jorge Ordonez & Co. Botani Selections 13.5%
スペインやや辛口白ワイン愛好家大注目!なんと!希少なマラガ産の人気やや辛口白!しかも果実の女王と言われるマスカット・オブ・アレキサンドリア種100%で造られる人気辛口白!しかも造り手は、オーストリアのNo.1生産者で、パーカーポイント99点獲得のあのアーロイス・クラッハーの息子「ジェルハード・クラッハー」がプロジェクトに参加!ロバート・パーカー大注目!納得のいかなかった年は造らない!というこだわりのもと造られた辛口のD.Oシエラ・デ・マラガ!この2015年でe.ロバート・パーカーで91点の高評価!しかも過去にパーカー自らのために自宅用にこのワインを3ケース購入!この2015年へのe.ロバート・パーカーのコメントは「目を見張る程にゴージャスな花の香りを耐えたブーケだけでも一見の価値があり、ボトル1本分の対価を支払うに十分値する。極上の香りとピリッとしたシャープな酸を備えたエレガントで魅惑的なミディアムボディの味わい。マスカットの中で最も古いクローン種と言われるマスカット・オブ・アレクサンドリアの古樹が醸し出す、美しい花の香りと、素晴しく繊細なトロピカルフルーツの果実味には、ただただ目を見張るばかりである」(91点)と絶賛!させた究極ボタニが限定で極少量入荷!
(ボタニモスカテルオールドヴァインズ2015) (ドライモスカテル) (ボデガスホルヘオルドネス) (DOシエラデマラガ) (ボデガスイヴィニュードスボタニ)


この2015年でe.ロバート・パーカーで
R.パーカー自ら91点の高評価!
ロバート・パーカー氏が過去に
このワインを自宅用に3ケース購入!
果実の女王と言われるマスカット・オブ・
アレキサンドリア種100%で造られる
大人気のやや辛口白ワイン!


ワイナリーとしては、2004年が初ヴィンテージ。過去にパーカーポイント99点を叩き出したオーストリアNO1の生産者アーロイス・クラッハーの息子「ジェルハード・クラッハー」がプロジェクトに参加しています。また、ゼネラルマネージャーは彼の姉妹のヴィクトリアが勤めています。

ワイナリーはスペイン、アンダルシア州マラガ県の地中海に面したリゾート地でもある、アハルキア地方の31の村の内の1つAxarquia村に位置。

この村では、モスカテルが最も有名で、観光スポットとされるRuta de la Pasa(干しブドウの道)と呼ばれる場所があるほど、夏の終わりごろから葡萄を屋上で日光に当て干している風景がよく見られます。また地中海近くの急な斜面と粘土岩土の山岳地方はヨーロッパで最も古いワイン産地とも言われています。


近代史上初の辛口マスカット・オブ・アレキサンドリア
ボタニは、マスカット・オブ・アレキサンドリアから作られた近代史上初めての辛口白ワインです。この地域の歴史を振り返ると、昔は辛口の白ワインが作られていたという記録が残っています。マスカット・オブ・アレキサンドリアは、マスカットの中でも最も古い品種の1つで、今日現存する唯一のヴィニフェラ種です。今から3000年前にフェニキア人がエジプトからスペインのマラガに渡った時、アレキサンドリアから渡来した品種です。

ボタニの畑は、一部分解した赤色粘板岩と白色石英が混合した土壌で、地層は極めて薄く、下層部の母岩が台頭し、殆ど表層部に出ています。痩せた土質のため、ブドウ樹は水分を求め地下深くまで根を張り巡らし、独特のミネラルがワインの味わいに表れます。気候は地中海性気候で、夏季の日中最高平均気温は30℃、冬季の最低平均は8℃まで下がります。降雨量は極めて少なく、年間で400mm程度に過ぎません。

栽培は伝統的な乾地農法でゴブレット方式の株仕立てで剪定します。耕作は全て手作業で行い、人の手による干渉を最小限に抑え、ブドウ樹の大部分は全く手入れをされることなく育ちます。栽培は有機農法で、地域内で育つ羊の群れの糞によって、天然の肥料が供給されます。収穫は8月初旬から開始し、非常に険しい山の斜面から全て手作業で収穫します。ブドウは10kg容量の小さな籠に入れ、ロバを使ってワイナリーまで運びます。険しい斜面と滑りやすい土質のため、収穫作業は常に危険と隣り合わせです。


ロバート・パーカー氏はボタニについて
ホルフェ=オルドネスとヴィクトリア、コンサルタントを務めるゲハート・クラッハー(偉大なアロイス・クラッハーの息子)は、マラガの評判を取り戻そうとしている。
マラガワインの歴史は紀元前600年とギリシャ時代までさかのぼり、1500年代にはイザベラ王女とフェルディナンド王によって愛されていた。しかし、オルドネス家やオーストリアのクラッハーが革命的なワインを造るまで、すっかり落ちぶれていた。
彼らは甘口ワインやこの地域で唯一存在する驚くほど芳香豊かな辛口の白ワインを復活させた。

ボタニ・モスカテル・オールド・
ヴァインズ 2015年

■ 品種:マスカット・オブ・アレキサンドリアの古樹100%
■ アルコール度数:13.5%
■ 植樹:1946年、1968年、1975年
■ 土壌:白色石英を含む粘板岩質
■ 生産量:7000ケース
■ 醸造:ステンレスタンク(70%)とオーク樽(30%)で主発酵させた後、8ヶ月間シュールリー熟成。

ボタニの新しいラベルには、スペインのマラガからアメリカへ向けて出向したワインの輸出船の姿が描かれています。モダンなテイストを持ちながらもスペインの精神とテロワールが息づくこれまでに無かった新しいワインを生み出し、世界へ送り出してきたホルヘ・オルドネスのパイオニア精神が表れています。


テイスティングコメント(2016年6月 ホルヘ・オルドネス来日テイスティングセミナーより)
鮮やかな麦わら色。ジャスミンの花、新鮮な核果実、蜂蜜の表情豊かなアロマが特徴で、アンチョビ、イカ、タコ、エビ、ハマグリ、ヒメジなどの魚介類や地中海料理と非常に相性の良いワインです。刺身や寿司ともよく合います。
サーヴの温度:6℃


この2015年でe.ロバート・パーカーで91点の高評価!

eロバート・パーカードット・コム #226 2016年8月
掘り出し物として私がひたすら推薦し続けているワインが2015年のボタに・モスカテル・オールド・ヴァインズである。白色石英が混合する粘板岩質土壌を持つマラガの険しい山際の斜面に1946年、1968年、1975年に植樹された古樹から採れる辛口のボタニは、土着の野生酵母を使用しステンレスタンクで発酵させ、8ヶ月間のシュール・リー熟成を経て瓶詰めしている。眼を見張る程にゴージャスな花の香りを耐えたブーケだけでも一見の価値があり、ボトル1本分の対価を支払うに十分値する。極上の香りとぴりっとしたシャープな酸を備えたエレガントで魅力的なミディアムボディの味わい。マスカットの中で最も古いクローン種と言われるマスカット・オブ・アレクサンドリアの古樹が醸し出す、美しい花の香りと、素晴らしく繊細なトロピカルフルーツの果実味には、ただただ目を見張るばかりである。長期熟成に向いたワインではないが、最初の1年以内に最も素晴らしい味わいが楽しめるというのも、また美点の1つである。2016~2017年が飲み頃
うきうきワインの玉手箱より)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170818/1503016684
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年8月17日
色ちょっとわかりませんでした。凛とした香りの第一印象。とてもアロマティックで、最初、テルペン系のバラ香を感じました。その後、グレープフルーツや、白ブドウの香り。どんどん香りが変化していきます。とっても酸がシャープで、グレープフルーツの皮の苦味をアフタに伴い、余韻が長いです。「この品種な~んだ?」の問に、いろいろな品種が列挙されましたが、自分は、このはつらつとした冷涼感さえ感じる酸と、アロマティックさから、以前飲ませてもらった平川ワイナリーのケルナーを連想しました。
ボタニは2012を飲んだことがあります。いや~、覚えていないもんだな~。勉強になりました。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード