Tabiji Sparkling Wine Takizawa Winery 2014

Tabiji Sparkling Wine Takizawa Winery 2014
Tabiji Sparkling Wine Takizawa Winery 2014
Tabiji 2014

北海道のみで古くから育てられている生食用葡萄「旅路」の味わいを、野生酵母でゆっくりと引き出した、手仕込みのスパークリングワインです。
「旅路」ならではの香りと酸味を持った、オリジナルな味わいをお楽しみください。
TAKIZAWA WINERYより)



北海道固有種の「旅路」-
「旅路」は、北海道小樽市の塩谷(余市の近く)で発見されたぶどうです。
皮は赤紫っぽく、白いシマの入ったぶどうです。
もともとは、自然交配で生まれたもので、そこから改良されて種無しぶどうとして販売されるようになりました。
この旅路は、北海道でしか食べる事のできないめずらしい品種です。
香りに富み、甘く酸味のあるぶどうです。

-旅路で造るワイン-
2013年に旅路スパークリングを醸造し、北海道の野性的で素朴な香りと味わいのあるワインに仕上がりました。

ぶどう自体は甘いですが、発酵をしっかり行いドライに仕上げているので、酸味とドライ独特の味が楽しめます。
2013年の仕込みはスパークリングワインだけでしたが、2014年よりスティルワイン(通常のワイン)に挑戦します。

旅路スパークリングはすっきりとして酸味のあるシンプルな味わいです。
新鮮なぶどうでドライにつくるため、様々な料理に合います。
スティルワインは、発酵の期間、タンクで熟成する期間、温度環境をスパークリングとは変えて北海道らしいすっきりした味わいを目指します。
music securitiesより)





ブドウ 旅路について
旅路(9月上旬から11月下旬)
「旅路」というNHKの朝ドラの名前のつけられたぶどうは、その舞台の町、小樽市塩谷で生まれました。
茶色で粒は大き目、すっきりした甘さで独特の風味があります。余市と仁木でしか栽培されていないので希少価値が高く、人気の商品です。縞模様が特徴です。他の紅い品種と一目で区別がつきます。
藤本観光農園より)



遂に登場しました!今年初めての「旅路」の登場です。
皆さんは聞きなれないぶどうかもしれませんが、よいち町で多く栽培されているぶどうです。

赤紫っぽい、白いシマの入ったぶどうで小樽市の塩谷で発見されたぶどうです。
昔は「紅塩谷」という名前で呼ばれていましたが、現在は、「旅路」と言う名前で呼ばれています。
自然交配で生まれた、この旅路ですが、改良されて種無しぶどうで販売されるようになり、今に至っています。
この旅路、他では食べる事のできない品種で、HP担当の私もよいち町で栽培されているぶどうの中でも、ぜひ、食べてもらいたい品種の一つだと思っています。

道内の方は、勿論!本州の方も、中々食べる機会がないのではないでしょうか?
「旅路」は、香がとてもいいです!味も甘くて、とても美味しいぶどうです。
昨年、よいち町で行われた「味覚祭り」で、あの時は、露地の旅路でしたが店頭に並べたら、あっ!と言う間に売れてしまったと言うとても人気あるのぶどうです。
香も楽しめて、しかも甘くて美味しいぶどう!「旅路」をよろしくお願いします。
JAよいちより)





参加者の持ち込み。竹八にて。
抜栓日:2015年7月27日
淡いクリームレモン。やや濁りあります。最後の方はノンフィルだけあって、すごい澱で、旨味が充満していました。泡立ちは細く、ガス圧は全然高くありません。香りはあわく、ほんのりとキャンベル系の甘い香りがします。味わいも、とてもソフト。気持ちがほんわかします。後口の何とも言えない甘味、例えると、白糖ではなく、和三盆系の和の甘さ。この葡萄はたしかグリ系のブドウだと重いますが、苦味はあまり感じず、ただただ、ほんわかとした、ほっとした気持ちにしてくれる優しいスパークリングでした。美味かった!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード