Saint Bris Sauvignon J F Bersan 2015

Saint Bris Sauvignon J F Bersan 2015
Saint Bris Sauvignon J F Bersan 2015 part1
ドメーヌ ジャン=フランソワ&ピエール=ルイ ベルサン
Domaine Jean-Francois et Pierre-Louis BERSAN /

家族経営であるこの生産者の歴史は、1453年、15世紀まで遡ります。

ジャン=フランソワとピエール=ルイは、テロワールを尊重する伝統的な手法を貫いています。
近代技術の進化によって、彼らは所有する20ヘクタールの畑のポテンシャルをより引き出し、新たな段階へと進み始めたのです。
今では醸造から瓶詰めまでのすべてを衛生的で精密な作業のできるステンレスを用いた近代的な蔵で行っています。
そうして瓶詰めされたワインは11~12世紀頃に造られた丸天井の地下カーヴでゆっくりと熟成をさせるのです。

イギリスとの100年戦争時に塹壕として造られた、まるで迷路のように入り組んだ地下カーヴは、この地方の観光名所にもなっているほどです。

ジャン=フランソワとピエール=ルイは、このサン=ブリの地で13ヘクタールの白ブドウ畑と7ヘクタールの黒ブドウ畑を所有しています。年間生産量はおよそ15万本。そのうち半分はイギリスやベルギー、アメリカなどに輸出されます。

Saint-Bris

ヴィンテージ【2015】
ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
土壌:50%ジュラ紀キンメリジャン階の石灰質土壌、50%ジュラ紀ポートランド階の石灰質土壌
平地に植樹されています。良質な酸味でエレガンスを強調した、香りの高いワインに仕上げるためです。
熟成:ステンレスタンク

平地に植樹されています。良質な酸味でエレガンスを強調した、香りの高いワインに仕上げるためです。
ヒヤシンスやバラ、芳香性の花を思わせるフレッシュな香りが開放的です。
わずかにグレープフルーツ、柑橘類の香りもあります。 非常に凝縮した深遠なアロマがあります。
口に含むと、フィニッシュまでしっかりと素晴らしい酸味がワインを支えています。
オルヴォーより)

Saint Bris Sauvignon J F Bersan 2015 part2




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20170922/1506046279
ブレリアスにて
 
抜栓日:2017年9月21日
やや濃い目の色合いで、グレープフルーツ的柑橘系香と、蜜っぽいニュアンスがかなりアロマチックに感じます。とてもバランスよく、酸は溌剌として、厚みもあります。これ、おいしかったなぁ~。どの辺に北側の産地、サン・ブリを考えれば良いのか? ということを考えながら、次回機会があったら飲んでみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード