Vignoble du Reveur Pierres Sauvages 2013

Vignoble du Reveur Pierres Sauvages 2013
Vignoble du Reveur Pierres Sauvages 2013
Vignoble du Rêveur
ヴィニョブル・デュ・レヴール
ALSACE Selection

 「ドメーヌ・マルセル・ダイス」の現当主ジャン・ミッシェル・ダイスの長男で、2007年より同ドメーヌの醸造を担当しているマチュー・ダイスが、伯父(実母クラリス・ミシュレの兄カシアン)の畑を継承して誕生したドメーヌです。
 カシアン・ミシュレも1999年からビオロジー栽培を実践していましたが、2012年のマチューの継承と同時にビオディナミに転換し、厳しい収量制限なども含めて「ダイス流」の栽培が開始されました。
 醸造を「マルセル・ダイス」の醸造所で行うようになった2013年が事実上のファーストヴィンテージで、新ドメーヌ名「ヴィニョブル・デュ・レヴール(「夢見る者のぶどう畑」)」のラベルにて、2015年に発売が開始されました。
 「マルセル・ダイスのワインはテロワールのワインであり、長期熟成型のグラン・ヴァンです。対してヴィニョブル・デュ・レヴールのワインは、より若いうちから楽しまれることをイメージして造っています。また、新ドメーヌでは「自由と革新」をキーワードに、これまでアルザスでは行われていなかった醸造法なども積極的に取り入れていきます。例えば今回「サンギュリエ」に採用したマセラシオン・カルボニックがそうですし、アンフォラによる醸造も行う予定です。ぜひ楽しみにしていてください」(マチュー・ダイス)。

TECHNICAL NOTES
所在村:Bennwihr
醸造家:Mathieu Deiss
所有畑面積:7ha
ドメーヌ継承年:2012年~
栽培における特記事項
ビオディナミ(2015年にすべての畑でECOCERTおよびdemeterの認証取得予定)
醸造における特記事項
「マルセル・ダイス」の醸造所で醸造。除梗しない。天然酵母のみで発酵。大樽で発酵&シュール・リー熟成
販売先:各国の「マルセル・ダイス」のインポーター
掲載実績のある海外メディア:発売を開始したばかりでこれからです

Pierres sauvages
ピエール・ソヴァージュ

ピノ・グリ50%、ピノ・オーセロワ30%、ピノ・ブラン20%。地元ベンウィール村の4haの畑より。沖積土壌。樹齢約50年。残糖約5g/lの辛口。作品名の「ピエール・ソヴァージュ」は「野生の(原生の)石」という意味で、第四紀の地殻変動によって運ばれてきた石がそのままの姿で土壌を構成していることを表しています。
ヌーヴェル・セレクションより)


Pierres sauvages 2013 part2



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170207/1486426824
竹八にて。
 
抜栓日:2017年2月6日
最初はさほど香り強くありませんでした。ニュートラルな香り。あとで黄色いお花のニュアンス。酸がしっかりとしていて、残糖5g/lだそうですが、ほのかな甘味を感じました。リースリングかとも思いましたが、ピノ・グリ主体のアルザス。アフタの若干の苦味がありますが、果実甘味がしっかりとしていて美味しいワイン。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード