Bourgogne Cuvee Selection P et M Jacqueson 2015

Bourgogne Cuvee Selection P et M Jacqueson 2015
Bourgogne Cuvee Selection S et M Jacqueson 2015 part1
地区 : コート シャロネーズ
PAUL ET MARIE JACQUESON
ポール エ マリー ジャクソン
◆英国のワイン誌「デカンター」てブルゴーニュのトップ10の生産者に選出された実力派ドメーヌ◆
ドメーヌは、1946年にアンリ・ジャクソン氏により創業。二代目であり現当主のポールが1972年にドメーヌに参画し、運営を引き継ぐとさらにドメーヌの評価は高まりました。2006年からは娘のマリーがジャクソン家のワイン造りのノウハウを引き継いでいます。英国のワイン誌「デカンター」においてブルゴーニュのトップ10の生産者にも選出された実力派ドメーヌです。フレッシュな果実感、きれいな酸と上品な樽香が魅力的の洗練された味わいのワインを造っています。少量生産している秀逸なブーズロンもドメーヌの人気のアイテムです。


畑はリュリーをメインに、メルキュレ、ブーズロンにも所有。2017年、隣の生産者が退職したため一部の畑を購入、所有面積は13haから20haとなりました。石灰岩を母岩にもつ泥灰質土壌の畑からは最良のシャルドネが出来、ボーヌ産に似た、しかも酸のきれいな白ワインが生まれます。アリゴテからも、地域でトップクラスの品質のワインを産出しています。ブドウの栽培はリュットレゾネで、除草剤も不使用。生き生きとした果実味が身上のワイン造りをしています。 
ブドウの収穫は全て手摘みで丁寧に行います。カーヴに到着後すぐに入念な選果を行い、全て除梗します。白ワインはゆっくりと圧搾し、前清澄を行った後、樽で発酵・熟成(新樽比率20%)させます。赤ワインは、ステンレスタンクにて低温浸漬と発酵を行い、樽で約12ヶ月熟成(新樽比率25%)。卵白で清澄を行い、ノンフィルターで瓶詰め。ドメーヌで使用する樽は全てブルゴーニュの複数の樽メーカーのもので、最低24ヶ月乾燥させたオーク樽です。ミネラル豊かな洗練された優雅な味わいのジャクソンのワインは、国内外のレストランに高く評価され、人気を博しています。

ワイナリー公式HP
http://www.domainejacqueson.fr/
飯田より)






ボーヌの町にSUSHIKAI(寿司海)という和食の店がある。ペルナン・ベルジュレス村にある一ツ星「ル シャルルマーニュ」が経営する店だ。日本人にとっては毎日フランス料理が続くと、たとえそれがおいしい店であっても堪えるものだ。そんなときにこの店に行って胃腸を休めるのだ。
この店に行くもうひとつの理由は「ワインのセンスがいいこと」。有名店にありがちな「ニュイのビッグネーム集め」に走らず、料理を意識してあくまでもワインは「控えめ」。決して貧相という意味ではなく、地元のペルナンやサンロマン、あるいはシャロネーズやマコネーの、派手さはないが優しく、真面目な生産者の白ワインが充実している。
この店の定番で私のお勧めがドメーヌ・ジャクソンだ。ブルゴーニュのレストランではよく登場するドメーヌだが、ムルソーやピュリニー、シャサーニュに心もとない生産者の名前しかない場合(よくある事態)、あるいは妥当なヴィンテージがない場合(これもよくある事態)は迷わずジャクソンのリュリー・グレズィニーを注文することにしている。
とにかくワインがクリスタルのようにピュアなのだ。そしてシャロネーズの域を超えて輪郭が美しくエレガント。このドメーヌが失敗したのを見たことがない。
当主のポール・ジャクソン氏はさりげない。「俺のワインはこうして造っているのだ」というご高説や、「どうだ旨いだろう?」というアピールは全くない。だからいつまでたってもなぜここまで良いワインが出来るのかがピンと来ない。それでもDRCのド・ヴィレーヌ氏が「リュリーは彼がいれば大丈夫」と太鼓判を押すほどなのだ。
アピールしないのはリュリーという、コート・ドールの輝かしい村々から離れたところに暮らすせいもあるだろう。いつも短パンを穿いていてにこやかな、登山が大好きなおじさん。格下の村のワインがムルソーやピュリニーよりも満足させてくれた瞬間。こんなに小気味良いことはない。

フランス/ブルゴーニュ
ドメーヌの歴史
1946年にアンリ・ジャクソン氏が母方の祖母から引き継いだ畑を元にドメーヌを設立。60年代からリュリーやメルキュレイの区画を購入し、所有畑を増やしていきました。1972年息子であり現当主のポール・ジャクソン氏がドメーヌを引き継ぎました。以前から名声のある造り手で、フランスの有名店のリストに名を連ねていますが、ポール氏が引き継いでからは白ワインの評価も高くなり、益々評判が上がっています。

栽培
リュリーに1ha、ブーズロンに1.5ha、メルキュレイに1ha畑を所有しています。除草剤は使用せず、土をゆっくりと何度も丁寧に耕しています。手摘みにて収穫を行い、その後選果台にてさらに選果します。

醸造
「できるだけ自然のままに」、フィネス、果実味、骨格のあるワインを造る事を心がけています。白ワインは長い時間をかけて圧搾し、デブルバージュを経て樽で発酵、熟成(新樽比率20%)させます。赤ワインは100%除梗し、軽く潰してステンレスタンクにて低温のプレマセラシオンとアルコール発酵。その後樽(新樽比率25%)にて約14ヶ月熟成させます。
ファインズより)




うまく、このワイン自体のことに関してはヒットしません。アリゴテやリューリー、クレマンばっかり。
でも、ドメインのWebサイトで、ACブルを造っていることはわかりました。
Bourgogne Cuvee Selection S et M Jacqueson 2015 part2



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170908/1504884085
竹八にて
 
抜栓日:2017年9月8日
やや色づいたイエロー。パイナップル的な、暖かい地域のワインを連想します。あと鼻、洋梨と言った感じ。とても素直に喉に流れていきます。程よい厚み感と、飲みやすさがなんともいえず快適。リューリーの方の産だそうです、
そんなに南国的なニュアンスもないし、白い花の香りさえもしてくる、不思議なワイン。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード