Zambujeiro 1999

Zambujeiro 1999
Zambujeiro 1999 Part1
Zambujeiro 1999 Año 1999 Bodega Quinta Do Zambujeiro, Lda.
Tipo de vinoTinto
VariedadesAlicante Bouschet (50%)
       Trincadeira (50%)
Denominación de origenVINHO REGIONAL ALENTEJANO
Grado15.0º
CrianzaRoble Francés: 24 meses.
Precio€ 72.0
CatalogaciónReserva
ecatasより)




1999 Quinta do Zambujeiro Alentejo
Producer: Quinta do Zambujeiro
Style: Red Wine
Grape Type: other red varietal
Origin: Portugal
Region: Portugal
Expert Reviews
91 Points | Stephen Tanzer's IWC - May/June 2002
(a blend of 75% trincadeira, 20% alicante bouschet and 5% periquita) Saturated medium ruby. Strongly oaky aromas of cassis, violet and bitter chocolate; I'd never have guessed this was from Portugal from the nose. Then large-scaled and highly concentrated, with an almost confectionery sweetness of fruit (the label says 15% alcohol). A flavor of cherries macerated in alcohol from the alicante bouschet, along with a brighter blackberry note. Still a bit youthfully aggressive but the tannins are quite suave. In a distinctly international style. (The Rare Wine Co., Sonoma, CA)

89 Points | Wine Spectator
90 Points | Robert Parker's The Wine Advocate
wineaccessより)






ホームページはhttp://www.quintadozambujeiro.com/


Zambujeiro 1999 Part2





抜栓日:2015年11月15日
結構濃い色合いのルビーガーネット。香りはプラム、紫の果実を思わせる香り、干しぶどうのニュアンス。どことなくアマローネを思い浮かべる香りです。また、ポートのニュアンスもあると思います。アルコール感が半端ありません(15%)。味わいも、濃度の濃い干しぶどうエキス! タンニンはしっかりしていますがきれいに溶け込んでいます。酸化的ニュアンスもありますが、高アルコールも手伝って、とてもあたたかいワイン。うまかった!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Clip Vinho Verde Do Monte Da Vaia 2014

Clip Vinho Verde Do Monte Da Vaia 2014
Clip Vinho Verde Do Monte Da Vaia 2014 Part1
クリップ

『すぐにケース買いに走って!』
と、評論家に言わしめた…
『ポルトガルのシャブリ!』

海外の展示会で、沢山のポルトガル・ワインを試飲する機会があり、その進化を実感し、それ以降、気になって仕方がないのが、ポルトガルのワイン達。
そんな私の気持ちを、またまた強くするワインが到着しました!

アジア初上陸!
新世代の実力派が手掛ける、ヴィーニョ・ヴェルデです!!
『あっ、ヴィーニョ・ヴェルデ、懐かしい!』
と、思われた方、ちょっとお待ち下さい。
『ヴィーニョ・ヴェルデ=軽やか微発泡』のイメージがあるかと思いますが、このヴィーニョ・ヴェルデは、発泡なしの白ワインです。
『CLIP』という名の、このスタイリッシュな白ワインを手掛けるのは、ペドロ氏とジョアン氏の二人。

現在、二人は…

◆『有名ワイナリーの栽培責任者』
◆『ワインコンサルタント』

という引っ張りだこの立場にありながら…
『自らの理想とするワイン!』
という、この『CLIP』をリリースしています。
しかも、ジョアン氏は、『ヴィーニョ・ヴェルデの魅力を格上げした』と言われる、アンセルモ・メンデス氏の愛弟子だとか!
そんな彼らが情熱を注いだ、ヴィーニョ・ヴェルデは、ひと口飲めば、その質の高さは一目瞭然!!
ムラのない質感に、程よい密度感とミネラル、キリリとしつつ、口の中で十分な充実感が味わえます。

和食にもピッタリな、素材の良さを感じる美味しさは…
『ポルトガルのシャブリ!』
とでも呼びたくなるような、魅力に溢れています。
『良いワイン、見つけた♪』
と、思いきや、既に、『eロバート・パーカー.com』で、パーカー・ポイント90点を獲得していました(汗)


■『eロバート・パーカー.com213号』より抜粋■

The 2013 Loureiro Clip do Monte da Vaia, popularly called just “Clip,” is a dry and un-oaked Loureiro coming in at 11% alcohol.
This is simply a beauty. If you’re in Portugal, considering the bargain price, run and buy a case.
Steely and laced with stonewashed, mineral nuances, this is a tightly wound Loureiro that is subtly concentrated and quite gripping in its youth.
I liked it better the next day. The purity of fruit makes a great case for Loureiro as well as the winery. (Yes, Americans, Alvarinho is not the only mono-varietal in Vinho Verde.)
Three days later, it was just as good, if not better. This will show better at the end of the summer, but you can certainly approach it now.
I suspect it may age a bit, too, but be cautious. There were 10,000 bottles produced from a vineyard planted in 1998. Drink now-2018.
◆ロバート・パーカー氏評:90点
◆飲み頃予想:2014~2018年

簡単に要約すると…
◆『ただただ美味しい。』
◆『(アメリカにはまだ輸入されていないので)もしポルトガルに居るなら、すぐにケース買いに走って!』
◆『3日後も美味しい。』
◆『ちょっと熟成させてもいいかも。でも、ご注意を。生産量僅か10000本です。』

と、とにかくその美味しさを、大絶賛!

そしてその価格はなんと、1598円!
アジア初上陸!新世代が手掛ける、上質ポルトガル白、入荷です!!

ヴィーニョ・ヴェルデ クリップ(白ワイン)[Y][A][j]
『すぐにケース買いに走って!』

■ワイン名(原語) / Clip do Monte da Vaia Loureiro 2014 (Pedro Barbosa and João Cabral de Almeida)
■色 / 白ワイン
■味わい / 辛口
■ブドウ品種 / ロウレイロ100%
■生産者名 / クリップ(ペドロ・バルボサ&ジョアン・カブラル/Pedro Barbosa and João Cabral de Almeida)
■産地 / ポルトガル/ミーニョ
■原産地呼称 / DOCヴィーニョ・ヴェルデ
■生産年 / 2014
■内容量 / 750ml
タカムラより)






クリップ ヴィーニョ・ヴェルデ ポルトガル産白ワイン
Clip Vinho Verde 2013  クリップ ヴィーニョ・ヴェルデ 2013
(ポルトガル産・辛口白ワイン・750ml)

ヴィーニョ・ヴェルデ地方はポルトガル最北端の大西洋に接する地域です。
白ブドウが多く栽培され、ロウレイロ種は黄色がかった緑色をし、フレッシュなワインを造るぶどうとして知られています。

白い花の香りに溌剌としたフレッシュな口当たり。
しなやかで透明感のある味わいは魚介類はもちろん、繊細な味わいの和食とも相性抜群です。

ぶどう品種:ロウレイロ100%
ワインと地酒のモリシマ Yahoo店より)





ヴィーニョ ヴェルデとは
直訳すると「緑のワイン」。ポルトガルでは緑=若々しいという意味があり、軽快で爽やかなフレッシュさが特徴のワインです。
一般的には微発泡のものが有名ですが、それはまだ若いワインをおいしく呑むために泡を加えていたのが始まり。ポルトガルでは食事中に、ビールのようにゴクゴク飲むそうです。でも、本当に美味しいワインは泡を入れなくてもおいしい!ということでこちらのヴィーニョ ヴェルデは発泡がありません。アルコール度数も少し低めで、普段ワインをあまり飲まない方でも呑みやすくおすすめ!
造られている場所は西北端ミーニョ地方。ポルトガルの中でも比較的冷涼な気候で、綺麗な酸味をともなうワインが造られます。

クリップ ヴィーニョ ヴェルデ 2014 750ml

国:ポルトガル
産地:ミーニョ
ブドウ品種:ロウレイロ
ヴィンテージ:2014
色:白
アルコール度数:11%
飲用温度(飲み方):冷やして
グラスの種類:万能型グラス
相性の良い料理:ゴーヤチャンプル
PP(パーカーポイント)90点、最高峰のコストパフォーマンス。
ガス入ではなく、ごまかしのない本物のヴィーニョ ヴェルデを造るために、造り手ペドロさんの家族から代々引き継がれる土着品種「ロウレイロ」を追求したワインです。
蜜柑や柚子、青い柑橘の香りが感じられます。
最大の特徴はレモンのようなシャキッとした酸味が特徴。後味の余韻はキレイにスゥーっと伸びていきます。暑い季節にオススメ!
imadeyaより)



Clip Vinho Verde Do Monte Da Vaia 2014 Part2






タカムラより2本購入。 1,598円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20150729/1438175407
抜栓日:2015年7月29日
インポータ:オーデックス・ジャパン
コルク:短め。Clipの刻印があります。
液漏れ:ない様子
グラス:リーデルのオーバチュアを使用しました。
 
色:薄いイエロー。
ディスク:中等度の暑さ
脚:そんなに粘性を感じません。しかし、瓶から注ぐときには粘性を感じるんです。
グラスの底に泡がぷつぷつと。
 
香り:柑橘系、トロピカル系、若干の塩気、ミネラル。ややオイリーなニュアンスがあります。樽なのか、バニラっぽい香りもあります。でも、これ樽熟じゃないんですね。品種なのか。ゆずっぽいニュアンスはありますね。でも、どちらかというと冷涼よりも温かいイメージ。
 
味わい:やや微発泡を下に感じます。酸はしっかりとしていて、薄い蜂蜜のようなニュアンスも感じます。なかなか味わいの密度が濃くて、しっかりとつまっている、って感じがします。ゆずぽんのような印象もしかり。しっかりした酸のお陰で、飲みくちがとても爽やか。また、豊富なミネラル感がいい感じです。後口にはここちよい苦味が印象的です。どことなくミュスカデに似ているような感じもします。なんか、知らぬ間に進んでしまう、そんな感じのワイン。
これはコスパいい!



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20151212/1449921960
抜栓日:2015年12月12日
インポータ:オーデックス・ジャパン
コルク:短め。Clipの刻印があります。
液漏れ:ない様子
グラス:リーデルのオーバチュアを使用しました。
コルク:短め。Clipの刻印があります。
液漏れ:ない様子
グラス:リーデルのオーバチュアを使用しました。
 
色:薄いイエロー。
ディスク:中等度の暑さ
脚:そんなに粘性を感じません。しかし、瓶から注ぐときには粘性を感じるんです。
グラスの底に泡がぷつぷつと。
 
香り:樽香っぽいイメージ。シュール・リーを思わせるような、酵母のニュアンス。柑橘系の香り。冷涼なニュアンス(以前は温かいニュアンスと言っていた)。ミネラルを感じます。酸を連想させる香り。(前に飲んだ時の感想にも樽っぽいニュアンスって書いてある。でも樽は使っていないんだ)。あ、温度が上がってくると、柑橘系ニュアンスが、トロピカル系に変身する!
味わい:酸がキリリと引き締まっています。微発泡による舌の刺激あり。味わいはなかなか厚みがあって、余韻はそこそこ。口の中がシュッと締まる感じです。ミネラル感が豊富です。
手巻き寿司と合わせましたが、いいマリアージュでした。生物全然大丈夫。和食に合わせやすいかも。温度上昇で、味わいもトロピカル系に変化します。
2日目、ニュアンスは全く変わらず、酸は健在。しっかりとしたワインです。コスパ抜群。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Anno Late Bottled Vintage Cockburns Port 1990

Anno Late Bottled Vintage Cockburns Port 1990
Anno Late Bottled Vintage Cockburns Port 1990
Cockburn's Anno Late Bottled Vintage Porto
Wine Details

Producer: Cockburn
Region: Portugal
Varietal: Dry Red Table Wine
Container Size: 750 ML
Flavors:
Red Wine
Add to Tasting Journal
Click to view full-size image!
Product Description

The 1998 LBV shows good intensity and dark red depth of color. It has a clean, intense nose, overlaid with plum and red fruit aromas and notes of chocolate. This wine is big on the palate, with well-balanced acidity and tannins, has good body and volume with a long finish. It exhibits balanced fresh fruit and gripping tannin; the final impression is intense, silky and round. This wine pairs wonderfully with blue cheeses like Stilton or Roquefort or strong Portuguese cheeses such as St. Jorge (Azores) or Serpa (Alentejo). As an aperitif, enjoy with marcona almonds that are roasted with salt and olive oil, hazelnuts or chestnuts. Consider it with a good p’té or jamón Ibérico (smoked ham) and for dessert with a chocolates tart or cake.
Cockburn’s has always had a very individual character in both its history and in the style of its wines. The company’s decisions to ‘declare’ a Vintage Port were never influenced by others; sometimes declaring when none others did, or making a great Vintage Port when many companies passed the year altogether. In the Douro, Cockburn’s pioneered the move into the Douro Superior, acquiring vineyards and building relationships with farmers in the most remote valleys of this tough region. In the late 1970s, Cockburn’s were partially responsible for the recovery and development of the Touriga Nacional grape variety, working closely with university at Vila Real and comparing research with Ramos Pinto, another pioneering Port company in the field of viticultural research. In this same decade, Cockburn’s planted vineyards in the Vilariça Valley in the far northeast corner of the Douro, an area where no Port company had any vineyards. Perhaps the most revolutionary of all was Cockburn’s decision to make ‘Special Reserve’ in 1969. This new style of wine transformed the world’s Port markets, hitherto reliant on every-day Ruby Port or small quantities of rare Vintage Ports. The success of this premium quality Reserve Port significantly increased the demand for quality Port grapes, transforming the Douro landscape and the regional economy.
Expert Ratings

Ratings Vintage Source Flavors
WineSpectator - 81 Details: Soft, but slightly aged in style. Ripe, fruity with berry, plum and nutty aromas and flavors. Medium-bodied, medium sweet, with a round texture. Drink now. –JS 1992 WineSpectator berry, nutty, plum
WineSpectator - 85 Details: Typical for the vintage--slightly raisiny and roasted in character. Medium body and sweetness, with a big, fruity finish. Try this with Stilton cheese. –JS 1990 WineSpectator
Food Pairings

Category Pairing
Cheese Cream Cheese
Red Meat Pate or Liver, Liver
Vegetables Beans, White, Greek Salad, Nicoise Salad, Tomato Mozzarella Basil, Vegetable Gratin or Stew
Fish or Shellfish Deep Fried Bass
Spicy Food Dim Sum
Cheese Aged Cheddar
Wine Terms

Name Value
Portugal Well known for its Port and Vinho Verde wines, Portugal is one of Europe’s leading wine producing countries. It competes closely with Germany for the position of fourth largest wine producer in Europe. Portugal is also the worlds leading producer of cork. Single-handedly it accounts for nearly 70 percent of the worlds commercially traded cork supply.
Haskell'sより)




コバーン レイト ボトルド ヴィンテージ 1994
ポート

コバーン・スミス社自社農園にてヴィンテージ用作柄の次にに恵まれた作柄の葡萄で造られたポートワインです。4年から6年樽熟成されたあと、瓶詰めされます。1994年収穫の葡萄で造られています。
アルコール度数 20%

商品詳細
コバーン レイト ボトルド ヴィンテージ 1994
COCKBURN‘S Late Botled Vintage 1994

最高ランクのヴィンテージを造る作柄の次に優良な作柄の葡萄で造られるポートワインです。
澱引きをしてありますので、そのままヴィンテージキャラクター(ヴィンテージに似た味わいのルビーポート)の味わいをお楽しみ頂けます。
アルコール度数 20%
生産地 ポルトガル
生産地詳細
ヴィンテージ 1994
種類 ポート
タイプ レイト ボトルド ヴィンテージ
セパージュ
容量 750ml
吉野酒店オンラインショップより)




COCKBURN'S LATE BOTLED VINTAGE 95 (Port Wine)
コバーン レイト ボトルド ヴィンテージ 95 750ml 20度 コバーンスミス社
コバーン社はスコットランド人ロバート・コバーン1によって815年に創立されたポートワイン業界有数の会社。 貯蔵樽も自社で生産している。現在アライド・ドメック傘下。ヴィンテージポートに次ぐ作柄に恵まれた年の葡萄から作り、 4~6年樽熟成後に瓶詰めした、収穫年表示のワインです。味わいはヴィンテージポートに近い若さを保ち、 瓶詰め時にオリを除くので、デカントせずそのまま楽しめます。
()




(*)何かの頒布会でのものと思われる。実家から持ってきた。3,000円台のようです。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sogrape Reserva Douro 1995

Sogrape Reserva Douro 1995

実家のワインセラーシリーズです。


ソグラペ
リゼルバ、 ドウロ
Sogrape
1995 Reserva Douro


産地 : ポルトガル、ドウロ地域
生産者 : ソグラペ社
ブドウ品種 : トゥリガ・ナショナル
アルコール度 : 12.5%

 ドウロと言えば下流のオポルトの港から世界に旅発ったポルトのブドウ供給地としてなくてはならない古くからの産地ですが、スティルワインの産地として「ドウロDOC」は1982年指定を受け、近年トウリガナショナルという特産の優良ブドウからケタ外れの赤ワインを送り出しています。
ソグラペ社は私たちに一番馴染みのワインである「マテウス」を造っている会社で、ポルトガル全土に数多くの工場をもっていますが、特徴として、各工場が独立採算に近い形で操業し、各工場独自のワイン造りをおこなっており、リゼルヴァはソグラペ社が1995年をヴィンテージと宣言したのを記念して、ごく僅か造られたワイン。
紫色を織り成した深い色。熟したプラム・いちじく、落ち着いたバニラ香、皮やトーストの香りもある。ヴンテージポートから甘味をぬいたようでいて、果実香が凝縮した味わい。あと味に黒コショウや樹皮などの独特な味わい。今、飲んでも結構なものだが、年を経る毎に飲んでみたい寿命の長い偉大なワイン。
田中屋さんドット混むより)


ワイン・ルネッサンスの指導者、それがソグラペ社。

ポルトガルワインが今、生まれ変わろうとしています。それも最も古く、最も新しい方法で。「最も新しい方法」とは、つまり最先端技術の導入です。その意味では、すべての新世界ワインに似ているかもしれません。しかし、ポルトガルワインの特異さは、その最新の技術を、「最も古い伝統」を生かすためのみに利用した点にあるのです。


「ポルトガルワイン・ルネッサンス」
例えば葡萄品種。新世界ワインと違い、ポルトガルは、フランス系の高貴品種に興味を示さず、伝統品種のみを植え付けています。なぜなら、伝統品種こそ、土地自体が長い歴史の中で選び抜いた、「その土地にとっての最良の品種」に他ならないからです。土地と風土に敬意をもち、その土地ならではの個性がくっきりと打ち出された、しかも世界に通用する洗練された味わいのワインを生み出すこと。それこそが、今まさに進行している「ポルトガルワイン・ルネッサンス」の精神なのです。

土地の個性を最大限に引き出す栽培法
ソグラペ・グループは、そのルネッサンスを最も強力に推し進めている、ポルトガルワインの指導者。スティルワインの産地として名高いダンをはじめ、ポートワインで知られるドウロ、あるいはヴィニョ ヴェルデ、バイラーダといった最高の産地すべてに葡萄畑と醸造設備を所有。さらに伝統品種の中からより優れた株(クローン)を選抜して育て上げ、同時に栽培面でもさまざまな実験を重ねながら土地土地の個性を最大限に引き出す栽培法、仕立て方などを開発し導入しています。

ソグラベ社

あらゆるワイン醸造法
発酵については最新鋭のステンレスタンクを使用したり、品種によっては小樽発酵やバトナージュを行うという風に、世界中の銘醸地で開発されたあらゆるワイン醸造法を取り入れています。その土地の個性を最大限に生かすために適宜、最適の技術を適用するためです。このポリシーこそがソグラペ社ならではの個性を生み、全ポルトガルの中でも特別な敬意と賞讃を集めている理由なのです。
ワイナリー和泉屋より)



抜栓日:2015年1月11日
インポータ:サントリー

コルク:結構短いサイズのコルク。
液漏れ:なし。染みほぼなし。
グラス:シェフ&ソムリエのユニバーサルテイスティングを使用しました。
色:輝きのあるガーネット。熟成色に見えます。透明感あり。
エッジ:エッジから中心まで均一な色合いで、ガーネット
脚:なかなか粘調度を感じさせる脚。

香り:抜栓している最中からプラム系の甘い香り。グラスに注ぎ、最初にはブルーベリージャムのようなきれいなイメージの香りで、すこしすると、プラムのコンポートのような甘い香り、それと、酸味を感じさせるニュアンスもあり。なかなかいい香り。びっくりしました。娘さんは「サンドイッチの野菜の匂い。でもいい匂いだよ」と言っていました。スワリングすると熟成香なのかスーボワ香を感じました。香り自体さほど強く香ってくるものではないので、こちらから探しに行かないとだめです。

タンニン:なかなかシルキーなタンニン。渋味はありません。

味わい:第一印象は、すこし酸化したニュアンスがありますが、プラムの甘味、酸はおだやかで、なかなかの華やかささえ感じる味わい。イチジクのジャムのような甘味もあります。味わいに厚みはありませんが、全体的にとてもバランスがいい。後味にはアルコール感を結構感じます。アルコール度数はエチケットに12.5%と書いてあります。程よく熟成している感もあり、しかもそのせいなのか、ぜんぜん重たくないのに、どこか重厚さを感じさせるつくり。こういうのもあるのか~。勉強になる。
どこかのサイトに「ポートワインから甘味を抜いた感じ」と書いてありましたが、確かにそんなニュアンスあります。

【葡萄品種「トゥーリガ・ナショナル」について】
ポルトガル特有の土着品種で、優れたパフォーマンスを誇る葡萄品種の一つ。
この葡萄はポルトガル国内の4つの生産地域において、それぞれ異なるスタイルで表現されています。
内陸のヘビーで濃縮感のあるスタイル、標高の高い土地のアロマティックで長い余韻のスタイル、平地のアルコール度が高く柔らかで余韻の短いスタイル、大西洋地方のエレガントで軽やかなスタイル。


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード