Barbaresco Grasso Fratelli 2002

Barbaresco Grasso Fratelli 2002
Barbaresco Grasso Fratelli 2002 part1

Barbaresco Grasso Fratelli 2002 part2
Grasso Fratelli

今が飲み頃の熟成バルバレスコがリーズナブルな価格で提供

《オーナー》アルフレッド&ルイジ グラッソ
《エノロゴ》ジャンフランコ コルデロ
《ブドウ畑》14ha
《評価》「ルカ マローニ ベストワイン年鑑」や「イ ヴィーニ ディ ヴェロネッリ」に掲載

グラッソ フラテッリは、1900年、現オーナーの祖父に当たるヴァレンティーノによって設立されました。その後、息子のエミリオが後を継ぎ、設備投資を行ってきました。現在は、3代目のアルフレッドとルイジにより、品質重視の個性的なワインを生み出しています。畑は14ha、いずれもトレイゾに位置し、「カシーナ ヴァルグランデ」と「ブリッコ スペッサ」の2つに分かれています。大変日当たりの良い恵まれた場所にあります。生産量は年間50,000本。エノロゴはジャンフランコ コルデロ、アグロノモはアレッサドロ ボヴィーノが務めています。多くの生産者が3年後には飲めるモダンなスタイルのワインをつくる中、熟成させて飲むクラシックなスタイルを目指しています。長めのマセラシオン(10~12日間)を行い、15年は熟成させることを前提としてワイン造りをしています。ルイジとアルフレッドは、自然環境を大切に考えており、EUの有機農作物に関する規則である2078/92CEE(※)を尊守しています。
※EUによる、環境に配慮した農業についてのガイドライン。自然保護や環境へ与える影響の削減、有機農法への保証が定められています。

[2002] バルバレスコ (グラッソ・フラテッリ)
Barbaresco (Grasso Fratelli)

価格 2,550円 (税込 2,754 円) 送料別
容量:750ml

全体につやがあり、やや照りのあるレンガ色。エッジは、熟成したワインの特徴でもあるオレンジがかったレンガ色です。バラやスミレ、ブラックベリー、枯れ葉や鉄などのアロマも少し感じられ、スワリングするとスパイスやバニラなど複雑な香りが広がります。なめらかな口当たりで、果実味が広がり落ち着いた酸とタンニンが心地よく、全体のバランスがとても良いです。アフターに果実の甘みがあり、きれいな余韻が長く続きます。今まさに飲み頃をむかえています。
※輸入元資料より
ワインショップフィッチより)





バルバレスコ 2002 グラッソ フラテッリ 赤 750ml
Barbaresco 2002 Grasso Fratelli

【赤】【ミディアムボディ】【アルコール度数14%】
葡萄品種:ミケ(ネッビオーロ)(100%)
熟成:バリック熟成14~18ヶ月

グラッソ フラテッリは、1900年、現オーナーの祖父に当たるヴァレンティーノによって設立されました。その後、息子のエミリオが後を継ぎ、設備投資を行なってきました。現在は、3代目のアルフレッドとルイジにより、品質重視の個性的なワインを生み出しています。畑は14ha、いずれもトレイゾに位置し、「カシーナ ヴァルグランデ」と「ブリッコ スペッサ」のふたつに分かれています。大変日当たりの良い恵まれた場所にあります。生産量は年間50,000本。エノロゴはジャンフランコ コルデロ、アグロノモはアレッサドロ ボヴィーノが務めています。多くの生産者が3年後には飲めるモダンなスタイルのワインを造る中、熟成させて飲むクラシックなスタイルを目指しています。

全体につやがあり、やや照りのあるレンガ色。エッジは、熟成したワインの特徴でもあるオレンジがかったレンガ色です。バラやスミレ、ブラックベリー、枯れ葉や鉄などのアロマも少し感じられ、スワリングするとスパイスやバニラなど複雑な香りが広がります。なめらかな口当たりで、果実味が広がり落ち着いた酸とタンニンが心地よく、全体のバランスがとても良いです。アフターに果実の甘みがあり、きれいな余韻が長く続きます。今まさに飲み頃をむかえています。

ルカ マローニ グイダ デイ ヴィーニ イタリアーニ2008 81点
イ ヴィーニ ヴェロネッリ2006 1ッ星 / 84点

相性の良い料理:ジビエ料理や赤身肉の煮込み料理など

AZIENDA AGRICOLA GRASSO FRATELLI
住所 : Via Giacosa 1/b Cascina Valgrande - 12050 Treiso(Cuneo)
設立 : 1900年
オーナー : Alfredo と Luigi Grasso
エノロゴ : Gianfranco Cordero
年間生産量 : 50,000
所有ブドウ畑 : 14ha  
タストヴァンより)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170322/1490148291
抜栓日:2017年3月21日
輝きのある、やや濃い目のルージュ。今回の中では3番目に濃い色合いでした。粘性もそこそこ感じられます。
最初、焦げたようなニュアンスの香り、菩提樹、枯れ葉、八角の香り。ローストなのか焼けたようなニュアンスの香りを感じました。樽っぽさも結構感じます。飲みくちはやや軽めのアタックで、渋みもさほど強くなく、自分が連想したのは、カリフォルニアのジンファンデルでした(笑)。2002年と熟成の入ったネッビオーロ。アルコール度数13.5%
このバルバレスコもあとのランゲも、時間経過で共通のドライフラワーのようなニュアンスがでてくるということも勉強しました。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード