Cabernet Bailey A 穂坂収穫 Chateau Mars 2013

Cabernet Bailey A 穂坂収穫 Chateau Mars 2013
Cabernet Bailey A 穂坂収穫 Chateau Mars 2013 Part1
カベルネ・ベリーA 穂坂収穫 2013年

製品名 カベルネ・ベリーA
穂坂収穫
酒 別 果実酒(赤)
生産数 62,000本
栽培地 山梨県韮崎市穂坂地区
土 壌 粘土質土壌
品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン マスカット・ベリーA
度 数 12%
適 温 16~18℃
容 量 720ml
製造場 山梨マルスワイナリー
2013年 

山梨県韮崎(にらさき)市穂坂(ほさか)地区は、三角形をした甲府盆地の北西側の角から立ち上がる広大な茅ヶ岳山麓に位置する、県内を代表するワイン醸造葡萄の産地です。標高400~700mの山麓南西斜面は、日照時間が長く少雨冷涼気象区に属し、裾野を駆ける風や、やや粘性のある土壌がもたらす自然環境から育まれる葡萄は「凝縮度が高く」「腰の強い」味わいのものとなります。

穂坂産カベルネ・ソーヴィニヨン種とマスカット・ベリーA種の持つ「力強さ」と「柔らかさ」の2つの個性を、フランス産樫樽による熟成を経てひとつに調和させることにより「ほのかに樽香が漂う」「均整のとれた」味わいの赤ワインを醸造しました。「シャトーマルス カベルネ・ベリーA 穂坂収穫」は、マルスの赤ワイン造りにおける「基本」となる自信作です。

商品特徴
タイプ ミディアムボディ
色 外観は、中心に向かって深みのある華やかなルビー色。清澄度が明瞭で健康的。まだまだ若々しい。
香り ほのかに香る樽香に、小さな赤い果実、ブラックベリー香に、ベリーA特有の濃縮感のある香り(木イチゴや土の香り)が調和しているのが特徴。
味わい やわらかいベリー系フレーバーが広がり柔らかい渋みを感じさせる。ほどほどの酸味に、樽との調和がとれており溶け込んだ印象。余韻にコクのある完熟ベリーAのほのかな甘味が残る。
マルスワインより)




やわらかいベリー系の香りと優しい渋みが感じられ、仏産樫樽で成熟されたコクのある味わいと果実の酸味が調和した飲み応えのある赤ワインです

カベルネ・ベリーA 穂坂収穫(720ml) /本坊酒造(山梨県)
詳細
生産地 日本 山梨県
ワイナリー 本坊酒造
容量 720ml
タイプ 赤
味わい ミディアムボディ
味のバランス
甘味 ★☆☆☆☆
渋み ★★★★☆
酸味 ★★★☆☆
果実味 ★★★★☆
香り カシス ラズベリー
ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニヨン/マスカット・ベリーA
商品説明

韮崎市穂坂地区産のカベルネ・ソーヴィニヨン種と、マスカット・ベリーA種をフランス産の樫樽で熟成させ、2つの葡萄品種の「力強さ」と「柔らかさ」を調和させました。

受賞歴
受賞年 2013年
受賞コンクール名 国産ワインコンクール
おすすめ
合う料理 鳥もつ煮、猪豚鍋、キノコの天ぷら 飲み頃温度 16~18度
備考
インポーター 本坊酒造 キャップタイプ コルク
ラベル表示 酸化防止剤
AEON de WINEより)




Cabernet Bailey A 穂坂収穫 Chateau Mars 2013 Part2




ダイイチ東光店にて購入。1600円位。
 
抜栓日:2014年10月29日
コルク:製造元の名前が刻印されていました。
液漏れ:液漏れなし
グラス:リーデル・オーヴァチュアを使用
 
色:深めの色合いのパープルルビー。かなり紫の要素が強いです。
エッジ:エッジまでしっかりと色付いていて若いVintageであることを物語っています。
脚:なかなかの粘調度。
 
香り:一番最初に、かるく樽香があって、その後にプラム、ブラックチェリーの香り。スワリングすると、ハーブやミント系の香りが少しします。なかなかいい香り。娘さんは「パンの生地を造っている最中の匂い」と言っていました。時間とともに、イチゴ、チェリーの香りが混ざってきました。このへんがMBAか?
 
タンニン:まだまだフレッシュなタンニンで歯茎にも渋味として感じますが、強くはありません。すこしばかりぎこちない感じもしますが、より落ち着くといい感じになりそうな予感。
 
味:ほどよいフレッシュな酸があって、香りの要素がそのまま味になっている感じ。喉にすぅ~っと流れ行きます。その後、結構清涼感、ミネラルを感じます。ミントのアフタが心地よいです。MBAの要素がよくわからない。でもCSの味わいは、軽いながらも美味く出ていると思います。少し時間が経つと、後味に、甘味、苦味のような感じが出てきます。このへんがMBAなのかな?紫っぽい香り。なかなかきっちりと造られているな~、と思いました。
2日目は、やや甘酸っぱい味わいがでてきます。3日目になると全体的な味や香りのトーンがグッと下がっていました。ブラインドで飲んで、どこまでわかるでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/04 09:23)

韮崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード