Sauvignon Kurtatsch Cortaccia 2016

Sauvignon Kurtatsch Cortaccia 2016
Sauvignon Kurtatsch Cortaccia 2016
コルタッチャ|アルト・アディジェ ソーヴィニョン 2015

4,104 円(税込)
ワイナリー: コルタッチャ
原産: トレンティーノ・アルト・アディジェ州/エーニャ
容量/度数: 750ml/13.5度
ブドウ品種: ソーヴィニヨン100%

商品詳細情報
標高400~600メートルの粘土を含む砂利質の畑。レモンなどの柑橘系のフレッシュフルーツやハーブなどの芳醇な香り。程よいボリュームを締まった酸が支えており、大変バランスの良い仕上がり。特有の青っぽさは控えめで、華やかな蜜の余韻が長く続きます。
Vino Hayashiより)



コルタッチャ

100年以上の歴史を持つ老舗ワイナリー コルタッチャ

1900年創業の老舗ワイナリー、コルタッチャから、驚くほど洗練されたワインが到着しました!
コルタッチャが居を構えるのは、イタリアの北東に位置するトレンティーノ・アルト・アディジェ州。
オーストリア、スイスの国境と接していて、アルプス山脈から流れるアディジェ川に沿ってブドウ畑が広がっている、風光明媚な場所です。
第一次世界大戦まではオーストリアに帰属していたため、現在もイタリア語よりドイツ語を主に使用する人が多数派を占め、ドイツ系民族の影響が非常に大きい州です。
ワインにもその影響が色濃く出ており、土着品種だけではなく、リースリングやゲヴェルツトラミネールなどドイツ系品種のワインも数多く造られています。

卓越したミクロクリマ(局地的気候)が生み出す、強烈な個性を持ったブドウ。
コルタッチャは、南チロル、アディジェ渓谷の東にある低い山の中腹に畑を持っています。
この場所はイタリア中のどの畑と比較しても、稀に見る卓越したミクロクリマ(局地的気候)に恵まれています。
アルプスの山々へ続く斜面は日当たりが良く、日照時間は年間2000時間にも及び、昼夜の寒暖の差が激しい場所で、上質なブドウ生育に最適の環境が整っています。
土壌は石灰質土壌と粘土質土壌が混ざり、カルシウム成分が豊富で、さらに排水に優れた土壌です。
ほとんどの畑が急勾配で、トラクターが使用できないため、畑作業は全て手作業。
これだけでも大変な作業ですが、さらに大変なのがブドウの収穫。

南チロルでは昼夜の寒暖の差が激しく、一日ごとにブドウの生育状況が変わるため、収穫のタイミングがとても難しいのです。
酸度と糖度のバランスが良い状態でブドウを収穫するためには、熟練の業でタイミングを見図ることが大切になります。

そうして収穫されるブドウは強烈に個性を主張し、しっかりとした酸味、そしてリッチな果実味を持ったものになります。

山の裾野近くからは力強くフルボディでエレガントな赤ワインが造られ、山の頂近くからはデリケートで花のような香りのする、フレッシュな白ワインが造られています。


100年続いてきた伝統技術と、最新技術の共存。

100年以上続く老舗ワイナリーですが、畑の環境が良いだけでなく、最新設備への投資も怠りません。
ここ5年間で300万ユーロもの投資を行い、醸造設備を最新のものにしました。


キュヴェによってステンレスタンクと新樽を使い分け、伝統技法を守りながら最新の技術を取り入れています。
最適な熟成の後、ボトリングに前には全ての樽を試飲してからボトリングしています。

老舗の名に胡座をかくことなく、たゆまぬ努力の結果、コルタッチャは南チロルのワイン文化を代表するワイナリーの一つとしてよく知られるようになりました。
プレミアワインセラーより)






(*)Vino Hayashiよりイタリアワイン講座第1回として配送されてきたもの。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード