Kizan Wine Rouge 2013

Kizan Wine Rouge 2013
Kizan Wine

Kizan Wine Rouge 2013
キザンワイン 機山洋酒工業 山梨県甲州市塩山三日市場
KIZAN WINE 機山ワイナリー

機山洋酒工業株式会社  キザンワイナリー代表者 土屋幸三氏
住所 山梨県甲州市塩山三日市場3313
創業年1930年
年間生産量 約3万本(国産比率100%)
自社畑1.1ヘクタール(その他は、契約栽培ではないが塩山市周辺の毎年同じ畑のものを使用)
現在、大変な人気なため、入荷量が限られており、品切れの際は、ご容赦ください。

 1000円クラスのワインで勝負している家族経営のワイナリーがある。ほぼ1000円台の商品しかラインナップにないため、ご夫婦が手塩にかけた自家栽培葡萄が、おしみなく、このクラスのワインに使われている。美味しくないわけがない。価格的にも、世界のワインと肩を並べ高く評価されるべき水準に達している珠玉のワイナリー。
 日本のワイナリーの中にあって、価格構成も特異ですが、商品構成にも驚かされます。アイテム数も少なく、定番6種類、そのすべてが辛口。そして、栽培から醸造、販売までほとんどお二人でやっています。今のところ従業員ゼロ。無駄の無いスリムなワイナリー経営です。
 外国産ワインにくらべ、割高感が強かった国産ワイン…。日本の物価、人件費、地価などから考えて、埋めようのないひらきがあるとあきらめていました。特に層の厚いデイリークラスのワインでは…。でも、その価格差は"実際"埋められるのです。外国ワインを飲み続け、10年以上も売り続けてきた私が、キザンワインを一口飲んだ瞬間から"山梨に行こう"と決意したのですから。
 ギサンワインを飲んだ一週間後に、私は、機山洋酒工業の土屋さんご夫婦を訪ねていました。耳にしていた通り、お二人だけで切り盛りされており、ご主人の土屋幸三さんはワイナリーの仕事(発酵の終わったタンクの洗浄)をしていて、奥様の由香里さんがテイスティングルームの店番をされていました。お二人とも、それぞれに一流酒造会社の研究員をされていたほどの経歴をもつ醸造家なので、専門用語が飛び出すぐらいの熱い話が展開するのかと思いきや、わかりやすい簡潔な説明を、こちらの質問にも適確に答えつつ、してくださいました。まったくもって、自然体で気負いがなく、ユーモアもまじえて話題も豊富。奥様が案内してくださった醸造所、貯蔵庫などは、清潔で整然と配置されており、すべてに目が行き届いている感じがうかがえました。ご主人の土屋さんに案内していただいた近くの自社畑は、垣根仕立でレインカット方式が採用されていました。2004年の収穫はすべて終わっている筈なのに、よく見ると、黄色みがかった葉の間に、まだ葡萄の房がまばらに付いていました。そして地面の上にも、ちらほら房が落ちています。落ちているものは自然に房ごと落ちるわけがなく、切り落とされたものです。木に付いている房は、収穫時、未成熟だったモノで、地面に捨てられた房は、果皮が傷んでいたものらしい。丹精込めた葡萄もすべて使えるわけではなく、そうとうの選果が必要なのを目の当たりにしました。ひと房ずつ吟味しながら手摘みで収穫している証拠です。土屋さんが「食べてもいいですよ」といってくださったので、2、3粒いただくことにしました。カベルネソービニヨンは木についているほうから、メルロは、落ちているものしかみつからなかったので、勇気を出して拾って食べました(笑)。どの粒も適正な収穫期をすぎ超完熟しているので酸が弱く、ものすごく甘く感じましたが、この豊かで深い果実味がキザンワインに通ずると思い、感激したのでした。

キザンワイン赤・ブラッククイーン2013年
KIZAN WINE Red

キザンワイン赤2013年 750ml
タイプ 赤・ミディアムボディ辛口
葡萄品種 ブラック・クイーン100%
生産量本数 -本
樽熟成一部有り

 色が黒く、酸味が強い、醸造専用葡萄品種「ブラック・クイーン」。マスカットベリーA種とは違い、生食では、出荷されることが無く、契約栽培にてワイン醸造に専用栽培された高品質なブラッククイーンを使用。アメリカ系品種との交配種なためフォキシーフレーバー(グレーブジュースの香り)が少しあるワインになります。渋味は少ない品種とされますが、色素の多さと豊かな酸で、飲みごたえがあり濃く感じます。日本の赤葡萄品種で、ここまで強いワインが造れるのに驚かされます。熟成させても面白いポテンシャルを持っています。
 塩山市周辺の農家さんから、ワイン用に栽培し収穫してもらったモノと、自家畑のモノを入れて造っています。

 ギサンワイン赤2002年[試飲日2005.2.24]ほんの少し紫がかった深赤色。最初還元的な香りがするので、グラスを回して空気にふれさせ、その香りを飛ばします。そうするとブルーベリーのような果実香やシナモンの香が立ってきます。深みのある果実感とキメのある酸の収斂味が、心地よい飲み応えを出しています。ブラッククイーン独特の酸が、濃密な果実味に包み込まれ、芯のあるキレに変わる、高めの温度帯で飲むのがベストです。抜栓して2日目、3日目でも美味しく味わいが膨らむ力強さがある。デキャンティングしても楽しい。
かのや酒遊館より)





鴨宮かのや酒店より購入。 1,440円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード