Paradise Ridge Nagasawa Chardonnay Russian River Valley Sonoma County 2012

Paradise Ridge Nagasawa Chardonnay Russian River Valley Sonoma County 2012
Paradise Ridge Nagasawa Chardonnay Russian River Valley Sonoma County 2012
2012 パラダイス・リッジ ナガサワ シャルドネ

ワイナリー
長沢鼎(ながさわ かなえ)は1800年代中期、鎖国政策を敷く幕末の薩摩藩から13歳の若さで19名の同志とともに密かにイギリスに留学した。藩の財政悪化等により仲間達が次々に帰国する中数名の同士とともにその後アメリカ東海岸からカリフォルニアに渡り、その後ソノマにワイナリーを設立、フィロキセラ禍や禁酒法、日系人に対する様々な差別などの苦難に耐え商業的な大成功を収めた彼はやがて「ブドウ王(Grape King)」と呼ばれ、州内の10大ワイナリーに名を連ねるに至った。米国内のコンクールで 入賞するなどさらにその知名度を高めた"Kanaye Nagasawa"が造るワインは、当時アメリカのワインなど見向きもしなかったイギリス市場に初めて輸出された名誉 ある1本となった。 ソノマのサンタローザ市は現在のワイン産業に大きな影響を与えた彼の偉業に敬意を表し、長沢が遺したワイナリー跡地を"Nagasawa Community Park"として今に残し、かつての円形納屋は、"Round Barn"の名で地元っ子に愛されている。彼が所有した土地の一部は現在パラダイス・リッジ・ワイナリーが継承し、その偉業に感銘を受けたオーナーにより彼 の名を冠したシャルドネが毎年少量造り出されている。 かつて米国内で広まった日系人差別の歴史の中で全てを没収され、この偉大なサムライストーリーは闇に葬られたが、1983年レーガン大統領来日の際の公式スピーチにおいて長沢の多大なる功績を取り上げた事をきっかけに、50年の時を経て多くの日本人の知るところとなった。 ソノマ生まれの布袋ワインズ オーナー、ビル・キャンベルは幼い頃から長澤ゆかりの地周辺で育ちその敷地内で遊んだ。現在ワインビジネスを手掛けていることから 「縁」を感じ、この素晴らしい『伝統」をさらに日本に広めるべく、この"KANAYE The Grape King"をリリースすることとなった。 2014年 鹿児島県いちき串木野市に開館した薩摩藩英国留学生記念館には、長沢の苦難の歩みとともにパラダイス・リッジのワインが展示されている。 薩摩藩英国留学生記念館: http://www.ssmuseum.jp/

ワイン
長沢鼎がワイン造りに生涯を捧げたロシアン・リヴァー・ヴァレーの高品質なブドウを使い少量造られるコストパフォマンスの高いシャルドネ。このワインを味わいながら幕末〜明治のロマンを語るのも一興。

醸造 契約畑 / 発酵: ステンレスタンク 熟成: フレンチオークにて

ティスティング・ノート
樽の風味や果実味豊かなカリフォルニアらしいスタイルながら、ロシアンリヴァーヴァレーの冷涼な気候を表す豊かな酸味が味わいのバランスを支える。

アペラシオン Russian River Valley (Sonoma)
品種 Chardonnay
サイズ 750ml
栓 コルク
アルコール度数 14.1%
布袋ワインズより)





パラダイス・リッジ ”ナガサワ” シャルドネ ロシアンリバーヴァレー
このワインを味わいながら幕末〜明治のロマンを語るのも一興です!
【豊かな風味】

長澤鼎(かなえ)は1800年代中期、鎖国政策を敷く幕末の薩摩藩から13歳の若さで密かにイギリスに留学しました。藩の財政困窮等により仲間達が次々に帰国する中数名の同士とともにその後アメリカ東海岸からカリフォルニアに渡り、その後ソノマにワイナリーを設立、フィロキセラや禁酒法、日系人に対する様々な差別などの苦難に耐え商業的な大成功を収めた彼はやがて「カリフォルニアのブドウ王」と呼ばれ、州内の10大ワイナリーに名を連ねるに至りました。
米国内のコンクールで入賞するなどさらにその知名度を高めた"NAGASAWA"のワインは、当時アメリカのワインなど見向きもしなかったイギリス市場に初めて輸出された名誉ある1本となりました。 ソノマのサンタローザ市は現在のワイン産業に大きな影響を与えた彼の偉業に敬意を表し、長澤が遺したワイナリー跡地をNagasawa Community Parkとして今に残し、かつての醸造所は、"Round Barn"の名で地元っ子に愛されています。彼が所有した土地の一部は現在パラダイスリッジワイナリーが継承し、その偉業に感銘を受けたオーナーにより長澤の名を冠したシャルドネが毎年少量造り出されています。
かつて米国内で広まった日系人差別の歴史の中で全てを没収され、この偉大なサムライストーリーは闇に葬られましたが、1983年レーガン大統領来日の際の公式スピーチにおいて長澤の多大なる功績を取り上げた事をきっかけに、50年の時を経て多くの日本人の知るところとなりました。 2014年、鹿児島県いちき串木野市に開館した薩摩藩英国留学生記念館には、長沢の苦難の歩みとともにパラダイス・リッジのワインが展示されています。
こちらのナガサワ・シャルドネは長沢鼎がワイン造りに生涯を捧げたロシアン・リヴァー・ヴァレーの高品質なブドウを使い少量造られるコストパフォマンスの高いシャルドネです。

パラダイス・リッジ ”ナガサワ” シャルドネ ロシアンリバーヴァレーの説明
あわせる料理は?

鶏肉のレモンクリームソース、サーモンのグリル、ガーリックシュリンプ

ワインデータ

ワイン名 パラダイス・リッジ ”ナガサワ” シャルドネ ロシアンリバーヴァレー
原語 Paradise Ridge Nagasawa Chardonnay
ヴィンテージ 2012年
タイプ 白ワイン
飲み口 辛口
原産国、地域 カリフォルニア、ソノマ、ロシアンリバーヴァレー
造り手 パラダイス・リッジ<Paradise Ridge>
ぶどう品種 シャルドネ100%
熟成 フレンチオークにて熟成
アルコール 14.1%
容量 750ml
飲み頃温度 10~12℃
しあわせワイン倶楽部より)





抜栓日:2015年9月29日
そんなに濃くない黄色。中程度の粘性、ディスク。輝きあり。第一印象はもったりとした感じ。樽香、バニラ香が著明。第一アロマとしてはアカシア、梨の香り。アタックはしっかりとしていて、ボディーはフル。酸は柔らかい印象。余韻は中程度。自分としてやや酸化的なニュアンスを感じたので、自分の持っていったものかと思いましたが、答えはカリフォルニアのシャルドネ。なるほど~。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード