For Seasons Koshu Kurambon Wine 2014

For Seasons Koshu Kurambon Wine 2014
For Seasons Koshu Kurambon Wine 2014
Four seasons(フォーシーズンズ)
【原料葡萄】 勝沼町産甲州種
【タイプ】 辛口

【コメント】
勝沼ワイナリーズクラブの厳正な品質審査会に合格した証として、オリジナルの勝沼ボトルに詰められています。
厳選した勝沼町産甲州種を100%使用し、ステンレスタンクにてじっくりと低温醗酵させています。その後、樽醗酵ワインとブレンドし、瓶詰めしました。
日本の柑橘類、カボス、柚子、橙、花梨、グレープフルーツのような香りに、オークのほのかな香りが加わって、とても複雑で芳ばしい香りとなりました。味わいは、柑橘類のようなフレッシュな果実味、生き生きとした酸味に、少しの苦味のバランスがとても良く、口中での果実香と樽香も奥行きを感じます。

果実香と樽香とのバランスを重視しました。果実香の裏にほのかな樽香が感じられるのが特徴です。甲州種の特徴をなるべく自然な形で残そうとしたワインです。

【料理との相性】 
甲州種で醸したワインは、なんといっても和食との相性が抜群です。山菜、根菜の天麩羅・煮物、鍋物など、ポン酢、スダチなどを使ったソースにとても良く合います。

Four seasons(四季)の名の通り、四季それぞれの食材と共に、楽しんで、様々な“味”の発見をしてくださいね。
KURAMBON WINE Online Shopより)





くらむぼんワイン KURAMBON‐WINE
山梨県甲州市勝沼町 株式会社くらむぼんワイン

~ビオディナミを取り入れた自然農法で挑む、高次元のテロワール表現~

株式会社くらむぼんワイン  代表者 野沢たかひこ氏
住所 山梨県甲州市勝沼町下岩崎835
創業年(ワイン生産開始年) 1913年
     平成26年より株式会社山梨ワインから株式会社くらむぼんワインに社名変更
年間生産量 約10万本(国産比率約90%)
自社栽培畑 2.1ヘクタール(うち自社所有畑1.8ヘクタール)  契約畑 約7ヘクタール 

フォーシーズンズ甲州2014年
Four Seasons Koshu

くらむぼんワイン・フォーシーズンズ甲州2014年白 720ml 1904円
タイプ 白・やや辛口
葡萄品種 甲州(勝沼町産)
生産本数 -本
2013年物が、第12回国産ワインコンクール2014で銅賞受賞
2011年物が、第15回ジャパン・ワインチャレンジ2012で銅賞
2010年物が、第9回国産ワインコンクール2011で銅賞受賞
2009年物が、「一個人」誌2010年12月号・極旨甲州ワイングランプリ3000円以下の部門第9位
2009年物が、第8回国産ワインコンクール2010で銀賞受賞
2009年物が、第13回ジャパン・ワインチャレンジ2010で銀賞受賞
2008年物が、ロンドンインターナショナルワインチャレンジ2010年で銀賞受賞(白ワイン辛口部門)
2008年物が、第8回甲斐ヴァンワインセレクション甲州A部門(樽使用部門16種中)第1位
2007年物が、第6回甲斐ヴァンワインセレクション甲州A部門(樽使用部門18種中)第2位

 勝沼ワイナリーズクラブの厳正な品質審査会に合格した証として、オリジナルの勝沼ボトルに詰められています。厳選した勝沼町産甲州種を100%使用し、ステンレスタンクにてじっくりと低温醗酵させています。その後、樽醗酵ワインとブレンドし、瓶詰めしました。
 日本の柑橘類、カボス、柚子、橙、花梨、グレープフルーツのような香りに、オークのほのかな香りが加わって、とても複雑で芳ばしい香りとなりました。味わいは、柑橘類のようなフレッシュな果実味、生き生きとした酸味に、少しの苦味のバランスがとても良く、口中での果実香と樽香も奥行きを感じます。
 果実香と樽香とのバランスを重視しました。果実香の裏にほのかな樽香が感じられるのが特徴です。甲州種の特徴をなるべく自然な形で残そうとしたワインです。「株式会社くらむぼんワイン様のコメントより」

 イギリス・ロンドンで開催されたインターナショナルワインチャレンジロンドン2010において、フォーシーズンズ甲州2008年が銀賞受賞!「白ワイン辛口部門」なので、世界のシャルドネワインやグランクリュ(特級畑)ワインと同じ土俵でのブラインドテイスティングです。そのなかで、甲州種葡萄のワインが銀賞獲得。山梨ワインフォーシーズンズ甲州の味が世界の舞台で認められました。
かのや酒遊館より)





鴨宮かのや酒店より購入。1,904円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160523/1464010799
抜栓日:2016年5月23日
コルクはおそらくDIAMのもの。液漏れなし。グラスは国際テイスティンググラスを使用しました。ブラインドです。
かなり薄めのレモンイエロー。ライトの加減では若干ピンクの要素も見えますか?香りは最初樽香が主で、冷涼な柑橘系の香り。最初酸がさほどシャープでなく、アフタの苦味がそんなに強く感じられなかったのでシャルドネと思いました。
しかし、時間経過と、グラスの残りから、徐々にほんのりとした酵母のニュアンスや、ミネラルっぽいイメージの香りが出て、酸が突然シャープになり、レモン系の柑橘味が出現、そこに樽の要素が加わるというスタイルに変わりました。
これは、時間経過を見てきちんと判断しないといけないんだな、と勉強になりました。
ワインとしては、今風の樽ニュアンスもしっかりあり、甲州のグリ感や、フレッシュな酸もしっかりと感じられる、ほどよく芯のあるワインでCPもいいと思います。くらむぼんさんは、とても上手に造られているな~とおもいます。
2日目、甲州感ばりばり、メリハリの効いた酸とほろ苦さ、すっきり感はいい感じです。2日目のほうがコクもあって旨いです。くらむぼんさん、さすがや!
3日目、全体的にトーンが単一になりました。アフタの苦味は健在。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード