O-Limited Edition Osa Winery 2015

O-Limited Edition Osa Winery 2015
O-Limited Edition Osa Winery 2015 part1
OSA WINERYは、福岡のO.B.Uカンパニーという会社が設立した自社ワイナリーです。
O.B.Uカンパニーのサイトはこちら
O.B.U.カンパニーのFacebookはこちら

OSA WINARYのFacebookはこちらです。

このワインは、OSA Wineryの初醸造のワインです。


ついにできました、O Limited Edition!
ここまで応援いただいた方々のお陰です、本当にありがとうございます。
余市の最高品質のデラウェアと旅路をブレンドし食事に合わせやすいキリリっとした辛口です。

O Limited Editionは新鮮な香りと味わいをそのままにお届けしたい、というコンセプトなのでろ過は荒めです。
少しの濁りもあります。

【ワインについて】
今回発売のO Limited Editionは余市のデラウェア主体です。(残り10%は旅路)
Limitedとつけたのは、最高品質のデラウェアで仕込んでいるからです。
9月初め、デパートに並んでもおかしくないほどのとても立派で整ったデラウェアをスタッフで房を選びながら収穫しました。(畑選果)
香りと酸を活かすために市場に出るのより少し早めに摘んでいますが糖度は約20度。
補糖、清澄は行っていませんので自然でピュアな味わいをお楽しみいただけます。
畑の近くにさくらんぼや林檎畑などがあるので花粉や香りの良い影響があるのかな、と個人的には思っています。


【ワインOのこぼれ話】
O Limited Editionは食用の葡萄なのに高いね、と言われます。
ということでその理由についてほんの少し。
低価格で美味しいワインを造っていければ理想ではありますが今回のワインは特別なんです。
①余市登の最高級のデラウェア
②畑選果
③フリーランと低搾汁率
①余市の中でも特にぶどうの生育条件の良いとされる登町。そこのある農家さんが、もともと生食として出荷する予定だったものを8月に急きょ分けていただけることになりました。手のひらより大きい立派な房でデパートに並んでもおかしくないくらいの品質。なので加工用ではない、きれいで健全な状態です。
②糖度は約19.5度。ですがまだ張りのある状態の9月5日。まだ熟すと糖度は上がると思いますが香りは減ってしまうだろうと判断。味と酸のバランスがベストと考え、スタッフ、ヘルプスタッフとで収穫。雨の降る前に間に合いました。畑で選果しそのままトラックで運び、直接プレス機へ。
③フリーランと果実味、香りの部分を大切に抽出するために搾汁率は64%。1kgの葡萄から640gの果汁がとれる計算となります。だいたいシャンパンと同じくらいの低圧力、低搾汁。もったいないと思われるかもしれませんが今回ベストと考えた率でした。
搾汁に2時間半ほど。
これに料理との相性や味のふくらみを考え旅路を9パーセントブレンド。

(いずれもOSA WINERYのFacebookの投稿から抜粋)


O-Limited Edition Osa Winery 2015 part2





(+)中根酒店より1本購入。その後OSA Wineryより購入。2,500円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160112/1452653063
抜栓日:2016年1月12日
当日持ち込みだったため、静置していなかったせいもありますが濁りのあイエロー。最初ちょっと還元的なニュアンスあり、固めの印象でしたが、時間とともに、まさにデラウェアのブドウを食べているような香り。酸はとてもしっかりとしていて、ほのかな甘さはありますが、基本辛口の味わい。温度が上がるとやはり、デラウェアそのものを飲んでいる、まさに大人のジュース。他にリンゴの風味を感じます。この酸が、時間の経過でどのように変化するでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード