Racines Les Cailloux du Paradis Courtois 2012

Racines Les Cailloux du Paradis Courtois 2012
Racines Les Cailloux du Paradis Courtois
レ・カイユ・デュ・パラディ(クロード・クルトワ)
★クロード・クルトワは、コトー・ド・ヴァロアで牛・豚・馬・鶏・羊などを育てながら、 30年来ビオディナミで素晴らしいワインを造り、定評を築き上げてきました。
 91年の大火事(自然火災)で全てを失い、ほぼ無一文でソローニュにやってきた彼は、 シレックス土壌のLes Cailloux(レ・カイユ)とLes Paradis(レ・パラディ)という2つの畑で同じ方法でワインづくりを始め、ファースト・ヴィンテージの1995年からパリのレストランや専門家の間で高い評価を得ました。
 ドメーヌ解説:
 奇跡のワインと呼ばれ、フランスで熱狂的な信奉者が増えているクルトワ父子のワイン。
 極端なまでの低収量で、究極ともいえる有機ワイン。
 アペラシオンは通常ならば「トゥーレーヌ」と称するところだが、AOCを名乗るつもりの全くないクルトワは、 「ヴァン・ド・ターブル」で我が道を行く。
 すべてオリジナルで、深いエキスをとじこめたユニークそのもののワイン(4種の赤ワインと10種類の白ワイン)を造る。
 栽培:ビオロジック
 栽培品種:ガメ、カベルネ・フラン、コ、ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン、シャルドネ、ロモランタン、ムニュ・ピノ
 醸造:「環境の調和が完全にとれていれば、収穫の時期に雨が降っても腐敗果の心配もなく、素晴らしいワインを作ることができる。ビオディナミといっても、よその畑の草や堆肥を持ってきたら環境が壊れる。
    だから私は、醸造家であるよりも農夫であり続けたい」と語っています。
    次男のジュリアンも、父クロードを助けて仕事をするかたわら、自らの名前でワインをリリースしています。
    彼らのワインは、アペラシオンとしては「トゥーレーヌ」を名乗れるものの、あまりにコンセントレーションが強く、特異な味わいのため、AOCの認可を委員会より与えられず、また自らも望まないため、表記は「ヴァン・ド・ターブル」となっています。
    すべてのワインが、醸造過程でSO2はまったく使用していません。
    キュヴェによってビン詰時にSO2を微量入れますが、ほとんどが非使用です。
 醗酵容器:様々。ステンレスタンクを使用することを好んでいない。
      コンクリート製は使用しない。
 熟成容器:Quartzを除き全て古樽、ボルドータイプが多い。
      常識範囲外の古さで、平均して30年以上のものを使用している。
      一番古くて50年程度。
      Quartzは熟成容器が決まっておらず、毎年その年に余っているタンクで熟成を行っている。
      樹脂製、鋼鉄製、琺瑯製、ステンレス製のいずれか。
 セラーの場所:畑はセラーの周囲300m以内でほぼ全て徒歩圏内。
        セラーの材質はコンクリート、レンガ、木材を使用しており、全て地階にある。
 自社畑面積:6.1ha
 契約畑面積:なし
 年間平均生産量:24000本

 基本的な醸造について
 選果の場所:畑の中、セラー
 マセレーションの有無:白はエティエンヌがスキンコンタクトタイプを生産、クロードは無し。
             赤はあり。
 マセレーション期間:おおよそ5日間~30ヶ月と時と場合により激しく異なる。
 酵母の添加有無:なし
 アルコール醗酵期間:ヴィンテージ次第で大幅に変動する
 醗酵温度コントロールの有無:なし
 熟成期間:9~30ヶ月で、毎回味をみて熟成を切り上げる。
 濾過清澄:なし
 醗酵中の亜硫酸添加量:基本的に添加しない
 総亜硫酸量:5mg/L以下
 自然派:ビオ認証取得(ナチュレル・エ・プログレ)

ヴァン・ド・フランス・ラシーヌ・ブラン2012
 耕作技術:土壌中の耕作は行なわない
 畑面積:15a
 品種:ソーヴィニヨン、シャルドネ、ロモランタン、ムニュ・ピノ
 樹齢:ソーヴィニヨン 6年、シャルドネ 8年、ロモランタン 13年、
    ムニュ・ピノ 13年 ※2014年7月現在
 植樹密度:6600本/ha
 仕立て:ゴブレ式
 収穫量・収穫日:30hl/ha、9月末から10月20日
 仕立て:ギュイヨ式
 土壌:粘土質、シレックス。南東向き。標高110m。
 圧搾技術:およそ100年前の古い手動圧搾機を修理したものを使用
 酵母の添加:なし
 醗酵温度コントロールの有無:なし
 熟成:樽で30ヶ月
 濾過:あり
 清澄:なし
 澱引き:なし
 総亜硫酸量:5mg/L
 ビン詰め時期:5月
 このキュヴェの年間生産ボトル本数:1100本
 インポーターはラシーヌさん。
moritayaより)






ワイン会にて
 
抜栓日:2016年3月16日
イエロー、やや濁りあり。グレープフルーツ系の香り、ビオ香、花梨、ミネラルを感じます。メンバーさんは一発目でロワールの白、と解答! さすがです。味わいははつらつ感、さわやかさを感じ、のどごしがとてもすっきり。酸はフレッシュで美味しい。自分はソーヴィニヨン・ブランと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード