Franz Anton Mayer Gruner Veltliner Osterreich 2015

Franz Anton Mayer Gruner Veltliner Osterreich 2015
Franz Anton Mayer Gruner Veltliner 2015 part1
Weingut Franz Anton Mayer / ヴァイングート フランツ・アントン・マイヤー

フランツ・アントン・マイヤーは比類なき個性であるレス(黄土)土壌を持つヴァーグラムに4世代続くヴァイングート(ワイナリー)です。優れた多様性を持つ正真正銘のワイン。115年続く伝統は今、そしてこれからの未来へと続いてゆくのです。
フランツ・アントン・マイヤーの歴史は、少数の専門家のための革新的なワインではなく、オーストリアのワイン文化に根ざした、多くのワイン愛好家によって綴られてきました。
私たちは、自然に忠実な、そして同様にブドウ畑にとって誠実な仕事を心がけています。ブドウ畑へのきめ細かいアプローチがそれを物語っています。剪定、ワインの瓶詰め、選別、収穫といった仕事は、自然と共に協働することなのです。
モダンで最新のワイナリーは2007年から2008年にかけての冬にフランツ・アントン・マイヤーによって設立されました。
ブドウの圧搾機、熟成用のステンレスタンクや木樽、ボトルの保管スペースも充分です。
非常に厳しく選果したブドウと、近代的な設備を用いることによって、私たちはワインをより特徴的に際立たせることが出来るのです。クラシックで典型的でいながら、同時に個性を備えたワインが生まれるのです。
1896年から長い歴史を持つフランツ・アントン・マイヤーは2013年4月、当主の急逝に伴い全てを売却しました。受賞歴の高い企業によって、フランツ・アントン・マイヤーは新たな未来を約束されたのです。
故フランツ・アントン・マイヤーJrは生涯、ワインを楽しんで貰いたいと望んでいました。この意志はこれからも新しいチームによって、次世代まで継承されていくのです。
ヴァイングート フランツ・アントン・マイヤー ヴァーグラムはドナウ河両岸からクレムス下流に広がる高さ40メートルの細長いテラス状のエリアです。
ヴァーグラム(Wagram)という名前は“Wogen“『雨』という言葉が転じた川岸を意味する言葉から来ています。
海底の沈殿物と氷河時代、原始ドナウ川の浸食と堆積の繰り返しによってこの地は生まれました。特に遠くから見ると峰に見えるヴァーグラムカント(Wagramkante)と呼ばれる北側のテラスは太古の沈殿物から成る急斜面です。
レス土壌。2007年、この肥沃な土から成る丘の連なるドナウ河流域に“ヴァーグラム“のDACが認可されました。
厚さ15メートルに及ぶレス土壌はこの地の原種、グリューナー・ヴェルトリーナーを代表とするブドウに最適です。
どこかブルゴーニュワインを彷彿とさせるリースリング、アロマティックなゲルバー・ミュスカテラー、そして冷涼な気候から生まれる赤ワインは綺麗な果実味を持っています。

Gruner Veltliner Wagram
グリューナー・ヴェルトリーナー ヴァーグラム

ヴィンテージ【2014,2015】
ブドウ品種:グリューナー・ヴェルトリーナー
産地:ニーダエステライヒ
土壌・畑:南向き、層になった深いレス土壌、平地。Bromberg、Rainthalの区画
樹齢:10~25年
味わい:繊細な柑橘系果実、青リンゴとこのワインの特徴を際立たせる鮮烈な風味が広がります。
伝統的な味わい、魚や白身肉の料理に最適です。
オルヴォーより)





Franz Anton Mayerのサイトより

Grüner Veltliner Österreich
Vintage: 2015
Bottle Size: 0,75 l (0,375 l)
Price: EUR 6,90 (3,90)

A delicate citrus note, the sensuous aroma of green apples and a fresh, stimulating tartness make this wine a particular treat for the palate. Perfect for traditional Austrian cuisine, fish and poultry.

Franz Anton Mayer Gruner Veltliner 2015part2





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170524/1495596655
抜栓日:2017年5月23日
ワイン会にて
輝きのあるイエローでグラスのそこに気泡が見えます。香りの第一印象は樽香でした。その後、白い花の香りで、果実味が豊富、彩や厚めのボディー、酸がしっかりとしていてとても口当たりの良いワインです。樽と思って、SBとCHを迷いましたが、ニューワールドのシャルドネと解答。メンバーさんはソーヴィニヨン・ブランが多かったです。グリューナー・ヴェルトリーナーか・・・。しかも樽使っていないの? イチから勉強のし直しです(T_T)


スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード