Bow Blanc 2015

Bow Blanc 2015
Bow Blanc 2015
BOW! Blanc 2015
バウ!(白)

品種 デラウェア 主体
プチ・マンサン, シュナン・ブラン 少量
樹齢 約20年
土壌 粘土質
マセラシオン なし
醗酵 ステンレスタンク発酵 一部樽発酵
熟成 ステンレスタンク熟成 一部樽熟成
マリアージュ 鯵の南蛮漬け
ワインの飲み頃 2016年~2019年
供出温度:8℃
テイスティングコメント
香りは桃や蜜の香りが主体で、よく熟した果実を連想させ、少量入っているヴィニフェラ品種に由来する、白い花やレモンのような上品な香りが共存している。味わいには残糖があることによる優しい甘みがあり、丸みのある豊かな酸と合わさることで、甘酸っぱくフレッシュな印象を受ける。アフターに感じる爽やかな苦みが心地よい。

畑情報
蟹沢,相干場,西山のデラウェアを主体に、日向のプチマンサン,シュナンブラン,大久保のプチマンサンをアッサンブラージュ。
ヴァンクールより)






ドメーヌ・オヤマダのテーブルワイン!
小山田幸紀氏は福島県郡山市の出身で、中央大学の文学部ドイツ文学科卒という経歴ながら、 在学中の麻井宇介氏との出会いをきかっけとしてワイン造りの世界に飛び込むことを決めました。
16年間山梨県笛吹市のルミエールに勤務し、栽培・醸造責任者を務めます。
現在は退社し、約3haの畑を管理し2014年に初のドメーヌ・オヤマダとしての仕込みを行います。
ルミエールに勤める傍ら、自分の畑の管理を始め、収穫したブドウはルミエールや四恩醸造に売却をしていました。
勤めながらの畑管理の労力は計り知れません。
休みはほぼ正月三が日のみという根っからの仕事人間。
人生で影響をうけたものは、思春期は尾崎豊と村上春樹、そして太宰治はじめ明治から昭和の日本文学。趣味は飲酒。モットーは農民芸術の振興。

2015年は梅雨明けから8月の好天によってデラウエアのような早生品種が良く熟した年。
発酵が非常にゆっくりだった為、残糖による甘みを感じ、今後瓶内で発行が進みドライになっていくのに伴って、 発泡性を帯びる可能性があります。
2014年よりも蜜っぽい印象で、よく熟したブドウを連想させます。
熟したデラウエアの蜜っぽさと、少量混ざっているヴィニフェラ品種の凛とした表情が織りなすバランスの良さは健在!

生産者 小山田幸紀
産地 山梨県山梨市
品種 デラウェア主体、プチ・マンサン、シュナン・ブラン少量
タイプ フレッシュ・やや辛口
アルコール度数 12%
容量 750ml
太田屋酒店より)







(*)助次郎酒店より購入。1,728円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード