Grande Polaire Azuminoikeda Vineyard Pinot Noir 2014

Grande Polaire Azuminoikeda Vineyard Pinot Noir 2014
Grande Polaire Azuminoikeda Vineyard Pinot Noir 2014
GRANDE POLAIRE
Azuminoikeda Vineyard Pinot noir 2014
グランポレール 
安曇野池田ヴィンヤード ピノ・ノワール 2014

果実由来のカシスの香りと樽熟成によるコーヒーやカカオの香りが調和した、力強さと熟成したタンニンの甘さが感じられる凝縮感あふれる日本ワイン。 2014年の成熟期は、降水量が多く気が抜けない年となりましたが、きめ細かな栽培管理により、酸味のしっかりとした着色の良いぶどうが収穫出来ました。深いルビーレッド、果実由来のカシスの香りと樽熟成によるコーヒーやカカオの香りが調和した、力強さと熟成したタンニンの甘さが感じられる凝縮感あふれる日本ワインです。

収穫日:2014年9月3日
収穫地:長野県北安曇郡池田町「安曇野池田ヴィンヤード」
新樽比率:40%  
樽熟成期間:15ヶ月
仕立て方法:ダブル・ギュイヨ

世界的に栽培・醸造が難しいとされるピノ・ノワールに、グランポレールが挑戦します。北海道・余市に続き、2番目のピノ・ノワールの産地です。深いルビーレッドに覆われ、スパイシーなバイオレットの香りが際立ちます。滑らかな渋味と余韻に漂う新樽由来の甘い香りが魅力的な日本ワインです。
北海道・余市のチャーミングなピノ・ノワールに比べると、タンニンがしっかりした重厚感のあるピノ・ノワール。小粒で色付きの良い、凝縮感あるぶどうから、さらに選果して、品質の良いぶどうだけを選び、醸造しています。 容量1000Lの小型タンクで、6日間にわたり、ピノ・ノワール特有の繊細なタンニンを抽出するためピジャージュ(パンチダウン)主体で、マセレーション(かもし発酵)を行っています。 マロラクティック発酵(MLF)後、フレンチオーク樽(バリック、225L)で、15か月間熟成しました。新樽比率40%です。


安曇野池田ヴィンヤード栽培責任者:田中 亘
安曇野池田ヴィンヤードについて
ワイン用ぶどう栽培に適した土壌・気候を求めて、私たちは、2009年、長野県池田町に、自社ぶどう園「安曇野池田ヴィンヤード」を開設しました。安曇野池田ヴィンヤードは、標高、平均580メートル、冷涼な気候と、ぶどう園に吹き渡る清々しい風が特徴です。 2014年の成熟期は、降水量が多く気が抜けない年となりましたが、きめ細かな栽培管理により、酸味のしっかりとした着色の良いぶどうが収穫出来ました。
グランポレールショップより)





グランポレールショップよりセットで購入。2セット。余市ピノ・ノワールと合わせて9,720円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Says Farm Merlot 2015

Says Farm Merlot 2015
Says Farm Merlot 2015
SAYS FARM メルロ2015
¥ 3,600
氷見の風土で育まれたMERLOTは、完熟した果実の奥深さに優しさと、エレガントな酸味、そして瑞々しさを感じるワインに仕上がっております。SAYS FARMを代表する赤ワインです。
2015年は区画のから育まれる特徴を感じていただけるように、区画ごとに瓶詰めを実施しています。樹齢9年の区画(B7)から育まれたワインです。

製造方法
ブドウは徹底して選果を行い健全な果実を収穫しています。発酵前処理として、全除梗、全体の50%を無破砕にてステンレスタンクに移動。(この際、ブドウが潰れ過ぎないようにポンプは使用していません。)発酵前に15度以下の状態を5日間保ちマセレーションを行い、細胞発酵を進めています。アルコール発酵が始まれば、ピジャージュを1日に1回~2回行い、種から生まれるタンニンが多く抽出されないように発酵管理を行っています。アルコール発酵は14日間。果帽が沈み始めたタイミングで圧搾を実施。圧搾したワインは、225ℓの小樽に移し、12ヵ月シュール・リーの状態で熟成。(滓引きなし)上品な果実香を大切にするために、ろ過は行わずにそのままボトリングしています。
ヴィンテージレポート
2015年は、春先から好天に恵まれ、数日早い萌芽を迎えました。
開花までの気候も安定していて、例年より早い時期に満開になりました。そして、開花期以降の気候も強い日射に恵まれ、例年の平均日照時間を上回りました。梅雨時期の6月、7月気候も安定しており、降水量が少なく、日照が多かったことでベト病などの病気の発生はほとんどありませんでした。8月中旬までは気候は安定していましたが、とても厳しい暑さに見舞われ、果実が日焼け症状を起こしたり、赤品種では着色障害が発生しました。果実が熟し始める、8月下旬から9月中旬にかけて降水量が一気に増え、日照時間が例年より下回りました。8月下旬から9月中旬の不安定な天候は、果実に大きな影響を与え、降水量が多かったことで晩腐病の発生、急激な水分の吸収で果粒が破れそこから、白腐れ病が多く発生し白品種では収穫量が減少しています。白品種の収穫を迎える9月下旬から10月上旬の気候が安定しなかったことで、ブドウの熟度は例年より下回っています。赤品種の収穫を迎える10月中旬からは気候が安定し、熟度は高まりましたが、8月の高温障害により着色が進みませんでした。2015年は厳しい自然環境で、収穫量は減りましたが、粘り強くブドウの熟度を高めることに集中したことで、品質は安定しております。
セイズファームより)





(*)セイズファームより2本購入。3,600円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Grande Polaire Yoichi Hirotsu Vineyard Pinot Noir 2014

Grande Polaire Yoichi Hirotsu Vineyard Pinot Noir 2014
Grande Polaire Yoichi Hirotsu Vineyard Pinot Noir 2014
GRANDE POLAIRE
Hokkaido Yoichi Pinot noir 2014
グランポレール 
北海道余市 ピノ・ノワール 2014

輝きのあるルビーレッド、すみれやいちごを想わせる華やかなアロマと、柔らかなタンニン、 ビロードのように滑らかな余韻が魅力のワインです。
冷涼な余市のテロワールを十分発揮した香りの華やかさと、味わいの柔らかさをお楽しみください。

収穫日:2014年10月16日
収穫地:北海道余市町登町 協働契約栽培畑 弘津園
新樽比率:50%  
樽熟成期間:12ヶ月
仕立て方法:短梢剪定、片腕水平コルドン仕立て

除梗後、選果して、品質の良いぶどうだけを選び、醸造しています。 容量2000Lと5000Lの小型タンクで、10~11日間、マセレーション(かもし発酵)を 行ないました。
ピノ・ノワールの果皮は、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローに比べて薄く、 タンニンも繊細なのでマセレーションに工夫が必要です。 荒々しいタンニンが抽出されないよう、手作業で調節のしやすいピジャージュ(パンチダウン)主体で、 本当に必要な時だけルモンタージュ(ポンプオーバー)を併用しました。余市のピノ・ノワールの特徴は、そのチャーミングなアロマと繊細な タンニンにあると考えています。
濃い色を追求しようと、過度なタンニン抽出を行うことは、渋味・苦味だけを強調し、味のバランスを失い、余市のテロワールを損ないます。 マロラクティック発酵(MLF)後、フレンチオーク樽(バリック、225L)で、 12か月熟成しました。新樽比率50%です。


葡萄栽培者:弘津 敏
弘津園(協働契約栽培畑)について
2014年は、平年より2週間早い融雪で、発芽も早く始まり、8月上旬まで高気温で、順調に 生育しました。
8月下旬以降は、少雨で適度な気温が収穫まで継続し、酸味を残しつつ良好に 成熟しました。 2011年に追加で植付けた樹からも収穫が得られるようになり、樹齢・土壌が異なる複雑性のある ぶどうが収穫されています。 余市の気候的特色:国内では最も冷涼な地域で、年間平均気温は8.1℃(東京は15.4℃)。 梅雨がないため、ぶどうが生育する4月から10月までの降水量が平均694mmと少なく (東京は1,111mm)、ぶどうの成熟が進みやすい。
グランポレールショップより)





(+)グランポレールショップよりセットで購入。2セット。安曇野池田ピノ・ノワールと合わせて9,720円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Bourgogne Pinot Noir Domaine de Montille 2012

Bourgogne Pinot Noir Domaine de Montille 2012
Bourgogne Pinot Noir Domaine de Montille 2012
モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’12
超特価・税別¥3800
↑なんと34%OFF!!!
輸入元定価・税別¥5,800
ACヴォルネイとピュリニー周辺畑のブドウを使用。芳醇な味わいを楽しめる。満足度の高い、いつもクラスを超えたブルゴーニュ!
ワインの店いとうより)


このワインはこちらも御覧ください。




(*)ワインの店いとうより購入。3800円(税抜)


テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kikuka Selection Obuseno Barrel Ferment Chardonnay Sur Lie Kumamoto Wine 2015

Kikuka Selection Obuseno Barrel Ferment Chardonnay Sur Lie Kumamoto Wine 2015
Kikuka Selection Obuseno Barrel Ferment Chardonnay Sur Lie Kumamoto Wine 2015
菊鹿セレクション小伏野 2015
¥5,000 外税
このキュヴェは熊本県山鹿市菊鹿町上内田にある小伏野地区にある平川農園の厳選されたシャルドネを100%使用した2015年もの。
新樽主体のフレンチオークで醗酵しシュール・リーを施し厚みを持たせた上級キュヴェの限定品です!
黄桃やアンズ,白桃のコンポートに樽由来のバニラやビスケットが綺麗に溶けた骨格のある一本。
超限定生産の1本です!
Wine Stylesより)




(+)熊本ワインのDM限定100セットで当たった。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kikuka Seseragi Chardonnay non barrel aged 2015

Kikuka Seseragi Chardonnay non barrel aged 2015
Kikuka Seseragi Chardonnay non barrel aged 2015
菊鹿シャルドネ せせらぎ2015
熊本県北部の 山鹿市菊鹿町で栽培されたシャルドネを、100%使用しています。
せせらぎの特徴は、その端正な味わい。
醸造工程に樽を使用しないことで、ぶどう本来の果実味がより表現されています。
美しく、すっきりと整った・・・というような綺麗な印象のワインです。

グレープフルーツ、白い花、白桃、洋ナシのような香りが優しく広がります。
味わいは心地よく、細かい酸味やミネラルが口の中にゆっくり感じられ、すがすがしい味わい。

白身魚のマリネに、軽い柑橘系の風味とオリーブオイルで合わせたり、鶏肉とセロリのソテー、アボカドとチーズのサラダ、白身魚のフリッター・・・いろんなお料理に合いそうです。

商品名:菊鹿シャルドネ せせらぎ
タイプ:白、辛口、さわやか
アルコール度数:13度
価格:2,365円(税込み)
川上酒店


こちらのワインはこちらこちらを御覧ください。



(+)熊本ワインのDMで100セット限定で当たった。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kikuka Cabernet Barrel Aged Kumamoto Wine 2014

Kikuka Cabernet Barrel Aged Kumamoto Wine 2014
Kikuka Cabernet Barrel Aged Kumamoto Wine 2014
菊鹿カベルネソーヴィニヨン樽熟成2014 (限定品)
熊本県山鹿市菊鹿町産のぶどう高級品種カベルネ・ソービニヨンを贅沢に使い、ゆっくりと一年間樽で熟成させた果実味あふれるバランスの良いワインです。

菊鹿カベルネソーヴィニヨン樽熟成2014
販売価格(税込): 3,600〜3,621 円
熊本ワインより)




菊鹿カベルネ 樽熟成 2014
¥3,400 外税
このキュヴェは熊本県山鹿市菊鹿町の契約農家から厳選されたカベルネソーヴィニョンを100%使った赤ワイン。
ステンレスタンクで醗酵、更にフレンチオークとアメリカンオークを使い分け、新樽で1年間熟成を経たもの。ブルーベリージャムにバニラが溶け込んだ柔らかな口当たりでバランスの良い逸品です。
限定生産の希少品です!
(赤・ミディアムボディ)

説明
【熊本ワイン】
平成11年7月に誕生した熊本ワインは設立以来熊本産の葡萄にこだわり努力を積み重ねている。
初めは4軒の契約農家からのスタートし今では20軒近くと契約をしている。
どこも渾身丁寧に葡萄を育て上げ、かつてお茶栽培で培われた農法をベースにしたりと試行錯誤し邁進している。
『地産地消』をモットーに利益追求型の大量生産ではなく造り手の愛情のこもった非加熱処理の本物を造り続けることを意識している。
高温多雨の気候の熊本は条件的には厳しいのであるがテロワールを映しだそうとする努力の賜物で果実味の豊かなワインが多く造られバランスの良いリッチなものが多く生産され、フレッシュな味わいで愛されるワイナリーとなっている。

~国産ワインコンクール主な受賞歴~
□□□ 2014 年 □□□ (4アイテム受賞)
< 銀賞・シルバー>
・マスカット・ベリーA
・マスカット・ベリーA 樽熟成 2012
< 銅賞・ブロンズ>
・菊鹿セレクション五郎丸 シャルドネ樽醗酵 2013
<奨励賞>
・ナイアガラ

五郎丸 2013

□□□ 2013年 □□□ (3アイテム受賞)
< 銀賞・シルバー>
・菊鹿セレクション五郎丸 シャルドネ樽発酵2012
・菊鹿ナイトハーベスト 小伏野シャルドネ樽発酵2012
< 銅賞・ブロンズ>
・マスカット・ベリーA 樽熟成2011

□□□ 2012年 □□□ (7アイテム受賞)
< 銀賞・シルバー>
・菊鹿シャルドネ
・菊鹿ナイトハーベスト 小伏野シャルドネ樽発酵2011
< 銅賞・ブロンズ>
・菊鹿セレクション五郎丸 シャルドネ樽発酵2011
・菊鹿シャルドネ樽熟成 2010
・熊本ワイン マスカットベリーA 赤・辛口
・熊本ワイン ナイアガラ 白・甘口
・熊本ワイン デラウェア 白・辛口

□□□ 2011年 □□□ (6アイテム受賞)
< 金賞・ゴールド>
・菊鹿セレクション小伏野 シャルドネ樽発酵2010
< プラチナ>
・熊本ワイン ナイアガラ
<銀賞・シルバー>
・菊鹿セレクション小伏野 シャルドネ樽発酵2010
・KISS KIKKA(キスキッカ) シャルドネ
・菊鹿ナイトハーベスト 五郎丸 シャルドネ樽発酵2010
< 銅賞・ブロンズ>
・菊鹿樽熟成 シャルドネ2009

このキュヴェは熊本県山鹿市菊鹿町の契約農家から厳選されたカベルネソーヴィニョンを100%使った赤ワイン。
ステンレスタンクで醗酵、更にフレンチオークとアメリカンオークを使い分け、新樽で1年間熟成を経たもの。ブルーベリージャムにバニラが溶け込んだ柔らかな口当たりでバランスの良い逸品です。
限定生産の希少品です!
(赤・ミディアムボディ)
Wine Stylesより)




(+)熊本ワインのDMで100セット限定で当たった。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Barbaresco Produttori del Barbaresco Asili Reserva 2011

Barbaresco Produttori del Barbaresco Asili Reserva 2011
Barbaresco Produttori del Barbaresco Asili Reserva 2011 Part1

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコバルバレスコ・リゼルヴァ・アジリ[2011]750ml

2016年ワインスペクテーター年間トップ100の堂々5位にランクイン
プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ
  バルバレスコ・リゼルヴァ・アジリ [2011]750ml
価格 4,980円 (税込 5,378 円) 送料別

2016年ワインスペクテーター年間トップ100の堂々5位にランクインしたアジリは、2011年のリゼルヴァの中でも最も洗練された完成度の高いワイン!!
バルバレスコより、最強の協同組合とも賞賛されている「プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ」
「プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ」は創立1958年の農業協同組合ですが、その名の通り、バルバレスコのみを手がけるプロ・ブドウ栽培者が集まって組成されているます。
51人所属の組合員が育てた葡萄をひとつにまとめ上げるのは、並大抵のことではなく、彼らは極めて真面目にワイン造りに取り組んでいる。そのことはクリュ・ワインの生産量が、15,000本に限られていることからも明らかである。バルバレスコの畑の中でも最高の畑を所有し、ミクロクリマ(微気候)の恩恵にあずかっている。

※2016年9月30日号のワインスペクテーターで「一推しのワイン」に選ばれました!
(一推しのワインとは:ワインスペクテーターの各号で最も高いスコアを獲得したワインの中から選ばれた注目に値するワイン)

畑:アジリ/南部・南西向き(2.3ha)土壌:カルシウムが豊富な石灰と粘土の混じる砂土
醸造:30℃で28日間スキンコンタクトを行いマロラティック発酵。36ヶ月大樽で熟成させた後、6ヶ月瓶熟成。
瓶詰:2015年4月 生産量:13,333本
相性の良い食べ物:パスタ、子羊・鶏などの肉料理、円やかなチーズ
コメント:濃厚で複雑味があり、洗練された上品な味わい。赤果実の香りが豊かに表れている。

2011ヴィンテージ★ワインスペクテーター96点winespectator.com 2016年9月30日
チェリー、バラの花、甘草の濃厚なアロマと、仄かなタールと煙草の香り、スパイスとミネラルの風味が口内に広がる。凝縮感があり濃厚だが、エレガントで表情豊かな味わいで素晴らしいポテンシャルを感じさせる。フィニッシュでは果実の味わい、下草、ミネラルの風味が長い余韻を残す。2018~2032年が飲み頃。生産量1,110ケース。

2011ヴィンテージ★パーカーポイント94+点eRobertParker.com #225 2016年6月
非常に明るく繊細なネッビオーロの新たな一面を見せてくれる。メントールとバルサム・ハーブの繊細なブーケが香り、野生のベリー、軽快なスパイス、青スミレ、砕いたチョークの香りが途切れなく続く。ドライで滑らかな洗練されたミネラルが全体を包み込む。キメの細かいエレガントなタンニンがよく表れている。今年リリースの他のリゼルヴァに比べると、やや小ぶりで女性的だが、力強さと長期熟成のポテンシャルを備えている。2018~2040年が飲み頃。

2011ヴィンテージ★ヴィナス95点vinous.com
このシリーズのワインで最も洗練された一品。赤果実のニュアンスが鮮やかに表れ、アジリならではのクリーミーでシルクのように滑らかな質感と素晴らしい深みが感じられる。官能的でまばゆい輝きを秘めたアジリの性質が風味豊かに感じられ、豊富なタンニンと明るいニュアンスを備えている。リリース直後から楽しめるが、長期熟成のポテンシャルも大いに備えている。アジリは、2011年のリゼルヴァの中でも最も洗練された完成度の高いワイン。飲み頃:2021年~2036年。

■2011ヴィンテージ情報■
2011年ヴィンテージは、一年を通して気候の変動が著しく、例年に比べて収穫量の低い年として記録されている。冬は、穏やかでこれといった異常気象も見られず、1月~2月は一部積雪が見られた。3月は集中豪雨に見舞われ、この雨により、早い時期から土壌に十分な水分が供給された。4月は気温が高く、ブドウの発育時期が通年よりも早い時期に開始。6月~7月は、例年よりも涼しく、何度か激しい雷雨に見舞われた。8月後半には気温の高い日が続いた。幸い、晩春から初夏にかけて降った雨により土壌に十分な水分が蓄えられていたため、ブドウの発育に影響はなかったが、成熟し始めたブドウの収量に影響し、結果、果実の重量が減量。特にバルベラ種やネッビオーロ種のようなライフ・サイクルの長い品種にとっては、9月の第一週に降った雨が幸いし、また夜間の気温低下により果実に含まれるフェノール成分のバランスが極めて良い状態になり、良く成熟したバランスの良い実を収穫することが出来た。この年の気候条件に最もよく適応した品種は、間違いなくネッビオーロ種だ。9月最終週から10月初頭にかけてワイナリーに運ばれたブドウは非常に状態が良く、伝統的なバルバレスコのワイン造りに最適な素質を備えていた。
収穫量が極めて低かったため、果実はタンニンを豊富に含み、色合いが濃く、非常に興味深いアロマを備えていた。この年のワインは、非常に力強く骨格のしっかりとした濃厚な果実の味わいが期待できる。

2010年は各クリュの個性が出ず、単一畑のワインを製造せず、村名バルバレスコのみのリリースとなりましたが、2011年は個性が良くでて非常に良い状態になりました。
(ウメムラより)





バルバレスコ・リゼルヴァ・アジリ[2011]年・蔵出し・プロドゥットーリ(プロデュットーリ)・デル・バルバレスコ元詰・ロットナンバー入り・(全生産本数13,333本)・DOCGバルバレスコ
Barbaresco Riserva Asili [2011] Produttori del Barbaresco DOCG Barbaresco
緊急速報!このワインがなんとワインスペクテーター誌2016年版の全アイテムからの年間TOP100の中のなんとベスト5(トップ100の第5位)にランキング!!しかも驚異の高評価!!獲得!!イタリア辛口フルボディ赤ワイン愛好家大注目!イタリアの偉大な赤ワインのひとつ!造り手は、世界に数ある協同組合の中でも最良のワインを造ることで有名!あの大人気!プロデュットーリ・デル・バルバレスコの超限定!単一畑(クリュ・ワイン)産高級バルバレスコ!しかも偉大なヴィンテージのみにしか9つの区域から名前を冠したクリュ・バルバレスコが造られません。(近年では'98、'02、'03年には通常のバルバレスコにブレンドされ、クリュ・バルバレスコは造られていません)この大人気“アジリ”の2011年で、ワインスペクテーター誌2016年9月30日号で「一推しのワイン」に選出!ワインアドヴォケイト誌で驚異の94+点の高評価!バルバレスコファンにはたまりません!標高280m、南向きの最高畑からの極上ネッビオーロ種を、36ヶ月間大きなオーク樽で熟成!さらに18ヶ月瓶熟成で造られる、究極単一畑産高級バルバレスコ!パーカー氏はこのアジリの2011年に「非常に明るく繊細なネッビオーロの新たな一面を見せてくれる。メントールとバルサム・ハーブの繊細なブーケが香り、野生のベリー、軽快なスパイス、青スミレ、砕いたチョークの香りが途切れなく続く。ドライで滑らかな洗練されたミネラルが全体を包み込む。キメの細かいエレガントなタンニンがよく表れている。今年リリースの他のリゼルヴァに比べると、やや小ぶりで女性的だが、力強さと長期熟成のポテンシャルを備えている。」と大注目!偉大なバルバレスコ生産者による究極フルボディ バルバレスコ リゼルヴァが、最新ヴィンテージ2011年で限定で極少量入荷!
(バルバレスコリゼルヴァアジリ2011) (プロドゥットーリデルバルバレスコ)


緊急速報!このワインが
なんとワインスペクテーター誌
2016年版の全アイテムからの年間TOP100の中の
なんとベスト5(トップ100の第5位)にランキング!
しかも驚異の高評価!
ワインアドヴォケイト誌で驚異の94+点獲得!
偉大な収穫年のみにしか造られない、
9つの区域からのクリュの
名前を冠した、究極単一畑産
クリュ・バルバレスコ“アジリ”!



世界中に数ある協同組合の中でも、最良の品質のワインを産出するとして知られるプロドゥットーリ・デル・バルバレスコは、現在60名の組合員が参加して運営されています。バルバレスコ全体の畑の面積は約500ヘクタールで、そのうちの100ヘクタールを所有しています。バルバレスコ最良の畑とされている畑が200ヘクタールほどですから、大変な割合になります。

1894年にアルバ国立醸造学校の創立者ドミニオ カヴァッツァのもとに結成された当時のメンバーはわずか9人でした。その後、1930年代に入ってからファシズムの影響を受けて、一時閉鎖されていました。その後、小規模な栽培家が生き残る道は組合の復活であると信じたバルバレスコ村の神父の先導により、1958年に19人のメンバーで再結成されました。1960年代後半になると、当時のアルバ国立醸造学校の教授ロベルト マカルソによりクリュ ワインの発想がもたらされ、1967年にラバヤとモッカガッタ、1971年にアジリをはじめとする6つのクリュ ワインが誕生します。

DOCGバルバレスコ地区は北イタリアの、ミラノから車で2時間、フランス国境から1時間半のワイン産業の盛んなピエモンテ地方に位置しています。この小さなバルバレスコ地区はバルバレスコ、ネイーヴ、トレイソの3つの村と500ヘクタールのネッビオーロの畑からなり、毎年250万本(208,000ケース)のバルバレスコを算出しています。バルバレスコはアルバの街によってバローロとは切り離され、ネッビオーロ、ドルチェット、バルベーラという3品種のブドウ畑に覆われています。ネッビオーロは最も素晴らしい場所でのみ栽培され、土質、日照、そして労働者の努力という3要素があいまって常に魔法のようなバルバレスコワインを生み出しているのです。

ブロデュットーリ・デル・バルバレスコは、所謂、協同組合であり、イタリアで最も権威あるガイド・ブック「ガンベロ・ロッソ」で最高評価の「トレ・ビッキエーリ」を獲得したこともある実力派です。56人所属の組合員が育てた葡萄をひとつにまとめ上げるのは、並大抵の力ではありません。15,000本に限られていることからも明らかでしょう。バルバレスコの畑の中でも最高の畑を所有し、ミクロクリマ(微小気候)の恩恵に預かっているのです。

■品種
バルバレスコのワインは、DOCGバルバレスコ地区で栽培されたネッビオーロ100%で造られる。13世紀からイタリアのピエモンテ地方で栽培されているこの品種は、非常に奥深い魅惑的な風味を持ち、熟成に時間がかかり、畑の土質や天候から影響を受けやすい。また、バローロのワインにも使われることで知られている。

■天候
バルバレスコ地方の天候は、暑い夏季と穏やかな春季と秋季、雪の降る寒い冬季の気候が特徴。1年間の気温の変遷は-10℃~35℃。日照時間が作物の品質に対し大きな役割をはたしており、南向き、南西向き、南東向きの畑の斜面に植樹されている。

■収穫
その年の夏の天候にもよるが、バルバレスコの収穫はバローロより少し早い9月末から10月末の間に行われる。すべての葡萄は手摘みで収穫され、葡萄の実の損傷を防ぐために小さなかごに入れてワイナリーへ運ばれる。


ロバート・パーカー氏はプロドゥットーリ・デル・バルバレスコについて
「これは、世界中で私のお気に入りの栽培者協同組合のひとつである。古くからの読者は、私が1978年のヴィンテージ以来、このワイナリーの単一畑産のバルバレスコに与えてきた称賛を知っているであろう。高品質なバルバレスコとバローロの途方もない価格を考えると、これらのワインは優良なお値打ち品である。」


バートン・アンダースン氏は「イタリアワイン」の中で
「傑出した協同組合。選り抜きのDOCGバルバレスコ(モンテフィコ、モンテステファノ、リオ・ソルド、オヴェッロ、ラバヤ、モッカガッタ、ポーラ)。」と激賞!

バルバレスコ・リゼルヴァ・アジリ
2011年

品種:ネッビオーロ種100%

この2011年ヴィンテージは、一年を通して気候の変動が著しく、例年に比べて収穫量の低い年として記録されている。冬は、穏やかでこれといった異常気象もみられず、1月~2月は一部積雪が見られた。3月は集中豪雨に見舞われ、この雨により、早い時期から土壌に十分な水分が供給された。4月は気温が高く、ブドウの発育時期が通年よりも早い時期に開始。6月~7月は、例年よりも涼しく、何度か激しい雷雨に見舞われた。8月後半には気温の高い日が続いた。幸い、晩春から初夏にかけて降った雨により土壌に十分な水分が蓄えられていたため、ブドウの発育に影響はなかったが、成熟し始めた葡萄の収量に影響し、結果、果実の重量が減量。特にバルベラ種やネッビオーロ種のようなライフ・サイクルの長い品種にとっては、9月の第一週に降った雨が幸いし、また夜間の気温低下により果実に含まれるフェノール成分のバランスが極めて良い状態になり、良く成熟したバランスの良い実を収穫することが出来た。この年の気候条件に最もよく適応した品種は、間違いなくネッビオーロ種だ。
9月最終週から10月初頭にかけてワイナリーに運ばれたブドウは非常に状態が良く、伝統的なバルバレスコのワイン造りに最適な素質を備えていた。収穫量が極めて低かったため、果実はタンニンを豊富に含み、色合いが濃く、非常に興味深いアロマを備えていた。この年のワインは、非常に力強く骨格のしっかりとした濃厚な果実味の味わいが期待できる。


ヒュー・ジョンソン氏もバルバレスコの中で
★★★3つ星高評価で、「バローロ区域の隣で、同じネッビオーロ種からつくるもうひとつの卓越したワイン。最良の状態のものは深みがあり、繊細で上質。口の中を洗い清めてくれる。4年寝かせたものはリゼルヴァ。」と激賞!し、おすすめ生産者の一つにこのプロドゥットーリ・デル・バルバレスコを挙げています。

ワインスペクテーター誌2016年版の全アイテムからの年間TOP100の中のなんとベスト(トップ100の第5位)にランキング!ワインアドヴォケイト誌で驚異の94+点の高評価!
うきうきワインの玉手箱より)


Barbaresco Produttori del Barbaresco Asili Reserva 2011 Part2



(+)ウメムラより3本購入。5,378円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken

Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken
Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken
フュルスト・フォン・メッテルニヒ

ドイツの最も有名なスパークリングワインの為のドイツの最も素晴らしいワイン
1816年7月1日オーストリアの皇帝フランツ1世は、メッテルニヒ-ヴィンブルクの王子で、彼の宮廷議長兼首相のクレメンス・ヴィンツェスラウスに、ウィーン会議での彼の功績に対する贈り物として、フルダ近郊のドメーヌ・ヨハニスベルクを送った。実に高貴なプレゼントであるが、というのもヨハニスベルクが造るリースリングワインは、特に高品質であり、ヨハニスベルク自体1775年のシュペートレーゼ(遅摘みの葡萄で造ったワイン)、1787年のアウスレーゼ(熟した葡萄を厳選して造った甘口ワイン)の発見で、世界中のワイン愛好家の間で例外的な評判を享受していたのである。王子はシュロス・ヨハニスベルクで葡萄栽培の存続と促進に全力を投じた。
しかし力強い酸味を持つ彼らの高品質のリースリングが、スパークリングワインを造るのに適していると気づいたのは、ヨハン・ヤコブ・ゾーンレインであった。
このことについて彼は次のように書いている。「ライン産のリースリングは葡萄の女王であり、これからもそうあり続ける。優れたヴィンテージのリースリングワインで造られたスパークリングワインに匹敵するものはなく、これを越えるものもない。」このスパークリングワインの生産にリースリングのベースワインを使用することで、シャンパーニュとは異なる風味を生み出すが、品質では変わらない。
ヨハニスベルガーが描かれたワインラベルは、1925年にフュルスト・フォン・メッテルニヒ シュロス・ヨハニスベルガー ゼクトという名称の新しいスパークリングワインのブランドに初めて取り入れられた。このようにして1864年以来キュヴェとして既に存在していたワインのブランドネームが立ち上げられた。
1934年以降この銘柄はフュルスト・フォン・メッテルニヒと呼ばれている。今日ある様なトレードマークのラベルは、宮廷芸術家サー・トーマス・ローレンスがメッテルニヒ-ヴィンブルクの王子クレメンス・ヴィンツェスラウス・ローザールの肖像画を描いた後、1971年にこれを取り入れたものが作られた。リースリングの酸味が爽やかでスティーリーな品質が、スパークリングワイン“フュルスト・フォン・メッテルニヒ”を比類なき味わいにしている。

フュルスト・フォン・メッテルニヒ リースリング ゼクト トロッケン
¥3,680
説明
追加情報
少々緑色がかった中位の濃さのレモン色をし、連続的に出てくる泡が伴う。魅了する様でエレガントなリースリングのブケは、ハニー、火打石や花の様な繊細なアクセントを持つ。まろやかで柔らかく、こくがあると同時にエレガントで、この品種の魅力的で酸味の爽やかな、スティーリーな特徴を良く捕らえている。きれいにバランスが取れ、印象的でスタイリッシュな後味を持つ。JKW10/139774506
受賞歴:
● 2016年6月4日付 日経プラス1 「キリッとした後味 スパークリングワイン・ベスト10」で第3位
● ヴィノテーク 2004年6月号 このワインに注目! 17ポイント
● 銅賞 - ジャパン ワイン チャレンジ 2005
● 銀メダル - ベルリナー・ワイン・トロフィー
● 金メダル - ベルリン・ワイン・トロフィー2016
生産地の詳細情報: ドイツ >>ライン地方
生産者の詳細情報: フュルスト・フォン・メッテルニヒ
ピーロートジャパンオンラインショップより)





NIKKEIプラス1何でもランキング2016「夏を潤すスパクリングワイン」第3位。ドイツの13限定産地から収穫されたリースリング100%使用。
【NIKKEIプラス1何でもランキング2016】フュルスト・フォン・メッテルニヒ・リースリング・ゼクト・トロッケン(Furst von Metternich Riesling Sekt Trocken)

本体価格 3,410円 (税込価格 3,682円)
生産地 ドイツ ラインガウ地方
ワイナリー フュルスト・フォン・メッテルニヒ
容量 750ml
タイプ 白泡
味わい やや辛口
味のバランス 
甘味 甘み
酸味 酸味
果実味 果実味
香り リンゴグレープフルーツ
ぶどう品種 リースリング
商品説明
ライン川の北側、ヴァイスバーデンとロルヒの中間に位置し、世界でも有名なライガウ・ワインを産出するエリア。リースリングの栽培面積はこのエリアの84%、3,000haを占める。ライン川の上のなだらかな丘に、畑は南向きに面しており、ブドウの熟成には理想的。熱を蓄積する特別な基盤土壌を持ち、湿度が常に一定に保たれるのも特徴。世界的にも有名なシュロス・ヨハニスベルク・リースリングは紀元前1720年にここで栄えました。フルスト・フォン・メッテルニッヒのスパークリング・ワインの起源もここで発見されました。ドイツの13限定産地から収穫されたリースリングを100%使用。リンゴ、グレープフルーツ、桃、アプリコット、カリン、パイナップル、マンゴー、数種のハーブの香りが特徴。魅了するエレガントなリースリングのブーケを感じます。

画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。
おすすめ
合う料理 いくら丼、うに丼、海鮮丼 飲み頃温度 4~8度
備考
インポーター ピーロート・ジャパン キャップタイプ コルク
ラベル表示 酸化防止剤(亜硫酸塩)
AEON de WINEより)




ドイツの最も有名なスパークリングワインの為の
ドイツの最も素晴らしいワイン

1816年7月1日オーストリアの皇帝フランツ1世は、メッテルニヒ-ヴィンブルクの王子で、彼の宮廷議長兼首相のクレメンス・ヴィンツェスラウスに、ウィーン会議での彼の功績に対する贈り物として、フルダ近郊のドメーヌ・ヨハニスベルクを送った。実に高貴なプレゼントであるが、というのもヨハニスベルクが造るリースリングワインは、特に高品質であり、ヨハニスベルク自体1775年のシュペートレーゼ(遅摘みの葡萄で造ったワイン)、1787年のアウスレーゼ(熟した葡萄を厳選して造った甘口ワイン)の発見で、世界中のワイン愛好家の間で例外的な評判を享受していたのである。王子はシュロス・ヨハニスベルクで葡萄栽培の存続と促進に全力を投じた。

しかし力強い酸味を持つ彼らの高品質のリースリングが、スパークリングワインを造るのに適していると気づいたのは、ヨハン・ヤコブ・ゾーンレインであった。

このことについて彼は次のように書いている。「ライン産のリースリングは葡萄の女王であり、これからもそうあり続ける。優れたヴィンテージのリースリングワインで造られたスパークリングワインに匹敵するものはなく、これを越えるものもない。」このスパークリングワインの生産にリースリングのベースワインを使用することで、シャンパーニュとは異なる風味を生み出すが、品質では変わらない。

ヨハニスベルガーが描かれたワインラベルは、1925年にフュルスト・フォン・メッテルニヒャー シュロス・ヨハニスベルガー ゼクトという名称の新しいスパークリングワインのブランドに初めて取り入れられた。このようにして1864年以来キュヴェとして既に存在していたワインのブランドネームが立ち上げられた。
1934年以降この銘柄はフュルスト・フォン・メッテルニヒと呼ばれている。今日ある様なトレードマークのラベルは、宮廷芸術家サー・トーマス・ローレンスがメッテルニヒ-ヴィンブルクの王子クレメンス・ヴィンツェスラウス・ローザールの肖像画を描いた後、1971年にこれを取り入れたものが作られた。リースリングの酸味が爽やかでスティーリーな品質が、スパークリングワイン“フュルスト・フォン・メッテルニヒ”を比類なき味わいにしている。

★限界価格に挑戦★
【ギフト】【スパークリングワイン】
【フェルスト・フォン・メッテルニヒ】
リースリング・ゼクト・トロッケン[NV](スパークリングワイン)
750ml ドイツ FURST VON METTERNICH RIESLING SECT
価格 2,600円 (税込 2,808 円) 送料別

アペラシオン(産地) : ドイツ
ワイン名(ラベル表示) : FURST VON METTERNICH RIESLING SECT
内容量 : 750ml

以前、ヴィノテーク誌で世界最高ソムリエが注目すべきワインと評価しています。
リースリング種からつくられるスパークリングワイン。とても上品でやわらかい味わい。繊細で美味しいワインです。
以前ニッカウヰスキーが扱っていたころは、現在より1000円程高い値段だったような気がします。

非常にオススメの本格スパークリングワインです。
少々緑色がかった中位の濃さのレモン色をし、連続的に出てくる泡が伴う。魅了する様でエレガントなリースリングのブケは、ハニー、火打石や花の様な繊細なアクセントを持つ。
まろやかで柔らかく、こくがあると同時にエレガントで、この品種の魅力的で酸味の爽やかな、スティーリーな特徴を良く捕らえている。
きれいにバランスが取れ、印象的でスタイリッシュな後味を持つ。

ぶどう品種:リースリング100%
かわばた酒店より)



ピーロート・ジャパンより購入。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20161221/1482321688
抜栓日:2016年12月21日
インポーター:ピーロートジャパン
栓:通常のコルク
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのスパークリング用を使用しました。
 
色:やや山吹色にちかいイエロー。
泡立ち:なかなか細やかな泡で、持続性がありました。
 
香り:最初さほど香りがありませんでしたが、徐々にややねっとりとした第一印象。青りんご、蜂蜜の香り。コンポート系のニュアンス。娘さんは「お風呂とかプールのモワッとした感じの匂い」と言っていました。これって、塩素系っていうかミネラルっぽさをかんじているのかな?
味わい:青りんごや蜂蜜のフレーバーが口の中に広がります。味わいに厚みを感じ、つまってるな~という印象。ほのかな残糖は感じますが、基本辛口のトロッケン。酸は結構フレッシュでリンゴ酸の要素を感じました。リースリングに起因すると思われる白い花の印象もあります。飲み口はしっかりしているのですが、爽やかさも、とくに酸のためか感じられ、飲みやすい美味しいスパークリングです。ゼクトって初めて飲んだんですが、いいですね~。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Monpe Mont 2016

Monpe Mont 2016
Monpe Mont 2016 part1
2016 Monpe
「ドメーヌ 【モン】が醸造した【ペ】ディアンでモンペです」
自園のワインができるまではドメーヌの位置する登地区の契約農家さんが育てたナイアガラ、バッカス、ケルナーを使用し、混醸して微発泡の白(オレンジ?)ワインを醸造し販売していきます。前述いたしましたが、エチケットの下部には「Domaine」の部分はなく「Mont」のみが表記されます。
ナイアガラの契約農家さんは昨年までの農楽蔵のラロの原料となっていました。その原料をドメーヌモンが引き継ぐ形でレシピも教えていただきアレンジを加え醸造しました。
今回販売するMonpe(モンペ)はナイアガラ86%、バッカス8%、ケルナー6%を混醸してます。葡萄は全て余市町登地区で栽培されたもののみを原料にしており、野生酵母にて自然発酵しています。亜硫酸は一切使用しておりません。また発酵由来の炭酸ガスも閉じ込められており微発泡性です。
ナイアガラは1/4を1週間、2/4を2週間、残りの1/4を3週間、かもし発行してあります。そのためオレンジがかった色になっており若干濁っております。ナイアガラ特有の香りはやや控えめになり、ピーチやパイナップル、バナナやメロンといった香りが感じられます。程よい酸と優しい口当たり、余韻は短めですがあらゆるシーンで気軽に楽しめるワインに仕上がったと思います。小さめのグラスを用いると一段と美味しく感じます。
亜硫酸を添加していないため、なるべく早くお召し上がりくださいますようお願いいたします。また無ろ過、無清澄の為、若干濁っておりますが自然のものなので安心してお飲みいただけます。
できる限り14℃以下、少なくとも20℃以下で保存していただき、抜栓前にはしっかりと冷やしてください。

●品種:ナイアガラ、バッカス、ケルナー
●葡萄産地:北海道余市町登町葡萄 100%
●生産本数:約2,700本
●その他:無ろ過、無清澄、亜硫酸添加無し


ドメーヌ・モンのサイトはこちら:http://domainemont.com/


Monpe Mont 2016 part2





(+)小林酒店より購入。1,800円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード