La Luna Bruno Duchene 2014

La Luna Bruno Duchene 2014
La Luna Bruno Cuchene 2014
DOMAINE BRUNO DUCHENE
ドメーヌ・ブリュノ・デュシェン
 *お宝のブリュノ・デュシェン登場です。
  2004のヴィンテージを飲みましたがまさにエチケットの様なワインでした。もうお判りでしょう!
  とっても面白いワインです。もちろん素晴らしくですよ!
  まあ新井さんのコメントにブリュノと彼の創る(あえてこちらにしました)ワインに思いがこもっておりましたので、資料をすべて書き添えました。
  (コスモジュンさんはメールでないのですべて書き写しました。ゲソッ
  ★ブリュノ・デュシェンはきのこつくりのスペシャリストでしたが、その地位を捨ててシャソルネのコサール氏の元でで経験を積みスペインの国境近くの南仏バニュルスで独立、生産を始めました。
  その土地は300mの高さ傾斜地で3haの畑ですが、トラクター等は入れず、人の手で開墾し耕されています。

  インポーターの資料から
  「私の周りにはワイン馬鹿が沢山おりますが、徹底したウルトラTOPの最高峰、彼にかなう人はなかなかおりません。
  その名もブリュノ デュシェン。もう知る人ぞ知る醸造家。
  彼のワインはもともとの生産量は無い上にリリースと共にフランスも直ぐに売り切れてとなります。
  彼との出会いは2000年の秋にさかのぼります。
  ドメーヌ デ シャソルネで見習いとして1年ワイン作りを勉強、この年から私とフレデリックでスペシャルキュヴェを作り始めたので一緒の釜の飯を食べた同僚であります。
  その前はキノコ作りのスペシャリスト、食べる事、飲む事大好き人間です。彼の奥様はスペイン人でとっても美人、ブリュノには勿体無いくらいの女優さんの様な綺麗な方で、かつ性格が良い女性から見ても可愛らしい方です。
  でもブリュノもとっても良い男であります。まさに美男美女。
  ブルゴーニュの見習いを上がり、彼らが目指した地は南仏、スペイン国境のバニュルスであります。
  えっ!!VDNを作るのかって?いえいえそうではありません。
  こんな暑い地でスティルワインを作り始めたのです。誰もまさかと思った土地に!
  3haの畑を購入しその畑は何と300mも高さがあり、段々畑で上から海が見渡せる絶好のパノラマです。
  でも畑は傾斜し、トラクターが入る事が出来ません。ですからすべての作業を手で行います。土の掘り起こしから全て....。
  信じられません。馬で耕す事も出来ないくらいです。人間の手でやっと仕事が出来るのです。
  周りの皆(醸造家)が大反対、こんな所に畑を買ったらおまえ一生牢屋だぞって!私だって同じ気持ちです。
  ただでさえビオの生産者はほとんど畑なのです。朝から晩まで真っ黒になって...。この畑を見た時にはビックリしました。
  でもブリュノは明るく、
  『太陽の有る所に住みたかったんだ。海は見えるし最高だよ』って!
  奥様の実家のスペインに近い場所を選んだのは彼の優しさです。
  普通はワインを作る事が中心に場所を選びますが、明るい家庭有っての人生、そういう人なのです。
  テイステングさせて頂き、涙が出そうでした。あまりに美味しくそしてそれを作る為に、どんな風に1年畑を守ったか、目に見える様です。
  彼がワインの感想を聞いてきました。
  フランス語で彼に一言『Chapeau』=脱帽、参りました。
  お互いその日は彼の家で飲み明かしたのは言うまでもありません。」
  (2006年8月11日 ブリュノがロワールにやってきてテイスティング。)

ヴァン・ド・ペイ・ド・ラ・コート・ヴェルメーイユ・ルージュ・ラ・ルナ2014
*森田屋はインポーターのNさんから貰っていますのでディオーニーさんからはルナのみです。
 限定はしませんので...。

 標高:  畑:300m、東向き
 土壌:シスト
 品種:グルナッシュ・ノワール45%
    グルナッシュグリ36%、カリニャン10%
    グルナッシュブラン9%
    (2013VINより自社葡萄が1/3、買い葡萄が2/3の比率)
 樹齢:30から50年
 収穫:手摘み
 収量:30hl/ha
 酵母:自生酵母
 醸造:開放桶にすべてを入れてピジャージュ、発酵。
    その後木樽にて9か月熟成。無濾過・無清澄
 SO2:添加なし
 ワインについて:Lunaはブルーノ家の愛犬の名前。
         14年間一家と共に過ごしてきた家族の一員でしたが、残念ながら3月に他界しました。
         ブルノいわく「とても親しみやすいワインなので家族や友人たちと楽しくグラスを傾けてほしい」と。
森田屋より)





森田屋より購入。3,020円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20151215/1450180990
抜栓日:2015年12月15日
インポータ:野村ユニゾン
コルク:La Lunaの刻印あり。47mm。
液漏れ:なし
グラス:リーデルのボルドータイプを使用しました。
 
色合い:あまり輝きのないルビーパープル。そんなに濃くないです。実に自然な色合いですが、色自体はフレッシュ感あります。
エッジ:しっかりと色づいています。
脚:結構しっかりとした脚。アルコール度数13.5%
 
香り:最初やや還元香っぽかったですがすぐに落ち着きました。ザクロやチェリーのニュアンス。ほんのちょっと酸化っぽいニュアンスを感じます。また、ほんのりとしたプレタノっぽい感じもありますが、これが全然不快な感じじゃないです。スパイスやハーブ香も感じます。時間が経ってくると紫系の実のニュアンスや、カラメルっぽい要素を感じます。またその後に豆っぽさや、ポップコーン的なニュアンスが現れました。ミネラル香を結構感じます。こういうのおもしろいな~。ナチューレなんだな~と思います。娘さんは開口一番「コンソメ」と言っていました。なるほどね~。
 
味わい:酸はしっかりしていますが柔らかいです。果実味が豊富。タンニンはフレッシュですがギスギスしていません。余韻もそこそこ感じます。なんか、香りの要素が一体となって味わいになっている感じ。ミネラル感も豊富。しっかり身が詰まっているという感じではないんですが、なんとなく、次の一杯、次の一口と飲んでしまいます。温度が上がってくると、けっこう温かいイメージの味わいで、明るい印象です。自分としては香り、味ともにヌフのライトバージョンっぽい感じがしています。これで3000円はコスパすごくいいとおもいます。
2日目、やや酸化のニュアンスがでていますが、昨日と変わらずの味わい、香りでおいしくいただけました。なんと、カップラーメン(ワンタン激めん)との相性がすごく良かった(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード