Kisvin Blanc 2014

Kisvin Blanc 2014
Kisvin Blanc 2014 part1
Kisvin Winery キスヴィンワイナリー 沿革
2001年
山梨県甲州市塩山のブドウ農家3代目、荻原康弘(おぎはら・やすひろ)が、父、登より家業を継ぎ葡萄栽培を専業とする。
2002年頃よりワイン用ブドウ栽培に着目。高品質な醸造用ブドウの栽培を将来的な事業の重点項目と位置付ける。

2005年 
池川仁(池川総合ブドウ園、『キュベ池川』などのブドウ栽培者) 西岡一洋(東京大学大学院 特任研究員)らとともに醸造用ブドウの勉強会グループ「Team Kisvin チームキスヴィン」を立ち上げる。同時にワイン用ブドウの栽培とその規模拡大に着手する。

2008年
シャトー酒折に向けワイン用ブドウを販売開始。
シャトー酒折よりKisvin Koshu 2008を発売。

2009年
農業生産法人 株式会社Kisvinを設立。

2013年
自社醸造施設 Kisvin Wineryを建設し、ワイン醸造を開始。

2014年
ワインの販売を開始。

■栽培管理
栽培面積 5ヘクタール
山梨県甲州市塩山、および勝沼地区   

光合成、植物ホルモン、樹体流、根域/葉面積バランスの保持等、ブドウの生育に関する植物生理学の概念が私たちの栽培管理の中心です。
また科学的な見地に立ち、土壌分析装置での細かな分析をもとに土壌、施肥管理を行い、草生栽培(土の耕起を行わない)による圃場管理を実施しています。
「高品質のブドウが出来さえすれば、醸造とはシンプルかつ平易なものである」という考えの下、醸造家自らも日常的に畑へ出向き、スタッフと連携しつつ栽培管理に加わっています。特に収穫時期には果実の成分分析を細かく実施、ブドウの適熟期に収穫を行うことを第一としています。

■醸造管理
ワイナリーの設備

醸造施設内では、ブドウの品質をワインに反映させるべく徹底した機材のサニテーションを実施。ブドウの状態、ワインの発酵と熟成を見極め、最高の状態とタイミングでボトルに詰めることを品質管理の信条としています。
古きに倣い、各国で培った経験を生かし、かつ日々発展する技術や醸造法についての勉強を欠かさず、研鑽を積み続けています。

醸造責任者 斎藤まゆ(さいとう・まゆ)

昭和55年生まれ 早稲田大学在学中に日本でのワイン造りを目指し、同大学を中退。カリフォルニア州立大学でワイン醸造学科卒業後、成績優秀により同校ワイナリーの醸造アシスタントに抜擢。現地学生の指導にあたる。その後はドメーヌ・ジャン・コレ、ドメーヌ・ティエリ・リシュー(いずれも仏ブルゴーニュ)などで研鑽を積み、平成25年よりKisvinワイナリー醸造責任者。近年では『ワインの真実』(ジョナサン・ノシター著)「訳者あとがきにかえて」執筆など。
Kisvin Wineryより)




キスヴィンワイナリー(KIS VIN WINERY) ブラン 2014 750ml
◆商品説明
キスヴィンワイナリーで栽培する多種類のブドウの中から、27種のヴィティス・ヴィニフェラ種を使用。やさしく爽やかな飲み口と多種類のブドウとは思えない、一つのワインとしてのまとまりを感じることができるワインです。

容量750
産地山梨県
ブドウ品種27種のヴィティス・ヴィニフェラ種
ヴィンテージ2014
色白
アルコール度数―
いまでやより)




キスヴィンワイナリー ブラン 2014
販売価格(税込): 3,547 円
ポイント: 98 Pt
メーカー: キスヴィンワイナリー
関連カテゴリ:
ワイン
ワイン > 白
ワイナリー > キスヴィンワイナリー
「チームキスヴィン」の圃場で栽培された、多種類の葡萄の中から、マスカット系を中心に、27種類のヴィニフェラ系(ワインに適していると言われるヨーロッパ系)の品種を混醸した白ワイン。
豊かで複雑で芳香があり、程よい綺麗な酸味があり、飲み口は爽やかで、多品種の葡萄とは思えない不思議なまとまりを感じます。
飲む温度によって、香り、味わいの変化があり、楽しいワインです。

辛口 8℃~14℃位がおすすめです。
リカーショップなかざわより)


Kisvin Blanc 2014 part2




いまでやより購入。3,476円

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20161211/1481458468
抜栓日:2016年12月11日
栓:DIAMコルク DIAM5かな?
液漏れ:なし
グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。
 
色:やや薄めのイエロー。輝きあり。グラスの底に気泡あり。
ディスク:中程度
脚:中程度の粘性。
香り:グラスに注いだ直後は、柑橘系の香り、花梨、金柑の香り。スワリングするとレモンのコンポートを連想させる香り。ややモワッとした印象があります。娘さんは開口一番「石鹸の匂い」と。確かに! バラ系の香りも感じられます。黄色い花の香り。白胡椒的なニュアンスも感じます。あら~これ面白いですね。品種的には交配品種を連想してしまうのですが・・。実際27種類のヴィティス・ヴィニフェラの白ぶどうという情報がインプットされてしまっているので、なんともいえません。香り自体はとても豊潤な印象です。時間がたってくると、けっこうマスカット香が前面に出てきます。
味わい:口に含むと・・・酸は穏やかです。最初に味の厚みを感じます。なかなかアルコール感が強く感じられます。余韻が結構長い。中間から後半にかけて、やわらかくグリっぽさ、苦味があります。色んな要素が含まれていて、樽使っているかどうかわかりませんが、樽のニュアンスも弱いながらにも感じます。あら~、すごく厚みがある味わい。これ、面白いワインですね~。マスカット的要素も確かに感じますが、ナイアガラとかの要素とはちがい、とても柔らかいマスカットです。時間経過とともにこのマスカットのニュアンスが少し強くなって、バッカスっぽい感じになってきました。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード