Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken

Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken
Furst von Metternich Sekt Riesling Trocken
フュルスト・フォン・メッテルニヒ

ドイツの最も有名なスパークリングワインの為のドイツの最も素晴らしいワイン
1816年7月1日オーストリアの皇帝フランツ1世は、メッテルニヒ-ヴィンブルクの王子で、彼の宮廷議長兼首相のクレメンス・ヴィンツェスラウスに、ウィーン会議での彼の功績に対する贈り物として、フルダ近郊のドメーヌ・ヨハニスベルクを送った。実に高貴なプレゼントであるが、というのもヨハニスベルクが造るリースリングワインは、特に高品質であり、ヨハニスベルク自体1775年のシュペートレーゼ(遅摘みの葡萄で造ったワイン)、1787年のアウスレーゼ(熟した葡萄を厳選して造った甘口ワイン)の発見で、世界中のワイン愛好家の間で例外的な評判を享受していたのである。王子はシュロス・ヨハニスベルクで葡萄栽培の存続と促進に全力を投じた。
しかし力強い酸味を持つ彼らの高品質のリースリングが、スパークリングワインを造るのに適していると気づいたのは、ヨハン・ヤコブ・ゾーンレインであった。
このことについて彼は次のように書いている。「ライン産のリースリングは葡萄の女王であり、これからもそうあり続ける。優れたヴィンテージのリースリングワインで造られたスパークリングワインに匹敵するものはなく、これを越えるものもない。」このスパークリングワインの生産にリースリングのベースワインを使用することで、シャンパーニュとは異なる風味を生み出すが、品質では変わらない。
ヨハニスベルガーが描かれたワインラベルは、1925年にフュルスト・フォン・メッテルニヒ シュロス・ヨハニスベルガー ゼクトという名称の新しいスパークリングワインのブランドに初めて取り入れられた。このようにして1864年以来キュヴェとして既に存在していたワインのブランドネームが立ち上げられた。
1934年以降この銘柄はフュルスト・フォン・メッテルニヒと呼ばれている。今日ある様なトレードマークのラベルは、宮廷芸術家サー・トーマス・ローレンスがメッテルニヒ-ヴィンブルクの王子クレメンス・ヴィンツェスラウス・ローザールの肖像画を描いた後、1971年にこれを取り入れたものが作られた。リースリングの酸味が爽やかでスティーリーな品質が、スパークリングワイン“フュルスト・フォン・メッテルニヒ”を比類なき味わいにしている。

フュルスト・フォン・メッテルニヒ リースリング ゼクト トロッケン
¥3,680
説明
追加情報
少々緑色がかった中位の濃さのレモン色をし、連続的に出てくる泡が伴う。魅了する様でエレガントなリースリングのブケは、ハニー、火打石や花の様な繊細なアクセントを持つ。まろやかで柔らかく、こくがあると同時にエレガントで、この品種の魅力的で酸味の爽やかな、スティーリーな特徴を良く捕らえている。きれいにバランスが取れ、印象的でスタイリッシュな後味を持つ。JKW10/139774506
受賞歴:
● 2016年6月4日付 日経プラス1 「キリッとした後味 スパークリングワイン・ベスト10」で第3位
● ヴィノテーク 2004年6月号 このワインに注目! 17ポイント
● 銅賞 - ジャパン ワイン チャレンジ 2005
● 銀メダル - ベルリナー・ワイン・トロフィー
● 金メダル - ベルリン・ワイン・トロフィー2016
生産地の詳細情報: ドイツ >>ライン地方
生産者の詳細情報: フュルスト・フォン・メッテルニヒ
ピーロートジャパンオンラインショップより)





NIKKEIプラス1何でもランキング2016「夏を潤すスパクリングワイン」第3位。ドイツの13限定産地から収穫されたリースリング100%使用。
【NIKKEIプラス1何でもランキング2016】フュルスト・フォン・メッテルニヒ・リースリング・ゼクト・トロッケン(Furst von Metternich Riesling Sekt Trocken)

本体価格 3,410円 (税込価格 3,682円)
生産地 ドイツ ラインガウ地方
ワイナリー フュルスト・フォン・メッテルニヒ
容量 750ml
タイプ 白泡
味わい やや辛口
味のバランス 
甘味 甘み
酸味 酸味
果実味 果実味
香り リンゴグレープフルーツ
ぶどう品種 リースリング
商品説明
ライン川の北側、ヴァイスバーデンとロルヒの中間に位置し、世界でも有名なライガウ・ワインを産出するエリア。リースリングの栽培面積はこのエリアの84%、3,000haを占める。ライン川の上のなだらかな丘に、畑は南向きに面しており、ブドウの熟成には理想的。熱を蓄積する特別な基盤土壌を持ち、湿度が常に一定に保たれるのも特徴。世界的にも有名なシュロス・ヨハニスベルク・リースリングは紀元前1720年にここで栄えました。フルスト・フォン・メッテルニッヒのスパークリング・ワインの起源もここで発見されました。ドイツの13限定産地から収穫されたリースリングを100%使用。リンゴ、グレープフルーツ、桃、アプリコット、カリン、パイナップル、マンゴー、数種のハーブの香りが特徴。魅了するエレガントなリースリングのブーケを感じます。

画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。
おすすめ
合う料理 いくら丼、うに丼、海鮮丼 飲み頃温度 4~8度
備考
インポーター ピーロート・ジャパン キャップタイプ コルク
ラベル表示 酸化防止剤(亜硫酸塩)
AEON de WINEより)




ドイツの最も有名なスパークリングワインの為の
ドイツの最も素晴らしいワイン

1816年7月1日オーストリアの皇帝フランツ1世は、メッテルニヒ-ヴィンブルクの王子で、彼の宮廷議長兼首相のクレメンス・ヴィンツェスラウスに、ウィーン会議での彼の功績に対する贈り物として、フルダ近郊のドメーヌ・ヨハニスベルクを送った。実に高貴なプレゼントであるが、というのもヨハニスベルクが造るリースリングワインは、特に高品質であり、ヨハニスベルク自体1775年のシュペートレーゼ(遅摘みの葡萄で造ったワイン)、1787年のアウスレーゼ(熟した葡萄を厳選して造った甘口ワイン)の発見で、世界中のワイン愛好家の間で例外的な評判を享受していたのである。王子はシュロス・ヨハニスベルクで葡萄栽培の存続と促進に全力を投じた。

しかし力強い酸味を持つ彼らの高品質のリースリングが、スパークリングワインを造るのに適していると気づいたのは、ヨハン・ヤコブ・ゾーンレインであった。

このことについて彼は次のように書いている。「ライン産のリースリングは葡萄の女王であり、これからもそうあり続ける。優れたヴィンテージのリースリングワインで造られたスパークリングワインに匹敵するものはなく、これを越えるものもない。」このスパークリングワインの生産にリースリングのベースワインを使用することで、シャンパーニュとは異なる風味を生み出すが、品質では変わらない。

ヨハニスベルガーが描かれたワインラベルは、1925年にフュルスト・フォン・メッテルニヒャー シュロス・ヨハニスベルガー ゼクトという名称の新しいスパークリングワインのブランドに初めて取り入れられた。このようにして1864年以来キュヴェとして既に存在していたワインのブランドネームが立ち上げられた。
1934年以降この銘柄はフュルスト・フォン・メッテルニヒと呼ばれている。今日ある様なトレードマークのラベルは、宮廷芸術家サー・トーマス・ローレンスがメッテルニヒ-ヴィンブルクの王子クレメンス・ヴィンツェスラウス・ローザールの肖像画を描いた後、1971年にこれを取り入れたものが作られた。リースリングの酸味が爽やかでスティーリーな品質が、スパークリングワイン“フュルスト・フォン・メッテルニヒ”を比類なき味わいにしている。

★限界価格に挑戦★
【ギフト】【スパークリングワイン】
【フェルスト・フォン・メッテルニヒ】
リースリング・ゼクト・トロッケン[NV](スパークリングワイン)
750ml ドイツ FURST VON METTERNICH RIESLING SECT
価格 2,600円 (税込 2,808 円) 送料別

アペラシオン(産地) : ドイツ
ワイン名(ラベル表示) : FURST VON METTERNICH RIESLING SECT
内容量 : 750ml

以前、ヴィノテーク誌で世界最高ソムリエが注目すべきワインと評価しています。
リースリング種からつくられるスパークリングワイン。とても上品でやわらかい味わい。繊細で美味しいワインです。
以前ニッカウヰスキーが扱っていたころは、現在より1000円程高い値段だったような気がします。

非常にオススメの本格スパークリングワインです。
少々緑色がかった中位の濃さのレモン色をし、連続的に出てくる泡が伴う。魅了する様でエレガントなリースリングのブケは、ハニー、火打石や花の様な繊細なアクセントを持つ。
まろやかで柔らかく、こくがあると同時にエレガントで、この品種の魅力的で酸味の爽やかな、スティーリーな特徴を良く捕らえている。
きれいにバランスが取れ、印象的でスタイリッシュな後味を持つ。

ぶどう品種:リースリング100%
かわばた酒店より)



ピーロート・ジャパンより購入。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20161221/1482321688
抜栓日:2016年12月21日
インポーター:ピーロートジャパン
栓:通常のコルク
液漏れ:なし
グラス:シェフ&ソムリエのスパークリング用を使用しました。
 
色:やや山吹色にちかいイエロー。
泡立ち:なかなか細やかな泡で、持続性がありました。
 
香り:最初さほど香りがありませんでしたが、徐々にややねっとりとした第一印象。青りんご、蜂蜜の香り。コンポート系のニュアンス。娘さんは「お風呂とかプールのモワッとした感じの匂い」と言っていました。これって、塩素系っていうかミネラルっぽさをかんじているのかな?
味わい:青りんごや蜂蜜のフレーバーが口の中に広がります。味わいに厚みを感じ、つまってるな~という印象。ほのかな残糖は感じますが、基本辛口のトロッケン。酸は結構フレッシュでリンゴ酸の要素を感じました。リースリングに起因すると思われる白い花の印象もあります。飲み口はしっかりしているのですが、爽やかさも、とくに酸のためか感じられ、飲みやすい美味しいスパークリングです。ゼクトって初めて飲んだんですが、いいですね~。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード