四恩醸造 窓辺 赤 2015

四恩醸造 窓辺 赤 2015
四恩醸造 窓辺 赤 2015 Part1

四恩醸造 窓辺 赤 2015 Part2
四恩醸造 山梨県山梨市牧丘町
メルロー主体
「安心で安全で、美味しいワインを普段から気軽に味わって欲しい」
という思いから醸造・販売責任者の小林剛士さんが自ら畑に出て栽培をした葡萄と数件の契約栽培農家のみで造られています。
四恩醸造のワインはラベルに品種名を明記していません。
それは、小林さんが品種の固定観念がワインの個性をみえなくする事もあると考えているからです。

ワインを飲んだらなんだか料理を造りたくなった、ワインを飲んだらなんだか料理を食べたくなった
そんな料理を誘うワインです。

淡い赤紫の色調。香りは華やかなイチゴ香、ぶどうそのものの香り。
口当たりが優しく、味わいのある酸と長い余韻があります。
1週間くらいかけて飲むといろいろな表情をみせてくれます。
酒商うちやまより)





窓辺 赤2015年
早速抜栓でグラスに注ぐといつも通りいやいつも以上に艶のある液体綺麗な赤黒さでた液体で深めの色調あると思います。
赤のスケスケな感じではなく黒さもある感じ
香り少し大きめのグラスで行きましたがまず香りの立ち方まだ全開とはいかない印象
まだリリースしたてなのでもう少し先により開いて伸びのある魅力出てくるかと思います。
それでもやや硬質感や大人っぽさある果実香
メルロー主体の赤ですが土とかまでしっとりと湿度ある感じではなくとも健全な大地を想うそんな印象もあり繊細でふんわり感ある中にキレと適度な固さを伴う
そして果実香も少し固めの繊細な黒さあり赤身の肉系も加わる感じ
全体に冷涼感があり若さ若さが現段階
飲んでもビター感伴い冷涼でスムースな飲み心地
爽快感もあり疾走感もあり抜けていく印象
ほんのり青さが嫌な感じじゃなく存在
繊細でも華やか~な感じではなく若く落ち着きありいくらでも飲めてしまうのはこの窓辺赤ですね
まだワインとして緊張感があり
次のステップへのそして今までの仕事に関しての集大成として
少し力み!?というか真面目な小林さんならではかなと・・・

この先ほぐれていったときの表情見てみたいです

以下蔵元様情報

*窓辺(赤)2015
品 種:Merlot主体
生産者:Grupetto農園
産 地:山梨市牧丘町
Alcool:11.0%
F-SO2:ppm
T-SO2:>20ppm
9月下旬の収穫で1週間程度のかもし期間その後は樽熟成で9ヶ月程度です。貯蔵期間中、亜硫酸は入れず、瓶つめ時に少量添加です。
 淡い赤色。ピーマンや芝生の香り。スワリングすると肉やナッツの香り。口中ではメロンやライチの香りが湧き上がり、ブラックベリーと青い木質系の香りがします。とにかく若い赤ワインの香りが充満しています。
 細長いグラスですと全体が調和いたしまが、やっぱり若いですね。
 赤みの牛肉がベストかと思います。その後にジャガイモとバターをほっくりといただきたいですね。それで自分は満足です。珍しくTHE山梨ルージュってな感じです。
オネストテロワールより)





窓辺 赤に関してはこちらこちらもご覧ください



(+)酒商うちやまより2本購入。2,160円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード