Pinot Noir Piece Edel Wein 2014

Pinot Noir Piece Edel Wein 2014
Pinot Noir Piece Edel Wein 2014 part1
エーデルワイン ハヤチネゼーレ
岩手県花巻市大迫町 株式会社エーデルワイン

~驚愕のテロワール、気高きミネラル感がつまった偉大さをたたえる~

株式会社エーデルワイン  代表者 藤館 昌弘氏   醸造担当 佐藤 恭浩氏
住所 岩手県花巻市大迫町大迫10-18-3
創業年 1974年(前身の岩手ぶどう酒醸造合資会社は1962年創業)
年間生産量 約42万本(国産比率100%)すべて岩手県産葡萄
自社畑 0.5ヘクタール  契約畑 20ヘクタール 

 日本ワインに詳しい飲食店さんから、エーデルワインのリースリングリオンが美味しい!との情報を得ていた私。ちょうど良いタイミングで、エーデルワインさんが、東京のワイン試飲会に参加するのをみつけ、わくわくしながら飲みに出かけました。試飲会で、まずいただいたのは、このワイナリーの看板品、国内だけでなく海外のワインコンクールでも評価の高い、「エーデルワイン五月長根葡萄園リースリングリオン」。綺麗で、スパッとしたキレのある辛口の白ワイン。リースリングリオンという葡萄品種が、唯一といっていいほど栽培に成功し根付いた地域、と評価されているだけのことはある逸品。前評判どおり、さすがの味わいに納得。でも、とりあえず赤ワインのオススメも一種類ぐらい飲んどくか、ということで、期待もせずいただいた一杯が「ハヤチネゼーレツバイゲルトレーベ樽熟成」。ムムム、なんだこれは?・・・。オーストリアや北海道のツバイゲルトレーベと印象が違う。根本的に違う。いままで飲んだイメージでは、柔らかい果実味が主体の葡萄品種と位置づけていましたが、エーデルワインのハヤチネゼーレツバイゲルトレーベは、濃くて渋い?いやちがう、“深くて固い”。天を突くような鋭角な山の峰を見上げている感じ。そしてそのまま、天を仰ぎひざまづいて屈服してしまいそうなほど・・・。ひと言で表現するならば“気高い”。興味をいだき、「ハヤチネゼーレメルロ樽熟成」もいただくことに。これもすごい、しっかりしてる。両方とも、もう少し熟成を待つか、念入りなデキャンティングが必要で、開花させる価値有り、充実のポテンシャル。日本ワイン離れしている。で結局、最初にお付き合いさせていただいたのは、「エーデルワイン五月長根葡萄園リースリングリオン」と、ポテンシャル未知数のハヤチネゼーレを避けて、深みがありながらも美味しく開いていたもうワンランクお求めやすい「限定醸造ツバイゲルトレーベ樽貯蔵(現・シルバーツヴァイゲルトレーベ)」でした(現在のハヤチネゼーレシリーズは、熟成期間を長めにとるなど、発売時期を慎重に見極めているため、ここまで固く閉じた状態ではありません)。考えるに、この“気高さ”=“ミネラル感”ではないのかと、すぐにピンと来たのですが、なぜエーデルワインさんに、このしっかりした骨格が宿るのかは、わからずじまいでした。そののち、みつけたのが下記のワイナート誌の記事。予想はしていましたが、やはり土壌が根本的に違っていたのです。この記事を読んだ瞬間、ずっと不思議に思っていた味わいの謎が解明され、明確な答えをいただいたように感じ、とてもすっきりしました。日本でも稀有なテロワール(おもに土壌)が岩手に存在すること。それによって、リースリング系の品種や、ツバイゲルトレーベ、メルロなどの優しげな品種に、ピシッとしたミネラルの芯が入るであろうこと。論より証拠・・・・・、飲めば解るので、ぜひ皆様にも、知られざる“岩手”を体感していただきたい!



◆以下、ワイナート誌からの記事をそのまま抜粋させていただきました◆

【知られざる岩手のワイン】 劣悪な気候条件を上回るテロワールの力。 日本を意識しない世界基準のポテンシャル。
 ひと口飲んで、経験したことのある多くの日本のワインとの決定的な違いに気づいた。いわゆる“日本のワイン”の味がしなかった。世界中のすべての優れたワインと同じく、混濁感がなく、ミネラルの緻密な構造を中心にして、すっくと格調高く口の中で立ち上がり、なめらかに広がり、気配の力を持続させた。ようするに、よいテロワールの味がした。
 調べてみると、ワインを産出する県東部は、もともと日本ではない。北上川より東、早池峰構造帯の南は、かつての巨大大陸ゴンドワナの一部だし、北は、かつてのアジア大陸の東端で、後に形成された日本列島に合体したものだ。だから県東部の地質は、日本の中では例外的に古く4億年以上前にまで遡り、蛇紋岩、花崗岩、粘板岩、石灰岩が見られる。最悪の気候にもかかわらず、これだけ次元の異なる質を示すのは、モーゼルやアンジューやバロッサなどに匹敵するほど古い地質学的土壌の優位性と、それに合った品種の選択以外に、私には理由が考えられない。『ワイナート誌より』

【オーストリアよりも品位の高いツヴァイゲルト】
 早池峰山麓、大迫町は、ワイン産地としての自らの潜在能力にいち早く気づき、昭和25年にはブドウ栽培の研究を始めたという。その判断の正しさを、ツヴァイゲルトが証明する。「北海道で植えられているという話を聞き、エーデルワインの創業者が、オーストリアのベルンドルフと姉妹都市であるここ大迫町の町長だったことから、27年前にここにも植えてみた」という、ツヴァイゲルト。冷涼なオーストリア原産の品種、なかでも早熟な品種を選択したのは、理にかなっている。しかしワインは、気候条件と品種の相性だけでは説明がつかないほど素晴らしい。トップキュベであるツヴァイゲルトレーベ樽熟成2005年は、キメ細やかさと強さを両立するタンニン、ソフトでフレッシュな酸、緻密なミネラルを備え、陰影をたたえてしなやかに広がる。この気品と完成度の高さには驚かされる。オーストリアのツヴァイゲルトは、あまり好きではない。フルーティーだが構造が緩く、平面的で濁った味がする。ところがこのエーデルワインの作品は、堅固な石垣のように立ち上がり、迷いも濁りもない。外来品種の日本のワインが、その品種の原産地のワインより優れているという例を、はじめて知った。『ワイナート誌より』

エーデルワイン ピノノワール・ピエス2014年
Edelwein PinotNoir Piece

エーデルワイン・ピノノワール・ピエス2014年赤 720ml 3240円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール(岩手県花巻市大迫町産)
生産本数 270本  樽貯蔵品

 岩手県花巻市大迫町で収穫された2014年産ピノ・ノワールのみを限定醸造し、新樽で約1年間熟成させました。赤いイメージの果実香と甘い樽香が感じられ、バランスの良い味わいの赤ワインです。「エーデルワイン様のコメントより」
鴨宮かのや酒店より)





(+)鴨宮かのや酒店より購入。3,240円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Pinot Noir Estate Ranch Zodiaque Takahata Winery 2014

Pinot Noir Estate Ranch Zodiaque Takahata Winery 2014
Pinot Noir Estate Ranch Zodiaque Takahata Winery 2014 part1
高畠ワイナリー TAKAHATA WINERY
山形県東置賜郡高畠町 高畠ワイン株式会社

高畠ワイン株式会社  代表者 坂本浩之氏
住所 山形県東置賜郡高畠町糠野目2700-1
創業年 1990年
年間生産量 約70万本(国産比率67%)
自社畑 2.5ヘクタール   契約畑 23ヘクタール(契約農家約50軒) 

 高畠町のある山形県南部の置賜盆地は、山梨と同じく盆地特有の気候で、昼夜の寒暖の差が大きく、葡萄の栽培に適しています。高畠町は、食用のデラウェアの栽培面積・出荷量ともに日本一であることからも、この地に葡萄栽培が根付いていることがわかります。自社畑はもちろんのこと、多くの契約栽培農家のかたと協力して、高品質で全国的にも評価の高い、シャルドネ、ピノブランなどの白ワイン用葡萄が栽培されています。東北一の生産量を誇るトップワイナリーは、若く、熱心な醸造・栽培技術陣が腕をふるっており、中・低価格帯のワインが質、量ともに充実していて、国産ワインの中では、とてもリーズナブルなものが少なくありません。このワイナリー最高峰の高畠シャルドネ樽発酵ナイトハーベストもすばらしいですが、どの価格帯ゾーンのシャルドネワインも特徴が良く出ていて個性があり隙がありません。その中でも、高畠町の国産シャルドネを100%使用して造るスパークリングワインは、瓶内2次発酵(シャンパーニュ方式)ではない炭酸ガス充填方式とはいえ、とてもしっかり仕上がっていてお買い得です。そして、特筆すべきは、日本ではめずらしいピノブラン葡萄のワイン。この品種のワインは、フランス・アルザス地方のモノが日本では、比較的流通しています。可憐でバランスよく、個性は強くありませんが、飲み心地がよく好きなワインです。日本ワインファンの方にも、甲州種ワインでは、キレ・ミネラル感が足りない、シャルドネ種ワインでは、強すぎて疲れると感じたとき、バランスよくミネラル感もほどよくある、この高畠・上和田ピノブランが、ちょうど間を埋めるワインとして、最良の選択肢となるでしょう。

◆高畠ワイン契約栽培圃場◆
屋代地区・・・高畠町内の北方向に位置する屋代地区。他の地区に比べ雨が少なく水はけのよい岩石の多い凝灰岩。豊富な酸とミネラルを楽しめます。
熊の前地区・・・高畠町内の東側に位置する熊ノ前地区。標高240mの高さにあり山から吹きぬける風で涼しい所です。土壌は火山性の岩石。
亀岡地区・・・高畠ワイナリーに最も近い位置にあり、他の地域に比べ温度が高くぶどうの成長が早い特徴があります。標高220m、川の流れによりできた地形で土壌は砂質です。他の地域は10月に収穫されるものがありますが、この地域はほとんどが9月に収穫されるので、早い時期に仕込みが行われます。
和田地区・・・標高300m~350mと町内でもっとも高く、山から吹き降ろす風で昼夜の温度差が大きい所で、酸が糖度ともしっかりとしているのが特徴です。最高のシャルドネと人気のピノブランはこの地区の葡萄です。


高畠ピノノワール・ゾディアック2014年
TakahataWinery PinotNoir

高畠ワイン・ピノノワール・ゾディアック2014年赤 750ml 4320円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール(山形県高畠町自社農園産100%)
生産本数 -本
 
高畠石がまかれたピノノワールの自社畑
 ピノ・ノワールの特徴でもあるスミレや木苺のような香りとやさしい口当たり、そして新樽からくるトースト香とまろやかなタンニンにより余韻が長く続きます。2ヶ所の自社農園で栽培された葡萄をブレンドすることで、凝縮感高く深みのある味わいをお楽しみいただけます。「高畠ワイン様のコメントより」
鴨宮かのや酒店より)





ゾディアック ピノノワール [2014] 【高畠ワイナリー】
税込価格: 4,320 円 ( 本体価格: 4000 円 )

ゾディアック ピノノワール [2014]

火山活動が活発だった高畠町はミネラルが豊富な土壌。その良いところを凝縮・再現した自社農園に植えたピノノワールから生まれたワインです。
ピノ・ノワールの特徴でもあるスミレや木苺のような香りとやさしい口当たり、そして新樽からくるトースト香とまろやかなタンニンにより余韻が長く続きます。2ヶ所の自社農園で栽培された葡萄をブレンドすることで、凝縮感高く深みのある味わいをお楽しみいただけます。

日本ワインコンクール2015
銅賞受賞! 2012VT
はせがわ酒店オンラインより)

Pinot Noir Estate Ranch Zodiaque Takahata Winery 2014 part2






(+)鴨宮かのや酒店より購入。4,320円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Pinot Noir Cave DOCCI 2014

Pinot Noir Cave DOCCI 2014
Pinot Noir Cave DOCCI 2014 part1
カーブドッチ・ワイナリー   CAVE DOCCI WINERY
新潟県新潟市  欧州ぶどう栽培研究所

~大成し蓄積した力を、型にとらわれず、より高度なナチュールの世界に解き放つ~

株式会社 欧州ぶどう研究所  代表者 今井卓氏/掛川千恵子氏   醸造責任者 掛川史人氏
住所 新潟県新潟市西蒲区角田浜1661
創業年 1992年
年間生産量 約-本(国産比率100%)
自社畑 約8ヘクタール


カーブドッチ ビジュ ピノノワール2014年
Cave d’Occi Bijou Pinotnoir

カーブドッチ・ビジュ・ピノノワール2014年赤 750ml 6048円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール(新潟市角田浜自社畑産)
生産本数 約-本   天然酵母発酵、遅摘み

 ピジュでしか味わえない豊かな果実味とエレガントで濃密な香りはまさに圧巻です。
 4つあるピノノワールの畑の中で最も良い区画を選び、収穫も通常の物より1週間遅らせて完熟させたぶどうを使用しています。発酵は天然酵母にゆだね、フレンチオークにて8ヶ月熟成させました。グラスから立ち上がる華やかな香り、そして繊細で複雑な飲み口はこの品種ならでは。角田浜の砂質土壌が生み出した逸品です。「カーブドッチワイナリー様のコメントより」

bijou(ビジュ)とはフランス語で宝石の意。宝石がカットで輝きを増すように、ワインも造り方によって様々な輝きを見せてくれます。このシリーズは少量だからこそ出来るこだわりの造りをした希少なワインです。
鴨宮かのや酒店より)





カーブドッチ ピノ・ノワール 2014 750ml

◆商品説明

砂地のニュアンスを素直にボトルに閉じ込めるのがカーブドッチのスタイルですが、この年のピノ・ノワールはそれに加え醸造によってニュアンスをつけています。 若干還元的ですので、大ぶりのグラスでゆっくりお楽しみください。 ワイン本来の味わいを大切にするため、一貫して濾過はおこなっておりません。

新潟県
カーブドッチワイナリー
◆お酒の詳細情報
容量 750ml 産地 新潟県 ブドウ品種 ピノノワール ヴィンテージ 2014 色 赤 アルコール度数 11%
◆おすすめの飲み方
グラスの種類 ブルゴーニュグラス 相性の良い料理 まぐろと豆腐のマヨ和え
IMADAYより)





カーブドッチのイチオシ赤!
【カーブドッチワイナリー】カーブドッチ ピノノワール 2014 赤 750ml

価格
4,600円 (税込 4,968 円) 送料別

本場ヨーロッパのワイン専用ぶどう100%で造る本格国産ワインです。

2013より瓶形をブルゴーニュ形にし、ラベルもリニューアルされました。
畑で丁寧に病果を取り除いた後、発酵前低温浸漬を行い、発酵初期は天然酵母で後半は培養酵母を添加して完全発酵させています。
オーク樽で8か月以上熟成させています。グラスから立ち昇る繊細かつ華やかな香りをお楽しみください。抜栓後すぐですと本来の味わいが開かず、2~3日置いてからお飲みいただくことでその真価を発揮します。
ワイン本来の味わいを大切にするため、一貫して濾過は行っておりません。

詳 細
区分 赤ワイン
タイプ ミディアムボディ
産地 新潟県
ぶどう品種 ピノノワール
生産者 【カーブドッチワイナリー】新潟
吉田屋酒店より)





(+)鴨宮かのや酒店より購入。6,048円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Soleil Pinot Noir Asahi Yohshu 2015

Soleil Pinot Noir Asahi Yohshu 2015
Soleil Pinot Noir Asahi Yohshu 2015 part1
それいゆ・ピノノワール2015年
SOLEIL PinotNoir

ソレイユ・ピノノワール2015年赤 720ml 3024円
タイプ ミディアムボディ 無濾過
葡萄品種 ピノノワール100%(山梨市岩手地区単一畑産)
生産本数 1262本
2006年物が、リアルワインガイド2008年冬24号・日本ワイン巻頭特集にて87+点~88+点、特集内106本のなかで最高得点。
別冊一個人誌 渋谷康弘が選ぶ感動の国産赤ワインBEST10に選出


〔左〕ピノノワール一文字短梢仕立ての畑  〔右〕収穫直前のピノノワール房

 標高約450mの粘土質斜面にて棚式短梢剪定、不耕起草生栽培で樹齢15年目となります。気候的に適地とは言えないこの地での栽培ですが、機能性素材の雨除け傘を全房にかけ、丁寧に病果を除いて仕込みに臨んでいます。醸造では過剰な成分抽出をせずに自然な果実味を心がけ、フレンチ・オークの古樽で9ヶ月間熟成、ノンフィルターで瓶詰しています。別々に仕込んだブルゴーニュ系とスイス系の2系統を本年は全て合わせて製品にしています。
 2015年は7月中旬からほぼ一ヶ月続いた猛暑の後、早熟なピノ・ノワールにとっては収穫に向けてのラストスパートとなるその後の一ヶ月は雨や曇りが多く全国的に日照不足となりました。例年のことですが雨を吸った果粒が割れ始めたのを合図に収穫となりました。低温浸漬と全粒醸し、控えめなピジャージュで未熟なタンニンの抽出を抑えるよう努めました。
 木苺や柔らかなブドウの新芽、淡い色のバラ等の香。仄かに薄くスライスした生ハムや生マッシュルームのニュアンスも。口中は角がなく、赤いベリー様の果実味が上質な紅茶のようなタンニンにのって広がります。余韻は長め。和の出汁浸みた煮物、肉汁したたる牛や鴨を山葵や青ネギであっさりと、うなぎの白焼や焼鳥(塩)に山葵など。山椒や木の芽の強烈な風味と、また昆布や若布など海藻類とも相性がよいです。飲用適温15℃前後。無濾過生詰のため澱や酒石が沈殿します。「旭洋酒様のコメントより」
鴨宮かのや酒店より)




旭洋酒 ソレイユ ピノノワール 2015 赤 720ml

◆商品説明

<ワイナリーから>
フランボワーズなどの赤いベリー、ローズヒップ、紅茶などのチャーミングな香。 口中ではサクランボやサンザシ様の果実味がふんわり広がり、焙じ茶のような旨みを ともなって後を引きます。色のわりに充実した味わいに思わず笑みがこぼれます。

旭洋酒
◆お酒の詳細情報
容量 720 産地 山梨県山梨市岩手地区 ブドウ品種 ピノノワール ヴィンテージ 2015 色 赤 ミディアム・ボディ アルコール度数 11.5%
◆おすすめの飲み方
グラスの種類 ブルゴーニュグラス 相性の良い料理 うなぎの白焼
価格 : 3,024円(消費税込)

◆INFORMATION
☆奥ゆかしい品のある日本のピノ・ノワール☆
先日の日本ワイン試飲会でも人気だった旭洋酒のピノ・ノワール。
ピノ・ノワールは日本で栽培するのに最も難しい品種の1つのですが、決してブルゴーニュやニューワールドのような味わいを求めるのではなく、あくまで自分たちの住む山梨のピノ・ノワールとして造っているのがこちらのワインです。
2015年は7月の猛暑の後、ブドウの質に大きくかかわる収穫前の8月末から9月にかけてくもりや雨が多く、日照不足となってしまいました。 決して素晴らしい年とは言えませんが、低温で浸漬したり控えめなピジャージュで未熟なタンニンの抽出を抑えた造りにしたり、果実味の強さやタンニンのたくましさではなく、優しくじわじわと広がる旨味のある味わいのワインとなりました。
木いちごや山菜の新芽のような柔らかな青みのある香りに、キノコの風味や赤いベリーのような果実味、それらを紅茶のようなタンニンが支えています。
ぜひ手のひらで温めて、高めの温度でお楽しみください。
IMADAYより)

Soleil Pinot Noir Asahi Yohshu 2015 part2




(+)鴨宮かのや酒店より購入。3,024円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Pinot Noir Tanba Wine 2013

Pinot Noir Tanba Wine 2013
Pinot Noir Tanba Wine 2013 part1
丹波鳥居野ピノ・ノワール 2013

丹波鳥居野ピノ・ノワール
丹波ワインのピノ・ノワール
海外のピノ・ノワールとは異なり、日本のピノ・ノワールに共通して言えることが「奥ゆかしさ」であると思います。飲み続けるほどに香りや味わいなど、しみじみとその土地らしさが表現されるピノ・ノワール。地味で控えめながら、食事に寄り添うように、いつの間にか無くてはならない存在になって…。
そんな奥ゆかしいピノ・ノワール造りを目指しています。
丹波鳥居野ピノ・ノワール
栽培と醸造テクニックの集大成
皮が薄く、病害虫に弱く、色ものりにくい…
そんな難しいピノ・ノワールに各ワイナリーはなぜチャレンジし続けるのでしょうか?
1つにはその土地のテロワールと呼ばれる風土を最も反映しやすい品種であり、それが各ワイナリーを魅了する最大のポイントといっても過言ではありません。丹波ワインでは品種の特性を最大限に生かし、かつ素直にテロワールを感じてもらえるよう、栽培と醸造を行っています。
丹波鳥居野ピノ・ノワール
丹波鳥居野PinotNoir(ピノノワール) 2013
丹波鳥居野PinotNoir(ピノノワール) 2013
丹波鳥居野PinotNoir(ピノノワール) 2013
丹波鳥居野ピノ・ノワール 2013

商品番号 pn13
3,500円(+税:280円)

[丹波ワイン会員なら35ポイント進呈 ]
当店の価格はすべて税抜表示です。ご購入手続き時に別途消費税相当額を申し受けます。

申し訳ございません。完売いたしました。



商品についてのお問い合わせ お気に入りに登録
レビューを書く
自社農園産ピノノワール種を仏産小樽で熟成。果実香と樽熟香が調和した、本種独特のふくよかな味わいが楽しめるワイン。 ピノノワール種を日本で栽培しているワイナリーが少なく、丹波ワインがこだわりと情熱を持って丁寧に貴重な逸品に育て上げました。
基本情報
■葡萄収穫年 2013年
■醸造本数  2400本
■タイプ   赤ワイン
■味わい   ミディアムボディ
■容 量   750ml
■葡萄品種  ピノ・ノワール
■葡萄産地  京都府京丹波町
■アルコール 12%
2013年Vintageレポート
萌芽時期の遅霜の影響も一部あったが多くの品種には直接の被害はなく、8月までの積算温度や日照時間はここ数年で一番多い。8月までの降水量も非常に少なかったが、9月単月で400mmを越える降雨があり、奥手の品種については少し影響がでたが、早生品種については概ね良質のぶどうが収穫できた。
テイスティングコメント
色 透明感のある明るいルビー色、エッジには微かに赤茶色のニュアンス。輝き清澄度ともに良好で、粘性は中程度。
香り ラズベリーやイチゴを思わせるピノ・ノワールらしい赤系フルーツの香りがふんだんにあり、香りのボリュームは中程度。
味 口に含むと少し甘みを感じる心地よい果実味が広がり、イキイキとしている。酸は若々しいが比較的マイルドで優しい。あとから追いかけてくるキメの細かなタンニンは、やや角が取れて丸くなってきている印象だが、ボリュームもあり、余韻も続く。
総評 果実味の充実したミディアムボディの辛口で、シンプルに塩・胡椒で調理した豚や鳥などと合わせたい。
丹波ワインより)

Pinot Noir Tanba Wine 2013 part2






(+)鴨宮かのや酒店より購入。3,780円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Pinot Noir Villa D'Est 2014

Pinot Noir Villa D'Est 2014
Pinot Noir Villa Dest 2014 part1
ヴィラデスト・ガーデンファームアンドワイナリー VILLA D'EST
長野県東御市

~麗しき西洋の田舎風景がここに。最高のワインとともに癒され酔いしれるブティックワイナリー~

株式会社ヴィラデストワイナリー  代表者 玉村豊男氏  栽培・醸造責任者 小西超氏
住所 長野県東御市和6027
創業年 2003年
年間生産量 約2万本強(国産比率100%)
自社畑 約5ヘクタール(8ヘクタールに拡大予定)  契約畑 約1.5ヘクタール

ヴィラデスト・ピノノワール2014年
VillaD'estWinery  PiontNoir

ヴィラデストワイン・ピノノワール2014年赤 750ml 5140円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール(長野県東御市自社畑産)
生産本数 2722本

 2006年から少量ながらリリースしてきたヴィラデストの「ピノ・ノワール」。既にワイン専門誌や一般誌で取り上げていただき、「高原の冷涼な気候を映し出すエレガントな味わい」、「ピノ・ノワールのニュアンスをはっきりと感じる注目の赤」と高い評価をいただいております。2014年ヴィンテージは、秋の収穫前1ヶ月間の好天の恩恵を十分に受け、美しい色合いと繊細な香りが生きたエレガントなワインに仕上がっています。「ヴィラデストワイナリー様のコメントより」
鴨宮かのや酒店より)






Villa d'Est Winery ヴィラデスト ワイナリー
千曲川ワインバレー地域を牽引するワイナリー、世界に認められたシャルドネ

長野県の千曲川沿いにある日本有数のワイン産地
ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの岡の上で、2003年から醸造をはじめました。 千曲川の流れに沿う段丘は日本有数の小雨地帯で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた欧州系専用品種から生まれるヴィラデストのワインは、日本ワインコンクールの最高金賞をはじめ数々の栄誉に輝き、 日本を代表するプレミアムワインと評価されるようになりました。 日本ワイン、とりわけNAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、 自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。 ヴィラデストはその先頭に立って、小規模ワイナリーが集積する新しい産地をつくることで、 農業をブースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。

エッセイスト玉村豊男氏が拓いたワイナリー
ヴィラデストを経営するのはエッセイストとして有名な玉村豊男さん。 氏は1991年より同東部町(現・東御市)に移住しました。 当時、宝酒造が主催していた「TaKaRa酒生活研究所」で所長を務めていた玉村さんは同社のワイナリー建設計画に参画し、東御市への誘致に成功。 その時、醸造の指導にあたったのが当時日本ワイン界をリードしていた功労者、麻井宇介のペンネームでも有名な浅井昭吾氏でした。 その後、紆余曲折を経て、2003年に果実酒製造免許を取得し、2004年「ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー」をオープンしました。 現在ではワイナリー開設当初より醸造に関わり、現在は醸造長である小西超さんを中心に年間2万本のワインがつくられ、 国産ワインコンクールの受賞歴を重ねています。 ワイナリーにはカフェも併設されており、ヴィラデストのワインとともに食事を楽しむことも出来ます。 また、ギャラリーでは、玉村豊男氏の原画および版画作品を展示、販売しています。

【ヴィラデスト】【日本ワイン】
ピノ ノワール[2014]ヴィラデスト(赤ワイン 日本)
4,760円 (税込 5,140 円) 送料別
ワインセラーエスカルゴより)

Pinot Noir Villa Dest 2014 part2





(+)鴨宮かのや酒店より購入。5,140円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Fermier El Mar Duo 2016

Fermier El Mar Duo 2016
Fermier El Mar Duo Albarino Chardonnay 2016 part1
エルマール ドゥーオ 2016 〈シャルドネとの混植混醸(樽熟成)〉
750ml
アルバリーニョとシャルドネを混植したフェルミエ自園のぶどうを混醸し、樽熟成した白ワインです。混醸がもたらす調和とふくよかな味わいをお楽しみください。
¥6,000(税別)

フェルミエのワイン造り

新潟の自然が素直に現れるワインを!(造り手からのメッセージ)

PA130276_2フェルミエは日本一の大河 信濃川が注ぐ日本海にほど近い海岸砂丘に位置しています。「海と砂のテロワールが育む新潟の個性溢れるワインを造りたい」と決意し、脱サラして家族とともに東京からこの地に移り2006年にワイン造りを始めました。私は「ワイン」はその土地の自然を現す農産物であるべきと考えますし、「フェルミエワイン」とは、農家製のワイン(フランス語)を意味します。

越前浜の砂質土壌は、ワイン用ぶどうの栽培に適した水捌けが良く、痩せた土壌です。この地でのワイン造りの経験を重ねることで見えてきた一つの方向性は、砂質土壌らしい「エレガントな香りのアタックと長い余韻、繊細で優しい味付きながらも旨味に溢れ目が詰まっている」ワインのスタイルです。

そして、そのようなワインを生み出すプロセスに関して、畑の土壌・生態系に関わる栽培環境へのアプローチや、酵母・微生物の働き等に関わる醸造手法はよりナチュラルな手法を志向するようになりました。

その土地の特徴を表す良いワインは、必ずしも大きな資本のもとで最新鋭の高価な設備を利用して合理的に大量生産することによって生まれるとは限らず、少量でもヴィニュロン(=栽培や醸造を手掛ける造り手)が「その土地に誇りを持ち、自然の営みを尊重して惜しみなくぶどうに愛情を注ぎ、そうしてできるぶどうを信頼する」ことにより生まれると信じています。
フェルミエより)

Fermier El Mar Duo Albarino Chardonnay 2016 part2




フェルミエのWebサイトはこちら




(*)はせがわ酒店オンラインより購入。6,480円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Okushiri Chardonnay 2016

Okushiri Chardonnay 2016
Okushiri Chardonnay 2016
OKUSHIRI
Chardonnay
シャルドネ/750ml

淡い黄金色が美しい。熟したトロピカルフルーツやジャスミンティーの香り。キリッとした印象の辛口でスッキリとした味わいです。
奥尻ワイナリーより)





(+)ワインショップフジヰより購入。2,350円(税抜)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Okushiri Zweigeltrebe 2016

Okushiri Zweigeltrebe 2016
Okushiri Zweigeltrebe 2016
OKUSHIRI
Zweigeltrebe
ツヴァイゲルトレーベ/750ml

明度の高いきれいなルビー色。熟したフランボワーズ、ブラックベリーの甘い香りが印象的です。きめ細かなタンニンと穏やかな酸。しっかりした味のミディアムボディ。
奥尻ワイナリーより)





(+)ワインショップフジヰより購入。2,350円(税抜)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Okushiri Pinot Rose 2016

Okushiri Pinot Rose 2016
Okushiri Pinot Rose 2016
OKUSHIRI
Pinot Noir Rose
ピノ・ノワール ロゼ/750ml

淡いサクラ色。苺、オレンジ、フルーツキャンディーのような香り。繊細な味わいの中にイチゴやベリーの風味。すっきりとした酸で飽きのこない飲み口。チャーミングな味わい。で少し発泡性を感じる。
奥尻ワイナリーより)




(+)ワインショップフジヰより購入。2,350円(税抜)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード