Echezeaux Grand Cru Domaine Bizot 2002

Echezeaux Grand Cru Domaine Bizot 2002
Echezeaux Grand Cru Domaine Bizot 2002
DOMAINE JEAN YVES BIZOT
ドメーヌ・ジャン・イヴ・ビゾ
★実に知的な印象をうける、まさに学者といった風貌のジャン・イヴ・ビゾ氏。
 彼が手掛けるワインはヴォーヌ・ロマネの潜在力を写しとった美しさを備えています。
 彼もまたヴィンテージを重ねるごとにその才能を伸ばし、よりピュアで、より美しいワインへと階段をのぼっています。
 代々医者の家系に生まれ、自身はもともと地質学者を志していました。
 医者の家系でありながら畑も醸造所も所有しており、医業の傍らワイン造りを行っており、 彼自身はディジョンにてワイン造りを学び、92年からワイン造りを始めたという。
 「アンリ・ジャイエの隣人で彼から多くの事を学んだ」と言われるが、現在の彼のワインのスタイルは ジャイエのそれとは全く違い、また他のどの生産者のものとも異なった孤高の味わいを持っています。
 栽培はビオディナミやビオロジックといった規格にそったものでなく、常に畑の状況やぶどうの様子を見て対処する。
 極力、化学的な農薬などの使用を避けており、それが純粋な果実味を持った彼のワインにつながっている。
 醸造時も人の手を加えることを避け、SO2の添加も僅か。ヴィンテージによってはほとんど使用しないこともある。
moritayaより)




エシェゾー[2002]
ドメーヌ・ビゾ(赤ワイン)

エシェゾーの中でも高い位置、斜面の始まる辺りの北の位置、砂、石、岩が交じり合った土壌がビゾの畑です。
昨年の試飲時、既に香りの際立ち、味わいの緻密さがしっかりと感じられたエシェゾー。
スパイスや、ミックス・ベリーなどの香りがその時点でも充分に香っていましたが、リアルワインガイドの試飲時は、その魅力を更に開花させていたようです。
本来、あとせめて10年は置いておきたいところですが、これは我慢するのが大変かも…。
◇栽培面積僅か0.56ha
◇生産量5樽

『私の02年ブルゴーニュのオススメ!。』
僅か0.56haのエシュゾーのオート(高い区画)の畑(樹齢80年!)で、新樽100%をあてがい産出される同蔵のフラッグシップ。
強力に抽出をかけてタイプとは異なる美しいルビー、チェリー色を呈す。
ノーズは際立って豊かな果実の香りと官能的なビオ特有の香りがボリューム一杯に迫ってくる。
口に含むとひたすら滑らかであり、ジューシーな果実を噛み締めたような旨みがあり、全く抵抗なくスルスルと身体に吸収されていく。
身体の浸透圧に近い感覚の、素晴らしく美味なこの液体は、私の2002年ブルゴーニュのイチオシだ。
◆今飲んで92点
◆ポテンシャル95点
◆飲み頃予想 2007~2028年

(『リアルワインガイ8号』よリ抜粋)
タカムラより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20161122/1479876289
竹八にて
抜栓日:2016年11月22日
きれいな濃いめのルビーで輝きあり。香りが、ブルーベリー、ブラックベリー、バラ系の香水、ミネラル、腐葉土といった香りが感じられます。最初はやや硬さもありましたが、徐々に香りも開いてきます。口にすると、思っているよりもしっかりとした力強いタンニン。しかし、上質でシルキーです。その力に負けないくらいの、味の要素の複雑さとともに、それらが丸みを帯びていて、楕円形の液体のイメージです。余韻は長く感じられ、ほのかなベリー系の甘さと、上質な酸が渾然一体となって喉に流れ込んでいって、後鼻孔へ香水の香りがでてくる、そんな感じ。2002年はとてもしっかりとしたパワフルな年だったようで、まだまだ10年先でもよかったな~、なんて声もでていました。
貴重なワインを有難うございました。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード