Provignage Henry Marionnet Domaine de la Charmoise 2011

Provignage Henry Marionnet Domaine de la Charmoise 2011
Provignage Henry Marionnet Domaine de la Charmoise 2011
<ワイン殿堂入り>に続き<半生が綴られた本が出版>
■<トゥーレーヌの生きる伝説>アンリ・マリオネ■

■ロマネ・コンティのオベール・ド・ヴィレーヌ,ドミニック・ラフォン,アンヌ=クロード・ルフレーヴ,シャトー・ディケム元支配人,オー・ブリオン元支配人,ジェラール・シャーヴなど,わずか一握りの頂点の造り手のみが会員として名を連ねるフランスワインの殿堂<アカデミー・デュ・ヴァン・ド・フランス>。一昨年,アンリ・マリオネはその会員に選出されたが,そのビック・ニュースに続き,昨年の10月にはさらなる大きなニュースがあった。なんとマリオネの半生が綴られた本がフランスで出版されたのだ。「ラマトゥール・ド・ボルドー」などに寄稿する著名なワイン・ジャーナリスト,バルテレミーが執筆したこの本は,252ページ1冊丸ごとアンリ・マリオネのワイン人生について書かれている。シャトー・マルゴーやロマネ・コンティなど大資本のシャトーやドメーヌではなく,しかも本人のまだ現役中に,このような本が出版されることは極めて異例の素晴らしい快挙である。今や完全にトゥーレーヌの「生きる伝説」となったアンリ・マリオネ。夏に味わいたい彼のソーヴィニョンは今年も素晴らしい出来映えです。今回は幻のヴィエイユ・ヴィーニュのキュヴェも提供して頂けることになりました。ぜひご用命ください。

■故ジャック・レイノーはシャトーヌフ・デュ・パプの鬼才と謳われましたが,トゥーレーヌにおいて鬼才と呼べるのは,まさにこのアンリ・マリオネをおいて他にはいないでしょう。既成観念に囚われない自由な発想,そして旺盛なチャレンジ精神が,アンリ・マリオネのワイン造りの根幹に流れています。栽培においても醸造においても,独創的かつ革新的な方法でワイン造りをしているアンリ・マリオネのキュヴェは,その1つ1つがどれも他の造り手のワインには見られない非常に個性的な特徴を備えており,ワインの新しい境地を発見させてくれます。60歳を越えた今もワインの新たな可能性を追求し続ける彼に触発され,ディディエ・ダグノー,ドメーヌ・ユエ,フィリップ・シャルロパン,クリストフ・コルディエ,ミッシェル・シャプティエなど,フランス各地で実験的に接ぎ木しない葡萄樹の栽培に着手した造り手が数多くいます。つまり,マリオネはこれら超一流ドメーヌにも多大な影響を与えているパイオニアなのです。また,著名人にもファンが多く,アラン・ドロン,カトリーヌ・ドゥヌーヴ,エマニュエル・ベアールといった世界的な俳優を筆頭に,エリザベス女王や仏首相までもがマリオネのワインを堪能しています。2009年11月には,フランスのワイン生産者の最高峰の団体で,世界的な名声と豊かな見識を持つわずか40人の会員で構成される名誉組織,アカデミー・デュ・ヴァン・ド・フランス/Academie du Vin de France(フランス・ワイン学士院)の会員に全会一致で選出され,今や名実ともにフランス・ワイン界最高のワイン職人に認知されました。

プロヴィニャージュ“セパージュ・ロモランタン” 白 [2011]アンリ・マリオネ

▽▲キュヴェ・ヴィニフェラ(接ぎ木していない葡萄樹に由来するキュヴェ)のシリーズ▲▽
マリオネのドメーヌには全く台木を使わない区画がある。この区画には,ガメィ,カベルネ,コット,ソーヴィニョン,シュナン,ロモランタンの6品種が接ぎ木せずに栽培されており,トータルで5.31ヘクタールの面積に達する。キュヴェ・ヴィニフェラは全て,この台木なしの区画から生まれるワイン。

 1850年に植樹された現存するフランス最古のプレ・フィロキセラの葡萄畑から生まれるワイン。僅か0.36haの区画で栽培される樹齢160年のフランスの歴史的文化遺産と呼べる葡萄樹から生まれるこのキュヴェを味わうことは,自然の英知に触れることであり人類の奇跡。エリザベス女王との宮廷午餐会や,フランスワイン・アカデミーの晩餐会でもサービスされたフランスの威信を内外に示す国威発揚的ワイン。

*原産地呼称:ヴァン・ド・ペイ・デュ
・ロワール・エ・シェール
*ブドウ品種:ロモランタン100%
*植樹面積:0.36ヘクタール
*植樹年:1850年
*2010ヴィンテージ総生産量:1,300本

 ボランジェのヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズと並び,1850年に植樹されたフランスに現存する最古のプレ・フィロキセラのブドウ畑から生まれる希少ワイン。1世紀以上もの間生き延びてきたわずか0.36ヘクタールの区画から造られるワインは年間1,000本前後と超限定生産。ロマネ・コンティに匹敵するほどの低収量(1ヘクタールあたり約20ヘクトリットル)と樹齢150年を越える“ウルトラ・ヴィエイユ・ヴィーニュ”と呼べる超古樹に由来するワインを味わうことは,
まさにフランス・ワイン文化の真髄に触れることであり,人類の奇跡と言える

 2004年仏首相官邸におけるエリザベス女王とフランス首相との宮廷午餐会、2009年11月開催のフランス・ワイン・アカデミーの晩餐会でもサーヴィスされ,ロマネ・コンティのオベール・ド・ヴィレーヌ氏や,ドミニク・ラフォン,シャトー・ディケム元支配人なども堪能。フランスの威信を内外に示す国威発揚的ワイン

*アンリ・マリオネによるコメント
 大変複雑で,ミネラル分に富んだ香り。ライチやマルメロを思わせるアロマがある。シュナン・ブランのように繊細な味わい。カラフに移し替えてアエレーションするか,もしくはサーヴィスする1時間前に抜栓することをおすすめします。口中はリッチでやわらかく,杏やイチジク,野の花などを思わせるノートがある。アペリティフや食事の前半に合わせるにふさわしい仕上がりになっています。

 収穫したブドウは直接圧搾され,24時間の前清澄が施される。その後,ステンレス・タンクで15度の低温で発酵が行われる。マロラクティック発酵は行わず,収穫翌年の春の瓶詰めまで引き続きステンレス・タンクで熟成が行われる。

*ロモランタン品種:トゥーレーヌの隣のACクール・シュヴェルニィではアペラションの指定品種になっていますが,アンリ・マリオネのドメーヌがあるACトゥーレーヌでは指定品種になっていないため,ワインのカテゴリーはヴァン・ド・ペイになっています。

*バック・ラベルのコメント
プロヴィニャージュ
 (言い伝えでは)1850年に植樹されたプレ・フィロキセラのブドウ樹。

 ロモランタン品種は,ロモランタン村の周辺に植樹するために,ブルゴーニュ地方から8,000株の苗木を取り寄せたフランソワ1世によって,1519年にこの地方に持ち込まれました。
 フランソワ1世は,そこに豪華なシャトー(城)を建設しようと計画し,ブドウ樹が植樹されたのですが,結局,シャトーはシャンボールに建設されました。
 専門家たちは,このブドウ樹の非常に高い樹齢を確証してくれました。つまり,フィロキセラが現れたのが1870年以降のため,このブドウ樹は接ぎ木されていないのです。
 ワインは大変複雑で,長命な熟成タイプ。まったく並外れています。私たちの歴史の1ページを飾り,フランスの文化遺産の1つとなるワインです。

*プロヴィニャージュに関する各種ワイン雑誌のコメント
『ワイン・アドヴォケイト172号/2007年8月号』のコメント
・・・2005年物のプロヴィニャージュは,桃,ライム,高級な木苺の蒸留酒やクルミ油などの強烈な香りを放つ。驚くほど濃厚で色調も濃く,開放的であるものの,口当たりは非常に華やかである。桃,杏の実,塩,蒸留したベリーエスター,さらに澱やイーストの特長を強く感じることができる。果物,ナッツ油,エステルが豊富な蒸留したベリー,苦味のあるトーストを思わせる切れ味は驚くほど魅力的,かつ刺激的。熟成はあまりできないが,気弱な人には飲めないほどインパクトのあるワインだ。  ★92/100点(評価:2005年物)

『ワイン・アドヴォケイト145号/2003年2月号』のコメント
・・・以前にも記述したとおり,マリオネのプロヴィニャージュは樹齢160年のプレ・フィロキセラのロモランタン種のブドウ樹から造られたもので,このワインについて述べるためには,オーバーなほど沢山の空気に触れさせる必要がある。案の定,2000ヴィンテージも相当量の空気を取り入れて,やっと開いた。私がこのワインに期待していた通りのレッド・ベリー(主にラズベリーや赤すぐり)のアロマと傑出した力強さ,深み,余韻の長さが表れてきた。このミディアム・ボディのワインの特徴は終始レッド・フルーツだと言えよう。  ★91/100点(評価:2000年物)

『ワイン・アドヴォケイト145号/2003年2月号』のコメント
・・・好奇心旺盛な読者は,マリオネの1999年物のプロヴィニャージュを試してみるといいだろう。プロヴィニャージュ。この麦藁色のワインは,人々の知的好奇心を魅了するワインである。珍しいロモランタン品種で造られたこのワインのブドウ樹は,その期限を19世紀にまでさかのぼる。フランス最古の2つのブドウ畑のうちの1つ(もう1つはシャンパーニュのボランジェが所有するヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズと呼ばれる著名な区画)で,20世紀初頭のフィロキセラ禍を免れたフランスでも数少ないブドウ畑である。私が発見したところ,このワインは空気に触れることで,劇的にその味わいを豊かにする。最初は茹でたピーナッツやガーリックの香りを思い出させ,その後空気に触れると,熟れた桃やラズベリーの香りに変化した。新玉ねぎ,ガーリック,白や赤のベリーの味わいを持つ,不思議で美味なミディアムからフル・ボディのワインだ。  ★88/100点(評価:1999年物)

『ワイン・アドヴォケイト124号/1999年8月号』のコメント
・・・1998年物のプロヴィニャージュは,プレ・フィロキセラのブドウ畑に1840年に植樹されたロモランタン品種で造ったワインである。ロモランタンはまれに見る品種で,世界で386エーカーしか植えられていない。そして,そのうちの95%がロワールのクール・シュヴェルニィにある。このワインは空気に触れることでドラマティックに向上する。私は4時間にわたって,この輝くように澄んだワインの空気による変化を観察した。最初は,新鮮なマンゴーやスイカズラ,フルーツ・キャンディーのアロマがグラスから飛び出してくる。しかし,その香りは空気に触れることで,生き生きさを保ったまま,ラズベリーの香りへと変化していった。味わいはライトからミディアムのボディ,サテンのようなストラクチャー,そして力強い。中心となっているラズベリーの豊満な味わいが,貝殻やヨード,鉱物質の味わいと混ざり合っている。複雑で深みがあり,ずば抜けて長い余韻。まさに傑出したワインである。わずか4時間でもその片鱗を見せてくれたが,セラーで寝かせることでさらに良くなることはまちがいない。好奇心の強いワイン愛好者ならば,世界中で大きな関心を集めているプロヴィニャージュを,ぜひとも1本かそれ以上手に入れるべきだろう。  ★91/100点(評価:1998年物)

『ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス』誌のコメント
・・・緑色の反射に飾られた透明なローブ。なによりもまず,ワインのボディと粘性に驚かされる。アンリ・マリオネは,「この粘性こそ,接ぎ木をしないブドウ樹に由来するワインに見られる粘性」と言う。非常に強い花の香り。酸味は完全に同化している。完璧なバランスで,果物や花のアロマの余韻が長く続く。しっかりとした構成で,この上なく心地よいワイン。まちがいなく長命なワインである。

『ル・フィガロ』誌のコメント
・・・ヘーゼルナッツ,アーモンド,白い花などに印象付けられた軽やかな香り。素晴らしい酸に支えられた蜂蜜や,生き生きとした感覚が口中に広がる。フィニッシュでは,この品種にしては異例とも言える粘性が広がり,まさに絶頂に達する。ブール・ブラン・ソースの料理や若鶏のクリーム煮に良く合うことだろう。

*マリオネのプレ・フィロキセラのブドウ樹の発見は,『ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス/432号(1999年7月号)』で大きく取り上げられ,その後のプロヴィニャージュのリリースによって,瞬く間に世界中に知れ渡りました。
割田屋より)




割田屋より購入。10,260円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20150805/1438825339
竹八にて

抜栓日:2015年8月5日
これは、La Pucelle de Romorantinとの飲み比べをしました。
薄めのイエロー。Pucelleにくらべ、柑橘系の香りに重さ、というか複雑さを感じます。酸はしっかりとしていますが、とてもミネラリーで味わいに複雑さがあります。かっこよくいうと、味わいに歴史的、時間的な要素を感じる、といったところでしょうか。同じ品種、同じ作り方なのに、樹齢の違いによってこういう差がでてくるというのは、大変勉強になりました。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード