Bourgogne Benjamin Leroux 2010

Bourgogne Benjamin Leroux 2010
Bourgogne Benjamin Leroux 2010
更に進化したバンジャマン・ルルーの真骨頂!
推薦グラス
推薦グラス
バンジャマン・ルルー / ブルゴーニュ・ルージュ [2013]
Benjamin Leroux / Bourgogne Rouge 2013
セパージュ: 【ピノ・ノワール100%】
国地域: フランス・ブルゴーニュ・AOCブルゴーニュ
飲み頃情報: 今から インポーター: ヴィノラム
バンジャマン・ルルーとの初めての出会いは、ボーヌで昨年飲んだコント・アルマンの2003年のポマールです。たまたま素晴らしいコンディションのワインを飲む機会があったことも非常に助けになっているのですが、上質で柔らかく見事な酒質に驚嘆しました。その後コント・アルマンのワインを輸入しているインポーターを探してみましたが、ちょうど日本ではインポーターが決まっていない時期でした。そして彼が2007年にネゴシアンをスタートします。将来畑を買い取ることを目標にビオロジックやビオディナミで生産している栽培家を探し出し最上のネゴシアンをスタートさせたのです。実は2007年は一時日本に輸入されましたが、コンディションが良くないため実際の評判は散々だったようです。私も2003年の彼のワインを飲んだ時にこれは普通のインポーターが入れたのでは意味がないなと思っていました。新しい可能性をみせてくれる新世代として注目です。実に淡くチャーミングでブルゴーニュ好きが求める淡い中に複雑さを醸し出す理想的なワインです。
ワインホリックより)





ブルゴーニュ・ルージュ、バンジャマン・ルルー

France - Burgundy
Benjamin Leroux
Pinot Noir
Medium Bodied,Dry,赤ワイン,13%alc.
ブルゴーニュおよびボーヌとサントネの村名畑で採れるブドウがブレンドされており、これは平均以上のブルゴーニュ・ルージュです。フレッシュな果実味を維持するために大型の木樽で熟成させています。デイリーに楽しんでいただける、爽やかで瑞々しいピノ・ノワールです。
(Anne McHale MW - Wine Education Specialist)

With fruit sourced from village vineyards in Beaune and Santenay as well as Bourgogne vineyards, this is a cut above your average Bourgogne Rouge. Aged in large old wood to preserve the fresh, fruity style, this is a crisp and crunchy Pinot, delicious for everyday drinking.
(Anne McHale MW - Wine Education Specialist)

このワインの生産者情報
ポマールのドメーヌ・コント・アルマンの責任者として名声を博したのち、バンジャマン・ルルーはイギリスからの資本協力を受け、2007年に小規模なネゴシアンをボーヌの地で立ち上げました。ワインはコート・ドール産のものに限られています。村はシャサーニュ‐モンラッシェからジュヴレ‐シャンベルタンまで、契約栽培の関係を築いていくのが目下の目標ですが、将来的にはブドウ畑の購入も考えています。

この極めて才能豊かな栽培醸造家の持つ将来性にはワクワクさせられます。バンジャマンは、果実の純粋性と極めて滑らかな口あたりをワインで表現する達人で、オークのニュアンスはほんのわずかしか感じさせないようにしています。バンジャマンのお気に入りの白ワイン用ブドウ畑のひとつが、オーセイ・デュレスとムルソーの村境に位置するレ・ヴィルイユです。この畑のワインでは、ムルソーの特徴である重量感が、オーセイ・デュレス脇の渓谷地の特徴であるフレッシュなミネラル風味によって、肉付けされているのです。
ベリー・ブロス&ラッドより)



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170124/1485311436
ブレリアスにて。
抜栓日:2017年1月24日
輝きのあるやや薄めのルビー。グラスの向こう側の指が見えます。粘性はそこそこ。色ではピノと思いました。自分は最初樽を主に感じてしまい、やや堅いイメージでした。徐々にブルーベリー、ラズベリーの香り。温度が低いせいか、タンニンがしっかりと感じられてしまい、ピノではなく、ネッビオーロかと考えました。しかし、温度が上がってくると、樽感も収まって、タンニンも穏やかになり、やっぱりピノだな~と。温度って大事。アルコール度数13%と思ったけど、確認忘れました。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード