Chablis Premier Cru Montmains Gerard Duplessis 2012

Chablis Premier Cru Montmains Gerard Duplessis 2012
Chablis Premier Cru Montmains Gerard Duplessis 2012
Gerard DUPLESSIS
ジェラー デュプレシ

所在地 フランス ブルゴーニュ シャブリ
FRANCE BOURGOGNE CHABLIS
当主名 リリアン・デュプレシ
Lilian DUPLESSIS
醸造責任者 リリアン・デュプレシ
Lilian DUPLESSIS
栽培責任者 リリアン・デュプレシ
Lilian DUPLESSIS
長期熟成を可能とする古典的スタイルのシャブリ

クラシックなシャブリで知られるジェラー・デュプレシ(カーヴ・デュプレシ)だが、ジェラールの息子、リリアンが実質的に経営を受け継ぎ、さまざまな変化が見えている。
ドメーヌはACシャブリのほか、5つの1級畑(フルショーム、モンテ・ド・トネール、モンマン、ヴァイヨン、ヴォージロー)と1つの特級畑(レ・クロ)をもち、自社畑の規模はおよそ8ha。
2007年からリリアン主導でビオロジック栽培に移行し、2010年にとうとう認証を取得した。

1級畑と特級畑の醸造法は6ヶ月ステンレスタンク、6ヶ月小樽熟成、6ヶ月ステンレスタンクと変則的。
しかしこの醸造法が長期熟成に耐え得るシャブリを生み出し、実際、ドメーヌのセラーには古いバックヴィンテージのシャブリが販売用として残されている。

父ジェラールの時代はACシャブリもこの醸造法だったが、本来若飲みのACシャブリにはフレッシュさも残したいと考えたリリアンは、ステンレスタンクで発酵後、そのまま14ヶ月間、ステンレスタンクの中で熟成させることにした。
1級畑のうちヴォージローについても、樹齢の若い木から造られるため、ACシャブリと同じ醸造法をとっている。このワインはラベルに畑名を入れず、「シャブリ・プルミエ・クリュ・ジュヌ・ガルド」としてリリース。ジュヌ・ガルドとは若いうちに楽しむキュヴェという意味である。

ヴァンサン・ドーヴィサやフランソワ・ラヴノーと似た路線のシャブリながら、だいぶお値打ち。
瓶詰め後もある程度熟成させるので、ドメーヌからの出荷がやや遅め。自分で寝かせる手間が省けるのもうれしい点だ。

所有畑一覧

グラン・クリュ単位:ヘクタール
レ・クロ  0.3

プルミエ・クリュ単位:ヘクタール
フルショーム  0.5
モンテ・ド・トネール  1.3
ヴァイヨン  1.6
モンマン  2.2

ヴィラージュ単位:ヘクタール
シャブリ  1.3


シャブリ プルミエ クリュ モンマン
Chablis 1er Cru Montmains

シャブリ プルミエ クリュ モンマン
生産者:ジェラー デュプレシ /Gerard DUPLESSIS

容量:(750ml)ヴィンテージ:2012
格付 プルミエ・クリュ(ブルゴーニュ)
ヴィンテージ 2012
容量 (750ml)
色 白
種類 スティル ワイン
甘辛 辛口

色 白
種類 スティル ワイン
原産国 フランス
生産地方 ブルゴーニュ地方
生産地区 シャブリ
生産村 シャブリ
原産地呼称 Chablis 1er Cru
格付 プルミエ・クリュ
味わいコメント 2つの区画からなり、いずれも粘土石灰質の土壌。ややトロピカルなタッチの香り。口中では柔らかく、ふくよかさが感じられ、フルショームやモンテ・ド・トネールよりもグラが感じられる。パワフルさエレガントさを合わせ持つ。
甘辛 辛口
醸造・栽培
除梗の割合 100%
発酵(樽/タンク) ステンレスタンク
発酵温度 最高21度
発酵期間 10~12日間
使用酵母 天然酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク) 10%
熟成期間 ステンレスタンク12ヵ月+樽6ヵ月
マロラクティック発酵の有無 Yes
瓶詰め時のフィルターの有無 ベントナイトで清澄、珪藻土でろ過
所有面積 2.20ha
土壌 キメリジアン(粘土石灰質)
ぶどう品種(セパージュ) Chardonnay 100%
ぶどうの仕立て ギュイヨ・ドゥブル、ギュイヨ・サンプル
平均樹齢 45年
密植度 6000本/ha
平均年間生産量(本数) 5000本
収穫量 50hl/ha
収穫方法 機械収穫
農法 ビオロジック
BIO認証団体 エコセール(申請中)
ラック・コーポレーションより)





ジェラール・デュプレシス

ジェラール・デュプレシス設立は1895年と100年以上にわたって、ここシャブリの地でワインを生んできたドメーヌを、現在4代目のジェラールが二十歳そこそこの息子リリアンと運営する。所有する7ヘクタールほどの区画の大半はプルミエ・クリュ――3ヘクタール弱のモンマンを筆頭に計4区画――で、他にグラン・クリュのレ・クロとACシャブリの、合わせて1ヘクタールほどがある。

樹齢の平均がおよそ30年とよい加減にあるぶどう樹は、ヴァンダンジュ・ヴェールトをおこない収量を抑える。発酵はイノックスだが、ドメーヌでは樽で熟成させるという伝統的な手法を欠かさず、プルミエ・クリュで1割程度の新樽と旧樽を用いる。マロラクティーク発酵を終了させ、その後再びイノックスで熟成。ヴィンテージにより、コラージュ、フィルターは適宜。

生み出されるワインは果実味だけではない骨太さといったものを感じさせる、しっかりとした構成の昔ながらのシャブリ。しっかりといっても、酸のみが突出したようなワインではなく、ミネラルなど全体を支える要素も十分に備わっているため、酸とのバランスがとれるにはやはり時間を要する。そのため市場には数年間の瓶熟成を経て出すことから、他のつくり手に較べ最新ヴィンテージのリリースは常に遅い。

ワインは、シャブリらしい北の風土をそこはかとなく漂わせ、アフターの心地よさも出色。そしてイノックスだけで仕上げた果実味が前面に出たワインとは明らかに異なる、樽をかけた複雑さといったものが実感できる。ヴィラージュ・クラスでも落ち着いた風味、味わいが愉しめるが、お得意のプルミエ・クリュになるとクリマ毎の差異もよく感じられ、シャブリというアペラシオンの奥深さが十二分に堪能できる。さらにより濃密でたっぷりとしたレ・クロは、さすがグラン・クリュの貫禄を感じさせる出来栄え。

2004年は、前年のあまりにもヴィンテージの色に染められてしまった2003年に較べ、シャブリらしいテロワールを感じさせてくれるワインに仕上がり、数年後のリリースが待ち遠しいものとなっている。2005年の6月にはカーヴも増設し、地道ながら堅実な歩みを続けるドメーヌ・デュプレシスである。

シャブリ プルミエ クリュ モンマン[2012]ジェラー・デュプレシ(750ml)白
Chablis 1er Cru Montmains[2012]Gerard DUPLESSIS
  品種: 白/シャルドネ
  容量: 750ml
産地: ブルゴーニュ
2つの区画からなり、いずれも粘土石灰質の土壌。ややトロピカルなタッチの香り。口中では柔らかく、ふくよかさが感じられ、フルショームやモンテ・ド・トネールよりもグラが感じられる。パワフルさエレガントさを合わせ持つ。
ピノ・ノワール オンラインより)



Domaine Gerard Duplessis
ドメーヌ・ジェラー・デュプレシス

クラシックなシャブリで知られるジェラー・デュプレシ(カーヴ・デュプレシ)だが、ジェラールの息子、リリアンが実質的に経営を受け継ぎ、さまざまな変化が見えている。
ドメーヌはACシャブリのほか、5つの1級畑(フルショーム、モンテ・ド・トネール、モンマン、ヴァイヨン、ヴォージロー)と1つの特級畑(レ・クロ)をもち、自社畑の規模はおよそ8ha。
2007年からリリアン主導でビオロジック栽培に移行し、2010年にとうとう認証を取得した。

1級畑と特級畑の醸造法は6ヶ月ステンレスタンク、6ヶ月小樽熟成、6ヶ月ステンレスタンクと変則的。
しかしこの醸造法が長期熟成に耐え得るシャブリを生み出し、実際、ドメーヌのセラーには古いバックヴィンテージのシャブリが販売用として残されている。

父ジェラールの時代はACシャブリもこの醸造法だったが、本来若飲みのACシャブリにはフレッシュさも残したいと考えたリリアンは、ステンレスタンクで発酵後、そのまま14ヶ月間、ステンレスタンクの中で熟成させることにした。
1級畑のうちヴォージローについても、樹齢の若い木から造られるため、ACシャブリと同じ醸造法をとっている。このワインはラベルに畑名を入れず、「シャブリ・プルミエ・クリュ・ジュヌ・ガルド」としてリリース。ジュヌ・ガルドとは若いうちに楽しむキュヴェという意味である。

ヴァンサン・ドーヴィサやフランソワ・ラヴノーと似た路線のシャブリながら、だいぶお値打ち。
瓶詰め後もある程度熟成させるので、ドメーヌからの出荷がやや遅め。自分で寝かせる手間が省けるのもうれしい点だ。

ジェラー・デュプレシス シャブリ1erCruモンマン2012 750ml
2011年のヴァイヨンは、非常に好評を頂き即完売しました。 今回も11年に負けず劣らず良い評価を受けています。 輸入元はラックコーポレーションです。
2012 Domaine Gerard Duplessis Chablis 1Er Cru Montmains
Domaine Gerard Duplessis visit the producer
A Chardonnay Dry White Table wine from
France, Montmains, Chablis, Burgundy, France

Wine Advocate #214(Aug 2014)
Reviewer: Neal Martin
Rating: 91points ←素晴らしい評価です
Drink: 2015 - 2024 ←飲み頃に入っております
Current (Release) Cost: $47 (44) ←この価格と比べるとかなりお買い得です
The 2012 Chablis 1er Cru Montmains comes from the last parcel in the climat before it becomes Forest. It has a subtle marine influence on the nose that the other premier crus do not exhibit at present, but with a couple minutes swirling, it also offers attractive wet pavement scents. The palate is lively on the entry with red apples, a touch of pear and apricot, well-judged acidity and a satisfying, long finish. Drink 2015-2024.
花井屋酒店より)





花井屋酒店より購入。3,183円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20160720/1469087632
ワイン会にて
 
抜栓日:2016年7月20日
薄めのイエロー。粘性は中程度。第一印象はマイルドな樽香と、果実のフレッシュさ。かぼすやリンゴの香りを感じます。酸がきれいにのびやかなイメージで、フレッシュ&フルーティーな、なかなか味わいに複雑さの感じられるワイン。とても綺麗なワインです。ミネラルも豊富で、塩気を感じると言っている人もいました。残りのワインを考えた時にこれは、自分の持ち込んだものと判断しました。こういうシャブリもあるんですね、勉強になります。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード