Morey Saint Denis VV Nicolas Potel 2005

Morey Saint Denis VV Nicolas Potel 2005
Morey Saint Denis VV Nicolas Potel 2005
メゾン・ニコラ・ポテル
Maison Nicolas POTEL
ニコラ・ポテル Nicolas Potel
ブルゴーニュの錚々たるアペラシオンをお手頃価格で楽しめる!!限りなくドメーヌに近い『新しいタイプのネゴシアン』ニコラ・ポテル!

Nicolas Potelニコラ・ポテルとは?
 【メゾン・ニコラ・ポテル】はファーストヴィンテージが1997年という新しいネゴシアン。コート・ド・ニュイ村に本拠地を構え、ロマネ・サン・ヴィヴァン、エシェゾー、シャンベルタン、ボンヌ・マールを含む、錚々たるグラン・クリュを手掛けています。 1997年、ニコラ氏の父である【故ジェラール・ポテル氏】が所有していたヴォルネイの【ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール】の売却後に設立されました。ニコラ・ポテルの凄さは、手掛けるアペラシオンの豪華さに加え、若いネゴシアンでありながら、ワイン専門誌においても年々高評価を得ていること。2010年には【ワインアドヴォケイト誌】や【ワインスペクテーター誌】において、13ものアペラシオンのワインが90点以上を獲得しました。
 そんなニコラのセレクトは消費者やワイン評論各誌からの信頼を得て、オールドヴィンテージを飲みたいという要望も寄せられるようになりました。その希望に応えるため、「セレクション・ニコラ・ポテル」というラインも設け、バックヴィンテージの稀少ワインも数多く取り扱うようになりました。また、2007年からは自家栽培・醸造を行う「ドメーヌ・ニコラ・ポテル」名義のワインもリリース開始。ますます活躍の幅を広げています。 2009年以降、ニコラ・ポテル氏は自らの名を冠した「メゾン・ニコラ・ポテル」を去っていますが、彼のワイン造りと情熱を引き継いだ若き醸造家、【ジャン=クリストフ・パスコー氏】によって、現在でもブルゴーニュの各地で珠玉のセレクションを造り出しています。

一流生産者との信頼関係から産み出される超一流ワイン!
 故ジェラール・ポテル氏は、名門プス・ドールの名を一気に高め、かのドメーヌ・デュジャックのジャック・セイス氏が、ブルゴーニュで師事したことでも知られる伝説の人物。そんな父の元で若いころからワインの生産者達と交流を深めたニコラ氏は、「ヴィニュロンと同じ目線で話のできるネゴシアン」として、彼らから厚い信頼を得てきました。 ニコラ・ポテルのワインは、独自の厳しい基準をクリアし、ニコラ氏自らが"これ"と思ったものを直接買い付けています。選ばれるワインは、生産者名こそ公開されていませんが、ブドウの状態だけでなく、畑の管理方法まで十分にチェックされた一流生産者のもの。偉大な醸造家でもあった亡き父、ジェラール氏が築いた充実した人間関係から、この仕入れが可能となっているのです。
 醸造はあくまで自然であることを大切にして仕上げられます。 ブドウが持つ本来の味わいにこだわり、少なくともリュット・レゾネ、出来る限り有機栽培に近い栽培家と契約しています。 補糖・補酸・酵母添加などは一切行っていない他、年によっては澱引きも行わないこともあるそう。 ボトルに表記する【ヴィエイユ・ヴィーニュ】については樹齢55年以上の古樹のみと独自に定めています。 こうした徹底した品質管理のもとで造られるワインは、アペラシオンの個性がしっかりと表れたシンプルでピュアな味わい。 非常に手間暇かけて丁寧に造られているにも関わらず、お手頃な価格で手に入るのがなによりも嬉しいポイントです。


モレ・サン・ドニヴィエイユ・ヴィ—ニュ[2005](ニコラ・ポテル)MoreySaintDenisVieillesVignes[2005](NicolasPotel)【赤ワイン】



モレ・サン・ドニ ヴィエイユ・ヴィ―ニュ [2005] (ニコラ・ポテル)
Morey Saint Denis Vieilles Vignes [2005] (Nicolas Potel)【赤 ワイン】

7,595円 (税込 8,203 円) 送料別

ブルゴーニュの錚々たるアペラシオンをお手頃価格で楽しめる!!限りなくドメーヌに近い『新しいタイプのネゴシアン』ニコラ・ポテル!
 【メゾン・ニコラ・ポテル】はファーストヴィンテージが1997年という新しいネゴシアン。コート・ド・ニュイ村に本拠地を構え、ロマネ・サン・ヴィヴァン、エシェゾー、シャンベルタン、ボンヌ・マールを含む、錚々たるグラン・クリュを手掛けています。 1997年、ニコラ氏の父である故【ジェラール・ポテル氏】が所有していたヴォルネイの【ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール】の売却後に設立されました。ニコラ・ポテルのすごさは、手掛けるアペラシオンの豪華さに加え、若いネゴシアンでありながら、ワイン専門誌においても年々高評価を得ていること。2010年には【ワインアドヴォケイト誌】や【ワインスペクテーター誌】において、13ものアペラシオンのワインが90点以上をマークしました。
 そんなニコラのセレクトは消費者やワイン評論各誌からの信頼を得て、オールドヴィンテージを飲みたいという要望も寄せられるようになりました。その希望に応えるため、「セレクション・ニコラ・ポテル」というラインも設け、バックヴィンテージの稀少ワインも数多く取り扱うようになりました。また、2007年からは自家栽培・醸造を行う「ドメーヌ・ニコラ・ポテル」名義のワインもリリース開始。 ますます活躍の幅を広げています。 2009年以降、ニコラ・ポテル氏は自らの名を冠した「メゾン・ニコラ・ポテル」を去っていますが、彼のワイン造りと情熱を引き継いだ若き醸造家、【ジャン=クリストフ・パスコー氏】によって、現在でもブルゴーニュの各地で珠玉のセレクションを造り出しています。

 ブラックベリーやブラックチェリー、フランボワーズなどの赤・黒系果実が同居する香り。スミレやオリエンタルなスパイスのニュアンス、腐葉土やトリュフなどの熟成香もあります。口に含むと、果実味の凝縮感と酸味が豊かで、まだ堅い印象のタンニンからは、長期熟成のポテンシャルが感じられます
ドングリアーノワインより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170914/1505355892
ワイン会にて
 
抜栓日:2017年9月13日
比較的濃い目のルビー。輝きあり。
赤黒い果実香、ブルーベリー、ブラックベリー、カシス。透明感のある香り。ややジャミーなニュアンスも感じられます。さほど腐葉土や土の印象はなく、むしろ、エレガント系の「いい香り」のワイン。よくいう【香りだけで飯食えそう】な感じです。酸はしっかりとしていて、典型的なピノ・ノワールの果実味と、なかなかドッシリ系の土のニュアンスを味わいに感じます。ブドウの完熟~過熟感がしっかりと味わいに現れていると思います。なかなか重たいイメージのワイン。この辺はヴィンテージの恩恵なのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード