Vire Clesse LEpinet Sainte Barbe Chaland Jean Marie 2011

Vire Clesse LEpinet Sainte Barbe Chaland Jean Marie 2011
Vire Clesse LEpinet Sainte Barbe Chaland Jean Marie 2011
ドメーヌ・サント・バルブ・ヴィレ・クレッセ・レピネ 2011

タイプ 白ワイン サイズ 750ml
産地 フランス ブルゴーニュ > マコネ
内容 シャルドネ100%

モンラッシェに勝った激賞白ワイン遂に登場!!
フランス最高評価誌【最高賞】獲得!!超話題のブルゴーニュが待望の入荷!!
【わずか2780円にして数万円モンラッシェを彷彿とさせる素晴らしく洗練された果実味とミネラル感!!】
フランス最高評価誌が、あのモンラッシェにも勝利する【最高賞】の栄冠を与えながら
【『この白は1000もの炎のように銀色に色づいた輝きを身にまとっている。』】
【『口に触れるだけでパラダイスだ!!』】と大激賞!!
辛口評価誌までもが大激賞!!『もちろんCPはバツグンだが、絶対値としての額が安い。苦労してビオディナミを実践し、ワインにピュア感とナチュラル感を与えてこの価格だ。そして品質とスタイルは良いという超優良ドメーヌではないだろうか!!』

ドメーヌ・サント・バルブ・ヴィレ・クレッセ・レピネ 2011
本日、いよいよ遂にこの素晴らしい白ワインをご紹介できることになりました!!。

私も昨年春に初めてこのワインを飲んだ時の衝撃が忘れられず、今、この白ワイン最高の季節に、どうしてもこの素晴らしい味わいを皆さんにご紹介したくて、ずっと待ちに待っていた、まさに待望の白ワインです!!。

その土壌は、ブルゴーニュの中でも随一と言われ、表土は石灰岩が転がり、深層は粘土質土壌という、まさに【特級モンラッシェ】と同じ環境を持ち、フランス最高評価誌[ギッド・アシェット]も、あのモンラッシェにも勝利する【最高賞】の栄冠を与えながら、【『この白は1000もの炎のように銀色に色づいた輝きを身にまとっている。』】
と表現するその味わいは、まさの【特級モンラッシェ】を彷彿とさせる、素晴らしい果実味とミネラル感が口の中で広がります!!。

さらにこ日本でも、辛口評価誌として有名な[リアル・ワインガイド]誌にも再三登場し、その衝撃のコストパフォーマンスから、見事表紙を飾り、日本中に衝撃を与えたことでも、ご存じの方もきっと多いかと思います!!。
そんな【『まるでモンラッシェ!!』】をいよいよ遂に皆さんにご紹介できることになったんです!!。
わずか2780円という安さにして、その味わいは、数万円モンラッシェを彷彿とさせる素晴らしく洗練された果実味とミネラル感、そして複雑なる余韻があります!!。
決してお見逃しなく、この白ワイン最高の季節に、たっぷりとご堪能いただければと思います!!。

その名も[ドメーヌ・サント・バルブ・ヴィレ・クレッセ・レピネ 2011]!!!

フランスはブルゴーニュの南、マコネー地区の中でも、別格最高級格付けと言われる[ヴィレ・クレッセVire-Clesse]の称号を持つ、まさにお買い得白ワインの代表格!!。


この[ヴィレ・クレッセVire-Clesse]は、マコネーの中でも石灰岩が表土に転がる得意な地形を持ち、マコネーの中でも一際ミネラル分が豊富な複雑味溢れるシャルドネが造られる、まさに【『まるでモンラッシェ!!』】のような別格の産地!!。

この[ヴィレ・クレッセVire-Clesse]で、今や最も注目されている凄腕が今回ご紹介の[ドメーヌ・サント・バルブ]なんです。

当主ジャン・マリー・シャラン氏は、2001年のドメーヌ設立後すぐの2002年からビオロジックでのブドウ栽培を開始、2003年からはビオディナミ農法を実践しており、2006年にはヴィレ・クレッセの地で一番最初となるビオロジックの認証を取得。まさにこの地の素晴らしいテロワールを見事に表現できる第一人者です。

このワインが本当に物凄いんです!!。
その評価ぶりたるや物凄くて、本日そのひとつひとつを皆さんにご紹介いたします。

まずは、フランス最高評価誌[ギッド・アシェット]2010年版で、2007年が見事【最高賞】となる【最も心に残るワイン賞】を獲得!!。数々の有名白ワインを押し退けて最高峰に輝いたんです!!。


その時のコメントがこちらです!!。

・・・・・・・・
この地域の子孫ジャン・マリー・シャラン氏は、2000年に6haの畑を購入し、自然農法で運営している。深層は黒粘土質、表土は石灰岩質の土壌を持つこの[レ・ピネ]は、ブドウエキスの育成が促され、それを手摘みで収穫している。
柔らかい圧搾のあと、ジュースはオーク樽の中にストックされ、10ヶ月熟成のあとブレンドされ、さらに6ヶ月バットの中で熟成させる。
この白は1000もの炎のように銀色に色づいた輝きを身にまとっている。
最初のトースト香のあと、沢山の香りが発見できる。
黄桃、ライチ、スイカズラ、そしてミネラルの風味がある。その味わいは、ボリュームを与えるトロリとした触感と、全体をクールにする酸味とのバランスが素晴らしい。
そして柑橘フルーツの砂糖漬け、マルメロ、ミントの香りが美味しく口の中を愛撫しながら余韻に残る。
【口に触れるだけでパラダイスだ!!】そう熱く断言する。

[ギッド・アシェット]2010年版より

・・・・・・・・
【『この白は1000もの炎のように銀色に色づいた輝きを身にまとっている。』】
【『口に触れるだけでパラダイスだ!!』】
こんな激しいコメントともに、感動の味わいが表現されているんです!!。

そしてそして、ここ日本でも、辛口評価誌として有名な[リアル・ワインガイド]誌にも再三登場!!。

まずは初登場2005年のコメントです!!。

・・・・・・・・
旨安ワイン発見!と同時に新ブルゴーニュ発見!
これは猛烈にお薦めしたい、マコンのヴィレ・クレッセで01年に設立された全く新しいドメーヌ。おまけに若手生産者がビオディナミで造っているという、新ブルゴーニュのツボにびったりはまった形だ。

もちろん酒質も味もきれいで優しくクリーン。さわやかでいてほっこりする味わいはパイナップル。しかし決して派手ではない。香りも極めてクリーン。フローラルが絡み、酵母香がシャンパーニュのよう。しつこしいようだけど猛烈にお薦め。

[リアル・ワインガイド]18号より
・・・・・・・・

そして次に2008年のコメントです!!。

・・・・・・・・
それにしても08年の個々のワインのレヴューを書きながら、またその価格を再認識しながら思ったことは、つくづくサント・バルブは安いということだ。

もちろんCPはバツグンだが、絶対値としての額が安い。
苦労してビオディナミを実践し、ワインにピュア感とナチュラル感を与えてこの価格だ。そして品質とスタイルは良いという超優良ドメーヌではないだろうか。

さあ銘酒レピネだ。
どこまでも美しくきれいな柑橘と黄色いフルーツの香りは例年通り。加えてミネラル感も相変わらず秀逸。

口に含むとやはりクオリティーが一段も二段もこれまでのラインナップとは異なる。
液体に芯があり、味わいとうま味が一見華やかでいながら、じっくりじんわりと滋味深い。
この年も見事な品質に仕上がっている。

[リアル・ワインガイド]30号より
・・・・・・・・

皆さん、これほどまでに激賞される超お買い得白ワインを目の前にして、飲まないなんてことがあっては絶対にいけません!!。

この白ワイン最高の季節に、
     【『まるでモンラッシェ!!』】
たる、その素晴らしい味わいを、たっぷりとたっぷりとご堪能ください!!。
Y'ns トウキョーより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170222/1487736892
ブレリアスにて。
 
抜栓日:2017年2月21日
輝きのあるやや濃い目のイエロー。粘性あり。黄色いファーストインプレッションの香り。パイナップルやカリン系の香り。樽香(+)。どっしりとしたアタックで、濃い印象。完熟ブドウのイメージ。酸はやややわらかめですが、しっかりとしています。これは、チリ? いやカリフォルニアのシャルドネじゃないかな?と思いました。答えはフランス。南の方ですね。Vintageが2011と、やや熟成も入っているので濃い目のニュアンスに感じたのでしょうか? アルコール度数は13%と考え、実際は13.5%でした。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード