FC2ブログ

Merlot Lucy M 2016

Merlot Lucy M 2016
Merlot Lucy M 2016
ルーシーマルゴーのメルロ。
例によって、あんまり情報ありません。
 
メルロー 2016 赤 

ルーシー マルゴー メルロー 2016 赤      

生産者:アントン ファン クロッパー
生産地:南オーストラリア州、アデレイド・ヒルズ(アデレードの東側)
品種:メルロー100%
アルコール度数:%
容量:750ml
輸入元:ワインダイヤモンズさん
佐藤商店より)





(+)クラブパピーユにて購入。4,968円。
スポンサーサイト



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Pinot Noir Claus Preisinger 2015

Pinot Noir Claus Preisinger 2015
Pinot Noir Claus Preisinger 2015 part1
ピノ・ノワール [2015] クラウス・プライジンガー
Claus Preisinger Pinot Noir

価格
5,800円 (税込 6,264 円) 送料別
赤・750ml
ピノ・ノワール100%(樹齢15~30年)

50%除梗、50%全房。。500Lのオープントップの樽で発酵開始、10日間スキンコンタクト。古樽で7ヶ月熟成。瓶詰め前に亜硫酸塩を10mg/L追加。無濾過・無清澄。

フルーティーでジューシーだが繊細なエレガンスを感じるピノ。チェリーの香り、ミネラル、イチゴ、ハーブ、オレンジの皮のジャムのニュアンス。ブルゴーニュというよりジュラのピノのスタイルに近い。少し温度低めでどうぞ。

ミニマルすぎるラベルとキャップのマークに心を掴まれて 初めてクラウスのワインを試飲した時は、エキスたっぷりの濁りスキンコンタクトの美味しさに衝撃を受け、初めて蔵を訪問したときは突然平原にあらわれた宇宙船を思わせるミニマルなコンクリートの醸造所にも衝撃を受けました。殆どのワインがサンスフル(亜硫酸無添加)、無清澄・無濾過で造られていますが、綺麗でバランスが良くどれも大変美味しく飲めます。同じブルゲンランド州のグート・オッガウのワインを飲んでオーストリアの葡萄品種を好きになった方にもおすすめです。(輸入元案内より)
MARUYAMAYAより)

Pinot Noir Claus Preisinger 2015 part2





(+)MARUYAMAYAより購入。5,800円(税別)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kalkundkiesel Weissweincuvee Claus Preisnger 2016

Kalkundkiesel Weissweincuvee Claus Preisnger 2016
Kalkundkiesel Weissweincuvee Claus Preisnger 2016 part1
カルクウントキーゼル・ワイス [2016] クラウス・プライジンガー
Claus Preisinger Kalkundkiesel Weiss Wein Cuvee

価格
4,000円 (税込 4,320 円) 送料別
白・750ml
ワイスブルグンダー(ピノ・ブラン)60%、グリューナー・ヴェルトリーナー30%、シャルドネ10%のブレンド(平均樹齢20~40年)

100%除梗、14日間のスキンコンタクト。セミカルボニック、直接プレスで自然発酵。225~-1,200Lの樽で熟成。亜硫酸塩添加せずに瓶詰め。無濾過・無清澄。

土壌が与える複雑さ(KALK(石灰)とKIESEL(小石)が特徴であり、ワイン名にもなっている。涼しい年のヴィンテージで酸とフレッシュさがあるが、パンノニア気候の影響でトロピカルな果実感とハーブを感じる。スキンコンタクトによるざわざわ感と深みとミネラルが同居するとてもスペシャルなワイン。食事によく合う。

ミニマルすぎるラベルとキャップのマークに心を掴まれて 初めてクラウスのワインを試飲した時は、エキスたっぷりの濁りスキンコンタクトの美味しさに衝撃を受け、初めて蔵を訪問したときは突然平原にあらわれた宇宙船を思わせるミニマルなコンクリートの醸造所にも衝撃を受けました。殆どのワインがサンスフル(亜硫酸無添加)、無清澄・無濾過で造られていますが、綺麗でバランスが良くどれも大変美味しく飲めます。同じブルゲンランド州のグート・オッガウのワインを飲んでオーストリアの葡萄品種を好きになった方にもおすすめです。(輸入元案内より)
MARUYAMAYAより)

Kalkundkiesel Weissweincuvee Claus Preisnger 2016 part2



(+)MARUYAMAYAより購入。4,000円(税別)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kalkundkiesel Rot wein cuvee Claus Preisinger 2016

Kalkundkiesel Rotweincuvee Claus Preisinger 2016
Kalkundkiesel Rotweincuvee Claus Preisinger 2016 part1
Claus Preisinger クラウス・プライジンガー

ミニマルすぎるラベルとキャップのマークに心を掴まれて初めてクラウスのワインを試飲したときは、エキスたっぷりの濁りスキンコンタクトの美味しさに衝撃を受け、初めて蔵を訪問したときは突然平原にあらわれた宇宙船を思わせるミニマルなコンクリートの醸造所にも衝撃を受けました。殆どのワインがサンスフル(亜硫酸無添加)、無清澄・無濾過で造られていますが、綺麗でバランスがよくどれも大変美味しくいただけます。同じブルゲンランド州のグート・オッガウのワインを飲んでオーストリアの葡萄品種を好きになった方にもおすすめです。(輸入元案内より抜粋)
Claus Preisinger クラウス・プライジンガーワイン造りの最大の魅力は素材を使って文化を表現できること。
ワインメーカーになっていなければシェフか建築家になりたかった。

1980年、ハンガリー国境そばのブルゲンラント州の州都アイゼンシュタットに生まれる。実家は混合農家。「家業とはちょっと違うジャンルの農業、かつ家から離れられる」という理由からウィーン近郊の醸造学校へ。米ソノマ・ヴァレーのワイナリーで研修の後ブルゲンラントの重鎮ハンス・ニットナウスのアシスタント・ワインメーカーを務めながら、2000 年初ヴィンテージで 自分のブランドを立ち上げ、〈Paradigma2000〉が、ワイン専門誌『Falstaff』の赤ワイン(ブレンド)部門で2 位に。2004年独立。2006年からビ オディナミに転向(ビオディナミ団体Respektメンバー)。2015年から、ナチュラル・ワインのイベントRAWに参加している。
Claus Preisinger クラウス・プライジンガー クラウス曰く「僕のワインに必要なのは、葡萄と僕。以上!」。もちろん使うのは自分の育てた葡萄だけ。その土地の個性を反映した葡萄を育てたいからと、5つの村にまたがる64か所もの区画(7アールから2haまで)をランドローヴァーで、日々駆け回っています。
Claus Preisinger クラウス・プライジンガー 畑があるのは、ウィーンから南東方向に車で約1時間半、ハンガリーとの国境近くのブルゲンラント地方。ヨーロッパ最大の内陸湖ノイジドラー湖の北側で、DAC(Districtus Austriae Controllatus。原産地統制呼称)でいえば、アルプス山脈の東端にあたるライタ丘陵に向かってスロープが続く〈ライタベルク〉(プルバッハ、ブライテンベルク、ヴィンデンの3つの村)と、プスタ(ハンガリー平原)の一部である平地の〈ノイジドラーゼー〉(ゴルスとヴァイデンのふたつの村)にあたります。おおまかにいうと、前者はライムストーンやシスト土壌でエレガントな葡萄、後者はサンディロームに小石やチョークが交じる土壌でパワフルな葡萄ができるそう。
Claus Preisinger クラウス・プライジンガー 90%が黒葡萄で、割合の多いものから順に、ブラウフレンキッシュ、ツヴァイゲルト、ピノ・ノワール、ザンクトラウレント、メルロ。白葡萄はグリューナー・ヴェルトリーナーやピノ・ブランなどを栽培。ビオディナミの生産者団体リスペクトに加盟する前から、ルドルフ・シュタイナーの理論を指針としていたクラウスは、「葡萄は人間以上に自分(葡萄自身)を知っている。だから必要以上に手を掛けず、プロブレムがあったときだけ対処する」をポリシーとしています。

クラウス・プライジンガーに初めて会ったのは2010年春。オーストリア最大のワインの祭典ヴィエ・ヴィナムに行くにあたり、おもしろい生産者を訪ねたいと探したところ、ワイン専門誌『Falstaff』などの華麗な受賞歴で“ライジングスター”と評判の若手生産者に興味が湧いたのでした。

Claus Preisinger クラウス・プライジンガー 教えられた住所を頼りに、ハンガリー国境近くノイジドラーゼー地区へと車を走らせると、目の前に忽然と現れたのは、安藤忠雄?みたいな巨大なコンクリートのワイナリー。迎えてくれたのは、挑戦的な目をしたジーンズ腰ばきの30歳。ワインボトルのラベルは、白地にグレイの文字で“Claus”と書かれているだけ。すべてがミニマルでカッコイイけれど、オレ様的オーラがちょっと?? と思ったものでした。

作柄のよい年だけ造るブラウフレンキッシュ100%のシングルヴィンヤードのワイン(ビュール2007)は、バラやスイカズラなどの華やかな香りと、はつらつとした酸味が印象的ながら、薄い赤好きの私には、後味のどっしり感が気になりました。

しかしフランスのヴァン・ナチュールとの出会いから、クラウスのワインはどんどんナチュラルに。そしてしだいに頬がふっくらし、いつしか性格も円く付き合いやすい人になっていきました。ワインがナチュラルになった理由は、「コンヴェンショナルなワインは退屈だから」とのこと。ワイン造りも人生も、直感を大事にするのがクラウスです。

畑仕事は「超」ストイック。コンポストまで自作する生産者はなかなかいま せん。彼が「オレの黒い“金”」と呼ぶのは、父の農場の馬と国立公園の牛の糞、それに湖の葦を混ぜて造ったコンポスト。1haもの空間に広がる熟成中の堆肥の前に立ち「Man and shit!」と満面の笑顔を見せていました。

ワイン造りの最大の魅力は「素材を使って文化を表現できること。ワインメーカーになっていなければシェフか建築家になりたかった」そうです。常に新しいアプローチで人を驚かせたいというクラウス。いまはロゼの可能性を探っているとのこと。楽しみですね(ライター中濱潤子)


カルクウントキーゼル・ロット [2016] クラウス・プライジンガー
Claus Preisinger Kalkundkiesel Rot Wein Cuvee
価格
4,000円 (税込 4,320 円) 送料別
赤・750ml
ブラウフレンキッシュ、ツヴァイゲルト、サン・ローラン、ワイスブルグンダー、グリューナー・ヴェルトリーナー、ヴェルシュリースリングの赤白品種のブレンド(平均樹齢45年)

50%除梗、50%房。5~10日スキンコンタクト。古いオーク樽とアンフォラでで熟成。亜硫酸塩添加せずに瓶詰め。無濾過・無清澄。
フィールドブレンドの赤白品種混醸の赤ワイン。KALK(石灰)とKIESEL(小石)のバランスと、わずかに混じる白ぶどうの優しさが特徴。赤いベリー系の香り、心地よいフローラルな香りを伴う。とても涼しいヴィンテージで、酸とフレッシュネスが料理に良く寄り添う。

ミニマルすぎるラベルとキャップのマークに心を掴まれて 初めてクラウスのワインを試飲した時は、エキスたっぷりの濁りスキンコンタクトの美味しさに衝撃を受け、初めて蔵を訪問したときは突然平原にあらわれた宇宙船を思わせるミニマルなコンクリートの醸造所にも衝撃を受けました。殆どのワインがサンスフル(亜硫酸無添加)、無清澄・無濾過で造られていますが、綺麗でバランスが良くどれも大変美味しく飲めます。同じブルゲンランド州のグート・オッガウのワインを飲んでオーストリアの葡萄品種を好きになった方にもおすすめです。(輸入元案内より)
MARUYAMAYAより)

Kalkundkiesel Rotweincuvee Claus Preisinger 2016 part2




(+)MARUYAMAYAより購入。4,000円(税別)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Himmel auf Erden Rose Christian Tschida 2014

Himmel auf Erden Rose Christian Tschida 2014
Tschida Christian Himmel Auf Erden Rose
クリスチャン・チダ Christian Tschida

必ず感動の域に達して頂けるワインです!
スタッフ久仁平(息子)がこの2年で一番感動したクリスチャン・チダ!
 『これ、うちで取り扱いたいんだけど。。』と私に言った久仁平。
当店の仕事を始めてやっと2年になる彼は、毎月5,6社の試飲会にお邪魔しています。
そんな中で出会ったこのクリスチャン・チダに『久しぶりに感動したワイン!』と言うのです。

そこまで言われたら、私も飲まずにはいられませんよね。
飲んでみたら、本当に凄いんです!!!
グラスに注ぐ時からワクワクしていた私なのですが、 口に入った瞬間ハイテンションな姿にビックリ!

甘み、果実、酸、アロマ、すべての要素がギュッと詰まっていて、おまけにエネルギッシュ。
もう、もう、『美味しい!美味しい!凄いワインだねぇ。』の連発でした。

非の打ちどころがないワインって、こういうのを言うのでしょうね。
ちなみに…このクリスチャン・チダは今世界でナンバーワンと言われているコペンハーゲンのNOMAにもオンリストされています。

確かにデイリー感覚の価格ではないのですが、 皆様にも是非召し上がって頂きたいワインの登場です!

このワインを造ってくれるチダ家は数世代にわたり、オーストリアのこの地でブドウ栽培をしてきましたが、クリスチャンの父君はかなり強い味わいの赤ワインを造っていました。
クリスチャンはグラフィックデザイナーの仕事をしていましたが、2007年に10haの畑を継ぎました。

彼はまるでにわかに現れた雷のように仕事をし、 1年以内で全てを「クリスチャン・チダ流儀」に造り変えてしまいました。
ノンフィルターのナチュラルな造りで、ハーブ香を感じさせる、 軽やかでフレッシュだがエネルギッシュなワインを造ったのです!

日中、あまりにも暑い日は、夜間に収穫を行っています。
『私が常々考えていることは“Laisse Faire”「レッセ・フェール」、自由放任です。 古木のポテンシャルを引き出し、静かに成り行きに任せること、 これをモットーに、ワインをそっと静かにしておきます。 そうすることで彼らは、内面的バランスに到達するのです。』
このようにクリスチャンは言います。

栽培醸造学校に通ったことはなく、父と祖父、そしてロワールとブルゴーニュでの滞在から、ワイン造りを学びました。
人々にエネルギーを与え、心を楽しませる純粋なワインを造ること。
これが彼のモットーのようです。


ヒンメル・アウフ・エーアデン ロゼ[2014]クリスチャン・チダ Himmel auf Erden rose Christian Tschida

価格 4,980円 (税込 5,378 円) 送料別

とろける蜜っぽさとシュッとした酸!
ロゼ好きのスタッフが一発K.O.な王道ロゼ!

開けたては微かなガス感を感じます。このガスで巻き上げられる、野趣あふれる完熟ベリー・柑橘系の香りに蜜っぽいトロっとした甘い香りが広がります。

香りからは甘みを感じるキュートな印象かと思いきや…
シュッとした酸が主役でドライ!なのに旨みの波♪

当然、キュートな果実味もあるのですが、微かなタンニンと一緒にキレイな酸を彩るアクセント。
酸のドライな魅力と円みと圧力のある旨みの波状攻撃にロゼ好きなら感動すること間違いナシです!!
DATA
土壌:砂利質土壌 植樹年:1998年 SO2:15mg/L未満
品種 ビオ/ロゼ:カベルネ・フラン
インポーター:ラシーヌ
容量 750ml
産地 オーストリア ブルゲンラント
リカーMORISAWAより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171207/1512609306
ブレリアスにて

抜栓日:2017年12月6日
ロゼということでしたが、結構色の付いたロゼルージュ。香りは、アセロラやラズベリーの心地よい香りで、ミネラルっぽさもしっかりしています。味わいも果実味が豊富で、酸はさわやか。次の一杯にすぐ手が届いてしまう、そんなワイン。これ、飲んで品種とか考えても、全然分かりませんが、ロゼだからなのか、よくいうピーマンっぽさは全然ありません。moritayaさんのサイトには「力強くさわやかで、激しい勢いをも感じさせる。」とありますが、まさにそんな印象のワイン。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Beaune 1er Cru les Chouacheux Domaine Chantal Lescure 2004

Beaune 1er Cru les Chouacheux Domaine Chantal Lescure 2004
Beaune 1er Cru les Chouacheux Domaine Chantal Lescure 2004
ボーヌ プルミエクリュ レ・シュワショ 2004 赤 シャンタル・レスキュール
Beaune 1er les Chouacheux 2005 (Chantal Lescure)
グラマラスな厚みあるボディ!ぽってりとした果実の旨みあふれるピノノワールがお好みなら、ぜひ飲んで頂きたいワイン♪
ドメーヌ・シャンタル・レスキュールは2009年にフランス国家認証機関「カリテ・フランス」よりビオロジックの認証を受ける、除草剤・化学肥料を一切使用しない完全有機栽培の生産者。この「シュワショ」の特徴はなんといってもそのボディの「豊満」さ!芳醇で、果実の風味とグラマラスな厚みが充分に感じられます。焦がしたベリーの香りとタンニンの細やかさが常に感じられ、そのぽってりとした旨みと適度なボリューム、シルキーなタンニンとエレガントな酸のバランスは、、まさに「虜になっちゃう」ワインです。

ネット価格 ¥6,000 (税別)
ワインデータ
生産国 フランス
産地 ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ
クラス プルミエクリュ
タイプ 赤
ボディ フル
生産年 2004
品種 ピノノワール
在庫 0
商品コード 53037
1本容量 750ml
幸田ワインハウスより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171207/1512609307
ブレリアスにて

 

抜栓日:2017年12月6日

結構濃い印象のルビーですが、照明がやや暗めのためよく分かりません。冷えた温度から飲み始めましたが、さすがにプルミエ・クリュ、飲みくちにピュアさと透明感がしっかりと出ていて、また熟成した樽がほどよく溶け合っているので、腐葉土っぽい熟成感がとてもセクシーに感じられます。味わいにも雑味がなく、タンニンはシルキーで美味しい!ありがとうございます。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Bourgogne Pinot Noir Parent 2015

Bourgogne Pinot Noir Parent 2015
Bourgogne Pinot Noir Parent 2015
Domaine Parent Bourgogne Pinot Noir Selection Pomone 2015
2009年に一度リリースされたパランの新しい試みとなるスペシャル・キュヴェです。果実の女神の名前であるポモーヌはポマールの語源にもなっています。このセレクション・ポモーヌは村名区画も含めて成熟度の高いぶどうを選んで造られています。ポマール・ノワゾンを含む古木のセレクション。

ドメーヌ パラン
1803年パラン家のドメーヌはポマールに設立されました。今日、ドメーヌはパラン家の姉妹であるアンヌとカトリーヌによって運営され、17世紀に始められた一族のワイナリーの伝統を継承しています。畑はおよそ10ヘクタールに渡り、その大部分はコート・ド・ボーヌの赤ワインを産出します。パランが最も力を入れているのはポマールのワインですが、コルトン、ラドワ、ボーヌ、モンテリーといったアペラシオンも生産されています。

アンヌ・パランは地元に密接な関わりを保ち、高い評価を受けています。現在はBIVB(ブルゴーニュワイン委員会)のコミュニケーション部門長を務めています。ドメーヌ・パランのワイン造りの信条は、ピュアで複雑な構造を持ち、エレガントで力強い味わいを備えていることです。その卓越したワインの質は、一族に受け継がれた厳格な仕事の結晶だと言えるでしょう。

ドメーヌ パラン ブルゴーニュ ピノ・ノワール セレクション ポモーヌ 2015
インポーター オルヴォー
容量 750 ml
タグ ブルゴーニュ, 赤ワイン, フランス, ピノ・ノワール
ピノ・ノワール100%。除梗、14日のマセラシオン。清澄せず、全て古いドゥミ・ミュイで熟成。
Lextより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171207/1512609304
竹八にて

 

抜栓日:2017年12月6日

これは、ブランドではありません。やや濃い目の輝きのあるルビー。色合いがとても綺麗です。ブルーベリーやブラックベリー系のしっかりとしたベリー香とまろやかな樽香のマッチングが、フランスなんだろうな~と連想させます。さほど土っぽいニュアンスは感じませんでしたが、vinntageによるのか、果実味がとても豊富で、ある意味ピノ・ノワールの教科書的なワインだと思いました。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Kershaw Clonal Selection Elgin Syrah 2014

Kershaw Clonal Selection Elgin Syrah 2014
Kershaw Clonal Selection Elgin Syrah 2014
エルギン・シラー・クローナル・セレクション[2014]年・リチャード・カーショウ・ワインズ・W.Oエルギン
Elgin Syrah Clonal Selection [2014] Richard Kershaw Wines W.O elgin
南アフリカワイン愛好家垂涎!高級シラーファン大注目!年産僅か5781本のみ!マスター・オブ・ワインのリチャード・カーショウ氏が南アフリカ屈指のクール・クライメント“エルギン”の地で手掛ける南ア産の秘宝プレミアムワイン!造り手は、2011年、南アフリカで最初のマスター・オブ・ワイン(MW)となったリチャード・カーショウ氏!イギリスでシェフとして成功した後、1999年に南アフリカ移り住み、ワイン造りをスタート!その後、2009年まで醸造家の一員として、Mulderbosch Wine、Kanu Wineで経験を積み、遂に2012年、集大成ともいえる自身のワイナリー「リチャード・カーショウ・ワインズ」を西ケープ州のオーバーヴォーグ地区に位置する、エルギンで設立!設立後間もないワイナリーですが、今や南アフリカを代表するブティック・ワイナリーとなったリチャード・カーショウ・ワインズ!自らが目標とするワインを完成させるべく、地質の調査を行い地形・土壌毎に小ブロックに畑を区分けし、更にそれぞれのブロックの気候・地質特徴に合わせ、最適なクローンを厳選し栽培!緻密なまでのワイン造りはまさに超越した経験と知識を持つMWらしい、全てに妥協を許さない完璧を極めたもの!ずばりリチャード・カーショウ・ワインズのエルギン・シラー!3つの特徴を持った土壌であるトゥクル土壌(50%礫・25%風化した粘土・25%砂)「エレガンス、フレッシュさ、アロマを与える」、コウエ・ボッケヴェルド頁岩土壌「骨格と凝縮感を与える」、テーブルマウンテン砂岩由来の砂と石の土壌「繊細さと豊かな果実味を与える」の3つの異なる土壌からのシラー100%を天然酵母のみで開放槽による主発酵後、オーク樽にてMLF!フレンチオーク樽で17ヶ月熟成(新樽比率38%、228L&500L)で造られる究極フルボディ辛口赤ワイン!エルギンの冷涼な気候と選び抜かれたクローンによって生み出されるリチャード・カーショウ・ワインズのエルギン・シラーは、エレガンスの極みともいえる見事な果実味とストラクチャーは圧巻!黒果実やヨード、薬草や黒胡椒のフレッシュで調和の取れた味わいを引き出す繊細なタンニンに支えられた緻密なスタイルのワインが特徴!冷涼な2014年は更にゆっくりとブドウが成熟し、最もエレガントで厳格なシラーが誕生したMVカーショウ氏も自ら大絶賛のヴィンテージで限定で少量入荷!(MVから飲まれる前は、デキャンタージュをおすすめとのこと)
(エルギンシラークローナルセレクション2014) (リチャードカーショウワインズ) (WOエルギン) (南アフリカ赤ワイン辛口フルボディ)

年産僅か5781本のみ!マスター・オブ・ワインのリチャード・カーショウ氏が南アフリカ屈指のクール・クライメント“エルギン”の地で手掛ける南ア産の秘宝プレミアムワイン!

エルギン・シラー・クローナル・
セレクション2014年

■ 使用品種:シラー100%
■ 樹齢:約15年
■ 生産量:5781本
■ 醗酵:天然酵母のみで開放槽による主発酵後、オーク樽にてMLP
■ 熟成:仏産オーク樽で17ヶ月(新樽比率38%、228L&500L)
■ クローン選択:SH9c、22、99
・トゥクル(50%礫・25%風化した粘土・25%砂)⇒エレガンス・フレッシュさ、アロマを与える
・コウエ・ボッケヴェルド頁岩⇒骨格と凝縮感を与える
・テーブルマウンテン砂岩由来の砂と石⇒繊細さと豊かな果実味を与える

エレガンスの極みともいえる見事な果実味とストラクチャーは圧巻!黒果実やヨード、挽きたての白コショウなどの爽やかな印象のシラー。ワイン全体の調和を上げる、きめ細やかでありながら整ったタンニンの繊細で緻密なスタイル。


元シェフ、リチャードのベアリングのポイント
しっかり味のついた旨みたっぷりの肉料理はワインをよりフルーティーに感じさせてくれ、脂はタンニンをより滑らかに感じさせてくれます。クミンやコショウなどのスパイスや梅のソースなどを使った料理はワインの果実味を更に引き立たせてくれます。ビーフ・キャセロールパプリカで味付けしたラムのローストやシャマルワ、ローストビーフなどがお勧めです。
うきうきワインの玉手箱より)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20171207/1512609308
ブレリアスにて

抜栓日:2017年12月6日

濃い目の、輝きあるルビー。香りは最初やや還元的でしたが、フレンチオーク(だろうか?)っぽい樽香と、黒果実系の香りがとても心地よく、またフレッシュなニュアンスがあふれています。さほどスパイシーさは強く感じません(すでに結構酔っ払っています)タンニンはしっかりとしていて、果実味にあふれ、完熟感がよく現れているワイン。カーショウはシャルドネ飲んだことありますが、シラーも素晴らしいワイン。やっぱり造り手なのか!

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

TAKIZAWA Winery Sauvignon Blanc 2016

TAKIZAWA Winery Sauvignon Blanc 2016
TAKIZAWA Winery Sauvignon Blanc 2016
TAKIZAWA
SAUVIGNON BLANC 2016

2016年のソーヴィニョン・ブランは、これまでの試行錯誤から見出された新しい方向性とその可能性を感じる事の出来るワインとなりました。
2015年に引き続き、この年も厳しい天候を耐え抜いたブドウは収量こそ少ないものの、非常に凝縮した風味を持っていました。
これまでの経験で培った野生酵母による醸造パターンを組み合せ、果実のフレッシュさと角の取れた丸い酸の両立を目指しました。
外観は薄めのイエロー。果林やマンゴー、オレンジなどの清涼感のある柑橘、スモーキーなミネラル、白や黄色の花の蜜、ジンジャーなどのスパイス、樽香など華やかで密度のある多彩な香りを感じられます。
味わいはフレッシュさと果実の完熟感がある一方で、丸みを持ちつつも緊張感のある酸とミネラルは鋼のような骨格を成しています。複雑で奥行きのある立体的な味わいです。新区画のブドウが加わって、さらにミネラリーさが増した印象があります。
現在でもバランスは取れていますが、飲み頃は全体の緊張感が解かれる数年先になりそうです。
亜硫酸添加は瓶詰め前の極少量に留めていますので、保管は必ず冷暗所にてお願いします。 (宮本)

※タキザワワイナリーではブショネや瓶ごとの品質差を抑えるため、2016年ヴィンテージより、天然コルクからディアムコルクに順次切り替えています
TAKIZAWA WINERYより)





(+)TAKIZAWA WINERYより2本購入。4,860円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

COCO10R Pinot Rose 2016

COCO10R Pinot Rose 2016
COCO10R Pinot Rose 2016
2016 こことあるシリーズ ぴのろぜ ワイン・データシート
English

2016 こことあるシリーズ ぴのろぜ

こことあるシリーズの「2016ぴのろぜ」は今回で4年目のヴィンテージです。ロゼワインは、多くの場合、赤ワインでも白ワインでもない、中途半端なワインとしてつくられてしまっています。
でもこの「ぴのろぜ」は違います。このワインは、赤ワインをつくるつもりのピノ・ノワールを試しにロゼワインにしたことがもともとの始まりでした。1回限りのつもりで造ったロゼワインがワインの専門家の人たちにも圧倒的に好評で、それ以来醸造過程を洗練させ最良の方法を模索しています。
まず北海道余市の屈指の栽培農家、木村農園の遅摘みピノ・ノワール100%を用いることからワインづくりがはじまります。タンクに房ごと葡萄を入れ、かなり長い時間、北海道の冷涼な気候だからこそできる低温で、カルボニック・マセラシオンを行います。それによって、やわらかなアロマやフレーバー、旨みや程よい“blush(ブラッシュ)”の色合いを果皮から抽出していきます。葡萄をプレス(圧搾)した後は、厳選された樽とステンレスタンクで醗酵を続けます。醗酵が済んだ後も澱といっしょに熟成させ、それによってやさしい口当たりとアロマと味わいを備えた複雑さをワインに与えていきます。
おかげさまで、丹精こめて育てられた葡萄から丁寧に醸造したドライなロゼワインは、よりさわやかで、より複雑で、より食事にも合わせやすいワインになることを確信でき、とても嬉しく思います。この「こことあるシリーズ2016ぴのろぜ」が、いつものお食事やお友達との集まりの席を盛り上げるための、お気に入りのワインになれることを願っています。

テクニカル・データ
品種: ピノ・ノワール 100%
畑: 北海道余市郡余市町登 木村農園
収穫: 2016/10/27、28、29
醗酵: 葡萄を選別した後、7週間低温全房のカルボニックマセレーション(炭酸ガス浸漬)を行った。その後、足で破砕して5日間野生酵母により醸し醗酵。じっくりと搾って、タンクに移動した。一夜常温沈殿後、澱引き。ステンレスタンク(5割)、古樽(4割)、新樽(1割)にて野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック発酵)を行った。
熟成: 醗酵後9カ月、澱漬け。
ビン詰: ビン引き、ブレンド、少量の亜流酸塩添加後、無清澄剤・無濾過にて瓶詰め
ビン詰日: 2017/09/25        本数: 2,687本(750ml)
アルコール: 12.8 %   酸度: 0.74 g/100 ml.   残糖: 0.13 %


このワインについて
テイスティング・
コメント: チェリー、イチゴ、ブラッドオレンジ、腐葉土、野ばらなどの上品なアロマとオークの香ばしさ。ざくろの果実味を中心としたやわらかでドライな口当たり。丸さとフレッシュさを併せ持つ酸味と旨味が心地良い余韻。
料理との相性: 生ハムといちじく、パン・コン・トマテ、タパス、スモークサーモンやサーモンのバター焼き、トマト系パスタ、常夜鍋をポン酢で、ベーコンとジャガイモの炒め物、柿の葉寿司、グレープフルーツやオレンジのカスタードタルト
飲み頃: 冷やし気味の温度(冷蔵庫10℃ぐらい)から、室温に温度を上げつつ、変化を楽しめる。酸味がお好きな方は、ワインクーラーなどで冷たい温度をキープ。今からでも楽しめるが、3〜5年の熟成でよりなめらかさと落ち着きが出てきて、10年間ぐらいは熟成による変化を楽しめるだろう。
ココファームより)





(+)ココファームより2本購入。3,000円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード