La Biancara Angiolino Maule Masieri 2014

La Biancara Angiolino Maule Masieri 2014
La Biancara Angiolino Maule Masieri 2014
商品名 I Masieri 2014 / La Biancara
容量 750ml
国/地域 イタリア/ヴェネト
タイプ 白
ブドウ品種 ガルガーネガ60%、トレビアーノ40%


ソアーヴェの隣のDOC地区である、ガンベッラーラで、アンジョリーノ・マウレが1989年より、7ヘクタールの畑とともに始めたワイナリー。
年生産量は約4万本。畑の土壌は火山岩質で、ミネラル分に富んでいる。斜面も日照条件のいい南東‐南西向き。
畑では無施肥による有機農法を実践、ブドウの収量制限、すべてのワインを野生酵母で醗酵、瓶詰めまで二酸化硫黄未添加、バリックから大樽への回帰など醸造理論に関しては、エドアルド・ヴァレンティーニ、ジャンフランコ・ソルデーラ、ヨスコ・グラヴナーらと考えを共する。
2003年のレチョートは、ノーマルクラスとしては初の試みであるニ酸化硫黄無添加でボトリングされた。
ゆはらより)





ラ・ビアンカーラ ヴェネトの自然派生産者。
 
ソアヴェの隣のDOC地区である、ガンヴェラッーラで、アンジョイリーノ・マウレが1989年より、7ヘクタールの畑とともに始めたワイナリー。
年生産量は約4万本。ソアヴェ同様ガルガーネガ種を主体にしたワインをつくる。
畑では無施肥による有機農法を実践、ブドウの収量制限、すべてのワインを野生酵母で醗酵、瓶詰めまで二酸化硫黄未添加、バリックから大樽への回帰など醸造理論に関しては、ヴァレンティーニ、ヨスコ・グラブナーらと考えを共する。楽しみな次世代の生産者だ。 

イタリア ヴェネト州/白ワイン/辛口
マシエリ[2014]ラ・ビアンカーラ(アンジョリーノ・マウレ)

ラッピング対応 ラッピング選択可 のし対応 のし記名可 メッセージカード フリーメッセージ 名入れ対応商品
イタリア ヴェネト州/白/辛口

品種:ガルガーネガ 80%、その他 20%

2014年は、残念なことに甚大な雹害を受けてしまい、「ピーコ」と「サッサイヤ」は生産されず、全てこの「マシエリ」として仕込まれたそうです。
シーザーワインカンパニーより)




銀座カーヴ・フジキより購入。2,376円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160722/1469190871 
抜栓日:2016年7月22日
インポーター:ヴィナイオータ
コルク:合成コルク。無印
液漏れ:なし。キャップシール回ります。
グラス:リーデルのオーヴァチュア
 
色合い:結構濃い目のイエロー。ものすごくほんのちょっとオレンジっぽいニュアンス。やや濁り。
脚:そんなに粘性を感じません
ディスク:中程度の厚さ
 
香り:最初、パインなど温かい方面の柑橘系の香り。次に酸化的というかナチュールっぽいニュアンスの香りをみつけました。パインやレモンの香り。酸が結構ありそうだと想像させるような感じのニュアンス。ミネラル感もそこそこしっかり目にあります。潮っぽいニュアンスも。
娘さんは「レモン?」と答えていました。
 
味わい:しっかりとした、強めの酸が第一に感じられます。レモンっぽいニュアンスの酸。そして、ドライシェリーのようなニュアンスや、やっぱりナチュールを連想させる味わいが口の中にじんわりと広がります。果実系の甘味がけっこうありますが、残糖豊かということではありません。果実の甘味だと思います。アフタにミネラル感があります。黄色い沢庵が浸っている汁のようなニュアンスもあります。
この辺の酸化的ニュアンスは大樽醸造に由来するものなんですかね?
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード