Sogga Nagano Lieu Dit Quatre Cinq Merlot 2013

Sogga Nagano Lieu Dit Quatre Cinq Merlot 2013
Sogga Nagano Lieu Dit Quatrecinq Merlot 2013
小布施ワイナリー・キャトルサンク・メルロー13 赤 (左)
※小布施ワイナリーのワインは店頭のみの販売ととなります。

産地:日本/長野
品種: メルロー 100%

昨年はドゥジエームという名前だったキュヴェの2013年が到着しました!!
名前はキャトルサンクに変更されています!

これは小布施ワイナリーと深い関係にあるお隣の栽培農家、ドメーヌ・アキオのヨンゴ農園(4と5でキャトルサンク)産のメルローだけを使っているからです。
2012のドメーヌ物にあったエレガンスと品格、そしてナチュラルさがこのキャトルサンクにもしっかり感じられます!
曽我さんの目指すスタイルはこういう上品でフィネスを感じるスタイルなんでしょうね~!!
素晴らしいと思います!!(*´∀`)b
そして、ブドウがヨンゴ農園に限定されたことにより、2012年と比べて2013年は生産量が格段に少なくなっています。

このキャトルサンク13は今回の入荷で終了です。
是非お見逃しなく!!

美しい紫色。
バニラ、樽、カシス、微かにミントやハーブ、インクなどを感じる上品で優雅な香り。
樽のニュアンスは強いですが、とても上品に香ってきます。
口に含むとバランスの良いエレガントなボディが優しく広がります。
カシス、プルーン、プラムなどのよく熟した果実味。
但し重量感はなく軽やかさも持っています。
酸味は口当たりよく、タンニンは滑らか。
やはりまだ若いので味わいにも今は樽のニュアンスが強いですが、嫌らしさはなく優雅な高級感を演出しています。
雑味なく美しい味わい。
優雅、上品、エレガント、そんな形容がピッタリな味わいです!!
まだ若く樽のニュアンスも強いですが、とてもクオリティの高い樽の味わいなので嫌味を感じることなく楽しめます。
(そう言えば、確か樽はロマネコンティと同じ樽と使っているとおっしゃっていた記憶です。そりゃクオリティ高いですね!!)
まるで最高にエレガントなボルドーを楽しんでるような印象です!

マリアージュ: 鴨のロースト、牛ヒレ肉のステーキ、ブリー、牛肉の赤ワイン煮、フォワグラのテリーヌ、フォワグラのソテー、カスレ
ブログ:ぐるなっしゅの日記より)




温かに染入るメルロ
造り手の心を映すと言われているワイン。この赤ワインを味わうとそう言われる訳がハッキリ理解できます。Merlot/メルロと言うブドウから造られる赤ワインは多くの場合、角々しさがなく、柔和で、優しい口当たりをしているのですが、このメルロの赤ワインは喉を通ると身体全体に染み入るかの様に感じられる優美さとしなやかさがあります。
その赤ワインを造るワインメーカーはオブセワイナリーの曽我彰彦さん。彼とはもう17年の付き合いですが、当時から凄かった彼のワインは年々、その凄みを増し、留まる事を知りません。ここ数年の彼のワインは世界中のワインを集めたとしても間違いなく頂点に近いポジションに位置するでしょう。
私のワイン販売にかける情熱は半端ないと自覚していますが、曽我さんの情熱も半端ありません。畑に於いても、醸造所に於いても他のワインメーカーの追随を許さないでしょう。だからこそ世界に通用するワインを誕生させているのです。
妥協のないブドウ栽培に加え、緻密なワイン造り、そこに曽我さんの優しさ、物腰の柔らかさが反映され、身体に染み入る様な酒質のワインが誕生しています。
曽我さんが造り出し、当店へ納入された最新の商品、メルロの赤ワインがこちらです。

曽我さんが信頼するブドウ栽培家が丁寧に育てたメルロから造られているのですが、このメルロは今まで別のワイナリーに納入されていたそうです。これ程までに素晴らしい赤ワインへと変身するのに、なぜそのワイナリーはこのメルロの購入を止めてしまったのでしょうか?ブドウが凄過ぎて手に負えなかったのでしょうか?
どんなに素晴らしいブドウがあっても、どんなに素晴らしい醸造設備があっても、それらをコントロール出来なければ良い結果に結びつかないと言う事でしょうか?
オブセワイナリーを愛する私達にとってはラッキーです。素晴らしいブドウが才能あるワインメーカーに出会い、驚愕のワインへと造り変えられる。曽我さんの手にゆだねられた事でそのメルロのポテンシャルが大きく開花したのですから。


Sogga Nagano 2013 Lieu-dit Quatre Cinq Merlot
ソッガ・ナガノ2013リュ・ディ、キャトル・サンク、メルロ
相性の良い料理:脂肪分を含んだ旨味のある料理。
チーズなら・・・パルミジャーノ。チェダー。
飲み頃温度:15~18度。
<まろやかなミディアムボディー>
曽我さんもコメントしていますが、この価格の日本ワインとしては秀逸の出来です。このワインを飲まなければ絶対に後悔する逸品です。是非、味わって頂きたいと思います。
通常よりも多めに仕入れました。在庫のある限り、本数無制限でお買求め頂けます。
ブログ:ワインのある風景より)





(+)ワインショップフジヰより2本購入。2,800円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20151021/1445393745
抜栓日:2015年10月20日
 
比較的薄めのルビー。中等度の粘性。輝きあり。紫系のニュアンスを感じました。ブラックベリー系の香りがやさしく感じられます。また樽由来かチョコのニュアンスも感じました。比較的強めな樽香。味わいのアタックは比較的ソフトな印象で、ミディアム>フルボディ。酸は穏やかでタンニンも柔らかいです。これは自分が持ち込んだ日本のメルローでした。
 
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード