Bourgogne Aligote Jean Crotet 1999

Bourgogne Aligote Jean Crotet 1999
Bourgogne Aligote Jean Crotet 1999
ブルゴーニュ・アリゴテ[1999]ジャン・クロテ
(エマニュエル・ルジェ栽培・醸造・瓶詰)(白ワイン)[S]


エマニュエル・ルジェ氏!
珍しいワインが入ってきました!

実はこのワイン、あのブルゴーニュのカリスマ生産者、エマニュエル・ルジェ氏が手掛けています!

実は、このワインは、レストランを経営する、ジャン・クロテ氏の所有する畑のブドウをエマニュエル・ルジェがワインに仕立てた物で、本来このレストランでサービスされるために造られた物。

しかも、聞くところによると、栽培の段階からすでに関わっているとも言われています!

そのワインが一部だけ販売にまわされるそうで、時々こうして市場に出回るようですが、決して数が多くないため私たちもあまり仕入れる機会がありません…(汗)

そんな貴重な、ジャン・クロテ、しかもアリゴテの1998年と1999年という、お目にかかる機会はこれで最後かも!?と思われるものが入荷しました!!

珍しさはDRC以上!?

ブルゴーニュ好きは、絶対にお見逃しなく!!

■ワイン名(原語) / Bourgogne Aligote 1999 Jean Crotet
■色 / 白ワイン
■味わい /
■ブドウ品種 / アリゴテ
■生産者名 / ジャン・クロテ
■産地 / フランス/ブルゴーニュ
■原産地呼称 /
■生産年 / 1999
■内容量 / 750ml
(タカムラより)





なんと神様ジャイエの後継者ルジェが造ってるんです!

ラベル写真をよく見て下さい。「E.R.」の文字がわかりますか?
なんとこの「E.R.」が差すのはエマニエル・ルジェさんなんです!
ジャン・クロテという名前のこのワインを造っているのは、正真正銘のエマニエル・ルジェさん。ブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエさんから全てを託された正統後継者です。
「なんでルジェがこんなワインを造ってるの!?」と驚くのも無理ありません。私もこのワインの存在を知った時には身を乗り出してしまいましたから(笑)。
アンリ・ジャイエさんがお亡くなりになってからというもの、ジャイエさんのワインはもちろんのこと、ジャイエさんにまつわる造り手のワインはいっせいに値上がりが続いています。ルジェさんのワインも例外ではありません。
しかも、お値段が高騰するだけではなく入手困難も極めていますから、ルジェさんのワインを実際に目にする機会もほとんど無くなってきました。
そんな中、このワインは《2,980円》。こんなお値段でルジェさんのワインは飲めませんよ!
--------------------------------------------------------------------------
「ジャン・クロテ? 誰ですか?」
そう思われた方も多いことでしょう。実はこの「ジャン・クロテ」というラベルのワイン、造っているのはなんとエマニエル・ルジェさんなんです。
エマニエル・ルジェさんといえば、昨年亡くなられたブルゴーニュの神様アンリ・ジャイエさんの甥っ子にあたり、ジャイエさんから全てを託された正統後継者。ブルゴーニュ・ファンなら彼の名を知らない人はいないでしょう。
そんな方が、全く違うラベルのワインを造っているというんです!
このお話を輸入元さんから聞かされた時は、私も「本当にそんなワインがあるの!?」と、思わず身を乗り出してしまいました。
ジャン・クロテさんというのは、ルジェさんの古くからのお友だち。もともとはボーヌ郊外でミシュラン2つ星まで上りつめたオーベルジュのオーナーだった方です。
ジャン・クロテさんは1991年に3人のパートナーとともにワイナリーを設立したものの、ご本人は会社の運営で忙しく、ぶどう栽培やワイン醸造までこなす時間がありません。
そこで、旧友のルジェさんに白羽の矢が立ったというわけです。
実はブルゴーニュでは昔からこういう習慣があり、珍しいことではありません。ルジェさんの師匠アンリ・ジャイエさんも長い間メオ・カミュゼの畑を耕してワインを造っていましたし、ドメーヌ・ルフレーヴの醸造長を務めているピエール・モレイさんは、かつてコント・ラフォンでワインを造っていました。
ただ、アンリ・ジャイエさんやピエール・モレイさんのように、ご自分のワインを造り始めると本業が忙しくなり、他のワインの委託は受けないのが一般的。
ルジェさんのように、世界トップクラスの造り手が委託を受けるのはとても珍しいことなんです。
クロテさんは、ワインを造ったルジェさんに敬意を表し、ラベルにはクロテさんの名前の他に「Mis en Bouteille par E.R.」と記載しています。この「E.R.」こそ「エマニエル・ルジェ」。ルジェさんのもとでボトルに詰めたワインという意味です。
本日ご紹介するワインはブルゴーニュ・アリゴテ。ルジェさんは、アリゴテの特徴である鋭く尖った酸を存在感たっぷりの凝縮した果実味で包み込み、見事なバランスを作り上げました。「アリゴテってこんなに美味しい白ワインになるの!?」と目からウロコが落ちていきます。
一口かじると口の中がジューシーな果汁でいっぱいになるような完熟の洋ナシのように、濃縮感たっぷりの果実味に溢れ、その濃密なフルーツの風味を、アリゴテ特有の爽快感ある酸がすっきりと引き締めているんです。
飲み込んだ後のふっくらとしたボリューム感は、今までのアリゴテには無かった味わい。シャルドネ好きの私も、すっかりアリゴテの虜になってしまいました。
こんなに美味しいアリゴテですが、お値段は《2,980円》と驚くほどリーズナブルです。
アンリ・ジャイエさんが亡くなられてからというもの、ジャイエさんご本人のワインはもちろんのこと、ジャイエさんにまつわる造り手のワインもいっせいに高騰していますから、ルジェさんのワインがこんなお値段で味わえるというのは本当にラッキーですね(ジャイエさんのクロ・パラントゥは1本300万円!)。
今回は輸入元さんから24本だけ分けていただくことができました。ワイン仲間を驚かせたい方、コレクションとして手に入れておきたい方、もちろん「美味しい白ワインが飲みたい」という方も、ぜひこのアリゴテを飲んで目からウロコを落として下さいね!
ex-wineより)





タカムラより2本購入。3,686円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード