Dominus Dominus Estate 1999

Dominus Dominus Estate 1999
Dominus Napa Valley 1999
ドミナス[1999]年・ドミナス・エステート(クリスチャン・ムエックス)・ナパ・ヴァレー
Dominus [1999] Dominus Estate Christian Moueix
希少!あのボルドー最高峰!あのペトリュスのオーナー一族でありトロタノワ他、ボルドー右岸最上級のワインを手がけるクリスチャン・ムエックスがナパ・ヴァレーで造る、最上級フルボディ赤ワイン!しかも希少な飲み頃!14年熟成バックヴィンテージ!この[1999]年でワインアドヴォケイト誌91点獲得!(In Asia)スティーブン・タンザーのインターナショナルワインセラーで91点獲得!ワインジャーナルでニール・マーチンが93点で絶賛!ワイン評論家のヒュー・ジョンソン氏いわく、「絹の手袋のようになめらかだが、中には力が詰まっている」!この[1999]年のドミナスはカベルネ・ソーヴィニヨン75%、カベルネ・フラン13%、メルロー9%、プティ・ヴェルド3%をフレンチオーク樽(新樽40%)で16~18ヶ月熟成!カベルネ主体(88%)で造られているにもかかわらず、キャラクターはメルロー100%のペトリュスを髣髴とさせると言われるドミナス!究極ナパ!フルボディ辛口赤ワインの、しかもバックヴィンテージが、限定で極少量入荷!
ドミナス[1999]年 ドミナス エステート(クリスチャン ムエックス) ナパ ヴァレー


ワインアドヴォケイト誌91点!
ワインジャーナルでは驚異の93点!
スティーブン・タンザーIWC91点+獲得!
あのペトリュスのオーナーであり、
ボルドー右最上のワインを手がける
クリスチャン・ムエックス氏が造る
究極ナパ フルボディ辛口赤ワイン!
しかも希少な飲み頃!14年熟成品!


ペトリュス、トロタノワ、オザンナ、ラ・フルール・ペトリュスといったボルドー右岸最上のワインを手がけるクリスチャン・ムエックス氏が手がけるドミナス・エステート。マニファクチュアな雰囲気のドミナスはつくりも緻密で繊細です。 ブドウの品質が良い時にのみ卓越したワインを造ることができる、という信条をもつクリスチャン・ムエックスは、ブドウ造りから瓶詰めまですべてを手掛けています。これはカリフォルニアでも珍しく、伝統と革新と共に、最上を求めるクリスチャン・ムエックスの真髄が感じられます。

複雑性とバランスで知られるドミナスのワインは、卓越したテロワールの潜在性を表現しています。構造のしっかりとした途切れない完璧に統合されたワインで、ゆっくりと時間をかけて発展してゆくエレガントなワインです。

タンニンが粒子として感じられないほど細かく、舌触りはとてもなめらか。チェリーやベリーのみずみずしい赤系果実の香りがエレガントで、柔らかい女性的なスタイルです。オーパス・ワンやルビコンよりもさらに繊細で優美なスタイルは、なるほどボルドー右岸のスタイルに通じるものがあります。お祝いなど特別な席でぜひ味わっていただきたい素晴らしいワインです。

セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン75%、カベルネ・フラン13%、メルロー9%、プティ・ヴェルド3%。フレンチオークの小樽(40%新樽)にて16-18ヵ月熟成。



ドミナス(ナパ)についてヒュー・ジョンソン氏は
★★★★4つ星(ほぼ満点)、超一流(高価)評価をつけ、「ポムロルのクリスチャン・ムエックスが産する、ボルドー風のブレンドものの赤は、開くのに時間はかかるが、あでやかに熟成する。絹の手袋のようになめらかだが、中には力が詰まっている。1990年代半ばに飛躍的に質が向上した。」と大絶賛!

同じくヒュー・ジョンソン氏寄稿の「You must taste before you die “1001 WINE”」の中のひとつにドミナスの1994年が出ています。



『You must taste before you die “1001 WINE”』より
ペトリュスのオーナーであり、他にもボルドーの特級畑をいくつか所有しているクリスチャン・ムエックスがナパ・ヴァレーとそのワインに恋をし始めたのは、1968年から1969年にかけて、彼がカリフォルニア大学でいヴィス校で醸造学を学んでいる時だった。理想の畑用地を何年もかけて探し求めた後、1982年、彼はこの地でジョイント・ヴェンチャーを立ち上げた。相手は、カリフォルニア、ヨーウントヒルの有名なナパヌック葡萄畑からイングルヌック・カスク・セレクションを出したジョン・ダニエルの2人の娘、ロビン・レイルとマルシア・スミスであった。

ドミナスの最初のヴィンテージは1983年で、先駆者的なオーパス・ワンのボルドー・ナパ・コラボレーションの4年後であった。ドミナス1994年は、クリスチャン・ムエックスが単独で造った最初のヴィンテージであった。ロバート・パーカーはその1994に99点をつけた。

ドミナス初期のヴィンテージでは、ラベルに毎年違った画家によって描かれているクリスチャン・ムエックスの肖像画が描かれている。最も個性的なのが、1988年のピーター・ブレイクによるラベルだろう。1991年からは、画家によるラベル・シリーズにかわってボルドー風のラベルになった。ドミナス・ワイナリーを設計したのは、ロンドンのテート・モダンを設計したスイスの建築家、ヘルツォーク&ド・ムーロンである。とはいえ、そのワイナリーはワイン自体が注目に値する。


ワインジャーナルで93点!ワインアドヴォケイト誌では91点!IWCで91点獲得!!
うきうきワインの玉手箱より)



DOMINUS ESTATE ドミナス・エステート

ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなどボルドー右岸のスターワインを育てあげた、世界屈指のワインメーカー、クリスチャン・ムエックス氏。 ドミナスは、クリスチャン・ムエックス氏が今もっとも力を注いでいるワインです。 現在も、もちろんこれらのボルドーのワインを手掛けていますが、年間通して滞在しているのはカリフォルニアだと言います。 1968年から1969年にかけてムエックス氏はカルフォルニアのデイヴィス校にてワイン造りを学びました。その時以来ナパヴァレーの地に魅せられ、1980年代初頭、この地を再び訪れた際、ナパ最古と言われる優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」に足を踏み入れた途端、直感的に悟ります。 「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」。 早速、ムエックス氏はこの「ナパヌック・ヴィンヤード」にドミナス・エステートを創設。ワイン造りを始めました。ファーストヴィンテージは1983年。最初はジョイントベンチャーとしてのスタートしました。タッグを組んだ相手は伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘=ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミス。ジョイントベンチャーというとロバート・モンダヴィとムートン・ロスシルドのオーパスワンがまず頭に浮かびますが、実はドミナスもとんでもない組み合わせの仏英ジョイントベンチャーだったのです。 そして1995年、彼はドミナス・エステートを完全に所有・運営することになりました。

ナパ・ヴァレーは、アメリカ西海岸ならではの、南北に走る山脈が織りなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀には海の底であったといわれます。 山脈に守られたナパ・ヴァレーは太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも、温暖な気候に恵まれています。 その南北約50kmの細長い地域の中では、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇します。「ナパヌック・ヴィンヤード」のヨーントヴィルはナパ・ヴァレーの中では南側に位置するため比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネソーヴィニヨンが育ちます。 そして実は、この土地からドミナスの位置する土地からオーパス・ワンの畑が目と鼻の先。 キャラクターは違えど、カルフォルニアのプレミアムワインを生み出す、最高の地域であることは揺るぎない事実なのです。

ドミナスが誕生した1980年代、カリフォルニアではブドウ栽培とワイン醸造は分業制があたりまえであり、あのダラ・ヴァレーも自社所有の畑は「マヤ」だけでした。 オーパス・ワンもブドウは契約農家からの買い付けていたという中、ムエックス氏はボルドーで行っているようにブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うドメーヌ方式を持ち込み、カリフォルニアのワイン界に大きな衝撃を与えました。 ムエックス氏が一貫して目指すワインのスタイルはエレガントで複雑な味わい。そのためにボルドーで培った栽培技術を持ち込み、徹底した畑の管理を行っています。 カリフォルニアといえば日照量と温暖な気候が魅力ですが、ドミナスではその気候故のブドウの「糖度」が上がりすぎてしまうことが課題となっているため、 枝をワイヤーで支え、葉を多めに茂らせ日照量を調節しています。また根が下に深く張ることが、良いブドウの実をつける要因ですが、区画の一番端の樹は地中で広々と根を広げてしまうため、他の区画と分けて収穫を行うという、驚くほどの手間が掛けられています。
こうしてドミナス・エステートで丁寧に造られるワインは、ボルドーの技術とナパ・ヴァレーのテロワールが見事に融合し、 上質なパワーとエレガンスを感じるスタイル。 カリフォルニアの持ち味である円熟した味わいに加え、ボルドーのグランヴァンに通じる複雑性を兼ね合わせた逸品であり、
カリフォルニアがお好きな方はもちろんのこと、ボルドーラヴァーにも是非味わっていただきたい特別なワインです 。


DOMINUS
【稀少なバックヴィンテージ限定入荷!】ドミナス
アメリカ カリフォルニア
ドミナス・エステート / DOMINUS ESTATE
1999 年

750 ml

自社畑100%!クリスチャン・ムエックス氏が手掛ける、ウルトラプレミアムワイン、「ドミナス」。
ボルドーのグラン・ヴァンを彷彿とさせる優良年1999年。

日本ではあまり市場に流通していなかったため、ご存知ない方が多いかもしれませんが、ドミナスは数ある“カリフォルニアのプレミアムワイン”の中でもトップクオリティを誇るワインです。

ドミナス・エステートを所有・運営するのは、ペトリュス、トロタノワ、オザンナ、ラ・フルール・ペトリュスといったボルドー右岸最上のワインを手がけるクリスチャン・ムエックス氏。
1968年から1年間、彼はカルフォルニアのデイヴィス校にてワイン造りを学びますが、その時以来ナパヴァレーの地に魅せられていたといいます。
そして1980年代初頭、この地を再び訪れていた彼は、ナパヌックの地に足を踏み入れた途端、「この場所だ」と直感的に悟ります。
ドミナスのテロワールにすっかりほれ込んでしまったムエックス氏はあまりの感動にドミナスの畑で一晩眠ってしまったほどでした。

早速彼はこの地でワイン造りを開始。ワイン造りにはボルドーのシャトーでやっているようなブドウ造りから瓶詰めまでを一貫して行うドメーヌ方式を採用しましたが、これはカリフォルニアにおいては異色のやり方でした。
通常カリフォルニアではブドウ栽培とワイン醸造は分業制があたりまえで、あのダラ・ヴァレーも自社所有の畑はマヤだけ、オーパス・ワンもブドウは契約農家からの買い付けとなっています。
そこへクリスチャン・ムエックス氏がボルドーのやり方を持ち込んだ衝撃は大変大きなものでした。

マニファクチュアな雰囲気のドミナスは造りも緻密で繊細です。
タンニンが粒子として感じられないほど細かく、舌触りはとてもなめらか。
チェリーやベリーのみずみずしい赤系果実の香りが溢れるエレガントで柔らかい女性的なスタイルです。
これまで“カリフォルニアプレミアム”としてご紹介してきたオーパス・ワンやルビコンよりもさらに繊細で優美なスタイルは、なるほどボルドー右岸のスタイルに通じるものがあります。

1999年は、甘いドライチェリーのアロマに、ミントやエスプレッソやタバコのニュアンス。
熟成を経てもなお酸はしっかりとしており、全体のバランスがきれいにまとまっています。
他のヴィンテージに比べて、カベルネ・ソーヴィニヨンの割合が低いのも特徴です。
口に含むと、余韻が長くまるでボルドー右岸の熟成グラン・ヴァンを飲んでいるかのような味わいです。

14年の熟成を経て、まさに飲み頃を迎えた稀少なヴィンテージ。
数量限定入荷の今、是非手に入れて頂きたい逸品です。

飲み頃:~2017年
ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 75%、カベルネ・フラン 13%、プティ・ヴェルド 3%
評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて91点獲得
エノテカ・オンラインより)




DOMINUS ESTATE
ドミナス・エステート
DOMINUS ドミナス

シャトー・ペトリュスのオーナーでありトロタノワ他、ボルドー右岸最高級のワインを手がけるクリスチャン・ムエックスがナパ・ヴァレーで造る最上級フルボディ赤ワイン!パーカー5ツ星★★★★★生産者!
数ある“カリフォルニアのプレミアムワイン”のなかでもトップクオリティを誇るワインなんです。1968年から1969年にかけて彼はカルフォルニアのデイヴィス校にてワイン造りを学びますが、その時以来ナパヴァレーの地に魅せられていたといいます。
そして1980年代初頭、この地をふたたび訪れていた彼は、ナパヌックの地に足を踏み入れた途端、直感的に悟ります=「この場所だ」。「私はここでワインを造るべきだ」という想いに動かされました。

早速彼はこの地でワイン造りを開始。ファーストヴィンテージは1983年。最初はジョイントベンチャーとしてのスタート。組んだ相手は【イングルヌック Inglenook】のジョン・ダニエルの娘=ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミス。ジョイントベンチャーというとロバート・モンダヴィとムートン・ロスシルドのオーパスワンがまず頭に浮かびますが、実はドミナスもとんでもない組み合わせの仏英ジョイントベンチャーだったのです。

そして時は流れ1995年、彼はドミナス・エステートを完全に所有・運営するに至ります。
そのワインの評価は常に最上級であり、パーカー・ポイントも常に高得点を獲得しています。

カリフォルニアでは葡萄栽培とワイン醸造は分業制があたりまえで、『ダラ・ヴァッレ』も自社所有の畑は『マヤ』だけ。オーパスワンも葡萄は契約農家からの買い付け。そこへクリスチャン・ムエックスがペトリュスやトロタノワでやっているような葡萄造りから瓶詰めまでを一貫して行うドメーヌ方式を持ち込んだ衝撃は大変大きなものでした。

ナパ・ヴァレーは、北米西海岸に特有の縦に走る山脈がおりなすヴァレーの一つで、太古のジュラ紀にはこのあたりは海の底であったといわれます。山脈に守られたナパ・ヴァレーは太平洋からの寒流を受ける海岸線のエリアよりも、温暖な気候に恵まれています。その南北約50kmの細長い地域の中でも、南方サンパブロ湾からの海風と霧の影響を受けるため、北上するほど気温は上昇します。

ドミナスの立地するのはヨントビルはナパ・ヴァレーの中では比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育ったマッチョなワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネソーヴィニヨンを育てるのです。実はドミナスの位置する土地からオーパス・ワンの畑が目と鼻の先。キャラクターは違えど、カルフォルニアのプレミアムワインを生み出す、最高の地域なのです。

1982年の事業開始以来、フランスからも様々な品種を持ち込み、栽培を実践。残念なことにメルロには適さない土地とのこと。わずかに栽培されていたメルロの区画も削除されてしまったそうです。ボルドーで培った栽培技術を持ち込み、徹底した畑の管理を行っています。カリフォルニアといえば日照量と温暖な気候が魅力ですが、ドミナスではその気候故の葡萄の『糖度』が上がりすぎてしまうことが課題となっています。

クリスチャン・ムエックスが一貫して目指すワインのスタイルはエレガントで複雑な味わいなのです。そのため枝をワイヤーで支え、葉を多めに茂らせています。また根が下に深く張ることが良い葡萄の実をつける要因であり、区画の一番端の樹は地中で広々と根を広げてしまうため、一緒に収穫しません。冬季はボルドーより冷え込むというナパの土地。寒い冬が強く根を張らせるそうです。果実がなっていない冬の時期にも樹は育っているのですね。

ワインのみならず『ドミナス・エステート』がもうひとつ注目を集めているのが、ワイナリーの建築。1997年に完成した建物はヘルツォーク・アンド・ド・ムーロンの手によるもの。金属製のカゴのようなもののなかに岩を詰め込んだ壁が100m以上続く様は圧巻です。そのユニークな建造物に、世界中から建築家や建築好きが一目見ようと集まってきます。しかもドミナスのワインは醸造~熟成までこの建物の中で行われます。暑いカリフォルニアにありながら、エアコンを全く使っていないというワインセラー。敷き詰められた石が陽射しは遮りながらも、風を通し気温、湿度ともに快適にコントロールしてくれるのだそうです。

DOMINUS ドミナス
ドミナス[1999](ドミナス・エステート)Dominus[1999](DominusEstate)
PP:88Pt!ドミナス [1999] (ドミナス・エステート)
Dominus [1999] (Dominus Estate) 【赤 ワイン】

『シャトー・ペトリュス』を手がけるクリスチャン・ムエックス氏が、カリフォルニアに所有する『ドミナス・エステート』で造られるワイン!!
あの【クリスチャン・ムエックス氏】が手掛けるウルトラプレミアムワイン、「ドミナス」。
ペトリュス、オザンナ、ベレール・モナンジュなどボルドー右岸のスターワインを育てあげた、世界屈指のワインメーカー【クリスチャン・ムエックス氏】。
【ドミナス】は、クリスチャン・ムエックス氏が今もっとも力を注いでいるワインです。 現在も、ボルドー・ワインを手掛けていますが、年間通して滞在しているのはカリフォルニアだと言います。1968年から1969年にかけムエックス氏はカルフォルニアのデイヴィス校にてワイン造りを学びました。それ以来ナパヴァレーの地に魅せられ、1980年代初頭、この地を再び訪れた際、ナパ最古と言われる優良畑「ナパヌック・ヴィンヤード」に足を踏み入れた途端、直感的に悟ります。
「この場所だ。私はここでワインを造るべきだ」。 すぐにムエックス氏はこの「ナパヌック・ヴィンヤード」にドミナス・エステートを創設。ワイン造りを開始しました。ファーストヴィンテージは1983年。最初はジョイントベンチャーとしてのスタートしました。タッグを組んだ相手は伝説的なナパワイン「イングルヌック」のジョン・ダニエルの娘=ロビン・ダニエル・レイルとマーシャ・スミス。ジョイントベンチャーと言えば【ロバート・モンダヴィ】と【ムートン・ロスシルド】の【オーパスワン】がまず頭に浮かびますが、実はドミナスもとんでもない組み合わせの仏英ジョイントベンチャーなのです。 そして1995年、彼はドミナス・エステートを完全に所有・運営することになりました。

マニファクチュアな雰囲気のドミナスは造りも緻密で繊細です。タンニンが粒子として感じられないほど細かく、舌触りはとてもなめらか。チェリーやベリーのみずみずしい赤系果実の香りが溢れるエレガントで柔らかい女性的なスタイルです。
“カリフォルニアプレミアム”のオーパス・ワンやルビコンよりもさらに繊細で優美なスタイルは、なるほどボルドー右岸のスタイルに通じるものがあります。
コーヒーやチョコレート、そしてハ―ブに黒系果実のアロマ。ントやエスプレッソやタバコのニュアンス。 酸はしっかりとしており、全体のバランスがきれいにまとまっています。、ジューシーな果実味、そしてエレガントな質感が印象的です。       

商品説明
国 アメリカ
産地 カリフォルニア、ナパ・ヴァレー
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン81%、カベルネ・フラン10%、メルロ4%、プティ・ヴェルド5%
タイプ 赤・フルボディ
内容量 750ml
ドングリアーノワインより)




(+)エノテカ・オンラインにて購入。22,000円
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード