La Feuille Taru Bailey A Maruki 2013

La Feuille Taru Bailey A Maruki 2013
La Feuille Taru Bailey A Maruki 2013 Part1
日本ワインまるき葡萄酒
ラ フィーユ 樽ベーリーA 赤 辛口 750ml W517

生産地 日本
地域 山梨
クラス -
葡萄品種 マスカットベーリーA
色 赤
甘辛 辛口
アルコール度数 12.5
ボディー感 ライト☆☆☆★☆フル

コメント
やや深く落ち着いた色調のルビー色。アタックから充分な果実味、ぶどうの旨味を口一杯に感じれる「ボ ディー」のある味わい。 アフターに続く心地よい樽のニュアンスが次の一口に導いてくれます。
畑に関する情報
定期的に草刈りはするものの畑は雑草だらけで、周りの畑 と違い一切土を耕していません。 一見作業を怠けている畑 に見えますが、これにはちゃんとした理由があります。畑で 葡萄の樹と一緒に色んな種類の雑草を生やすと、根が伸 びて張っている土壌の中では根の周りに様々な微生物が 住み着き増えます。また雑草と葡萄の根が競合することで 葡萄の樹自身がより生命力を高めようとすることや、借り 倒した草が分解され緑肥になって土壌に還元される等も目 的としています。
葡萄の栽培・収穫に関する情報
葡萄栽培への取り組み方法は「不耕起草生栽培」そして土 台となる考え方が「サスティナビリティ」。葡萄の生育期間、 雨が多く高温多湿な日本では葡萄への病害も発生しやす く、それを抑える為に農薬散布は不可欠ですが、その年々 によって違う天候に注意を払いながら必要最小限の農薬 のみを使用し、葡萄の樹や畑の環境にも無理な負担をか けぬよう心掛けています。必要以上に与えず採らず、持続 可能な葡萄の生育環境を整え、健全な葡萄を栽培し、良い 品質のワインに繋げる。そんな気持ちで日々取り組んでお ります。
醸造・熟成に関する情報
日本には「日本食に合うワイン」がまず必要。その筆頭が「甲州種の白ワイン」であり、次が赤の「ベリーA」と考えます。ど ちらもこの甲州の地に長く根付いているぶどうです。この二つを軸にして「毎日飲むためのデイリーワイン」「特別な日に飲 むワイン」をラインナップしています。さらには「日本の洋食」に合う醸造専用ぶどう品種を使ったワインの視野に入れ、「お 客様の笑顔・感動」を想像しながら、おいしいワインを作って行きます。
受賞履歴
-
ワイナリー情報
まるき葡萄酒
日本初のワイナリー「大日本山梨葡萄酒会社」の流れをく む老舗。山梨県甲州市勝沼町でワインを造って118年、現 存する日本最古のワイナリー。フランスへ留学した「土屋龍 憲」を中心にして、1891年(明治24年)当ワイナリーの前身 である「マルキ葡萄酒」を設立。現在は醸造所を移転し、甲 府盆地と南アルプスを一望できる丘陵地にてワイン造りを 続けている。
あきさより)



La Feuille Taru Bailey A Maruki 2013 Part2




甲進社 大雅園より購入。2,320円。
 
抜栓日:2016年2月12日
コルク:
液漏れ:なし
グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。
 
色:深めのルビーパープル。濁りはありませんが、ずしんと沈んだ印象の色合いです。
エッジ:エッジまでしっかりと色づいています
脚:中等度の粘性。アルコール度数12.5%
 
香り:抜染直後はけっこう樽香、木の香りがありました。すこしすると、甘いストロベリージャム系の香りが出てきます。ジャミーなイメージと樽のイメージの融合。ジャム感はそんなにつよくはありません。ほんのりとバニラ香っぽい感じもありますか。ほどなく、また樽に支配された香りがきました。ほんのちょっとローストした感じのニュアンスがあります。なんていうか、うまく化粧したな~、って感じがします。
タンニン:渋味はほとんどありませんが、繊細なタンニンはしっかりと主張しています。
 
味わい:まさにブルーベリージャム。そして、すっと酸が口の中に広がり、木のニュアンスがあとに残ります。ジャムの余韻が感じられます。軽めですが酸がしっかりとしているので、キャンディー感がしつこくなく、美味しくいただけます。樽との相乗効果なのか、円みを帯びていてほんわかとします。ライト~ミディアムボディー。

2日目、全体的にとてもまとまった感じに変化して、生食のマスカット・ベーリーAをほおばっているような味わいになっています。昨日よりも甘味が主張しています。樽のニュアンスも残っていますが昨日より溶け込んだ感じ。2,3年後に飲んでみると面白いかも。
3日目、あまり昨日と変わらず、MBAの甘さはしっかりと出ていますが、コクもあり美味しくいただけました。
4日目、酸化のニュアンスが前面に出てきましたが、それでも美味しくいただけます。あらま、MBA、侮るべからず!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード