Chablis Domaine Vincent Dauvissat 2015

Chablis Domaine Vincent Dauvissat 2015
Chabris Dauvissat 2014
ヴァンサンは1998年に3haの区画で実験的にビディナミ農法を始め、その結果が良好なことから2002年にはすべての畑をビオディナミに転換した。目に見えて土壌のバランスが改善され、病気が減り、腐敗果も少なくなったという。

ドーヴィサの素晴らしさはぜひちゃんと評価していただきたいです。ラックものは昔から毎年買い続けているごく一部の酒屋にしか入荷がない激レアものとなります!!!

あまりに入手難となってしまったのでラック輸入もの以外の蔵出し正規品も買い増しました!
なんせ’15極小、’16リリース・ゼロの可能性が高い、’17また霜の被害があったのです、、、

ドーヴィサは数が少なすぎてラヴノーとセットという超贅沢なことはもうしばらくできません。
ラックとイズミの蔵出し正規品です。


ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリ’15

税別¥5000

<売り切れ>幻の超限定品!

48本買えたこともあるこの銘柄ですが、、、

パーカー90~92点(2019~2032年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト226号)

インターナショナルワインセラー89~91点

バーガウンド・コム 88~91点

畑名のつかないシャブリだが、1級ラ・フォレに隣接する区画から。ワインの密度では1級、特級にかなわないとはいえ、人々が最高のシャブリに求める研ぎ澄まされたシャープネスとミネラル感はしっかり備える。キンメリジャン土壌ゆえのヨード香も強く、生ガキと合わせるなら最上の1本となりえる。
ワインの店いとうより)




ヴァンサン・ドーヴィサ
Domaine Vincent Dauvissat

パーカー5ッ星! 世界が認めるシャブリの最高峰

誰も知らない人はいないでしょう。シャブリの最高峰、ヴァンサン・ドーヴィサ!! DRC、ルロワ、ルーミエに並ぶ、メイユールヴァン3ツ星、パーカー5ツ星生産者です\(^o^)/ ラヴノーとは義理の兄弟でシャブリの2TOPとも言われています。」

栽培面積およそ10haの畑からできるドーヴィサのワインは生産量が限られており、入手困難な幻に近いワイン・・そんなドーヴィサのグレートヴィンテージ2012年が入荷しました!!

1930年から続くドメーヌのワインはシャブリの伝統的な醸造方法を守り、今でもフィエット(132リットル入りのオーク樽)で熟成を行っています。また新樽を20~40%用いるところもこだわりの1つ。そして驚嘆するのはワインの長命さ。フランスのどの評価誌をとっても、アドヴォケイト、ワイン・スペクテーター、インターナショナル・ワイン・セラーを見ても、常にシャブリのトップはラヴノーとドーヴィサなのです

■畑について■
レ・クロ、レ・プルーズ、ラ・フォレ、セシェ、ヴァイヨン、ACシャブリの畑を所有。近年購入したACシャブリは1.8hと面積が小さいため、生産量もごく僅かです。
畑は、2002年以降ビオディナミ。肥料は自身で作った、ビオディナミ調合剤を入れた堆肥を使用。収穫はすべて手摘みで、ブドウを選別しながら行うというこだわりぶり!

■醸造について■
収穫したブドウは空気圧圧搾機で優しく圧搾。デブルバージュは短時間行い、発酵は一部タンクで、一部は樽発酵(1/4は新樽だが、60%までは何年か使用した樽)。発酵後、古樽やフィエット(容量132リットルのこの土地の小さな樽)で6ヶ月~1年熟成。

『メイユール・ヴァン・ド・フランス2012年版』 ★★★ 3ッ星
厳格で情熱的なヴァンサン・ドーヴィサは1931年にすでに元詰めをしていた祖父ロベール、そして父ルネから、1989年以降、この神秘的なドメーヌを継承しており、そのときすでにワインは著名だった。畑は庭のように常に手入れがなされ、低い収量は全ての尊厳に値する。2002年以降ドメーヌは認証を要求せずに、ビオディナミ調合剤を受け取っている。樽による醸造は、決してマティエールに対して優位になることはなく、介入はわずかしか行われず、特に熟成とともに自然に表現されることを可能にしている。稀な真面目さを持つシャブリで、ピュアなスタイルで、凝縮感があり、活き活きしている。ワインはワインショップで見つけるしかない。なぜなら、あいにくドメーヌにはもう販売できるワインがない。

Le Guide Bettane & Dessauve décortiqué | Images et infos du monde viticole | Scoop.it
『グラン・ギド・デ・ヴァン・ド・フランス2012年版』 5B&D
ヴァンサン・ドーヴィサは2002年以降、徐々に畑をビオディナミに転換した。この情熱的な醸造家は、各キュヴェに忠実に反映される細心さを持った異なる区画で仕事をしている。ここでは醸造は古樽で行う。しばしば控えめで若いうちは寝かされるワインは口中は閉じていて、グラスの中で透明な純粋さが表れるようにボトルの中で何年か熟成させるほうが良い。2008年物は待つべき偉大なヴィンテージであり、2009も十分それに近い。

『ゴー・ミヨー2011年版』 ★★★★★★★ 7ッ星
ドーヴィサは17世紀からブドウを栽培しているが、ドメーヌが実際存在したのは1931年からで、ロベール・ドーヴィサがワインの元詰めと販売を決心した年である。彼の息子、ルネが彼の後を引き継ぎ、1989年以降、孫のヴァンサンが継承している。低収量、手摘みの収穫、非常に適合した醸造おかげで、ドメーヌはシャブリの頂点のうちの1つである。ワインは樽熟成され、いくつかは樽発酵されている。

ヴァンサン・ドーヴィサ シャブリ 2015
WG価格6,770円(消費税込:7,311円)

キレ味抜群!ドーヴィサの実力を感じる一本 こちらはAOCシャブリで畑名は付きませんが、1級畑ラ・フォレに隣接する区画のブドウを使用しています。最高峰のシャブリが持つ、ミネラルや鋭さはしっかりと感じられます。
品種:シャルドネ100% 白・辛口
ワイングロッサリーより)





(*)ワインの店いとうより購入。5,000円(税抜)
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード