Setsunauta Nobori Jouzou 2015

Setsunauta Nobori Jouzou 2015
Setsunauta Nobori Jouzou 2015
畑:北海道余市町登町 718
品種:ツヴァイゲルト
着果管理:枝ごとの強さを見て房数を制限(強 -2房、中 -1房、弱 -0房)
病害対策:生菌を主体とした菌体防除(納豆菌が灰カビ菌の住みかを奪う等)
虫害対策:天敵を主体とした食物連鎖(アブがコガネムシを捕まえる等)
収穫日:2015 年 10 月 19 日、26 日
醸造:気温の低い午前中に収穫し、すぐに手動バスケットプレスにて低圧で搾汁。搾汁率 60.5%、Brix22.5。補糖・補酸なしで 200L のステンレスタンクへ。野生酵母によって、発酵とオリ漬けが混然となった 16 か月にわたるゆるやかな発酵。
アルコール分:13.1%
総亜硫酸塩:40ppm
清澄剤なし、無濾過で 2017 年 3 月 10 日にビン詰め。
おいしい飲み方:キリッと冷やして、エビチリ、ナポリタン、ピザなどのトマトソース、ケチャップ味のものと。牛焼肉やスパイシーなフライドチキンもよし。傾向としてこってり系のものが合います。

 登醸造のワインは、年に1回のあなたへの手紙です。
 遠くの友達へ。元気でやってますか。こちらはまあまあ元気です。東京を離れて8年、やっと初めてのワインができました。飲んでみてください。ここ余市の生活は、春から秋まではただ一日中、畑でブドウの世話をしています。日暮れ時の畑には心がキューンとします。2015 年は夏の終わりまでとてもよい季節でした。
しかし、収穫まであと少しという 10 月 2 日に南からの爆弾低気圧、8 日には北からの台風によって、無残にもブドウの房がもぎとられ、そのあと一気に病気が広がりました。一年間、世話をしてきたのに…。セツナイです。
 ワインの名前は「セツナウタ」です。毎日の暮らしの中で、なんだかセツナイなあ、と思うときに飲んでほしいと思って名付けました。旅立つ友の宴に、やり切れない仕事の日の後に、そばに置いて飲んでやってください。色もセツナイロゼ色です。後味のほろ苦さは人生そのもの、ほのかなイチゴの香りは未来への淡い期待です。桜の下で飲むのが一番です。
 次に、初めましての人たちへ。北海道の余市でワインを造っている小西と申します。どのような縁でこれを飲んでくださっているかは分かりませんが、2015 年産は 270 本しかありません。ということは 50 万人に 1人の確率です。何かの縁です。万が一このワインを気に入ってくれたなら、余市の畑を訪ねてください。夏の土曜の夕方がおすすめです。一緒に飲みましょう。余市はほんとに美しい町です。5月のプラムやリンゴの花の咲くころはまるで桃源郷です。冬前には港にマメイカが押し寄せます。このマメイカを塩とニンニクとオリーブオイルでいためて、白ワインで食べたら、もう余市のトリコです。そして、いま余市には全国から多くのヴィニュロン(ワイン造り)志望者が集結しています。余市を気に入ったなら、ぜひここで一緒にワイン造りの仲間になりましょう。
登醸造より)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170616/1497660404
竹八にて
 
抜栓日:2017年6月16日
やや薄めのルビー。これも抜栓後数日経過しています。酸化的ニュアンスと揮発酸が感じられました。抜栓直後もそういう感じがあったということで、ボトル差なのかな~?と言っていました。タンニンはおとなしめで、揮発酸にやや引っ張られますが、木の実のニュアンスが感じられます。


スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード