Takizawa Pinot Noir 2014

Takizawa Pinot Noir 2014
Takizawa Pinot Noir 2014 part1
TAKIZAWA
PINOT NOIR 2014

北海道、三笠の冷涼な気候に育まれたぶどうそのままの味わいを生かし、寒暖差の大きい、日当たりの良い斜面で育ったぶどうを、じっくり樽熟成。2014年は天候に恵まれ、芳醇な香りと豊かな味わいのワインに仕上がりました。北海道を代表する赤ワインをお楽しみください
滝澤ワイナリーより)


Takizawa Pinot Noir 2014 part2



(*)ワイナリーより3本直接購入。4,320円
抜栓日:2015年12月18日
コルク:無印
液漏れ:すこし染みていました。液漏れはありません。
グラス:リーデルのブルゴーニュタイプを使用しました。
 
色合い:濃い目のルージュでやや黒っぽい色合い。ガーネットの要素もあります。色抽出してますね~という感じ。
エッジ:エッジもしっかりと色ついています。
脚:中等度の粘調度。アルコール度数11.5%
 
香り:最初、ちょっと香り弱めで、それでもほんのりとブラックベリー、アメリカンチェリーのニュアンス。そのうちにコーヒーっぽいニュアンス。ロースト香、樽香がプンプン。やや樽からの香りと思われる感じが支配的でした。土のニュアンスもほんのりと感じます。赤黒い印象。
 
タンニン:タンニンがまだ硬いです。ピノにしては、渋味を結構感じます。
 
味わい:フレッシュな酸。でも、ほどなく落ち着きました。樽からと思われるロースト感が結構強く、新樽っぽい感じです。甘さも感じるのですが、どちらかというとニューワールド系の感じつっぽい甘さ。また、やや酸化的なニュアンスもあり、この辺に北海道らしさ、というか、溌剌とした果実味というよりは、ドヨンとしてるイメージが北海道っぽい感じです。全体的に樽の要素が強めで、ちょっと早かった感じ。3~4年後に再度挑戦してみたいです。たしか昨年からがTakizawa Wineryでの醸造だったんじゃないかな?思いの外しっかり目に作られているな~というのが印象に残りました。'13飲んでないのでわかりません。
2日目、酸がやや強くなりましたが、やはり樽のニュアンスが結構主張しているスタイルに変化はありませんでした。この樽感がこなれてきた時にどのようになるのでしょうか?楽しみです。



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160601/1464751862
抜栓日:2016年5月31日
半分ブラインドで。やや薄めのルビー。ベリーの香り、紅茶のニュアンス、土っぽい印象。樽香。どちらかというとどっしりとしています。酸はしっかりとしています。アフタはさほど長くない。ニューワールドのピノ・ノワールと判断してましたが、国は? なるほどタキザワさんのピノか!半年前にのんでいます。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード