四恩醸造 ローズ ロゼ 2015

四恩醸造 ローズ ロゼ 2015
四恩醸造 ローズ ロゼ 2015
ローズのロゼ

大人気の「ローズ」シリーズのロゼです。
巨峰から造られたロゼです。

微発泡した濁りのある桜色。開栓したては澱様のぬか漬け臭。ほのかなミルクの香りにスミレの香り。やや時間がたつとおぼろ昆布やお抹茶のような香りがします。口中ではお抹茶の緑感とミルクの柔らかさ立ち上るスミレの香りが主だと思います。ラベンダーやクローブのような香りもします。奥底に漂うカカオ系の香りが香りの厚みを出しています。アフターは緑茶の緑と渋み。香りがスパッと切れますが、舌の上では酸が残るので今回は酸の余韻が特長になったと思います。
魚介なら、イカの炒め物。豚肉や鶏肉に小麦粉はたいて炒めたもの。重量感があれども味は強くないものがこのほのかな香りと酸の構成に合う様な気がします。大根の炊いたのとか大丈夫だと思いますが、柚子味噌とかちょっとアクセントがあったほうがよりよいかと感じました。 おぼろ昆布をまいた青魚がたべたぁ~いとマリアージュとは関係なく思いました。
一日経つと糠漬け臭は消え、チェリーの香りが前面に出てきました。チェリーとミルクにカカオの香り。今年は空気とある程度触れさせないといつもの香りは出てこないようです。 グラスですとTOPの糠漬け臭がな抜けないのですが、淡いミルクやスミレの香りが感じられます。コップですとそのらの香りが感じられないので抹茶の香りと味わいが支配します。ワイン半開させたものを1日後に飲むと、ものすごいチャーミングなお酒になります。(時間掛けたらテーブルワインじゃない気もします。デキャンターなら3-6Hかな。って(デキャンターでテーブルワインてどんな感覚の人なん、て自分で突っ込みます)) どうしても自分がTOPの糠漬け臭にこだわってしまうので、低温での提供になるかと思います。それが抜ければ、淡い香りと酸がきれいなので、ちょっと暖かめで出してあげたいです。
8月下旬から10月中旬までの巨峰系ワインの製造期間でも前半のものが多いです。また、2014年のジュースも醗酵に加わっていますので、今年は一応N.vintage(ノンヴィンテージ)と表記させていただきました。新たに加わったバルーン型プレスで搾汁し、9月下旬まで低温でじっくり自然発酵を行いました。無補糖で亜硫酸は瓶詰め前の1回です。


四恩醸造 ローズ ロゼ
ローズ・ロゼ ノン・ヴィンテージ 2015
Rose Rose N.vintage 2015

商品番号:  011106
ワイナリー: 四恩醸造
生産地:   日本 山梨
格付:         
タイプ:    ロゼ
品種:     巨峰
容量:      750ml
Merlot.jpより)




*ローズ(ロゼ)N.vintage 2015
品 種:巨峰 100%
産 地:山梨市牧丘町+甲州市勝沼町上岩崎
Alcool:10.5%
F-SO2:ppm
 
微発泡した濁りのある桜色。開栓したては澱様のぬか漬け臭。ほのかなミルクの香りにスミレの香り。やや時間がたつとおぼろ昆布やお抹茶のような香りがします。口中ではお抹茶の緑感とミルクの柔らかさ立ち上るスミレの香りが主だと思います。ラベンダーやクローブのような香りもします。奥底に漂うカカオ系の香りが香りの厚みを出しています。アフターは緑茶の緑と渋み。香りがスパッと切れますが、舌の上では酸が残るので今回は酸の余韻が特長になったと思います。
魚介なら、イカの炒め物。豚肉や鶏肉に小麦粉はたいて炒めたもの。重量感があれども味は強くないものがこのほのかな香りと酸の構成に合う様な気がします。大根の炊いたのとか大丈夫だと思いますが、柚子味噌とかちょっとアクセントがあったほうがよりよいかと感じました。
おぼろ昆布をまいた青魚がたべたぁ~いとマリアージュとは関係なく思いました。
一日経つと糠漬け臭は消え、チェリーの香りが前面に出てきました。チェリーとミルクにカカオの香り。今年は空気とある程度触れさせないといつもの香りは出てこないようです。
グラスですとTOPの糠漬け臭がな抜けないのですが、淡いミルクやスミレの香りが感じられます。コップですとそのらの香りが感じられないので抹茶の香りと味わいが支配します。ワイン半開させたものを1日後に飲むと、ものすごいチャーミングなお酒になります。(時間掛けたらテーブルワインじゃない気もします。デキャンターなら3-6Hかな。って(デキャンターでテーブルワインてどんな感覚の人なん、て自分で突っ込みます))
どうしても自分がTOPの糠漬け臭にこだわってしまうので、低温での提供になるかと思います。それが抜ければ、淡い香りと酸がきれいなので、ちょっと暖かめで出してあげたいです。
8月下旬から10月中旬までの巨峰系ワインの製造期間でも前半のものが多いです。また、2014年のジュースも醗酵に加わっていますので、今年は一応N.vintage(ノンヴィンテージ)と表記させていただきました。新たに加わったバルーン型プレスで搾汁し、9月下旬まで低温でじっくり自然発酵を行いました。無補糖で亜硫酸は瓶詰め前の1回です。
オネストテロワールより)





(+)あるこほりっく・あるまじろよりセットで購入。1408円/本

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160125/1453728639
抜栓日:2016年1月25日
スクリューキャップ。
キャップ開けてすぐに結構な還元香がありましたが、グラスに注ぐとそんなにひどくはなかったです。たしかに糠の匂い的な感じがありました。
色合いは薄いピンクと黄色の混色。ロゼという色合いではありません。濁りがあります。
脚は中程度。アルコール度数10.5%と記載ありました。
香りは、なんと表現したら良いのか、糠味噌的なニュアンスはありますが、さほど強くなく、ぬか漬けの大根のようなニュアンス。うす茶色系の香り。いわゆるビオ香的なニュアンス。娘さんが、「こんにゃく使った子和えの匂い」と表現しました。まさにそんなニュアンスです。おでん的な感じもしますし、大根とかの煮付けのニュアンスというのか、なんとも表現しがたい。
味わいは微発泡(+)で、ほんのりとした和三盆系の甘味と、香りの要素がすべて味わいに出ている、そんな感じ。そして、苦味というか渋味が、後口に感じられます。時間とともに柔らかなさんがアクセントになってきます。よく言われているように、コップ、というか、今回湯のみを使って飲んでみましたが、ワイングラスで飲むよりも、湯のみで飲んだほうが、口への入り方がちがうのか、旨味が口の中にぐわ~っと広がってきます。
一日立ったほうが、ヌカ臭さが抜けてより良い、という話なので、明日また試してみます。
2日目、全体のニュアンスはマイルドになっています。しかし、糠漬けっぽいニュアンスはまだまだ健在。でもこのタイプのワインは好きだな~。
3日目、かなり香りは落ちていますが、液体自体の旨味は健在です。ただ、好き嫌いが別れるところでしょう。個人的にはとても好きです。
中1日あけて5日目、瓶を立てて冷蔵庫で保存のため、まずは上澄み部分ですが、ヌカ臭さがかなり抜けて、苦味を伴う旨みになっています。ママちゃんは水だ!と言っています。染みます。和の甘味が引き立っています。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード