Pinot Noir Cuvee Camille Camille Braun 2012

Pinot Noir Cuvee Camille Camille Braun 2012
Pinot Noir Camille Braun 2012 part1
カミーユ ブラウン ピノノワール キュヴェ カミーユ[2012](750ML)赤 CAMILLE BRAUN PINOT NOIR CUVEE CAMILLE[2012]

アルザスの南部オルシュヴィールを拠点とするドメーヌ。現当主のクリストフ ブラウン氏は土壌学者クロード ブルギニョンの講義をきっかけにビオディナミに開眼し2005年に全ての畑14.5haに導入。現在AB(アグリキュルチュールビオロジック)の認証を取得している。薄く朱色の色合いで、アセロラや完熟サクランボ、ほのかに甘酸っぱい木イチゴなどのアロマが華やかに香る。筋肉質ではなくピノの可憐で繊細な味わいを追求したスタイル。

CAMILLE BRAUN PINOT NOIR CUVEE CAMILLE[2012]
Vineyard Locations:フランス/アルザス
Varieties: ピノ・ノワール
Bottle Size:750ml
オンラインワッシーズより)




Domaine Camille Braun Pinot Noir〔2012〕
色・容量 赤750ml ALC 13.5%
ブドウ品種 ピノ・ノワール100%
産地 フランス・アルザス
味わい 辛口
ラベル表示 亜硫酸塩(酸化防止剤)
アルザスというと白ワインのイメージが強いかもしれませんが、今、じわじわと注目を集めているのが、ピノ・ノワールによる赤ワインです。その名も[ドメーヌ・カミーユ・ブラウン ピノ・ノワール・キュヴェ カミーユ 2012]!元々、はるか昔は世界中で白ワインではなく、赤ワインが造られていて、アルザスもその例外ではありませんでした。近年、温暖化の影響や、ブルゴーニュのピノ・ノワールの価格の高騰を受け、アルザスのピノ・ノワールも人気が向上してきています。まだ、グランクリュではピノ・ノワールの品種が認可されてはいませんが、その分、いいテロワールで栽培されても価格がお得という利点があります。『香りは完熟したブラックチェリーやフランボワーズ、フローラルな感じで品良く華やかに広がります。味わいは果実味の凝縮感はありますが、決して暑苦しい印象はありません。控えめですが甘酸っぱく優しい酸味がチャーミングで、繊細で柔らかいミネラル感がふんわりと全体をまとめています。アルザスのピノ・ノワールにしては残糖感が少なく、優しい辛口で上品にまとまっています。』南部ならではの暖かさを感じますが、決して暑すぎる印象はなく、ピノ・ノワールに求める繊細さがしっかりとあります。これくらい繊細で柔らかいタイプのピノ・ノワールですと、お肉だけではなく、お醤油などで煮たお魚など魚料理にも合いそうです。特に酸味が穏やかなので、食事の邪魔をしないタイプだと感じました。デイリーのピノ・ノワールにはぴったりです!!是非、お試しくださいませ!!
京橋ワインより)




「カミーユ ブラウン」
ドメーヌの雰囲気と共通する穏やかさ溢れるワイン
フランス/アルザス

ドメーヌの歴史
 1960年以前はぶどう栽培(2.5ha)と穀物栽培を同時に行う複合型農業(ポリカルチャー)でしたが、先代のカミーユ ブラウンと息子のクリストフはぶどう栽培に専念し現在の14.5haに所有畑を拡大しました。クリストフは1998年に世界で最も権威のある土壌学者クロード ブルギニョンの講義を受講し、土壌中の微生物がぶどうに与える影響の大きさを学びビオロジックに開眼。2000年より試験的にビオロジックとビオディナミを開始し05年に全ての畑を転換。現在AB(アグリキュルチュールビオロジック)の認証を取得し、デメテールにも申請予定です。

栽培・醸造
約14.5haの畑を所有。
白ワインの醸造はステンレスタンクを使用し、天然酵母で発酵します。その後6~8ヵ月間シュール・リーで熟成させます。赤ワインの醸造はステンレスタンクを用い天然酵母で発酵後、2~4年の古樽(228L)で約9ヶ月間の熟成を行います。

参考価格リスト
Riesling
【 リースリング 】
AOC : アルザス
品種 : リースリング
ボレンベルグ丘陵の”ボル”用の区画の反対側に広がる0.3haのリースリングから造られます。粘土・砂岩質土壌から造られるワインは熟した西洋梨やネクタリン、ミネラル、生のままのブドウなど非常にフルーティーな味わい。透明感があり果実味と酸味が上品にまじり合い、余韻のはりのあるミネラルが実直な印象を残します。

Pinot Blanc
【 ピノ ブラン 】
AOC : アルザス
品種 : オーセロワ
ピノ ブランよりミネラル豊かで力強いワインになる傾向があるオーセロワ種。平均樹齢40年の区画は泥灰質土壌に0.5ha広がります。砂糖をまぶした柑橘系のお菓子や蜂蜜など甘いアロマに、ふくよかで清涼感のある味わい、ブリオッシュなどの風味を余韻に感じます。

Sylvaner
【 シルヴァネール 】
AOC : アルザス
品種 : シルヴァネール
0.6haの泥灰・砂岩質土壌の区画のぶどうを用いるスタンダードキュヴェ。平均樹齢が45年を超えるためヴィエイユ ヴィーニュ(古樹)と明記しています。品の良い酸味とミネラルを感じる穏かな味わいです。

Riesling Boll’
【 リースリング ボル 】
AOC : アルザス
品種 : リースリング
プフィンスベルグの正面に広がる丘陵。ボレンベルグを名乗れる区画0.6haと隣接する0.3haのリースリングをブレンドするため丘陵名を正式名称で記載することができず”ボル”となりました。粘土・石灰質土壌から造られるワインは軽快なハニーや熟した黄系果実の複雑なアロマ。斜面が北西を向き冷涼なテロワールであるためフレッシュさやミネラルが感じられるピュアな味わいです。

Riesling Grand Cru Pfingstberg
【 リースリング グラン クリュ プフィンスベルグ 】
AOC : アルザス グラン クリュ
品種 : リースリング
275~370mの標高に28ha広がる特級畑に0.5haを所有しています。南東向き斜面の泥灰・砂岩土壌から造られるワインは柑橘系や西洋サンザシなど白い花の香りが豊かで上品な味わい。フレッシュでありながら濃密で飲み応えがあり、染みわたるように余韻に旨みが広がります。

Pinot Noir Cuvée Camille
【 ピノ ノワール キュヴェ カミーユ 】
AOC : アルザス
品種 : ピノ ノワール
樹齢50年を超える区画のぶどうを使用するスペシャルキュヴェ。薄く朱色の色合いで、アセロラや完熟サクランボ、ほのかに甘酸っぱいフランボワーズなど赤系果実のアロマが華やかに香ります。決して筋肉質ではなくピノ ノワールの可憐で繊細な味わいを追求したスタイルです。
Fwinesより)




Pinot Noir Camille Braun 2012 part2





ブレリアスにて
 
抜栓日:2016年6月21日
濃い目の色合い。土っぽさを最初に感じました。味わいも結構タンニンがしっかりしていて、思ったほど酸を感じませんでした。酸が弱かったので新世界のピノ、チリかな?と回答しました。答えはアルザス。ビオだそうです。自分はビオのニュアンスをうまく取れませんでしたが、しっかりその辺をキャッチしていた人がいました。また、時間経過をおって香りを見ると、徐々に開いてきて、赤い実の香りが出てきて冷涼な雰囲気のピノの要素が感じられました。なるほど、奥が深い!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード