Jumpin Juice Patrick Sullivan 2014

Jumping Juice Patrick Sullivan 2014
Jumping Juice Patrick Sullivan 2014
パトリック サリヴァン

パトリック サリヴァン

パトリック サリヴァン
ヒースコートのブドウ農園で生まれたパトリックサリヴァン。ブドウやワイン囲まれて幼少期を過ごした彼は順風満帆でアカデミックな人生を送り
、品行方正で行儀の良い青年となり、洗練の極みともいえるワインを作る天才です・・・

なんて大嘘です。

彼は我々日本のワイン業界人が考えも及ばないクソガキです(笑)

アデレード大学とメルボルン大学を卒業し醸造学を学ぶに至るまで彼は牛や豚、羊の畜殺場で働いていました。

ロンドンでワインにのめり込みオーストラリアへ帰国。学位を取得した現在、彼の口から飛び出てくるのは刺激的というか風刺的というかというか、とにかく衣が着せられていない剥き出しの感情です。

パトリック サリヴァン
「醸造学なんて必要ないよ。

畑で何お行うかが重要であって栽培能楽の方がよほど大切なんだ。

ワイン作りなんてシンプルなもんで、発酵槽に葡萄をぶち込む。発酵が終わって不快なにおいがしなければそれでオッケーさ」とのたまいます。

現在はサウザンドキャンドルズ農園で葡萄の管理を全て一手に引き受け、自身の名前でもワイン作りを楽しみ、シーズンオフにはボージョレやシシリーでビンテージに参加。

彼が作るワインはロンドンのナチュラルワインバー「テロワール」でも大人気の銘柄であり、いよいろ世界のスターダムに伸し上がってきた感さえあります。

オーストラリアの風来坊。
パトリックから目が離せません!
東洋肉店より)








パトリック サリヴァン ジャンピング ジュース ハーフ フル NV(750ml) Patrick Sullivan Jumping Juice Half Full NV

ジャンピング ジュースはパトリック サリヴァンのフリー スピリットが生み出す魔法の液体。驚く程スムーズで、飲み手の細胞レベルにまで浸透していくのではと思わせる魅力があります。

実は昨年パトリックはこのジャンピン ジュースをリリース出来ませんでした。ランブルスコやサウザンド キャンドルズといったウィリアム ダウニーとの共同作品で周囲の度肝を抜いたパトリックですが、一向に鎮まる気配を見せないオーストラリアのバブル経済と、高まるニーズに対して高騰を続けるオーガニックのブドウ単価には手の施しようが無かったのです。結果として2014年にジャンピン ジュースは作られる事がありませんでした。

果たしてパトリックは自身の夢を実現する為に、苦しみの最中に大きな一歩を踏み出しました。多額の借金を背負う覚悟で自分自身の農園を持つ事にしたのです。

今回リリースするジャンピン ジュースは以前リリースした作品とは違ったアプローチで作られています。マルチビンテージのピノ ノワール・シラー・モスカート ジャッロ・ソーヴィニヨン ブラン・マルベックを別々に醸造して最後にブレンドしており、「赤ワインに見える白ワイン」がコンセプト。

「リリースする度にブドウ品種を変更してマーケットを混乱に陥れてやる」と悪戯っぽくパトリックは笑っていますが、なかなかどうして一筋縄ではいかないワインである事に変わりは無い様です。
Patrick Sullivan Jumping Juice Half Full NV
Vineyard Locations:オーストラリア/ヴィクトリア州
Varieties: ピノ ノワール、シラー、モスカート ジャッロ、ソーヴィニヨン ブラン、マルベック
Bottle Size:750ml
Category:赤
オンラインワッシーズより)





ジャンピン・ジュース [N.V] パトリック サリヴァンPatrick Sullivan Jumpin'Juice

赤・750ml
ピノ・ノワール、シラー、モスカート・ジャッロ、ソーヴィニヨン・ブラン、マルベックのブレンド。
ジャンピング ジュースはパトリック サリヴァンのフリー スピリットが生み出す魔法の液体。驚く程スムーズで、飲み手の細胞レベルにまで浸透していくのではと思わせる魅⼒があります。
実は昨年パトリックはこのジャンピン ジュースをリリース出来ませんでした。ランブルスコやサウザンド キャンドルズといったウィリアム ダウニーとの共同作品で周囲の度肝を抜いたパトリックですが、⼀向に鎮まる気配を⾒せないオーストラリアのバブル経済と、高まるニーズに対して高騰を続けるオーガニックのブドウ単価には手の施しようが無かったのです。結果として2014年にジャンピン ジュースは作られる事がありませんでした。果たしてパトリックは自身の夢を実現する為に、苦しみの最中に大きな一歩を踏み出しました。多額の借⾦を背負う覚悟で⾃分⾃⾝の農園を持つ事にしたのです。
今回リリースするジャンピン ジュースは以前リリースした作品とは違ったアプローチで作られています。マルチビンテージのピノ ノワール・シラー・モスカート ジャッロ・ソーヴィニヨン ブラン・マルベックを別々に醸造して最後にブレンドしており、「⾚ワインに⾒える⽩ワイン」がコンセプト。「リリースする度にブドウ品種を変更してマーケットを混乱に陥れてやる」と悪戯っぽくパトリックは笑っていますが、なかなかどうして一筋縄ではいかないワインである事に変わりは無い様です。
(輸入元資料より)






湘南ワインセラーにてオーストラリアナチューレ3本セット15,000円で購入。4,300円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160725/1469412969
ワイン会にて
 
抜栓日:2016年7月24日
インポーター:ダイアモンドワインズ
蝋キャップ。色合いはロゼっぽいニュアンスで、例えるならKONDO VinyardのTapKop KonKonの様な感じ。最初は、1周間立ててあったので濁りもなく輝きのある液体でした。香りは、柔らかいニュアンスの、とてもチャーミングな香りで、マスカット香が主体のまさにジュースのような香り。味わいも柔らかくジュースそのもの。決して甘くはないのですが、甘系の好きな人にはぴったりじゃないかと思います。澱がはいるとまた香りの表情が一変して、酵母系のニュアンスが強く出てきます。けっこう好きなタイプのワインでした。アルコール度数13%。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード