COCO10R Series Pinot Gris 2014

COCO10R Series Pinot Gris 2014
COCO10R Series Pinot Gris 2014 Part1
こことあるシリーズ2014ぴのぐり
Pinot Gris(ピノ・グリ)のGrisとはフランス語で灰色のこと。北海道・余市の冷涼な気候で育った、ヨーロッパで最近人気の葡萄品種、ピノ・グリ種からつくりました。
「2014ぴのぐり」は厳選された葡萄を野生酵母で醗酵させた味わい深い白ワインです。 (醸造:10R)
こことあるシリーズは自然の味わいを生かした適地適品種のワインです。 ココ・ファーム・ワイナリー(栃木県足利市)からお届けいたします。

2014 こことあるシリーズ ぴのぐり ワイン・データシート



2014 こことあるシリーズ ぴのぐり

現在世界中で造られているピノ・グリにはいろいろなタイプがあります。はつらつとフレッシュなイタリアのピノ・グリージョ、リッチかつまろやかな新大陸の造り、さらに、ねっとり、うっとりと絡みつく蜂蜜のような舌触りのアルザス地方のワインなど実に様々な解釈で造られています。
北海道でこの品種を初めて仕込むにあたり、特に好みのスタイルやこだわりはありませんでした。ただ葡萄がなりたいワインになれるよう、必要最小限に手を加え、かつ最大限のお世話をし、注意を払おうと考えただけでした。原料の葡萄が、日本でも最も高く評価されている、北海道余市町の中川さん、木村さんの二つの畑からやってきた折り紙つきだったため、それが可能でした。

2014年の北海道は非常に素晴らしい年でした。夏は十分に暑く、しかも長く続いたおかげで、例年より熟した葡萄をつくることができました。ヴィンテージの特徴が、豊かな口当たりとやわらかなフィニッシュに表れています。
最初の年から自然がこのようなヴィンテージを贈ってくれたことを幸せに思います。

テクニカル・データ
品種: ピノ・グリ 100%
畑: 北海道余市町登 中川農園85%、木村農園15%
収穫: 2014/10/07(木村農園)、2014/10/11(中川農園)
醗酵: 葡萄を選別した後、房ごと低圧で搾った。
一夜常温沈殿させた後、オリ引き。ステンレスタンク30%、古樽70%(7年目
フレンチオーク)で、野生酵母による醗酵後、野生乳酸菌により100%MLF
(マロラクティック発酵) を行った。
ブレンドし、少量の亜流酸塩添加後、無清澄・無濾過にて瓶詰め。
熟成: 醗酵後数か月オリ浸けした後、オリ引き。
瓶詰: ブレンドし、少量の亜流酸塩添加後、無清澄・無濾過にて瓶詰め。
本数: 2166本(750 ml)
アルコール: 12.4 % 酸度: 0.60 g/100 ml.  残糖: 0.44 %


このワインについて
テイスティング・
コメント: 「こことあるシリーズ2014ぴのぐり」は、香りはフレッシュハーブ、青りんご、クローブ、砂糖漬けのレモンピールの香り。時間が経つと桃のような熟した果実の香りも感じる。これらの香りに樽香がふくらみを与えている。口にすると、丸みのある口当たりと酸味のシャープさのバランスが良い。穏やかな旨味、ミネラル、ほのかなほろ苦さが後味をまとめる。
料理との相性: 山菜の天ぷら、アスパラガスとポーチドエッグ、根菜の揚げびたし、
ホタテのレモンバターソテー、カスベのムニエル、魚介のマリネ、
しいたけのオリーブオイル焼き、栗の渋皮煮、白カビチーズ
飲み頃: 今すぐに飲んでも、2,3年待っても楽しめる。
ココファーム&ワイナリーより)


COCO10R Series Pinot Gris 2014 Part2

COCO10R Series Pinot Gris 2014 Part3

COCO10R Series Pinot Gris 2014 Part4




(+)シーザーワインカンパニーより2本購入。3,400円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20151113/1447427312
竹八にてグラスで。
 
抜栓日:2015年11月13日
色合いは普通のイエロ。やや照りがある感じですか。ほんのりとスパイシーな柑橘系、トロピカル系の香りで、うまくグリがあらわれていると思います。還元香やビオっぽいニュアンスはあまり感じませんでした。酸はしっかりとしていますが、飲み口がとても優しい印象。これは、いい意味で、普通に美味しいワイン! 全然今で美味しい。


http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160214/1455443638
抜栓日:2016年2月14日
コルク:無印
液漏れ:なし
グラス:リーデルのオーヴァチュアレッド
 
色:やや濃い目のイエロー。輝きあり、グラスの底に気泡あり
ディスク:比較的厚めで、液体自体にもややトロミがあるように見えます。
脚:さほど粘性を感じません。
 
香り:レモンを連想させるような柑橘香が最初に感じられます。その後、りんご、奥にスパイスのような、胡椒のような香り。オレンジの外側の皮の白い部分の香り。香りの要素がなかなか心地よいです。普通に良い香り。ほんのすこ~し、木樽の、ほのかに甘いニュアンスの香りがあります。時間がたって温度が上がってくると、たしかにピーチっぽい香りがたってきます。
 
味わい:しっかりとした乳酸系の酸が中心にあって、次に柑橘系の甘味がほんのりと出てきます。中盤からちょっとグリ系というか渋味系の味わい。液体自体の厚みがけっこうしっかりとしています。中等度の余韻で、なかなか楽しませてくれる味わい。もう、普通に美味しいワインです。

2日目、ものすごくまとまった液体になっています。酸はしっかり、甘味もしっかり、しかも後口にずんとくる渋味、酸化のニュアンスもありますが、蜂蜜感も出現して、コクのある、ミネラル感のはっきりとしたワインになっています。で、2日で飲んでしまいました(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード