tap kop blanc KONDO Vinyard 2014

tap kop blanc KONDO Vinyard 2014
tap kop blanc KONDO Vinyard 2014
KONDO Vinyardワイン会にて、近藤良介さんよりお持ちいただいたリリース前のワインです。

ソーヴィニヨン・ブラン100%

タプ・コプ ブラン 2014

○ 生産本数:803 本
○ ぶどう生産地:KONDO ヴィンヤード タプ・コプ農場(三笠市)
○ 品種:ソーヴィニョン・ブラン 100%
○ 化学合成農薬、肥料、除草剤不使用。
(ボルドー液のみ 4 回使用)
○ ぶどう収穫日:2014 年 10 月 19 日
○ 瓶詰日:2016 年 1 月 22 日
空気圧搾式プレス機で全房プレスののち、自然酵母で発酵。
ステンレスタンクで発酵継続、熟成し、MLF(乳酸発酵)も自然に経過。
無濾過、清澄剤その他添加剤等不使用。
亜硫酸添加量:15ppm
2014 年は全体的に天候に恵まれ、さらに開花期の天候の影響からソーヴィニョン・ブランでは結実不良(ミルランダージュ)が発生し、図らずもぶどうの熟度は高い年となりました。収穫時の糖度は Brixで過去最高の 24.0 まで上がり、結果的にアルコール度数は 13.5 度を越えています。
まだ瓶詰めから間もないため、柑橘を主体としたフレッシュな質感が前面に出ていますが、最低でも半年、できれば 1 年間は落ち着かせることで南国的な果実味や白トリュフの香りがぐっと膨らみ、味わいにも厚みが増すと予想しています。ワインに潜在している要素はこれまでのヴィンテージと比較して最も高いため、5 年以上の長期熟成も可能と判断しています。
(KONDO Vinyardより)


tap kop blanc KONDO Vinyard 2014 part2






(+)KONDO Vinyardより購入。3,240円。






ワイン会にて
抜栓日:2016年2月28日
やや色づいた山吹色。輝きあり。液体が結構な粘性を示していました。アルコール度数13.5(実際は13.8度らしい)%ということでした。Brix24ですって。柑橘系の香りに、ほのかな蜜の香りが混ざっていて、なんとも厚みのある複雑な香り。’13とは趣が異なります。酸はしっかりしていてフレッシュで、アルコール感もしっかりとしています。味わいにもハチミツ感がしっかりとあり、密度もしっかりとしていてうまいです!近藤さんはまだ早い、とおっしゃっていましたが、今でも十分うまいワイン!びっくりしました。
ちなみにこのワインの収穫の時には三日月だったそうです。
また、エチケットの左側に斜面が描かれているのですが、これは近藤さんの畑の傾斜の平均角度と同じなんだそうです!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード