Grololo Pithon Paille

Grololo Pithon Paille
Grololo Pithon Paille
ピトン・パイエ
ジョー・ピトン(Jo Pithon)は、以前「Domaine Jo Pithon」としてワインをリリースしていました。ビオロジックで栽培を行い、バリックでエレヴァージュを行うという最高品質のワインのみを造り出すために、シュナン・ブランとカベルネ・フランのみが植えられた条件の優れた区画を耕作していました。その後、ドメーヌの品質は多くの知る所となり、1994年12月に「Revue desVins de France」誌(以下RVF)の選ぶ「今年のヴィニュロン」に選定されると、フランス内外を問わず、その名は広く轟くこととなりました。
彼は、自身のワインが、当時考えられていた「標準的なワイン」とは異なっているとの考えから各種コンクールへの出品を行なっていませんでしたが、にもかかわらず、RVFやBettan Desseauveなどのワインガイドで評価され続け、ついには彼の造る甘口ワインがパーカーポイント97-99を得ることもありました。
しかし、以前は最大14haほどあった畑の契約が終了し、返却を余儀なくされ、残った畑とともに信頼のおけるヴィニュロンからブドウを購入する形でワイン造りを再スタートしたのが、今回ご紹介する「ピトン・パイエ(Pithon-Paillé)」です。敢えてネゴシアンというスタイルでワインのリリースを行うに至ったのは、シュナン・ブランとカベルネ・フランのスペシャリストでありつづけるためでした。ネゴシアンとなることで、畑を取得しなくともシノンやブルグイユ、ソーミュール・シャンピニー、アンジュといったロワールの優れた赤ワイン、またアンジュ・モザイクやサヴィニエールといった優れた辛口白ワインを造り出すことができます。また、ロワールをよりよく理解できる様々なテロワールを耕作することが可能となり、ヴィニュロンとして更なる経験を得ることも可能となりました。ネゴシアンといえども、ドメーヌのワインと同じく栽培醸造管理が徹底されており、ドメーヌのワインだけでなくネゴシアンのワインも、同じエチケットで自信を持ってリリースされています。
実際、このドメーヌは、早くも2011年1月のRVFでPhilippe AlietやBernard Baudryなどのこの産地を代表する名立たる生産者と並び、ベスト・ロワール赤ワインの一つとして選ばれ高評価を得ており、Aux Bons Crus, Apicius, Astrance, Arpège, Grand Véfour, Robuchon, Guy Savoy, Stella Maris, Tailleventといった名立たるグラン・レストラン、Le verre Volé, Aux vergers de la madeleineなどの有名ワインショップからも支持を得ているなど、すでにその名声を確立しつつあり、話題となっています。

以上輸入元資料より抜粋

ピトン・パイエ VdF グロロロー[NV(2012)]

グロローで造られた気軽に楽しめるワイン。名前の「グロロロー」は、ぶどう品種グロローと、【グロ:大きな】【ロロー:おっぱい】の掛ことば。カベルネ・フランに植え替えを予定していたが、自家消費用に残されたグロロー。それがいつしか人気となりエントリー・キュヴェに。「グロローは収量も多く『安酒』のイメージですが、きちんと収量をおさえれば、このように楽しく、美味しいワインになります。」(ジョー・ピトン談)
―以下リアルワインガイド45号より抜粋―
どうでも良いことだけど重要なことってあるよね~。香りと味が重要だけども、たわわに実ったちぶ・・いや、インパクトある大きな葡萄の実が4つもエチケットに描かれてるって、お小遣いの使い道としては凄く大事。ニヤケつつ飲んでる自分が脳裏に浮かぶよね~!飲み始めはグロロの黒い果皮の厚みのヒダが濃厚に感じられて大きさも感じられるし、時間が経ってくるとエキス感がグングンアップしてくるしね。ドライでバランス良いワインだと思うよ。・・いやだからさ、育ちの良い葡萄の実をイメージしてるってことにしとこうよ~。(今飲んで88 ポテンシャル88+)

■ 生産地:フランス、ロワール地方
■ 味のタイプ :赤・ミディアムボディ
■ アルコール度:12%
■ ブドウ品種 :グロロー100%
■ 平均樹齢 :20~30年
■ 平均年間生産量 : 8000本
酒のたなかより)




【リュットレゾネ】 可愛らしい小さな赤い果実を連想させるグロローらしい味わい。 栽培収量を抑えているのでしっかりとした凝縮感もあります。 フランス語では「グロ=大きい」+「ロロー=おっぱい」→「グロロロー」、生産者の洒落心です(笑)。

ピトン パイエ グロロロー ヴァン ド フランス ヴァン ド ペイ デュ ヴァル ド ロワール

商品データ
VDF ロワール
品種:グロロー100%
タイプ:赤 ミディアム
栽培:リュットレゾネ
ジョー・ピトンは以前、ドメーヌ・ジョー・ピトンとしてワインをリリースしていました。ビオロジックで栽培を行い、バリックでエレヴァージュを行うという最高のワイン造りを追及し、優れた区画のみで最高のカベルネフランとシュナンブランのみを栽培していました。
彼自身は、自身のワインが「標準的なワイン」の範疇に収まりきっていないと考えていたため、一般的なコンクールへの出品などはせず、ただひたすら自身の理想を追い求めていましたが、一方で、RVFやBettanDesseauveなどのワインガイドで評価され続け、さらに彼の甘口ワインがパーカーポイントで97-99ptを獲得するなど、世の中の評価はじわじわと上昇していきました。
しかし、以前は最大14ヘクタールあった畑も、一部は賃借契約の終了などで返却を余儀なくされ、残った畑と彼が信頼できる栽培家からのぶどうで、「ピトン・パイエ」としてワイン造りを再スタートさせることになりました。

自身がスペシャリストであるカベルネ・フランとシュナンブラン以外は、買いぶどうを使用することでシノンやソーミュールシャンピニー、アンジューなどの優れたその他の個性的なぶどうを使ってロワールのテロワールを表現することが可能になったおかげで、今後ますますパイエの作品を楽しむ機会が増え、ワインファンにとってはポジティブな変化となりました!
mikeneko wine&storeより)




竹八にて
 
抜栓日:2015年8月5日
ほぼ食事が終わり、ちょっと赤を飲もうということで出していただきました。
色合いは比較的薄めのルージュで、香りはベリー系の香り、ちょっと草っぽいイメージ。酸が豊かで果実味がしっかりとしたワインです。南仏の赤かな?と思いましたが、ロワールの自然派で、ブドウ品種がグロロ。あ~、なるほど! こういった感じなのか!と思いました。時間が立ってくると、ちょっと馬小屋的なニュアンスが出てきて、ビオ系のワインなんだな~という感じに変化していきます。これは、飲まさるワインです。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード