Pinot Noir Piece Edel Wein 2014

Pinot Noir Piece Edel Wein 2014
Pinot Noir Piece Edel Wein 2014 part1
エーデルワイン ハヤチネゼーレ
岩手県花巻市大迫町 株式会社エーデルワイン

~驚愕のテロワール、気高きミネラル感がつまった偉大さをたたえる~

株式会社エーデルワイン  代表者 藤館 昌弘氏   醸造担当 佐藤 恭浩氏
住所 岩手県花巻市大迫町大迫10-18-3
創業年 1974年(前身の岩手ぶどう酒醸造合資会社は1962年創業)
年間生産量 約42万本(国産比率100%)すべて岩手県産葡萄
自社畑 0.5ヘクタール  契約畑 20ヘクタール 

 日本ワインに詳しい飲食店さんから、エーデルワインのリースリングリオンが美味しい!との情報を得ていた私。ちょうど良いタイミングで、エーデルワインさんが、東京のワイン試飲会に参加するのをみつけ、わくわくしながら飲みに出かけました。試飲会で、まずいただいたのは、このワイナリーの看板品、国内だけでなく海外のワインコンクールでも評価の高い、「エーデルワイン五月長根葡萄園リースリングリオン」。綺麗で、スパッとしたキレのある辛口の白ワイン。リースリングリオンという葡萄品種が、唯一といっていいほど栽培に成功し根付いた地域、と評価されているだけのことはある逸品。前評判どおり、さすがの味わいに納得。でも、とりあえず赤ワインのオススメも一種類ぐらい飲んどくか、ということで、期待もせずいただいた一杯が「ハヤチネゼーレツバイゲルトレーベ樽熟成」。ムムム、なんだこれは?・・・。オーストリアや北海道のツバイゲルトレーベと印象が違う。根本的に違う。いままで飲んだイメージでは、柔らかい果実味が主体の葡萄品種と位置づけていましたが、エーデルワインのハヤチネゼーレツバイゲルトレーベは、濃くて渋い?いやちがう、“深くて固い”。天を突くような鋭角な山の峰を見上げている感じ。そしてそのまま、天を仰ぎひざまづいて屈服してしまいそうなほど・・・。ひと言で表現するならば“気高い”。興味をいだき、「ハヤチネゼーレメルロ樽熟成」もいただくことに。これもすごい、しっかりしてる。両方とも、もう少し熟成を待つか、念入りなデキャンティングが必要で、開花させる価値有り、充実のポテンシャル。日本ワイン離れしている。で結局、最初にお付き合いさせていただいたのは、「エーデルワイン五月長根葡萄園リースリングリオン」と、ポテンシャル未知数のハヤチネゼーレを避けて、深みがありながらも美味しく開いていたもうワンランクお求めやすい「限定醸造ツバイゲルトレーベ樽貯蔵(現・シルバーツヴァイゲルトレーベ)」でした(現在のハヤチネゼーレシリーズは、熟成期間を長めにとるなど、発売時期を慎重に見極めているため、ここまで固く閉じた状態ではありません)。考えるに、この“気高さ”=“ミネラル感”ではないのかと、すぐにピンと来たのですが、なぜエーデルワインさんに、このしっかりした骨格が宿るのかは、わからずじまいでした。そののち、みつけたのが下記のワイナート誌の記事。予想はしていましたが、やはり土壌が根本的に違っていたのです。この記事を読んだ瞬間、ずっと不思議に思っていた味わいの謎が解明され、明確な答えをいただいたように感じ、とてもすっきりしました。日本でも稀有なテロワール(おもに土壌)が岩手に存在すること。それによって、リースリング系の品種や、ツバイゲルトレーベ、メルロなどの優しげな品種に、ピシッとしたミネラルの芯が入るであろうこと。論より証拠・・・・・、飲めば解るので、ぜひ皆様にも、知られざる“岩手”を体感していただきたい!



◆以下、ワイナート誌からの記事をそのまま抜粋させていただきました◆

【知られざる岩手のワイン】 劣悪な気候条件を上回るテロワールの力。 日本を意識しない世界基準のポテンシャル。
 ひと口飲んで、経験したことのある多くの日本のワインとの決定的な違いに気づいた。いわゆる“日本のワイン”の味がしなかった。世界中のすべての優れたワインと同じく、混濁感がなく、ミネラルの緻密な構造を中心にして、すっくと格調高く口の中で立ち上がり、なめらかに広がり、気配の力を持続させた。ようするに、よいテロワールの味がした。
 調べてみると、ワインを産出する県東部は、もともと日本ではない。北上川より東、早池峰構造帯の南は、かつての巨大大陸ゴンドワナの一部だし、北は、かつてのアジア大陸の東端で、後に形成された日本列島に合体したものだ。だから県東部の地質は、日本の中では例外的に古く4億年以上前にまで遡り、蛇紋岩、花崗岩、粘板岩、石灰岩が見られる。最悪の気候にもかかわらず、これだけ次元の異なる質を示すのは、モーゼルやアンジューやバロッサなどに匹敵するほど古い地質学的土壌の優位性と、それに合った品種の選択以外に、私には理由が考えられない。『ワイナート誌より』

【オーストリアよりも品位の高いツヴァイゲルト】
 早池峰山麓、大迫町は、ワイン産地としての自らの潜在能力にいち早く気づき、昭和25年にはブドウ栽培の研究を始めたという。その判断の正しさを、ツヴァイゲルトが証明する。「北海道で植えられているという話を聞き、エーデルワインの創業者が、オーストリアのベルンドルフと姉妹都市であるここ大迫町の町長だったことから、27年前にここにも植えてみた」という、ツヴァイゲルト。冷涼なオーストリア原産の品種、なかでも早熟な品種を選択したのは、理にかなっている。しかしワインは、気候条件と品種の相性だけでは説明がつかないほど素晴らしい。トップキュベであるツヴァイゲルトレーベ樽熟成2005年は、キメ細やかさと強さを両立するタンニン、ソフトでフレッシュな酸、緻密なミネラルを備え、陰影をたたえてしなやかに広がる。この気品と完成度の高さには驚かされる。オーストリアのツヴァイゲルトは、あまり好きではない。フルーティーだが構造が緩く、平面的で濁った味がする。ところがこのエーデルワインの作品は、堅固な石垣のように立ち上がり、迷いも濁りもない。外来品種の日本のワインが、その品種の原産地のワインより優れているという例を、はじめて知った。『ワイナート誌より』

エーデルワイン ピノノワール・ピエス2014年
Edelwein PinotNoir Piece

エーデルワイン・ピノノワール・ピエス2014年赤 720ml 3240円
タイプ 赤・ミディアムボディ
葡萄品種 ピノノワール(岩手県花巻市大迫町産)
生産本数 270本  樽貯蔵品

 岩手県花巻市大迫町で収穫された2014年産ピノ・ノワールのみを限定醸造し、新樽で約1年間熟成させました。赤いイメージの果実香と甘い樽香が感じられ、バランスの良い味わいの赤ワインです。「エーデルワイン様のコメントより」
鴨宮かのや酒店より)





(+)鴨宮かのや酒店より購入。3,240円。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード