Pheasants Tears Rkatsiteli 2015

Pheasants Tears Rkatsiteli 2015
Pheasants Tears Rkatsiteli 2015 part1

Pheasants Tears Rkatsiteli 2015 part2
<フェザンツ・ティアーズ>
ルカツィテリ 2013
Rkatsiteli 2013 / Pheasant's Tears
ルカツィテリ 2013Rkatsiteli 2013 / Pheasant's Tears

拡大 ( Size : 108 kb )
商品名 : <フェザンツ・ティアーズ>
ルカツィテリ 2013
Rkatsiteli 2013 / Pheasant's Tears
価格 : 3,230円(税抜き2,990円)

Pheasant's Tears
(フェザンツ・ティアーズ)
「キジの涙」というワイナリー名は、"予想を超える素晴らしいワインだけがPheasant(キジ)を喜びで泣かせる事が出来る"という、グルジアのお話に由来しています。
フェザンツ・ティアーズは、2005年、グルジアで8世代続くワイン生産者のGela氏と、ブドウ畑で絵を描いていたアメリカ人の画家のジョン氏との出会いにより始まりました。

かつてワインの大半をロシアに輸出していたジョージアは、2006年のロシアからの輸出禁止制裁を受け、ワイン産業の全面的な刷新を迫られます。
二人は、2007年に金銭的な支援を受けて2007年にPheasant's Tearsを設立し、グルジアの伝統的なブドウ栽培と醸造方法でワイン生産を始めます。
その後スェーデン人のエリック氏が参加し、本格的にヨーロッパ、アメリカにワインが紹介されるようになりました。

彼らはカヘティ州のTibaaniにブドウ畑を購入し、有機栽培でぶどうを栽培、グルジアの伝統的な醸造(地中に埋めた大型の壷で自然酵母、熟成)を行っています。
Gela氏が全面的に畑を管理しています。

グルジアの伝統的ブドウ品種 ルカツィテリ種、サペラヴィ種、ムツヴァネ種、キシ種、シャヴカピト種等を有機栽培で栽培(2010年に認証を得ました)。
ブドウは、地中に埋められたクヴェヴリと呼ばれる 粘土で作られた大型の壷(内側がオーガニックの蜜蝋でコーティングされている)に投入され、その中で自然酵母により発酵と熟成が行われます。
(輸入元資料より)

【 ルカツィテリ 2013 】
オレンジ色から金色の外観。
熟した柑橘系の香り。
味わいは辛口で、しっかりとした酸と渋みを感じる。
--------------------------
容量:750ml
原産国・地方 : ジョージア カヘティ地区
タイプ:白
ブドウ品種 : ルカツィテリ100%
--------------------------
エーテルワインより)





古の製法を今に伝える包容力あるオレンジワイン
オレンジワイン発祥の地ともいわれるジョージア。
そこで伝統的な製法を用いながら新しい感性でワイン造りを行っているフィーザン・ティアーズが造るオレンジワイン。
心地よい渋みと花梨や紅茶などの香り、ドライで飽きのこない味わいで、幅広いお料理とのマリアージュを楽しめます。

ルカツティリ100%
銀座カーヴフジキより)





(*)銀座カーヴフジキよりセットで購入したうちの1本。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170419/1492568787
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年4月18日
結果的にはこれが自分の持ってきたワインでした。濁りのある乳酸菌飲料の色。白桃、グレープフルーツの香り。ヨーグルトのニュアンス。とにかくマイルド、柔らかい液体で、ビオのニュアンスはしっかりとありますが、ある意味きれいなバランスの取れた味わい。自分はこの段階でこれが自分のかどうか分からず、これが自分のだったらかなり旨い部類のワインに入るな~と思いました。
ジョージアのクヴェヴリ(アンフォラ、瓷)を使ったワイン。アルコール度数12.25%。最後の方なんて澱がものすごかったけど、グルトのような味わいでした(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード