Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc Nicolas Rouget 2012

Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc Nicolas Rouget 2012
budo15.jpg
ニコラ・ルジェ Nicolas Rouget
いつか来るクロ・パラントーなどの相続の日に向けて、ルジェ家も世代交代への準備を着実に進めています。2人の息子がいますが、まずは長男「ニコラ・ルジェ」のファーストヴィンテージ、アリゴテ2005が初リリースされました。
父エマニュエル・ルジェと、メオ・カミュゼのジャン・ニコラ・メオ両者のもとで修行した彼は、若干22歳にしてすでに職人の風格が漂っています。「父によると、大伯父さん(アンリ・ジャイエ)は「ピノ・ノワールの命は香りにあり、決して凝縮させてはならない」と、亡くなる直前まで言い続けていたそうです。僕も、香りを大切に醸造し、こさとは無縁の繊細でエレガントなワインを造っていきたい」。
2007年ヴィンテージからブルゴーニュ・ルージュとコード・ド・ニュイ・ヴィラージュが、2010年ヴィンテージからオート・コート・ド・ニュイの赤白が、2011年ヴィンテージからショレー・レ・ボーヌがラインナップに加わりましたが、まずは低位アペラシオンで十分に経験を積むという、職人親子らしい地に足の着いたスタートです。

白:[2012] ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ブラン (ニコラ・ルジェ) Bourgogne Haute Cote de Nuits Blanc (Nicolas Rouget)

容量:750ml
2010年に購入した、コンクール村の区画
「オー・ゼルビュ」より。0.13ha。
ピノ・ブラン100%。
平均樹齢約30年。
3分の1を新樽で、3分の2をステンレスタンクで
発酵・12ヶ月間熟成。
無清澄、ノンフィルターでビン詰め。
年間生産本数750~900本の限定作品。
ワインショップフィッチより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20150409/1428633760
竹八にて。
抜栓日:2015年4月9日
色合いはちょっと濃い目のレモンイエロー。艷やか。脚もしっかりしていて粘性あり。香りは、ファーストインプレッションが、薄い蜂蜜香でした。そのなかに柑橘系、白いお花の香り。味わいも酸がしっかりしていて、思いの外、詰まった印象の味わい。ブルゴーニュのヒントがありましたが、どうしてもシャルドネを想像できず、さりとて違う品種がぱっと思い浮かびませんでした。なるほど、ピノ・ブラン! 勉強になります。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード